たかたかのトレッキング

駆け足登山は卒業、これからは一日で登れる山を二日かけ自然と語らいながら自由気ままに登りたい。

今日もカワセミは居るだろうか?

2018年04月14日 | 
4月5日

友人と会食後、近くの三つ寺公園を散策した

公園の枝垂れ桜が見たいのだそうだ

今日のメンバーはKさん、Mさん、みっちゃん、きみちゃんの5名



今は春休み、園内を流れる小川には目の色を変えて小魚を探すちびっ子の姿

この小川の水は新幹線工事により水が湧き出し

5000トンが毎日、池に注がれているのだそうだ


並木の枝垂れは未だ若木だったが北側奥の枝垂れは丁度見ごろを迎え

見事な枝垂れを見せている

時折り吹く風に舞う花びらの下にシートを敷き持参のコーヒーを飲むのも悪くない


前回来た時に比べると大分くすんで来てはいたがハナノキも未だ健在だ

「カエデってこんな綺麗な花が咲くんだ」

「意識して見た事が無かったわ」

「存在感が有るわね」

皆と同様、実は私もブログのお仲間さんのお蔭でつい最近、花名を知ったばかり


前回、この池でカワセミを見た事を話すと

「石の上に居る!」と逸早くみっちゃんが見つけた

   



皆もスマホを取り出して狙いを定める

興奮・興奮・興奮 皆が皆 興奮状態

私達が居る間、飛び立つ事も無く石の上でキョロキョロするだけで

ずっとモデルを務めてくれていた

また会えたなんてアリガトウ

本日はコメント欄は閉じさせて頂きました


人気ブログランキング
コメント

三ツ寺公園のカワセミ

2018年04月07日 | 
図書館の帰り三ツ寺公園に寄ってみました



   



前回、来た時は寒々としたちびっ子広場のふわふわドームで

子供達が寒さに負けずピョンピョン跳ねていた時期でした

季節が変わると趣がグッと変わります



   

今は春休み中

シートを敷いて家族でお花見を楽しむ姿がアチコチに見られます

今のお母さんたちは偉いですね

お金を使わずに子供達を楽しませる術を良く心得ています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東屋の立つ池にやってきた時です

ツイ―ッ ツイ―ッ チリリリ

カワセミです


東屋の前の池の奥行きは5mくらい

カワセミは池の中央に有る石の上におりました

ですからカメラとの距離は3mです




何気なく水面を見つめていますよ~

そして、ついにキャッチ!

小さなエビの様ですねぇ


獲物を捕らえて満足したカワセミは池の端へと移動します

人の気配に全く動じる様子は有りません、堂々としたものです


池の端から今度は木陰へ移動しました

執拗に追いかける私

距離にして2mも有りません

カワセミ愛好会が有る様ですが、カワセミってこんなに簡単に写せるものなの?

嘘みたい

人気ブログランキング
コメント (20)

野鳥の森

2018年03月26日 | 
続き


ミヤマホウジロ

・・・・・・

「50m先のスラッとした木のウロの少し上に穴が有るでしょう

分かりますか?キツツキが開けた穴なんですよ

そこから右に目を移すと四角い箱が有りますよね

あの箱で今年フクロウが子育てをしたんです」

キクバオウレンを見た帰り駐車場で休んでいると野鳥の森の館長さんがやって来て

説明をして下さいました

「マッ お茶でもどうぞ」と仰って下さいましたのでお言葉に甘え事務所に行きますと

壁に掛けられた野鳥の種類の多い事!

「この写真、枯れ葉が舞ってるんじゃないですよね」

「これ、みんな野鳥ですよ」  とにかく夥しい数でした


「オッ、ミヤマホウジロが水飲みにやって来ましたよ、ご主人、奥さん!今がチャンス」

   



そうこうしていると今度はカワラヒワがやって来ました


ヤマガラも餌を狙っている様です

「少し待っていれば窓辺にやって来ますよ」

   



館長さんが仰った通り窓辺に置いた餌を啄みにやってきました

ただ、ヤマガラは忙しない

一口、啄むとサッと離れてしまいます

僅か30分位の間に4羽(もう一羽は撮れませんでしたがアトリでした)を

見る事が出来たなんて何て幸運な事でしょう

「この鳥達も残りの鳥で大方が帰ってしまったんですよ

今度は5月に別の野鳥がやって来ますから、その時に又いらっしゃい」

何だか嬉しくなってしまいました

これから私達がここへ通う回数も増えそうです

人気ブログランキング
コメント (10)

緋連雀(ヒレンジャク)

2018年03月20日 | 
続き


大室公園に2月から緋連雀が集まっています

黄連雀も偶に姿を見せるらしいのですが私は未だ観た事が有りません

園内には5本ほどのヤドリギが有りますが今年は池の西側の木に集中しておりました




緋連雀が群がればカメラマンも群がる中

私の様なカメラを構えている人間は一人もおりません

居るとしたら通りがかりに足を止めてスマホで撮影する人くらいなものです

皆、大砲の様な望遠レンズを装着し辺りは連写音がしきりでした


そうした音を気にする事無く緋連雀はヤドリギの実を無心に啄んでいます


お腹が満ちれば生理現象も・・・




この、仕草 可愛いですね~


バックシャンは如何でしょう






あまりズームを効かせると画面が揺れる揺れる

それにシャッターを切ると被写体がとんでもない方に外れてしまいます

なので次の写真を写すのにズームを戻す・・それの繰り返しでした

カメラの横にあるクイックバックズームボタンやサイドズームレバーを押して

捉え直す事も可能なのですが今日のところは未だ使いこなせていない段階でした






でも出来るだけ大きく写してみたい

私は立ち木に背中を預け脇を締めズームを最大限にしてみました

私にしては上手く行った様です


最後は肩の力を抜いて・・・

(早く使いこなせる様にしないといけませんね)


人気ブログランキング
コメント (18)

大室公園でバードウォッチング(1)

2018年03月18日 | 





白木蓮、サンシュユが咲き始めた久々の大室公園

古墳も点在する広々と開放的な公園です

区の仕事を片付けてからやってきましたので時刻は11時を廻っておりました


♪春の小川はさらさら行くよ

そんな童謡を思い起こさせる小川が陽光に輝きながら流れています


公園の中央には大きな池

池が有れば当然、水どりもいますよね






時計の長針と短針の様に頭を突き合わせて雄と雌が同じ場所をクルクルと回っています

その光景を見ながら持参のお弁当を広げましたが

食べ終わりコーヒータイムとなっても、その行動は続いておりました

目の前にはカラスが私達のお弁当のおこぼれを狙ってジッと様子を伺っています

あまりに恨めしそうに眺めているので、おにぎりの欠片を投げると

素早く反応し口に咥えると飛び去って行きました




歩き出した先にシジュウカラを見つけました

そう言えば今年になってシジュウカラを写したのは初めてでした




尚も歩くと高い枝に止まっているのは?

シルエットになっていて解りませんでしたがズームを効かせると・・・

シメでした

動かないでよと言いながら尚もズームを効かせます

シメに間違い有りませんね




黄色い実をたわわに付けたヤドリギです

さて! ヤドリギが有るという事は・・・お目当ては居るでしょうか

続く


人気ブログランキング
コメント (14)