小学校受験 ママのモヤモヤ飛んでけー!

お受験という造語の中で揺れるママ達。小学校受験指導、20余年間の経験から、ズバリ!悩めるママ達に真のアドバイスを。

小学校受験前のおけいこ

2008年08月30日 23時26分13秒 | お受験ママへのアドバイス
 受験前のおけいこ・・・どうされるおつもりでしょうか?
 
 現代の子ども達、とりわけ、教育熱心なご家庭の子ども達は、連日、さまざまなお稽古事をしている、というのがスタンダードでしょう
 昔ながらのピアノ、ヴァイオリン、という類の音楽系、スイミング、体操、サッカーという運動系、リトミック、アトリエなどの知育系、外国語、etc.etc.
 何でもスポンジのように吸収する幼い子ども達にとって、さまざまなお稽古は、必ず「大切な種まき」であり、花の大きさはともかくも、必ず素敵な花を咲かせることになるでしょう
 
 しかしながら、やはりお稽古に通うためには時間が必要ですし、体力も使います。特に、音楽系のお稽古の場合は、習いっぱなし、というわけにはいかず、必ず、自宅での地道なおさらいが必要になってきますね。
 
 でも、考えてみてくだい
9月、10月という2ヶ月は、考査を目前に控え、お教室も自宅での学習も、夏休み前とは比べものにならないくらい、時間をとられてはいませんか?
 また、子ども達は、概ね、秋の運動会に向けての練習があり、不安定な気候の中で、疲労を感じるのもこの時期なんです・・・
 それに、マネージャー役のママも、願書の記入、願書の提出、諸々の最後のチェック、などなど、たくさんの「must」に囲まれて、頭も心もパンク寸前になってはいませんか?

 子どもの体力を考えても、ママの精神状態を考えても、普段は普通に楽しくこなせているお稽古も、この2ヶ月は、ご自分達のために、思い切って「お休みをする」勇気を持ちましょう
 みなさんは、知らず知らずのうちに、大きな体力と、精神力を消耗しているのですから・・・

 多くの熱心なママ達は、「普段の生活を、当たり前のようにこなしていくことで、親子で平常心を保ち、真っ当な状態で考査が迎えられる」などと、とても立派なことをお考えになっています。
 確かに、その考えは正しいです
 とは言え、人は、なかなかそこまで立派には出来ないものなんですよね、残念ながら。

 この時期、一番大切なことは、しっかりと「優先順位」を考えることです そして、2番手、3番手になる・・・と判断したことは(必ず、判断をしましょう)、たった2ヶ月のことです。ちょっとお休み

 昔から言いますね。二兎追うものは一兎を得ず・・・本当ですよ


  幼児教室マナーズ トップページに戻る  お問い合わせはこちらから

ジャンル:
受験
コメント   この記事についてブログを書く
« 小学校受験 備えあれば憂いなし | トップ | 小学校受験 「数を数える」 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

お受験ママへのアドバイス」カテゴリの最新記事