.
【このページはPCの方用です。スマホ・タブレットでご覧の方はこちらへ】  

                     

   ~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~

         
       〈〈 お話カウンセリング 〉〉


      カウンセリングルームに着いたら、
      居心地よく受けるための準備をしましょう。

      〇 すわる場所を決めましょう (場所づくり)
       イスにすわってもいいし、ソファにすわってもいいです。
       半数くらいの方は、イスを横に置いて
       カーペットにすわってお話しています。
       温度を変えたり、ロールカーテンを開けたりもできます。
      (この時間は、カウンセリング時間に入りません)


      ---------------------

      準備ができたら、カウンセリングのスタートです

      〇 その日に受けたい時間を伝えます (60分か90分)
        
      一緒にお話をしながら、今の状況や気持ちを整理して
      いきます。最初から、ある問題について取り組みたい
      場合は、そのことから始めていただけます。
 
     (最初からイメージワークをしたい方はお伝えください)

      お話の中で、カウンセラーから質問や提案をされること
      がありますが、それに答えるかどうか、提案を受けるか
      どうかは、あなたが選ぶことができます。

      途中で休憩したくなったりやめたくなったとき、いつでも
      お伝えください。

      お話もイメージワークも、うまくできる必要はありません。
      それよりも、居心地がいいかどうか、今の気持ちはどうか、
      そういうことを気にするようにして居てみましょう。

   ~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~


        〈〈 イメージワーク 〉〉

     イメージワークは、心の整理がうまくできなかったり、
     自分の気持ちがよくわからない、どう進めていいかわからない、
     気持ちに余裕が持てないときなどに、とても役立つ方法です。

      新しい「心のとらえ方 (感じ方)」を身につけておくと、
     いきづまる状況が続いた時、ネガティブな思考パターンから離れ、
     その状況に合った自分なりの方向性を見つけやすくなります。

      ※ イメージワークは受けても受けなくてどちらでも構いません。

      ---------------------


     〈〈 ワーク1 マインドフルネス (mindfulness) 〉〉

      〇 気がかりなことばかり考えてしまうときに
       いったんその状況から離れるワーク

      気がかりは頭で考えていることなので、気がかりから
      離れるには、体の感覚へ意識を向けることが大切です。

      呼吸に意識を向けること
      体の感覚に意識を向けて、体を楽にすること
      この2つを体験していただくことで
      呼吸と感覚への意識の向け方を身につけていただきます。

      その後、居心地のいい場所を見つけることで
      気がかりから離れるだけでなく、心地よく過ごせる時間を
      体験していただきます。

      呼吸の仕方・感覚への意識の向け方を身につけることで
      日常生活の中でも
      自分の力で気がかりからいったん離れられるように
      なることを目指します。


                  (ワーク1の所要時間 20分~30分)

      ---------------------


     〈〈 ワーク2 こころの整理 (clearing a space) 〉〉

      〇 気がかりを一つずつ確かめ、置いていくことで
       今のこころの状況を整理するワーク

      ワーク1のマインドフルネスでは、気がかりから離れる
      ということを行いました。

      これは山の中に迷い込んでいる状況から、
      山の全体を眺められるところへと移動したような感じです。

      ワーク2では、今、見渡せる世界に山がいくつあるのか
      それらはどんな状態なのか、を確かめていきます。

      自分の中に気がかりがいくつあるのか
      それぞれにたいして今の自分はどう感じているのか
      ということが分かってくると

      最近ずっと悩んでいたことが、
      今すぐに考えなくていいのだと実感できたり

      それほど気にしていないと思っていたことが
      思いのほか重荷になっていて
      身動きを取れなくしていると分かったりもします。

      このワークで、気がかりを解決することはできませんが、
      こころの全体を見渡せるようになることで
      それぞれの気がかりとの距離を取りやすくなります。

      これにより、常に何かに追われているという感じではなく
      自分の全体を見渡せていて、
      自分自身をコントロールできていると感じやすくなります。


                   (ワーク2の所要時間 30分~40分)

