島便り

スペインはマヨルカ。2004年9月生まれの息子、2009年6月生まれの娘と、島出身のだんなとの4人家族の日々。

里帰り

2016年11月20日 | 日常
私ではなく…

来月コンクールがあるからレッスンしてくれる?



安いチケットがあったから気分転換にマヨルカに行くんだけど会える?

がブッキング。
この週末は元教え子が我が家に二人、賑やかです。

二人ともサックス科の元生徒。
一人はドイツに、もう一人はスイスに現在留学中。

昨年の9月、サックスの元同僚から信じられない嫌がらせを受け、そこから金管楽器に移りました。
元同僚とは今後一切関わらずつまりサックスとは縁を切る試験官などでも同じ場所で顔を合わせないこと、他にも色々な配慮があるのですが、精神のバランスを崩したこともあり、おそらく一生忘れない出来事。
人間関係で学んだことも多々あります。

が、8年間受け持った元生徒たち、彼らがいい思い出として残り、メール、電話、チャットなどで教えてくれる近況を嬉しく思い、またこうやって訪ねに来てくれる、これは財産です。



カレーライスをしこたま食べてご機嫌な彼らと。
一人は4年ぶりの島訪問で、夕方はパルマ観光。
私がフライブルクに行くと、どうしても学生時代に行っていたカフェやお店に行きたくなるのと同じです。
実家ではないけれど、濃い学生時代を過ごした「お里」なのよね。

我が家の子供たちも大喜び。
試験期間の兄ちゃんも、勉強の合間に
「ピンポンできる?」
とお相手を頼んだり。

昨日の夜帰って行きましたが、使ったバスタオル、シーツなど洗濯機に入れるところまでやってくれる、よくできた生徒たち、でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 本格貯金 | トップ | 気分転換 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事