northflyfactory

羊蹄山の麓に移り住んだ一匹狼。ロクマル虹を求め日々さ迷う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

拡幅除雪、引っ張り風景

2011-01-27 07:07:57 | 日記
コメは特に無し
コメント (1)

何とも言えないタッチ。

2011-01-24 20:22:56 | 日記
昨日テムズに行った際、カウンター横にさり気なく置いて有った、「子リス&イワナ」のポストカードに一目惚れ。
京極の自宅に戻って直ぐ奥行きの有る額に入れ飾って見た。
今では僕のお気に入り。
コメント

スチールヘッド、ドライ

2011-01-19 19:46:56 | ドライ
一昨日、僕の師匠から最新のスチールヘッドフライを頂いた。
元々は師匠の友人が今年アメリカにスチールを狙いに行った際、地元のショップで師匠へのお土産として贈られたものを真似して巻いたものを私にくれた(≧∇≦)。
スチールヘッドドライはウォーキングフライと言うフライに属し、その名の通り水面をスイングさせその引き波で魚を誘う毛鉤である。北海道でスチールをドライで釣る事はまず無い。見た目はヘンテコリンなフライだが、サイズを小さく色を北海道の渓魚用にアレンジして夏の渓で使って見たいと思う。。サイズは小さくて10♯大きくて4♯が無難な所。
今年の夏場、太いティペットにこれを結びつけデカ虹の潜む深くガンガン流れる瀬に挑もう。 そう考えるだけでワクワクする。
コメント

(道道)京極倶知安線、拡幅除雪風景

2011-01-16 21:07:39 | 日記

前回の排雪作業が終わり次は民家のまばらな郊外の拡幅除雪作業。
その名の通り幾度の除雪でこれ以上除雪トラックで路肩に飛ばしきれず狭く成って来るとこの作業が始まります。但し、街中の様に一回一回ダンプに積み込む事はせず、路肩に高く成長した雪の壁を先頭車がマックを使って雪壁を崩し、その後ろからロータリー除雪車で遠くに飛ばして行きます。しかし進行方向に住宅などが有る場合は逆飛ばしで進み、最後はもう一台の除雪トラックで食いカスを端っこに寄せます。
これを予定の低さに成るまで繰り返し作業完了と成ります。

都会では見る機会の無いダイナミックな除雪作業は田舎ならではの光景です。
コメント (2)

(道道)京極倶知安線、排雪風景

2011-01-13 19:58:47 | 日記

本日は仕事の風景画を紹介してみようと思う。
テーマは除雪。
年明け4日の晩から今日にかけ中々降り止まない雪が京極維持管轄の路線特に京極町の街中を通る豊浦京極線、京極倶知安線、京極(停)線が雪堆積が困難に成りパンク寸前本当なら早くて1月の末に行う街中を通る各路線の除排雪作業を緊急決定(ρ°∩°)
写真は少々街外れの京極倶知安線の除雪センター前。
高くなった雪堤を除雪トラックのマックレー通常マックとか段羽で崩して行きます。その後ろからロータリー除雪車でダンプに積みこんで行き、その繰り返しを予定の高さに成るまで行います。最後はタイヤショベルで食いカスを端っこに寄せ作業は終わりと成ります
札幌市内では見る機会の無い除雪トラックが京極町では。
ごく普通に活躍しております。
コメント (6)