ダーリン三浦の愛の花園

音楽や映画など徒然なるままに書いてゆきます。

明日のためにその400-再びのi-dioHQ

2019年10月31日 | オーディオ
想像を超えた音。

前回のブログを書いた後、どうしても「i-dioHQ」のことが気になってどうしようもなくなった。
ウエブで色々調べた結果、一番安価でそれを体験できることを知った。
アップルの「ipod」である。これはiOS12を搭載した機器で、2万円程度で購入できる。
それとUSBDACを接続するアタッチメント「ライトニング - USB 3カメラアダプタ」も必要になる。
思い切って、この2つを購入することにした。
購入先は、アップルのウエブショップ。中一日で品物は届く。
早速、ウエブショップで2日ほど前に購入した。品物は遅れることなく到着し、早々梱包を解き、実験を始めることにした。
先ずはipodの充電が必要である。以前にアンドロイド端末を充電するアダプタを購入してあったので、今回はこれを代用にして充電を始めた。
もともと多少充電してあったのか、充電は意外に早く終わり、機器の初期設定を始めた。
ここが一番厄介である。アップルid、パスワード、地域指定等、面倒な設定が多い。
初期設定が終わったところで、アップルストアから「i-dio」のソフトをインストールする。インストールはスムーズに問題なく完了した。
ここからが緊張の場面である。果たしてipodからUSBDACに音は供給されるのか、正直不安が頭をよぎる。
ipodのライトニング端子に、ライトニング - USB 3カメラアダプタを接続する。
そしてUSB-A端子にUSBDACに接続するためUSB-A→USB-Cのケーブルを接続し、USB-C端子をUSBDACに接続する。
それぞれの機器の電源を入れ、準備ができたら、ipod側でi-dioのソフトを起動させる。
そして、i-dioHQのチャンネルを選択し、音が出るのを待つ。
果たしてUSBDACは、見事音声を再生できた。
USBDAC側のサンプリングレートは、96kHz、24ビットを示している。間違いなくi-dioHQの音がipodから出力されている証拠だ。

音の印象は、想像を遥かに超えていた。
音の整然はよりシャープになり、ますますしっかり音が並んでいる感じがする。
勿論低音はより深く、重く鳴り、高音はより煌めきを増し、美しさを演出している。
そして、音のデティールはより鮮明になり、細かいニュアンスを見事に表現している。

現在、私の試した方法が、i-dioHQを楽しむ一番安価な方法だと思われる。
ipodはこのためだけではなく、それ自身でポータブルプレイヤーとしても使用できるのでそれを楽しむこともできる。まさに一石二鳥ではないだろうか。
皆様も、興味を持たれた方はこの方法をお試しになることをお勧めする。と、ともに、i-dioが更に発展してしてもらいたいと、益々願うようになった。


コメント   この記事についてブログを書く
« 明日のためにその399-アマゾ... | トップ | 明日のためにその401-今週の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

オーディオ」カテゴリの最新記事