青空を見るなら Qメソッド

「どっちが楽?」
「う~ん・・・こっち!」
たったこれだけですべてが変わる。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

イメージの世界に他人はいない?

2019-07-22 | メンタルケアと 治療法の訓練

頭に浮かぶストーリーや考え方は心の健康を取り戻したりするときに

必要ないもののようなので、一般的にはとても大切なものだと思われている

ことは知りつつも完全無視!

考え方というのは意識からすると見えないところから勝手にやってくるもの

なので、どこから来るかわからないものを変更するためには自分の中の

「見えない自分」これは潜在意識と呼ぶことが多いですが、その中身が

変わらないと、なかなか変化しません。だから他人の意見を聞いてそれが

いかに論理的に正しいようであっても自分にやってくる考え方と衝突すれば

「不快感」を感じますし、無理に納得しようとしてもたぶんできないでしょう。

これが学校の勉強ですね。この不快感をどうするかということは教えてもらえ

ません。

おっと、違う話になっている。考え方は潜在意識から言葉でやってくるものの

ことかもしれないけれど、イメージというのも言葉とまるで同じような

役割です。イメージも勝手にどこからかやってくるもので、私などSFが好き

なせいか機械やロボットがよく登場します。夕べもターミネーターと雄牛を

合体させたようなロボットが街を襲う夢を見ました。身の回りの人は別の

、やはり自分の気が向いている方向の夢を見るようで、もうそれだけで夜の夢は

「自分の記憶」と関係したものが出てきているとわかります。つまりありがたい

他の存在からのメッセージとかではない可能性大です。このイメージの中身

がとても面白いのです。イメージに登場する人たちみんな「自分」を表して

いるみたいで、例えばどの人物にでもいいから「幸せを願う」ということが

できたとき(できないことが多いからQメソッドが必要なのですが)、

幸福感が感じられるのは相手ではなく自分自身の中です。つまり自分のために

イメージの中の人の幸せを望むわけです。この打算的なイメージの使い方は

一切こころにやましい感じはわいてこないので無限にイメージの中では他人の

幸せを祈ることをお勧めしますよ。

この事実はこの正反対のことをしているとあなたの「具合が悪くなっていく」

ということを示しています。イメージの中に憎む相手がいたら具合が悪くなる

のはあなた自身だからこれはとても大事なことなんですね。

コメント

心の分析は必要ないんです。

2019-07-21 | メンタルケアと 治療法の訓練

私は「考え方」というものがあまり好きではありません。

考え方とはつまりこの世のすべては、どういう風にも受け取れるもので

、見方はいろいろあるよという話だと思います。そして考え方には

そう考える理由が付いてきます。この「理由」とか「根拠」というもの

が、たとえ論理的であったとしても、どれも疑わしいとおもうのです。

言葉巧みにもっともらしい作文をしているだけのように思えてなりません

し、いくらでも言葉の中にウソやごまかしが漉き込める構造は変えられません。

 

心のことというと、自分が今気分の悪い理由探しに一生懸命になりがちです

が、結局「考え方」とか「理由」は本当かどうかよりも上手に言葉の

パズルがうまくいったかどうかという成果だけなような気もします。

 

理由がなければ心の気分の悪さが解消できないのなら考え方や理由は必要

ですが、身の回りの人が理由もなく気楽になっていくのを見ると、心のこと

を言葉で説明する必要は最初からないようにしか思えません。

言葉が発生する以前からきっと心の働きは同じなのではないでしょうか。

だから、心は分析しないと解決できないなんてことないと思います。いや

分析したり理由を考えたりするから解決できないのです。

 

コメント

あなたの敵は「嫌な気分」だけです

2019-07-17 | メンタルケアと 治療法の訓練
私は松本で治療院をしているのですが、最近特にこころの相談者
が増えてきました。皆さん抱えている問題は複雑で本当に大変です。

でも、それがどんな問題だろうがいつでも変化しないことが一つ
あるのですが、それがどんな要素なのかわかるでしょうか?

どんな事件がどんな時に起きたのか、今の苦しさの原因はこれだ
という分析を繰り返しても何にもなりません。ひとつも解決にならない。
なぜなら外部の「原因」を変える方法がそもそもないことがほとんどだから。
嫌いな人に消えてくれといってもいなくなるわけではないようなものですし、
元々の性格を変えないと解決しないことならどうしますか?

悩み苦しみは無限に複雑でも、かならずそこに「嫌な気分」がついて周り
ます。過去の記憶の内容がいかに忌まわしいものでも、思い出した時
気分が悪くならなければ「若かったからなあ!」という懐かしさしか感じ
ないでしょう? ほら、これでひとつこころの問題が解決したことがわかりますか?

