音の向こうの景色

つらつらと思い出話をしながら、おすすめの名曲をご紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワルトトイフェル スケーターズ・ワルツ

2013-03-24 23:30:08 | オーケストラ
 スケーターズ・ワルツのメロディを聞くと、跳ねるペンギンの後ろ姿が思い浮かぶというあなた。おそらく私と同世代だ。いわゆる、ファミコン世代である。コナミの「けっきょく南極大冒険」というファミコン初期のゲームでは、南極の氷の上を滑るペンギンが、クレバスを飛び越え、アザラシを避けながら、ひたすら進んで行った。制限時間内に次の基地まで辿りつかないとゲームオーバー。BGMが、スケーターズ・ワルツだった。
 先日、老人ホームでコンサートをさせていただいた際に、仲間とファミコンの話になった。現在、70~80代の人たちは、聞けば一人残らず「ああ懐かしい!」と思う曲がいくらでもあるようだ。ところが我々の世代では、巷に音楽が溢れかえり、趣味も多様化して、全員が「ああ懐かしい!」と思うような国民的ヒットが少ないのではないだろうか。そこで、我々世代にとっての最大ヒット曲は何か、仲間と一緒に考えて思いついたのが、「スーパーマリオ・ブラザーズ」と「ドラゴン・クエスト」のテーマだった。確かにこれを聴けば、ほぼ全員が同じような光景を思い浮かべるのではないか。あの威力は凄まじかった。
 私が小学校の頃は、ちょうどファミコン全盛期だったのだが、うちにはファミコンがなかった。以前もこのエッセイで書いたが、私が小1のときにサンタさんにもらったゲーム機は「MSX」だった。ソフトの多様なファミコンをうらやましく思う時期もあったのだが、高学年になったころには自分がMSXユーザーであることに誇りを持っていた。学校の同級生でMSXを持っていたのはおそらく4人だけ、そのうち1人は悪友C。もう1台は、日曜日になるとお邪魔していたまーちゃんの家にあった。
 まーちゃん宅の大きなテレビの前に、まーちゃん姉弟と一緒に陣取って、さんざんゲームをした。ドラクエも、悪魔城ドラキュラも、MSX版ですっかり楽しんだ。といっても、操作するのは大抵まーちゃんの弟くんで、女チームはただ大きな声で彼を励ましたり、けなしたりするだけ。「そこだ!」「いけ!」「やった!」と、外野はとにかくわいわい騒いでいた。
 新しい物好きのまーちゃんのパパは、ある日レーザーディスクと連動する革新的なMSXのゲームを買ってきてくれた。私たちはオーディオセットの裏に潜り込んで、子供なりに必死になって接続を手伝った。思えばLDだってまだ珍しかった頃だ。私は映像を見て、唖然とした。それは最高に美しい宇宙空間を背景にしたシューティングゲームで、SF映画のような自機と敵機が飛んでいた。ゲームの世界と現実の感覚が入り混じるような、不思議な体験だった。初めての宇宙旅行だった。
 さて、まーちゃん家から借りてきたソフトの中に、件の「けっきょく南極大冒険」があった。ファミコン版より先に発売されているので、ゲームはより単純で、アイテムも少ない。それでも私は長いこと飽きずに遊んでいた。家のテレビの前に椅子を置いたり、ゲーム機を置く台を用意したりして、自分なりの最適環境を作り上げた。延々とスケーターズ・ワルツが流れ続け、スペースキーを叩く音が響いた。とうとう南極を1周したときには、じわーっとうれしかった。
 私がこのスケーターズ・ワルツという曲の全貌を知ったのは、ごく最近のことだ。全曲を通して聞いてみたら、驚くほどいい曲だった。作曲家のワルトトイフェルは「女学生」というワルツでも有名だが、調べてみたらマスネと同級生のフランスの作曲家だ。最初のメロディしか知らないという方は、ぜひ1曲全部をお聴きいただきたい。口ずさもうとしたら、思わずオペラ声になってしまいそうな美しい旋律に彩られた、魅力的なワルツである。
 何度聞いても、やっぱりいい曲なのだが、私はどうしてもペンギンの後ろ姿が脳裏に浮かんでしまう。そしてふと思う。私の人生は、あのゲームのような感じかもしれない、と。なんとか障害物を避けて、おいしい魚をキャッチしながら、次の基地まで走る。クレバスに落ち込んでしまったら、よいしょと這い出す。アザラシにぶつかれば「おっとっと」とよろける。それでも走る。目的地にたどり着いたら旗を揚げ、また次の目的地まで走る。そんな単純なことの繰り返しだけれど、それが楽しい。
 きっと、アクションゲームのように敵をやっつけながら進む人生を送っている人もいるだろう。謎解きをして、経験値を上げて、竜王を倒すような人生の人もいるだろう。難易度が上がるようなパズルを解き続ける人生もあるだろう。私は結局、「けっきょく南極大冒険」のような、ごく単純だけど、ひとつひとつが楽しい、そんな人生を送っているような気がする。そのBGMに、スケーターズ・ワルツのような名曲が流れていたら、もう最高じゃないか。
コメント