northflyfactory

羊蹄山の麓に移り住んだ一匹狼。ロクマル虹を求め日々さ迷う

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弟子とlastfishing1

2011-11-14 09:04:03 | 釣り散歩

同じ会社の後輩であり、釣りの弟子のshimura君 とlastfishing。
ロッドを新調してからまだ一度も魚を釣って無い彼に良い思い出を……と前日の晩に誘いをかけた。
返事はYES。即答だった
朝8時に私の自宅集合。当日の天気は晴れ。期待が持てた。
それが現実になるとは、目的の川に到着し支度を済ませ河原に立つと波一つ無いプールではライズリングが広がる。
しかし狙うサイズは最低40オーバーのレインボー。
ドライでは難しいと判断し、ニンフィングでの釣りが初めてのshimura君にも丁度良いと教えがてらの釣り開始。
ここは終点までに大場所が約10ヶ所有るが前半のポイントは当たりも無く撃沈。少々焦りを感じながらも2人でポイントを叩いて行く。
あっという間に終点間近の本命プールに到着し勝負を賭ける。
狙い始めてしばらくすると私の目の前を魚の群れが横切った。
間違え無くニジマスが居る。私は中でも一番デカい魚影に的を絞った。 shimura君も魚影を確認後、キャスティングを確認するようにじっくりと狙い続けた。
数分後、待望のファーストヒットはshimura君。 ♯6ロッドが良い感じでシナり、ラインが引き出される。
リーダーも3Xだから無理をしなければ切れる事は無い。
数分後、無事ネットinランディングされた綺麗なニジマス。
記念に写真をパシャリ。リリースすると仲間の元に元気良く帰って行った。
コレで俄然やる気が出た狙いはあの一番デカい奴だ
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今年は… | トップ | 弟子とlastfishing2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

釣り散歩」カテゴリの最新記事