ダーリン三浦の愛の花園

音楽や映画など徒然なるままに書いてゆきます。

明日のためにその294-ミゲール・コット

2018年01月24日 | ボクシング
偉大なるチャンピオンの引退。

ボクシング。
世界戦ともなれば、3分、12ラウンドを戦う激しいスポーツだ。
ラウンドごとに優劣を付けられ、ポイントを加算していく。
しかし、ラストラウンドに強烈なパンチを浴び、ノックアウトされれば、ポイントの優劣は無くなり、逆転勝利となる。極めて残酷な競技と言えよう。
先日偉大なるチャンピオンが引退した。
プエルトリコ出身の「ミゲール・コット」だ。
彼は「スーパライト級」から「ミドル級」までを制覇した、プエルトリコ初の四階級王者である。
驚くのは、彼が、ミドル級まで制覇したことである。
ミドル級は、それ以下の階級と比べて、明らかに体格が違う。
ミドル級用の体格が必須となる。
しかし、コットはその体格差をものともせずに、ミドル級のチャンピオンになった。
その功績は驚くべきものである。
そのコットの引退試合の相手は、アメリカ出身の29歳、サダム・アリだ。
体格的には、両者ともほぼ互角。年齢差は8歳、そう、コットは37歳なのだ。
では、その引退試合の12ラウンドを、簡単に振り返ってみよう。文中最後にあるのは、ポイントを取った選手名だ。(あくまで、私見であるが。)

1R 一進一退のお互いの攻防、決め手の一打なし。 イーブン。
2R 1Rと同じ展開だが、後半アリの右ストレートがヒット。コットぐらつく。 アリ。
3R コット積極的に攻める。 コット。
4R コット積極的に攻めるが、後半アリに打たれる。 アリ。
5R コット積極的に距離を詰め攻める。 コット。
6R 5R同様コット距離を詰め積極的に攻める、後半右ストレートがヒット。 コット。
7R コット全体的にペースを握る。 コット。
8R コットペースを維持し、主導権を握る。しかし、ラウンド終わりにアリのアッパーヒット アリ。
9R 前半アリの攻勢、後半コットの攻勢。 コット。
10R 一進一退の攻防、後半アリのパンチヒット。コット失速する。 アリ。
11R アリの攻勢に、コット防御するのみ。 アリ。
12R 前半アリの攻勢、後半苦しみながらコット反撃。 アリ。

結果 3対0の判定で、サダム・アリの勝利。

試合は終った。
引退試合を「勝利」と言う花道で帰りたかったろうコット。
しかし、現実は残酷である。
試合後、インタビューに答えたコットは、インタビュアーの「引退を撤回しませんか」と言う問いに、混じりけなしの、爽やかな顔で「これで引退です。後は家族とゆっくりすごします。」と答えた。
16年にわたったコットの冒険は幕を閉じた。
しかし、この偉大なチャンピオンを、ボクシングフアンが忘れることは無いだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 明日のためにその293-星野 源 | トップ | 明日のためにその295-今週の一曲 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ボクシング」カテゴリの最新記事