northflyfactory

羊蹄山の麓に移り住んだ一匹狼。ロクマル虹を求め日々さ迷う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一匹狼、仲間をガイドするの巻き。最終決戦

2010-08-31 21:54:39 | 尻別川本流

本日最終決戦の場となる流れを目指し移動を開始釣り人らしからぬ僕の車を先頭にyamaさん&かげまるサンの車が続く先ほどのポイントからさほど離れてない場所なので10分程で駐車スペースに到着。僕はジュースだけを持ち一緒に入渓、簡単に魚の着き場を説明し川に座り二人の釣りを見守る。かげまるサンは下流を見て左岸のボサ被りを狙い、yamameさんは右岸の瀬頭をドライフライで狙って数投目、デカ虹が水面から身体をだしyamameさんのフライに襲いかかった。その一部始終見て居た僕は思わず大きな声でデカい!と叫んでしまった。デカ虹と格闘が始まり数分経った時、満月に成っていたロッドが真っ直ぐに戻ってしまった。
もしランディングしていたら間違えなく本日一番だっただけに残念。
その後、お二人上下に別れ釣りを再開、それぞれ魚を釣り上げた様子なので一安心。ここでソロソロ僕は一足先に失礼する時間に。此処で二人も脱渓し少し上のポイントで竿を振るとの事で帰り道土手を歩きながら、9月なったらまた釣りに行きましょうね。と約束、最後は、お疲れ様でした、で締め、本日の釣りを終了した。
コメント (2)

一匹狼。仲間をガイドするの巻き。続きの続き

2010-08-30 22:58:07 | 尻別川本流

既にやる気&釣る気満々の僕は下りながら対岸に向けビッグドライを黙々キャストしては軽く誘いをかける事数投目。ゴボッっと音と共に水面から消えた。
尺山女魚の実績が有る場所だけに内心ドキドキだったのだが魚が近寄って来た時、虹鱒だと判りがっかり(┳◇┳)
ネットinして計測すると38㎝。これが山女魚ならなぁ~と大事件だなぁ何て一人妄想p(´⌒`q)
とりあえず僕も魚を釣り上げたので脱渓地点までyamaさん、かげまるさんに先行してもらい僕は少し距離を取って釣りを開始、木が水面ギリギリまで被さった所に来た時、ここなら絶対に…! と言い聞かせ、フライロスト覚悟で僅かな隙間を狙うと出て来ましたヤマメ君。サイズは25㎝位かな?でもサビもまだの綺麗なオス。今日一番のベッピンさんだった。
満足感で満たされ今日はコレで僕の釣りは終了し二人の釣りを見守る事に…したのだが脱渓間近、下流を伺うと釣り人の姿に見切りを付けこの区間に別れを告げ、本日最終決戦の場へ移動するので有った。
コメント

一匹狼、仲間をガイド?の巻き!!

2010-08-29 20:36:31 | 尻別川本流

尻別上流域での釣りを終え、待ち合わせ場所の喜茂別ローソンに到着すると既にかげまるサン&yamameさんの姿が。お疲れッスと挨拶。少々、車の前で雑談後、燃費の悪い狼の腹を満たす為コンビニで買い食いしながらどこのポイントに入るか三人で話し合い。
リクエストは奔流に潜む尺山女魚とデカ虹、奴らが両方釣れる場所を相変わらず行儀悪くモゴモゴしながら考える狼。
限られた時間と区間でのポイント選択は中々難しかったが意表を突いた場所の提案に少々唖然のお二人、どうやら行った事が無い様子なので強引に駐車スペースに案内。
そこには川に石をドボン、ドボン投げまくる子供達とカヌーを積み込む大人達を前に不安がるお二人に全然問題ないよ(^w^)と声を掛け、ポイントの始まりの強い流れを渡り釣りを開始、先行はフライでyamameさん二番手はかげまるサンがルアーで釣り下ると間もなくyamameさんにヒット!レッドバンドの濃い美しい虹鱒だが何故か下の方は撮らないで♪と言うので気になり見ると、あ~なるほどね。
次ぎは、かげまるサンがルアーで的確にルアーをキャストし水面下を探るとすぐにヒット!ヤマメを釣り上げ、次ぎはマーチ君の番ダョ(^O^)と譲ってくれた。
良いのかな?この下に本命な瀬が有るのに、
でも譲って貰ったからにゃ釣らねば!!と気合い十分な僕、果たして結果は… 続く
コメント

一匹狼の釣り午前の部2

2010-08-27 12:32:20 | 尻別川本流
前回の続き、狙いを付けて居たポイントに一路直行、二台しか止めれない駐車スペースに車を潜り込ませると既に一台、 まぁ有名所なので仕方がない。早速、川に出て下流側を見ると釣り人が一名、特に気にする事無く上流へ#6のデカディスを結びポイントを叩きながら上がって行くが反応がイマイチでまた来年サイズが多い。
そうこうしている内に折り返し地点が近づいて来た時、此処なら形物が必ず居る!と思える本命場所に辿り着く。
さっきまで上流に釣り人も居た事だし、とりあえず、少し離れた所で一服しながらポイントを休ませて居た時、電話が鳴った電話の主はyamameさん。午後から尻別川に戻るから一緒に釣り行かないかい?とのお誘いに一言OKで待ち合わせ場所を決め電話を切った。時計を見ると昼まで残り30分程、このポイントで勝負を賭ける。ボサと水面の隙間に逆ループでフライを奥まで入れ、軽く誘いをかけるとゴボッと大きな音!一呼吸置き思いっ切り合わせを入れると竿が一気にシナった
まずは魚がボサに潜られ無い様に引きずり出すと魚は流れに乗り一気に下流に下り始めた。
一瞬、魚が見えた時、尺山女魚か?と思ったのだが何回かのやり取りの時体の側面にレッドバンドが見え虹鱒だと判明
(┳◇┳)
その後は竿の力を信じ強引にネットin、計測すると31㎝、これが山女魚だったら尺越えだなぁ~とか一人ブツクサ言いつつ上流域を後にした。
コメント (1)

一匹狼の釣り午前の部

2010-08-25 12:30:37 | 尻別川本流

8月21日日曜、昨日の夕方からの雨によ土取り場の地盤が緩み運搬車両の走行が危険と判断され現場中止との連絡が所長から5時半頃有った。
ならば釣りに行かねばと仕事モードから釣りモードに頭を切り替え一路、寒別へ、まずは橋から状況を確認すると普段より20~30㎝水量が多く笹濁りだが釣りになる状況なので此処でまずは試し釣り、ウエットで広く探ると立ち位置下流の水没したボサ下から待望の辺り毛鉤にアタックしたのは20㎝位のヤマメちゃんだが余り美しく無いので即リリースしてポイント移動。
次ぎに向かった先は南京極地区の大型の期待が持てる広大な流れ、脱渓地点までの1㎞程をウエットで流すも、また来年サイズの虹鱒が2匹釣れて終了、次ぎに向かった先は尻別上流域、5番ロッドから3番ロッドに持ち替えデカドライで良形を狙いに向かう。果たしてその結果は…… 続く
コメント