きな粉の二段活用そして巻き返し

2018年04月10日 | 日記

今日の一枚。

        ローズ、ちょっとだけ上向いて  ♪   

 

 

風邪でもひいたかとおもいきやそうでもなさそう。

身体がイマイチついていけないみたい。

スプリングコートがまだ手放せない状態です^^;

 

さて、また、食のこと。

豆豆しく、きな粉づくしを。

いただきもののフルグラがあったので。

このような食品は自分では買わないものなんですが、きな粉味がお気に入り。

きな粉シリーズの二段活用と銘々いたしました^^♪

で、ホット牛乳の中にきな粉ラテの粉末を投入。きな粉ラテはチロルチョコシリーズのものを。

チロルファンなら一度は食べたことあるチョコ。

その粉末を牛乳、または湯で溶いたもの。

それをまたきな粉フルグラにかけるのです。

ということで、きな粉の二段活用の出来上がり。

身体に豆豆しく効いてくれる感じ^^v

 

さて、昨日はスッキリしたことだった。

細かいことは割愛しますが、長年付き合ってきた保険屋女子に言いたいことをズバっとね。

向こうは友達のように思っているらしいけど、

それは随分前に終わっていることを彼女はまだ認識していないので始末が悪い。

で、最後には深々と頭を下げていただきましたよ。

あースッキリしました。

彼女は、私の質問をはぐらかす答え方をするから始末が悪い。

 「また横道にそれましたね、今の質問に単刀直入に答えてほしいのですが?」

 「あなた、専門用語並べてるだけでさっぱり判らないわ」

 「かっこつけてもダメよ、それじゃ、小学1年生に大学で学ぶことを教えているのと同じ」

 「それでは自分がかっこつけて仕事をしているだけよね」

あはは~この時点で、彼女の顔色が変わりましたね。

あとはグーもスーもでないようにしてやりました。

いままで巻かれていたのですが、巻き返しです^^v

これで彼女も少しは自分というものを考えてくれるでしょう。

私の親切だと思ってクダサイナ。

何なら、担当者外れて貰っていいくらいのことは言いたかったけど、それはやめておきました。

ま、ここまで私のキツイ面を出させる彼女。

それだけのことを以前にしたのですからね。

私だけでなく、彼女に泣かされた人どれだけいたでしょう。

外資系の会社に転換期があった時、彼女は自分の身の振り方だけを考えていた人。

その時、なしのつぶてにされた顧客の人たちが沢山いたのを知っていますよ。

私もその一人。

あの時、損をしてでもさっさと縁をきるべきだった。

 

途中で電話が入って・・。

「どうやら、何の音沙汰もなしに仕事を辞めたのではないかと先方が思っているみたい」

と、のたまう。

ほれ、ごらんなさい。今の電話で墓穴を掘ってしまったみたいね。

何が嫌いって、その「猫撫で声」の話し方。

猫は大好きですけどね^^v

ダミ声でも、全うな仕事をする人のこと知っていますよ。

 

という一部始終の会話を彼女のオフィスでしたかったな。

コンビニの、休憩室ではねぇ~。

それでも公の場所だから、彼女、私に深々と頭を下げた訳ですが。

あれが私的な場所だったらそうはいかないことかと。

いずれにしてもスッキリしました^^v

そうそう私も良い人ばかりはやってられませんからね。

 

 

コメント (4)