まごころ☆マコト君が行く

熊本で手刻みの木の家に住もう! 県産無垢の杉、自然素材、職人の技術を受け継ぐ そんな硬派な家づくりやってます☆

棟上げ後・・・

2021年07月20日 | 大江の小さな家

棟上げの後、先ず始まるのが屋根工事です。

カラーガルバ鋼板横葺きです

棟に小屋浦換気口を取り付けました。

足場が外れると、いい感じの屋根が見えるだろうと思います

柱と土台を繋ぐために込み栓を打っています。

どうしても金物を使わなければならない柱の金物です。

大工は間柱や筋交いなどの構造材を入れ終ると、サッシを取り付けます。

今回の家は壁にベニヤやボードで耐力壁を作るため仮筋交いが、まだ中に見えます。

この後、外壁に通気胴縁を入れて、仮筋交いを外にとって、内側の仮筋交いを外します。

今回の家は、壁の断熱がセルロースファイバー吹込みのため電気の配線を早めにしました。

コンセントやスイッチボックスを、はじめに取り付けて有ります。

断熱材を吹き込む前にシートを張ります。

外のシートと内のシートの間に断熱材を吹き込みます。

いよいよ吹き込みです。

吹き込んでいるセルロースファイバーです。

回収された古新聞を細かくしたものです。

このコンポに詰め込んであります。

それを攪拌して使用します。

工事が完了しました。

この後、耐力壁用のボードを貼っています。

これが終わってやっと床工事に入ります。

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 棟上げ2 | トップ | 外部の工事が始まりました。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大江の小さな家」カテゴリの最新記事