まきさんの山野草観察日記

庭で育てている山野草の管理、観察を中心に散歩時の風景など日々感じたことをお伝えできたらと思います

早生玉ネギの苗植え

2018-11-15 | 畑作業

早生の玉ねぎを植えました。

来月の中旬には晩生の玉ねぎを植えます。

以前は早生50本、晩生100本植えていましたが、昨年から早生、晩生共各50本にしました。

自宅で食するには十分です。

 

早生玉ネギ

その他の野菜も大きくなって来ました。

ニンニクの苗も大きくなって来ました。

サヤエンドウも芽が出てきました。

ジャガイモももうすぐ収穫できそうです。

九条ネギももうすぐ利用できそうです。

ピーマンとナスはまだ収穫できます。

コメント

いろんなスミレの花

2018-11-14 | 庭の山野草

スミレは本来は春の花です。

庭に10種ほどのスミレを育ています。

スミレは夏以降は種子を残すため、閉鎖花を作るようになります。

庭のスミレを観察していると、閉鎖花に交じって時々花が咲きます。

花が少なくなったこの時期に楽しませてくれます。

 

今庭で花を付けているスミレ。

阿蘇キクバスミレ

桜タチツボスミレ

桃色ニオイスミレ

肥後スミレ

コメント

ダイモンジソウの花

2018-11-11 | 庭の山野草

庭のダイモンジソウが見頃です。

ダイモンジソウは北海道から九州までほぼ全国に生育しています。

さらに低地から高山まで生育環境も広範囲に及んでいます。

世界的には朝鮮半島や中国、樺太など東アジアに分布しています。

 

ダイモンジソウは変種ができやすく、我が家でもいくつか交配種が見られます。

 

蟹葉ダイモンンジソウ

那智小葉ダイモンンジソウ

品種のダイモンンジソウ

我が家のオリジナル種

コメント

赤花ハナイソギクの花

2018-11-09 | 庭の山野草

赤花ハナイソギクが見頃です。

この赤花ハナイソギクは、一昨年山草会会員の方に頂いたものです。

栽培種のイエギクとイソギクの自然交配種だと言われています。

花が赤いイソギクで珍しい山野草です。

栽培は容易です。

コメント

平戸ラッキョウの花

2018-11-07 | 庭の山野草

平戸ラッキョウが見頃です。

ミヤマラッキョウに似ていますが、上品さでは平戸ラッキョウが優れています。

少し小型で淡い紫の花は大変美しいものです。

長崎県平戸島の固有種です。

コメント

レトロの街「門司港」に行きました

2018-11-05 | 旅行

今日は気温も上がり、風もなく気持ち良い一日でした。

散歩の途中で、門司港へ行ってみようということになりました。

門司港は以前から一度行ってみたいと話していました。

慌ただしく準備し出かけました。

 

かみさんの提案で各駅停車で行くことにしました。

丁度片道3時間でした。

電車も空いていて、車窓の景色を楽しみながらのんびり行きました。

 

門司港駅でスタンプを押し、観光を始めました。

改装中の門司港駅

着いたのが午後1時でしたので、まずは昼食にしました。

至る所に焼きカレーの案内が出ていましたので、焼きカレーを頂きました。

欲を言えばご飯がもう少し美味しければと思いました。

昼食の後は港の周りを見学しました。

おすすめコースの一部しか見れませんでしたが、満足しました。

ハーバーデッキ

敷き詰められた木の板の感触が最高でした。

ブルーウイングもじ(はね橋)

 

関門橋

関門海峡対岸の下関の街並み

コメント

今年最後の樫原湿原訪問

2018-11-03 | 樫原湿原

今日は雲一つなく澄み切った気持ちの良い一日でした。

久々に樫原湿原に行ってみました。

私とかみさん以外は誰も訪問している人はいませんでした。

風もなく日差しが暖かく、貸し切りの湿原を楽しみました。

 

花も殆どは終わって、湿原はもうすぐ春まで眠りにつきます。

それでもいくつかの花を見ることができました。

 

樫原湿原の風景

カルガモの群れがいました。

湿原の周りの木々も紅葉し始めていました。

湿原の木道

観察できた野草

リンドウ

ウメバチソウ

マアザミ(キセルアザミ)

ノダケ

キアゲハの幼虫が花を食べていました。

キッコウハグマ

ジュンサイ

アキノキリンソウ

アキノキリンソウに虫こぶがありました。

アキノキリンソウミタマバエの虫こぶだそうです。

中にハエの幼虫がたくさん入っています。

お昼は湿原の傍の食堂で食べました。

ここも貸し切り状態でゆっくり食事を楽しみました。

部屋には薪ストーブが焚いてあり、一層気持ちが落ち着きました。

コメント

今年もリュウノウギクが綺麗に咲いて

2018-11-01 | 庭の山野草

このリュウノウギクは、もう30年以上育てています。

私がお世話になった叔父さんの家の近くの崖に咲いていました。

叔父さんは鎌倉に住んでいましたが、私が唐津の来て間もなく亡くなりました。

リュウノウギクが咲くと叔父さんを思い出します。

 

花卉園芸の菊と交配したのでしょうか、最近花に少し色が入るようになりました。

コメント

庭の季節外れの花

2018-10-31 | 庭の山野草

10月Ⅰ9日の朝日新聞の天声人語に、季節外れの桜の話が載っていました。

台風による塩害や気温の高い日が続くと、花芽の成長が止まらなくなるそうです。

 

庭にはたくさんの山野草を置いています。

その中には季節外れの花を付ける山草も多く見られます。

思い掛けなく花を見られるのは嬉しいのですが、山野草にとってはストレスだと思います。

注意深く管理して、本来の季節に綺麗な花を見たいですね。

 

ヒメバライチゴ

アブラツツジ

コバノタツナミソウ

セッコク

コメント

ミヤマラッキョウの花

2018-10-29 | 庭の山野草

ミヤマラッキョウが見頃です。

道の駅で山野草を販売されている近所の方から頂きました。

同時に白馬アサツキも戴きました。

同じ鉢で育てています。

私もいくつか差し上げました。

近所の方と物々交換ができるのは嬉しいですね。

コメント