島便り

スペインはマヨルカ。2004年9月生まれの息子、2009年6月生まれの娘と、島出身のだんなとの4人家族の日々。

仕事納め2018

2018年12月22日 | 日常
2018年仕事終了。

打楽器科の試験は1月にあるので年内中の打ち上げはないのですが、ユーフォニアムは恒例クリスマスランチで打ち上げ。



いやいや、どこまで上手になるの?と思わせられた学期末テスト。卒業試験かと思った…
ペップもチューバのアンヘルも大満足。

木曜日まで打楽器と室内楽の怒涛の振替授業をして、大学終了。そして夜。
所属合唱団の40周年記念ドキュメンタリーの試写会を練習前にみんなで鑑賞。



指揮のジョアン。40年の歴史を語ったり


バリトン歌手のジョアン.ポンスが思い出を語ったり

見応え十分。
4人の団員のインタビューに加え、実は私もインタビューを受けていたので、何回か登場するのですが、締めの言葉を私が言っている構成。
おーーい!

これが前後の流れにたまたまピッタリくるもので、観ていた団員達、涙涙…
狙っていたわけではありません…偶然の産物。

40年間の歴史の中、私はちょうど半分の20年をこの合唱団と過ごしています。
17年前にマタイ受難曲をここで初めて勉強し仕事させてもらったのですが、来年の二月に再びマタイの公演があるので今月から練習はマタイです。
この夜もマタイ。アリアのみなら何度もやったのですが、全曲やるのは17年ぶり。あの時はひーひー言っていましたが、前よりは少しだけ余裕が出来、幸せを感じながら、の稽古です。

何年も一緒にいる仲間と「メリークリスマス!」といって仕事納め、というのもささやかな幸せ。

2019年はフルートとの共演からスタートです。かなり楽しみなプログラムで、クリスマス休暇はフルートレパートリーとマタイ受難曲で。
といっても28日から島を出るのであと数日ゆっくりのんびり練習です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 発酵食品合宿 | トップ | 2019新年 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事