マラナ・タ  …  私たちの負い目を唯一人、背負われて父の元へ帰られたのは。神があなたを愛されているからです。   

ただ父なる神の愛とイエス・キリストの愛を多くの皆様にお知らせしたいのです。帰れやと、父はあなたを慕い待っておられます。

赦された喜び

2019年11月22日 | 日記
「 わたしはあなたを教え、あなたの行くべき道を示し、
          わたしの目をあなたにとめて、さとすであろう。」
                         詩編 32篇 8節

主ご自身が語りかけておられます。悟り、理解を与えて、正しい道を教えよう。

そのために助言、アドバイスをあげよう、と言われます。

ダビデは、神に完全に罪を赦される幸福を天国の喜びにも似た幸せと告白しました。

しかし問題は、どうしたら罪を重ねないで生きることができるかです。

罪を完全に赦された喜びは、長続きしない可能性が強いのです。

人生にはいつも新しい危険や誘惑に満ちているからです。

この詩編のみ言葉は、この人生の問題への一つの解答です。

神との親しい日毎の交わりを持つとき、神は私たちに悟りを与えてくださいます。

これが人生の根本的な原則です。人生には原則が貫かれることが大切です。

また神は、行くべき道、具体的、実際的な道を見せてくださいます。

それは、名人のそばで修業している弟子が盗むようにして名人芸を身につけていくように、

日々神に祈り、聖書を通して神と交わる人々は、やがて、自由な、

愛ときよさの道を神と共に歩むようになるのではないでしょうか。

神との愛の関係を保つためには、神の呼びかけに対して 自ら主体的に神に近づく必要があります。

また自分のそむきが神によって赦され、罪がおおわれただけでなく、

神に生かされた者として賢くされるという主の約束があります。ものごとの本質を見抜き、

明察・洞察力を与えられることは、まさに知恵を与えられることであり、それが成功と勝利をもたらします。

コメント   この記事についてブログを書く
« 来て、見なさい | トップ | 怒らない、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事