mamataro's eyes

浅草暮らしの日々や雑感をアップして15年目。姉妹ブログ「mamataroおでかけ日記」もよろしく✋

東京スカイツリー開業10周年・市川海老蔵「天空のにらみ」220522

2022年05月22日 15時56分09秒 | 【東京スカイツリー】
今日は東京スカイツリーが開業して10周年という節目の日。

11時30分頃~、ゲイン塔の上で市川海老蔵丈が口上とお家芸の「にらみ」をご披露する記念イベント「天空のにらみ」をスカイアリーナの大型モニターで見物してきました。朝はご覧の通りの曇天。10年前の東京スカイツリーの開業日は雨。
それ以前もそれ以後も、何かと節目のイベントには雨天という不運に見舞われていましたが、何かとお騒がせのこの人、やはり海老蔵丈は❝持っている❞。
青空の下。やるよ、

やるよ。
ほら、やった。
世界一の高さを誇る電波塔のてっぺんから、全世界にあまねく厄払い。
コロナも戦争もこの世の憂さを吹き飛ばしてくれたなら…。

スカイツリーのキャラが揃ってお目見えするのも久しぶりのこと。

コロナもようやく落ち着きをみせてきたと信じたいところ。

これからも東京スカイツリータウンのますますのご発展をお祈りいたします。
もちろん、これからも頻繁に利用させていただきます。 

🌟姉妹ブログの「mamataroおでかけ日記」にもアップしました。

コメント

オザミ デ ヴァン

2022年05月14日 15時10分05秒 | 【東京都内】
銀座で女子会。

ランチコースのメイン。

愛媛のおいしい真鯛のポワレ。

ひさしぶりに楽しかったわ♡

コメント

上野動物園「パンダのもり」で双子パンダを観てきました 220505

2022年05月06日 09時24分43秒 | 【秋葉原・上野など台東区内】
先日妹が「ジャイアントパンダ母子観覧」予約に(5人分)当選。
妹・姪・姪のお友達と3人なので、2人分余分があるから、と誘ってくれたので、旦と2人で一緒に行って来ました。
双子パンダを観たいと思ってはいましたが、抽選のため、なかなか予約が取れないだろうと半ば諦めて何もしていなかったので、まさに「棚からぼたもち」です。

さて、予約当日。
昨日5月5日(木・こどもの日🎌)14時30分~の回だったので、
14時に正門前で待ち合わせ。
コロナ禍ということもあり、妹や姪に会うのは3年ぶりぐらいになるのか…。

夏のような暑さのなか行列に並んで入場時間を待ちます。

入場後、まずパンダ舎で自由に観覧できるシャンシャン♀を観覧。
写真撮影可能レーンが70分待ちだったので、撮影はできないけれど早く観られる観覧だけ可能レーンへ。
残念ながら寝ていましたが、成長したシャンシャン♀の姿を観ることができました。

それから西園の「パンダのもり」へ。
ジャイアントパンダ母子(双子パンダ)予約当選者のみ観覧可能ゾーンです。
          中央が母パンダのシンシン♀。
           👇双子パンダのレイレイ♀。

背中にグリーンのラインが目印、シャオシャオ♂です。
双子パンダは観れない間にだいぶ大きくなった印象でした。
3頭とも起きていて、元気に活動している様子を観れてよかったです。

この後は父パンダのリーリー♂を見学に行きました。
リーリー♂も予約なしで自由に観覧できます。

17時閉園なので、短い時間ではありましたが、
他にもさまざまな動物が活動する様子を見ることができて、
コロナ前には感じることがなかった❝ありがたみ❞を感じました。

🌟姉妹ブログの「mamatarおでかけ日記」にも画像を増やしてアップします。

コメント (1)

新か真か神か…

2022年05月03日 11時27分03秒 | 👄プチ美食録(^~^)ψ
シン・タツタ、いただきます♡


おいしそう♡

実際、おいしかったです♡

それにしても、「シン」てどういう意味なのか、ずっと気になっていました。

従来の観念だと、「新」という漢字をあてて「新登場」なのでしょうが。
何かとカタカナで「シン」と書かれたものが目につく昨今です。

ネットで「シン」「意味」と検索して一番上にきていた
正解はなく、様々な言葉の意味をもつようです。

「シン」と表記する発端になった2016年7月「シン・ゴジラ」公開の際に
この「シン」について庵野秀明監督が、
「“新、真、神…”見る人にさまざまなことを感じてもらいたいということで
正解があるわけではありません」とおっしゃっています。

とのことでした。
クリエイターさんらしい「シン」鮮な感覚ですね…

「シン」シリーズは2021年3月公開「シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 」、
もうすぐ2022年5月13日(金)に公開される「シン・ウルトラマン」。
さらに来年3月公開予定の「シン・仮面ライダー」と続きます。

ウルトラマンも仮面ライダーもオリジナル作品に慣れ親しんだ世代なので、
なかなか「シン」版についてゆけるかわからないのですが、
どんな「シン」なのか、ちょっと観てみたい気がします。

ほかにも自分だけの「シン」を見つけ、
いろんなものに「シン」とつけてみるのも新鮮かもしれません。

コメント

マナティ

2022年05月02日 23時59分00秒 | 【伊豆・真鶴】
ひさしぶりに真鶴。
循環バスができてた!!


鶴だね。


いつか乗りたいな!!





コメント

ランキング