まごころ☆マコト君が行く

熊本で手刻みの木の家に住もう! 県産無垢の杉、自然素材、職人の技術を受け継ぐ そんな硬派な家づくりやってます☆

ほとんど終わっています

2021年11月18日 | 大江の小さな家

外構を残しほとんど終わっています。

内部のしっくい塗りも、お施主さんが塗られましたが、その他にもいろいろと作業をされました。

玄関ドアーの塗装

内部床や棚のエゴマオイル塗り

アプローチのインターロッキング敷き

このインターロッキング敷きのみは、最後の仕上げを職人さんがします。

完了した内部の写真です。

会議用テーブルは足と台の板が別々になります。

材料はお施主さんの山から切り出した木を使い、棟梁が作りました。

キッチン前テーブルです

キッチンです

コンロ台の緑のタイルを張ってあるところは、以前コンロ台の穴が開いていたところです。

この流し台とコンロ台は、18年前(平成15年)に新築工事で作ったものを再利用しています。

年月が作り出す味が出ていると思っています。

脱衣洗面所です。

トイレです。

今度の土曜日に最後の外構工事をして終わります。

余談ですが、昨日久しぶりに江津湖周辺歩いたら、桜がまだ咲いていました。

いつ散るのでしょうか?

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 耶馬渓の紅葉 | トップ | 久しぶりのトレッキング »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大江の小さな家」カテゴリの最新記事