島便り

スペインはマヨルカ。2004年9月生まれの息子、2009年6月生まれの娘と、島出身のだんなとの4人家族の日々。

楽器管理

2020年11月29日 | 日常



ピアノのメカニズムを初めて知るユイさん。
気になる点があってメンテナンスに来てもらった際、これは見せねば、と声をかけました。

ピアノをやっている人でピアノのメカニズムをきちんと把握している人は結構少ない。大学生レベルでもペダルのシステムを知らなかったという人に会ったこともあるし。
これには理由言い訳?もあるんです。
まず、私達は自分で調律ができない。まあ、やれる人もいなくもないが、音が狂うと調律師さんに来てもらいます。
しかもそれは自宅のピアノ。レッスン、本番は自分のピアノではないので、その場で臨機応変にピアノに対応していくわけですが、言ってしまえば楽器管理は人任せ。
こんな楽器なかなかない。ヴァイオリンだってフルートだって自分で調弦、チューニングするし、楽器の構造も当たり前だがよく把握しています。

楽器の構造を小さい頃から知っていると、楽器の鳴らし方が分かってよいと思うのですが、まず習わないよね。なんでだろうか…




週末は朝イチで市場に。






夫婦のプチ祝いがありまして




日本酒登場。




ブーケも少しずつクリスマス仕様。




近づく師走。






コメント (2)   この記事についてブログを書く
« イタリア車の反抗期 | トップ | 師走と気分転換 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギャップ。 (レイ)
2020-12-04 02:51:47
ピアノの写真からお魚の写真のギャップに笑いました。そうなんだよねー、私もなぜかピアノの先生からメカニズムについてのレッスンを受けた記憶なし。その代わりオルガンの先生には初回のレッスンで『ピアノは何楽器ですか?打楽器ですよ。オルガンは同じ鍵盤でも管楽器』と、仕組みから入ったんだよね。この差は何だろうね。プチ祝い、なんだろう?!髪の毛あなたたち夫婦同じ色じゃない?いい感じよ。
Unknown (玲子)
2020-12-09 03:23:24
でしょ?オルガンもチェンバロも仕組み分からず弾いてる人っていないよね。自分で楽器操ってる感じがするあなた達に比べてピアノはなんとなく他力本願のような…マニュアル車とオートマ車の差のような…確かに管楽器だよねーToulouseの教会では感動したもんなぁ。

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事