      ---------------------

           
      〈〈 ワーク3 フォーカシング (focusing) 〉〉

     〇 コトバにしにくい気持ちとつき合い
      自分なりの答えや方向性を見つけていくワーク

      山そのものが自分にとってどんな存在なのか
      山の中にどんなものが隠れているのか
      ゆっくりと時間をかけて探していきます。

      とてもむつかしい山だと思っていても探し物
      すぐに見つかる場合もありますし、
      たいしたことないだろうと思っていたら
      思わぬけものが隠れていて
      近づくことさえむつかしくなるということもあります。

      
      家庭や職場での人間関係、相手に対する気持ち
      日々の生活での悩み、自分の性格やクセ
      結婚や離婚など人生の大きな決断
      動き出せないこと、やめられないこと
      
      気がかりや問題はそれぞれです。

      同じように見える山でも
      人によって見え方が全然ちがいますし
      そこで見つかるものも変わってきます。

      たくさん考えたり調べたりすることも大切ですが
      最終的に答えや方向性を見つけるためには

      そのことを全体として見たときに
      自分がどう感じているのか
      そこにまだどんな気持ちがあるのか
      それを確かめていくことがカギになります。


      あることを考えたときに
      胸のあたりがすっきりと感じられないのなら
      そのことについて
      まだ分かっていない気持ちがあります。

      それが何かすぐには見つからないかもしれません。

      そのときに見られる範囲で見ていくと
      実感として感じられた分だけ
      自分だけの答えや方向へと近づいていくことができます。

      この方法を行うことによって
      日々の生活が少しだけ変わることもありますし
      人生の見方がガラリと変わることもあります。

      物事をやめたくなるかもしれませんし
      逆に始めたくなるかもしれません。

      ある人への怒りの気持ちの存在を知ることもあれば
      愛しい気持ちに気づくこともあります。

      今までの自分ではありえない方向や誰も踏み入れたことのない
      領域へと進み始めることになるかもしれませんし
      何も変えないでいることを選びたくなるかもしれません。
      
      何が正解かというのは誰にも分かりませんが
      実感として納得のいく答えが見つかると
      その結果がどうなろうと
      人はそれを受け入れることができます。

      気持ちを確かめてあげるというのは
      自分を大切にするということにつながります。

      それが身についてくると
      大事な人を大切にすることもできるようになり
      他人とのコミュニケーションもしやすくなってきます。


                 (ワーク3の所要時間 30分~50分)
 
      
       ※ イメージワークを受けても受けなくても料金は変わりません。       


                     
                    「 ページの1番上に戻る 」
   ~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~


       〈〈 カウンセラーからあなたへ 〉〉 
         

     来ていただいてありがとうございます。
     カウンセリングを受けていただく前にあなたに知って
     おいていただきたいことがあります。

     あなたからの希望がなければ、こちらから提案をさせ
     ていただきますが、この時間をどのように過ごすかは
     いつでも変更していただいてかまいません。

     始める前に、自分の気持ちを落ち着かせる時間を
     5分ほどとってから始めると、話しやすくなります。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

     途中でぜんぜん違う内容のことを話したくなったら、
     そのことをお伝えください。質問に答えたくないとき
     には、答えなくても大丈夫です。
 

     涙が流れてきたときは、そのままにしてあげてください。
     怒りの気持ちからソファをたたいたりクッションを投げたり
     してもかまいません。

     気持ちが緩んでくるとみなさん、おなかが鳴ったり
     おならが出たりしやすくなりますので、そういうものと
     思って恥ずかしがらなくていいですからね。

     においについては空気清浄機がありますし、部屋中に
     お香の香りがしますので心配しなくても大丈夫です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     途中で座る場所を移動したり、テーブルやイスの位置を
     動かしていただいてもかまいません。室温や明るさなど
     気になるようでしたらいつでもお伝えください。

     ここでは、あなたがどう感じているかを一番に考えて
     時間を過ごすようにしてください。そうすることが、あなた
     の状況を理解し改善する早道へとつながります。

     「なんて自分はわがままで神経質なんだろう」と感じて
     しまうくらいでちょうどよいと思ってください。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     カウンセリングに行く、っていうのは、
     それだけで、とっても大変なことです。