Qメソッドは、原因と関係なく「嫌な気分」を「いい気分」に変えられること
に気づいてそこにしか注目しない方法です。分析もないし、「考え方」
とかいう怪しいものにも依存しません。そう、考え方なんてこころの改善
には無意味なんですね。気分は「意味もなく良くなるもの」だからです。

これがまた、嘘のような本当の話だから世の中は面白いものなんですね。
あなたのこころの敵が、現実の品物や出来事だったら大変なんですが
「気分」というあやふやしたものだから解決することも可能ですよ。

大丈夫。大丈夫なんです。
コメント

「こうなりたい自分」をイメージしないこと!

2019-07-16 | メンタルケアと 治療法の訓練

ここのところ、何をやっていたのかというと、「イメージのしかた」

を考えてました。このブログに書いているQメソッドは、原理にイメージと

言葉を含んでいないことが他にはない特徴です。だから雑多な情報に影響されず

自分を変えてゆくことができる。そういう方法です。心理学とはまったく無関係です。

でも、私たちを取り巻いている「現実」はまさにイメージの世界ですよね。

イメージされたことのない商品もないし、イメージしたことのないイベントもないはず。

 

そこで、一生懸命自分の夢や大きな目標をイメージしようとしている人に

そのイメージがかえって害にならないかどうか、書いてみようと思います。

一般に「こうなりたい自分」をありありとリアルに思い描けば、そういう自分に

なれると思って一生懸命イメージし続けている人は多いかもしれません。

でも、よく気を付けてみてください。もし肯定的なイメージのはずが、最近かえって

元気が出なくなってきたような気がする。そういう人がいたら、即刻やめるべきです。

それは害にしかならない可能性が99%ですよ。おいおいどんなイメージが

自分を解放してくれるのかお話していくことにしますね。

 

コメント

令和元年にこころの常識を改新しよう!

2019-05-13 | Qメソッドセミナー
↑伊豆の浄蓮の滝です。滝の横の「柱状節理」が見事です。

しばらくお休みしていたら元号が令和になり、新しい時代が始まりました。
その間も松本市の当院のクライアントさんとQメソッドの効果を
確かめ続けていました。メンタルの問題に苦しんでいる人は
なぜかどんどん増え続けているようですが、

こころが楽になるための「原理」

がここにあるんです。だからQメソッドをちょっと練習して
(一回にたったの5秒です)それを正確に繰り返せば、およそ
心の問題といわれるものならなんでも、症状が消えてゆきます。

このブログの動画のどれを見ても「ものすごく簡単な方法」
しか私は話していません。本当にゆっくりと左右に体を揺らす
だけで、いつでもただそれだけを忘れないように実行出来たら
あなたの心は少しずつ楽になり続けます。もし、これでつらさが
強くなるように感じたのなら、

「もっとゆっくり動かなくてはいけない」

という意味なんです。1秒に0.1mmくらいのつもりで。
また動画で解説したりしますのでお楽しみに。

それと、心の問題で苦しんでいる人全員に話したいことがもう一つ
あります。

「頭に浮かんでくる、すてきな話にごまかされるな!」

ということ。不機嫌から抜け出せないあなたのイメージの中に
見えるもの、わいてくる言葉はいかにも「それが原因です」という
ような、すてきな物語だと思います。いかにも本当っぽい。

でも注意してください!全部それらは自分の潜在意識が、あなたの
意識に語り掛ける「作り話」なんです。簡単に言えば全部「嘘」
です。憎たらしい人の姿や高すぎる壁のイメージなど全部がウソ
のかたまりだとしたら一体何が見えてくるのでしょうか?

そのような不思議な謎解きでいっぱいのQメソッドをこれからも
よろしく。令和は心の常識が書き換えられる時代にしましょうね。

Qメソッド開発者 

コメント

18いつもビクビク、恐いんです

2018-12-17 | Qメソッドセミナー
12月も後半になりましたね。さて今日は「こわがり」の
人の為の解説です。なにに怖がっていても全部同じ意味で
全部同じやり方だけで済むのがQメソッドです。



動画の解説はこちらから

人間関係がこわいという人、多いですよね。でも、動画でお話ししている
ことをひたすら気がつくたびに繰り返しているだけでだんだん大丈夫に
なってきますよ。

でもそのときに大切な事は私が恐いのは「あの人のせいだ」とできるだけ
思わないこと。

それは自分ひとりでいくらでも変えられるものを変えられなくなる。
そういう強力な落とし穴だからです。あなたが変化できたら相手の人
との関係も変わってしまいます。是非体験してくださいね。



コメント

18テストの当日に真っ白にならないために!

