年下研究

『けいおん!!』トンデモコジツケ連鎖中!涼宮ハルヒの憂鬱の謎解きコジツケの履歴保管庫。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『涼宮ハルヒの憂鬱』スピリチュアル謎解き(!?)…古泉は『出口王仁三郎』からパクった?

2009-07-09 01:54:28 | 涼宮ハルヒ
古泉が『演技』の話をするのが気になっておりましたが、青木さんから頂いた原田実の著作の中に、『出口王仁三郎』の『型の思考』の話が出てきて、谷川さんがこれを古泉や橘にやらせたいのではないか?と勝手にコジツケしてみました。
神の『現実改変』
宇宙人の『情報操作』
未来人の『上書き』
超能力者の『型の思考』
ようやく、互角に戦える武器が行き渡りました。抑止力が働いて平和になるかもしれません。
『コスプレ演劇』『ロールプレイ』で未来改変だなんて、ハルヒで使いそうなアイディアだと思いますが。
橘京子の振り付けの話もコジツケられて幸せです。久々に登場させられましたし。
前の更新で、兵庫県出身の谷川さんが、兵庫県出身の作家や学者の本を組み合わせて『涼宮ハルヒ』世界を構築しようとしているのではないか?と妄想を書いておきましたが…
原田実さんが学研『ムー』編集部で仕事していた時の上司(?)が八幡書房の発起人、武田洋一=有賀竜太さんなのですが、この人、兵庫県出身。
しかも、出口王仁三郎が関与した『大本教』に参加して、今は『武田崇元』と名乗っているそうです。…繋がった!?
谷川さんが、『型の思考』を導入した経路と私が勝手に思っている心当たりはもう一つ有って、
1993年発行、新人物往来社『別冊歴史読本特別増刊・古史古伝論争』所収、
生体エネルギー研究所所長・井村宏次『荒深道斉の有史以前研究への超心理的アプローチ』です。
『鋳型の思考』という形で『武田崇元』の論が紹介されています。論文は再録で、元は1980年代末に書かれていたようですから、谷川さんがハルヒを書く10年前には読めるものです。
前の更新で、西宮の北高周辺は巨石がゴロゴロしていて、トンデモ系の人が見たら『超古代文明の遺跡』『日本のピラミッド』と言い出しそうだと書いておきましたが、
井村が紹介した『荒深道斉』という宗教家は、昭和6年に兵庫県の六甲山や西宮周辺を調査して、巨石群を『超古代の天孫の遺跡』と解釈したようです。
井村論文に引用された遺跡地図に『甲陽園』『夙川』『越木岩』『大社』『苦楽園』『柏堂』といった、ハルヒの聖地巡礼で歩いた地名が書かれているのを見て、偶然の一致は面白いと改めて思いました。
北高の近所に、『雷岳』というピラミッドと噂される山が有ることは、本で読んではいましたが、荒深の調査結果によるものかもしれません。
谷川さんが、これを知ったら、面白がって使いそうだと思いました。
青木さんと丹後丹波但馬辺りを廻った時に、『大本教』本部前の坂が『春日坂』だったのも偶然で笑いました。『カスガ』であって『ハルヒ』ではないですが。
前の更新で、兵庫県はカタカムナノウタヒや、九鬼文書、但馬国司文書といった古史古伝が伝わる面白い土地柄だと書きましたが、
大本教や、崇教真光などの新宗教は、『竹内文書』などの古史古伝を教義に取り入れているそうです。
ここからは、何故『涼宮ハルヒの驚愕』が出ないかについての、トンデモ妄想になるのですが、
角川前社長、ハルキは今度『神』になるとかインタビューで言っちゃう人で、出口王仁三郎とか大好きだと思いますが、
現社長である弟さんは、反ハルキ派が担いだのでしょうから、新宗教の教義とか人脈に近いネタにアレルギーが有ると勝手に思っています。
そのため、冗談・ネタで宗教色が強くなった『驚愕』がボツになったのではないか?とか妄想します。
ヒットしてなけりゃ気付かれなかったと思います。
我々が読むことの出来る『驚愕』は、書き直しで大本教色とかのカットされた別物
ではないのか?とか勝手に思っています。
京アニからの山寛離脱も、伝えられてるような喧嘩ではなく、アニメ業界に浸透しつつある新宗教のセクト争いが裏に有るのではないか?とか勝手に思っております。
トラブル時に作られてた『らきすた』は、鷲宮神社のオタ神輿について神社本庁と鷲宮社で意見の相違が起きたようですし、
トラブル後に両者が作ったのが『Munt』『かんなぎ』なのが偶然で面白い。『型の思考』に近いのは『Munt』ですね(京アニに本当にそういう閥があるとは思いませんが…)これで『かんなぎ』が凄いトラブルにでも巻き込まれてるとか言うなら、『陰謀論』の成立余地がありますよね。
アニメ・ゲーム・漫画は、影響力が有ると見られて、宗教が傘下におさめたい衝動に駆られるのではないかと妄想してしまいます。幸福実現党に限らず。
偶然の一致では、2009年8月号OUR's掲載、水上悟志『惑星のさみだれ』でも、未来改変の為に『演技』するという場面があって、こういう偶然は面白いと思いますね。
偶然の一致繋がりだと、前の更新で『SOS=505の反対が202=ZOZ』とかコジツケしておりましたが、最近引っ越したら、部屋が『202号室』でした。
『型の思考』信じる人なら、そういう同人誌を作ってるからそういうことになったのだということでしょうが…もしそうなら、自分が死ぬようなネタを振って無くて本当に良かったと思います。妙な話ですけど。
引越しのゴタゴタが収まったら、面白いハルヒ同人紹介再開します。




この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 『涼宮ハルヒの驚愕』傍系説... | トップ | 『涼宮ハルヒの憂鬱』アニメ... »
最新の画像もっと見る

涼宮ハルヒ」カテゴリの最新記事