島便り

スペインはマヨルカ。2004年9月生まれの息子、2009年6月生まれの娘と、島出身のだんなとの4人家族の日々。

ボルドー終盤

2018年08月29日 | 旅行
終盤は寒かった…涼しかった、ではなく寒かった。



どよーん、とマヨルカだと11月末の空模様。
三人でセーター購入。

それでも街に行って買い物したりクレープを食べたり美術館へ行ったり、あっという間に時間が過ぎます。

この滞在中、市内でとにかくよくウーバーイーツの宅配人を目にしました。



アプリでレストラン、食べたいものを選んでクレジットカードで支払って家で待機してたら頼んだものが届く。
システムは知っていたけれど、島人は見たことなくて興味津々。
かなり普及しています。
鴨料理に疲れて、ちょっとアジアの物が食べたい、ということで何回か和食を含むレストランに行きましたが、島にはないこちらに大感激!



屋台風韓国料理。
フランスはスペインよりも多国籍料理が充実していました。

夜にビックニュースが!



兄ちゃんがファイティングスピリッツ賞受賞ニュース。
剣道の大会、セミナーには必ずこの賞が用意されていて、二、三名が対象になります。闘志満々、やる気満々を讃える賞です。
今回は二名受賞で一人は17歳のロシア人、現役ヨーロッパジュニアチャンピオン。



で、でかい!

そして兄ちゃん、でした。
よくやった!兄ちゃん!

翌日はお迎え日。

お昼の12:30まで稽古し14:00解散。
パリ組はTGVでパリへ。ベルギー組は夜のフライトでブリュッセルへ、など各自が帰路へつきます。
師匠はこのあとロンドンでセミナーだとか。タフです。

名残を惜しむ剣士たち。
みんな本当に気持ちの良い挨拶をする青年たちで感心しました。
私が講習会に参加するようになったのは大学に入ってからでしたが、住所、電話番号を交換してそのあと文通したり、連絡をとってご飯を食べに行ったり、という方法でその後も繋がって行きましたが今も交流あり

今の子は便利だね。
インスタで繋がる、WhatsApp で繋がる。
日本人のお兄さん達は平仮名しか読み書きできないナルに、平仮名メッセージをくれるらしく毎日嬉しそうにコンタクトをとっています。

稽古場から大半がバスで駅まで向かったのですが

見事に全員爆睡!

頑張ったね。
お疲れ様でした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« Saint-Emilion  | トップ | 兄ちゃんを囲んで »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事