     私は、あなたが来てくれただけで、よくがんばったね!
     って思っています。

     そんな思いまでして来てくれたことが
     とっても嬉しい、とも思っています。

     だから、わがまま言ってくれていいし、目を合わせて話せ
     なかったらそれでもいいし、いろんな姿勢ですわったり
     ごろごろしたりしててもいいんです。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     カウンセラーは、あなたの中に、純粋でとても繊細な
     あなたがいると思いながら一緒にいます。
                    
     しかし万が一、カウンセラーがあなたの気分を害したように
     感じられたときは、その場でも後からでもかまいません
     ので、できるだけお伝えするようにしてください。

     その内容が正しいかどうかということでなく、相手に
     気持ちを伝える練習となりますので、気持ちをそのまま
     お伝えいただいてかまいません。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     その他、気になることなどありましたら、電話やメール
     で気軽にお問い合わせください。当日、その場で聞い
     ていただいても、もちろんかまいません。


           

   ~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~ 


     〈〈 カウンセリングを受ける回数について 〉〉


     カウンセリングを何回受ければ良くなりますか?

     初めて来ていただく方には、ほぼ100%聞かれます。
     そして、いつもこのようにお答えしてきました。

     「ひとによって、症状、生活状況によって異なります。。」

     早ければ早いほど、回数が少なければ少ないほど
     みなさんにとっても、私にとっても嬉しいことです。

     しかし、カウンセリングとしての効果が得られるためには
     ある程度の回数を受けていただく必要があります。

     それでも、どのくらい受けるとどのくらいの変化があるのか、
     ということは知っておきたいですよね。。

     すべての方に当てはまるわけではありませんが、
     ご参考としてお伝えさせていただきますね。
 

     その前に、こちらのカウンセリングによって、みなさんが変わっていく
     プロセスについて大まかにお伝えさせていただきます。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


     カウンセリングを受けていただく中で、変わっていく過程は
     大きく分けて3つの段階があります。
        
     1.自分の内面が楽になる段階
     自分のことが認められるようになってくる段階です。
     それまでよりも、ずいぶんと楽な心地で生活できるように
     なってきます。

     2.周りのひとからも変化が見える段階
     自分の気持ちを大切にできるようになり、もっと自分にとって
     居心地のいい生活スタイルがわかるようになってきます。
     自分の生活や職場での働き方にも少しずつ変化が
     見られるようになります。

     3.周りのひとに対しても影響を与えられる段階
     自分の気持ちを表現するコミュニケーションが少しずつできる
     ようになります。新しいことに少しずつチャレンジでき、本当の
     自分らしさが感じられてきます。


     それぞれの段階で効果が感じられるまでには、最低でも3~4回は
     受けていただく必要があると考えています。

     カウンセリングの受け方はさまざまです。
     その時だけ、心の余裕が得られればいい、という方は
     数回で卒業していかれます。

     1つ目の段階、あるいは、2つ目の段階で卒業する方もいます。

     それぞれの方がどのぐらいのものを求められているかによります。

     受ける間隔は、1週間おきや2週間おきの方もいれば
     1ヶ月に1回や、その月の気分でペースを変えるかたもいます。

     実際、多くの方は、受けたその時に、次回また来るかどうかを
     決めたり、また来たくなったときにご予約されたりしていて
     何回ぐらい、と決めてはいません。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        
     カウンセリングは、カウンセラーでなく、あなたが主役です。
     あなたと決めた目標を目指して、あなたにあったペースややり方を
     探しながら一緒に進めていくものです。

     最初から、目標を決められない方もいますし、途中で変える方もいます。
     (そういう方のほうが多いです。。)

     カウンセリングを受ける資格があるかどうかは、1つです。
     あなたに少しでも、受けてみたいな、という意思があるかどうか。
     それだけで、いいんです。

     もしあなたが、カウンセリングにご興味あるのでしたら、
     すぐでなくてかまいません。
     あなたのタイミングでご連絡してくださいね。

     ただ心のカウンセリング tel: 03-4296-2035

   ~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~

                      「 ページの1番上に戻る 」
                      「 カウンセラーについて 」