2018-12-04 | Qメソッドセミナー


ちょっと久しぶりになってしまいました。何人もの方々から
「最近ブログ止まってますね」なんて厳しい指摘が。でも
いつも見てくれているってありがたいことです。さあ!

動画解説はこちら

今日は、受験シーズンにぴったりのこの話題。

本番になると頭が真っ白になってしまうんです。そういう

恐怖とどう向き合って解決するのか。これが意外なことに

「迫るテストを横にそらすこと」

で解決出来るんですね。そらしたらダメ!真正面から戦わないと

というあなた、当日に焦らないようにね。戦いはいつでも無益。

なぜなら心のなかに「自分」以外のものって一つも無いからです。

わかってもわからなくてもとにかくテストを横にそらし続けること。

今からQメソッドの練習をしていれば当日に余裕が感じられる

と思いますよ。



Qメソッド 開発者より
コメント

川崎でのイベントにでます。

2018-10-15 | メンタルケアと 治療法の訓練
何のご縁なのか、色々なことが起きるようで、Qメソッドとして
スピリチュアル系のイベントに参加することに。

池上研究所のクライアントさんが、「スピリチュアル全般の原理も
Q メソッドだ」ということに気づいたのでした。

「なんの理由も無く心が楽になる」以上に必要とされていることは
どこにもないのだし、そもそも人の癒やしに関わる人がQ メソッド
を知らないのは大問題。

さて、どんな出会いが待っているのやら。Q メソッドに関する
質問があればお答えしますので、興味のある方は立ち寄って下さいね。

でも、他の方が面白いかも。占いもいいね!



コメント

17この恨みをどうしたら良いのでしょう!

2018-10-07 | Qメソッドセミナー
この恨みを、、、、このテーマは私にとってとても大切なテーマです。

Qメソッドをたくさんの方に伝えないといけないし、特に「あの女性に」
聞いて欲しいのですから。心理学の講演会で1000人の人の中央から手を挙げて、

「そんな、、いい話はもうどうでもいいですから、私のこの恨みや怒りを
どうしたら良いのか教えて下さい!」

動画解説はこちら

勇気ある質問者に棒有名な講演者は言いました。「そんな方法があるなら
私がとっくにやってますよ。人それぞれ自分で答えを見つけるしか無いんですね」
「それでは良い先生がいるから紹介しますよ。」、、、、かなりガッカリしました。

心の話には「ただのいい話」があまりに多い。そう思いませんか?


誰かを恨んでいても、健康と時間を失うのは自分ひとりですよ。


自分自身を愛することしか私達はしなくていいんです。

自分が好きだという分だけ、他の人を愛せるのですね。だって持っていないモノを
人にあげることなどできないから。そうでしょう?
コメント

16心の問題に答えはないでしょう?

2018-10-01 | メンタルケアと 治療法の訓練
こころに答えはない、なんてロマンチックな表現でしょうか。
でも、これからはそれではすまされないですよ。

動画の解説はこちら

私達人間は、最初から自分の心をどう扱うのか知っていた。多分そういうことに
なると思います。それなのにわからなくなってしまったのはなぜか。
それは「こころ」を複雑にして解決不能にしたは「言葉」だからです。
言葉は分けることのできない森羅万象に「限界」を設けてゆく道具だから。

本当は、あることが起きる原因など、切り分けて特定することはできないのです。
本当はすべてと関係しているのに「言葉」という貧しいツールで物事に関係性を
限定して、反対の「関係ないものがある」という幻想を作り上げている。
私達がいま、ここに居ることに地球の裏側のできごとが関係している。それを
毎日テレビやネットで感じることができます。




「言葉」をうまく使っていると思うたびに解決出来ることが「出来ないこと」に変わって
しまう。よくよく気をつけましょう。言葉はなにも語れない。

そもそも心のなかの青と赤の間には無限の色がぎっしりと並んでいるのに「青」「赤」と
ばっさり言葉でデジタル化してしまった結果、「こころ」も解決不能に思えるようになりました。



本当のこころの会話は、「わかった?」と聞かれて、わかったような気がしたら「わかった」
と言うのが本当。それで良いんです。

「こころ」のことを言葉で勉強してテストなんかしてはいけません。「こころ」を分析なんてすれば
するほど「ところで何のためにしてたんだったっけ?」という答えが最初から決まっている無意味な
ゲームです。

Qメソッドは「こころ」の扱い方の答えです。その方法は誰でも最初から知っている方法の中にあって、
「誰でもいつでも使っている方法」「誰でも最初から出来ている事」に決まっています。

そうじゃありませんか?




コメント