たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

夜の舞姫 カラスウリの花

2020年08月10日 | 

 

夜のとばりが下りると、舞台の上手、下手からレースの衣裳を翻し舞姫が颯爽と登場して参りました

   

二人の舞姫はワルツのリズムにのって優雅にステップを刻みます

 

   

 

 

如何でしたでしょうか? 見事な舞いの一幕 しかし何にでも終わりが有る様に夜通し繰り広げられた舞踏会も東の空が白みかけるとそれぞれがレースの衣裳をたくし上げ部隊の袖へと姿を消してしまいます。夜、散歩に出た時に目を凝らしてみて下さい。あちこちで舞姫の踊りが見られますよ~。

コメント (18)   この記事についてブログを書く
« 美魔女・姥ユリ」 | トップ | マツムシソウとユウスゲ »
最新の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
凄い (ベル)
2020-08-10 17:48:20
凄い 
これまで偶然一度だけ見たことがありますがそれ以来見る事ができない
ひらきそうな頃じっと待っとかないといけないんですよね
見てる間にどんどん形が変わってくるのをじっくりと見てみたいものでです
いいもの見せて頂きました。
華麗な舞 (イケリン)
2020-08-10 18:15:13
たかさん
純白なレースの衣装をまとったカラスウリが華麗な舞を見せてくれましたね。
暗闇で舞う姿は、まさに夜の舞踏会といった感じですね。
ドレスの裾にまで神経が行き届いた舞はお見事としか言いようがないですね。
二人の舞姫とそれを見事に捉えられたたかさんに拍手を送ります。
Unknown (miyabu007)
2020-08-10 19:26:26
写真も文書も素晴らしいいつも感心して拝見してます。
驚きです!! (madamdolphin)
2020-08-10 20:25:04
これがあのカラスウリなのですか?!
意外過ぎてとても信じられません・・・
素晴らしいですね~~
ほんとうに花が舞ってみえましたよ♡

先日から珍しいお花の連続ですね
衝撃がとまりません(@_@)
きれい~ (桐花)
2020-08-10 20:37:40
タカさん、こんばんは。
烏瓜の花、やっぱり幻想的でとても美しいですよね。
何度見ても、このレースの花びらがどうやってあの蕾のなかに折りたたまれているんだろうって思います。神秘ですね~
カラスウリと夜顔を一緒に写せたらと思ったのですが、離れすぎていて無理っぽいです。
夜の舞姫…すてき^^@
人知れず夜に舞う・・・・ (tadaox)
2020-08-10 22:12:12
魅了されました。
もしタカさんが気づかなければ、カラスウリの花は人知れず咲いていたのでしょうね。

この白いレースは、夜の間に自らを装い、ひたすら舞い続けていたはず。・・・・タカさんは、自然の秘密を覗いた数少ない人になったようですよ。
夜の舞姫 カラスウリの花 (いちごみるく)
2020-08-10 22:55:00
こんばんは。

こんなに綺麗な花の舞、夜にか見られないのですね
カラスウリ、名前は知っていても習性は知りませんでした。
植物の名前の云われもですが植物は奥が深いですね
初めてです!! (マンマ♪)
2020-08-11 00:29:47
自然とは程遠いところに住んでいるので
いつもいろいろなお花を紹介してくださり、
ありがとうございます。

今日は特になんだか見たこともないようなカラスウリ。お花は初めて見ました。
コメントのみなさまもおっしゃっていますが
非常に珍しいのですね。
驚きました。
ベルさん、こんにちわ (たか)
2020-08-11 10:25:21
“形が変わって行く様子をジッと見ていたい” それには蚊取り線香持参、虫除けペールを露出部分に塗り込んで30分以上、カメラを構えている覚悟が必要です。でも蚊は服の上からも容赦なく攻撃してきますからね 
逆に早起きして綺麗に折りたたんで花弁に納めて行く様を狙うと言う手も有りますね。
非常に興味深い事ですが、でも、そんな想いをしてまでして待つのは私は嫌だな、面倒臭い! 
それに一人じゃ怖い 私は見た目と違い臆病者なのでございますよ。
イケリンさん、こんにちわ (たか)
2020-08-11 10:45:50
ユウスゲやヨルガオなども夜に咲く花ですが、これ程も舞姫と言う名前が相応しい花を他に私は知りません。
蚊の攻撃さえ無ければクラシック音楽を聴きながらズ~ッと眺めて居たいとさえ思ってしまいます。
今年は家の直ぐ前の垣根にも蔓が巻き付きました。なので直ぐ前の藪、狐が子育てをした裏の梅林脇の藪など、まぁ賑やかなものです。
くるみ割り人形を作曲したチャイコフスキーならば、こうした情景を3拍子で組み立ててしまうのだろうなと思いながら写した写真を眺めておりますが惜しいかな私にその才能は有りません。
しかし見れば見るほど不思議な花ですね。 これが秋になれば真っ赤に色づいた大きなウリをたくさんに付けるのですものね。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事