幕張 海

幕張の海のあり方を考え、海辺を住民の手に取り戻すためにどうしたらよいかについて

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その1-2 海から見た幕張のすばらしい夜景

2005-04-30 12:03:19 | 幕張 海のプロジェクト
彼女は幕張の海に沈む夕陽と幕張の夜景が大好きだった。彼女の遺言に従って、お骨をご家族の想い出が深かった南国の島と幕張の海に散骨した。仲間と一緒に船を借り、燃えるような夕日を見ながら。船頭さんにできるだけ幕張に船を寄せてもらった。マリーンスタジアムの後ろにはすばらしい幕張の夜景が広がっていた。

乗船した仲間の誰一人、海から自分達が住んでいる街を見たことはなかった。こんなに近くに海がありながら、日常、海を意識したことがあるだろうか。海を感じながら生活し海辺に心を遊ばせる日々を送ることができたら、どれほど心が豊かになるだろうかと思った。彼女が私達に海を感じさせてくれるための贈り物だと思っている。いつも心の中にそのことがありながら、5年の歳月が流れてしまった。

撮影 : 山根治仁(ギャラリーKIKI) 
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« その1-1 心のキヤッチボール | トップ | その2 磯の松原をつくろう運動 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

幕張 海のプロジェクト」カテゴリの最新記事