MAKIKYUのページ

MAKIKYUの公共交通を主体とした気紛れなページ。
初めてアクセスされた方はまず「このページについて」をご覧下さい。

まもなく終焉・小田急20000形「RSE」に乗車

2012-02-18 | 小田急グループ


少し前MAKIKYUは日帰りで静岡県内へ足を運ぶ機会があり、その際には小田急線~JR御殿場線直通特急「あさぎり」号にも乗車したものでした。

「あさぎり」号は私鉄車両の国鉄~JR直通運転列車としては、かなり老舗的存在の列車で、1991年に使用車両刷新が図られた際、運行区間が新宿~御殿場間から新宿~沼津間に延伸され、現在に至っています。

91年に使用車両刷新が図られた際には、今まで小田急側の片乗り入れだった運転形態を改め、JR側も専用車両を用意する事で、原則として半数をJR車両で運行する相互直通運転としたのも大きな特徴です。

この際導入された車両は、小田急側が20000形「RSE」、JR側が371系と呼ばれる車両で、後者は「あさぎり」号以外に静岡地区の東海道線ホームライナーでも運用されますので、1編成しかない車両にも関わらず、MAKIKYUはホームライナーも含めると既に4回程乗車しており、2階建て車両の2階(グリーン車)と1階、平屋の全てを利用した事があります。


しかしながらRSEは2編成あり、「あさぎり」号以外に小田急線内の一部特急にも充当され、見かける機会は時折あるにも関わらず、乗車機会は随分前に小田急線内で「あさぎり」号を利用した一度だけ…という状況でした。
(写真は小田急線内特急に充当されているRSEで、以前別記事で使用した画像の再掲です)

そのためMAKIKYUは小田急ファンながらも、余り縁のない車両と言う有様でしたが、さほど古い車両ではないとはいえども、継続使用するにはそろそろ更新時期に差し掛かり、2編成しかない特殊車両である上に、ハイデッカー構造のためバリアフリー問題も抱えるが故に早くも「引退」が発表され、終焉を迎える前にもう一度…という事で、先日久々にRSEに乗車したものでした。


ちなみにMAKIKYUが先日の乗車区間に選んだのは御殿場→沼津間で、小田急ファンらしくない選択と思う方も居られるかと思いますが、この区間は3月のダイヤ改正以降に小田急の車両が営業運転する機会が消滅(車両メーカーからの搬入ルートでは引き続き御殿場線が利用されると思いますので、乗れない甲種輸送列車であれば、今後も時折小田急車両の姿を見る事は出来るかと思います)し、小田急の車両内で上写真の様な案内表示を見る事も叶わなくなります。


おまけに御殿場~沼津間は特急料金が自由席利用で310円(乗車後に車内巡回の車掌が発券)と割安に設定され、ホームライナー感覚で手頃に利用できるのも有り難く、この特急券を乗車記念に持ち帰る事ができるのも、同区間を選んだ要因となったものでした。
(余談ながら小田急線内は全席指定制である上に、指定の特急券を持たずに乗車すると別途車内発券料金がかかりますので、同一列車でも区間によって扱いは対照的で、関東と西方の鉄道事業者における優等列車や特別車両に対する考え方の違いが、こんな所にも現れています)


「あさぎり」号自由席の案内看板も、今度の改正における運転区間短縮と共に用済みとなり、この看板自体も恐らく撤去される運命かと思います。


そして御殿場駅でやって来た「あさぎり」号のRSEは、終焉が近い事から側面に「THE LAST RUNNING」と書かれたステッカーを貼り付けていたのも特筆点と言えます。


側面の列車名・行先表示がドア上に設置されているのも独特でユニークですが、導入当時はまだ余り普及していなかったLED式(当然3色)となっており、昼間などは視認性の面でやや難ありと感じてしまう事があるのは難点です。

 
車内に足を踏み入れると、グレー系統の内装は個人的にはやや暗めに感じてしまい、好みが分かれる所かと思いますが、車両間やデッキと客室との間に設けられた仕切り扉のガラス配置が、三角形などを組み合わせた類を見ない独特なものになっているのは目を引きます。

平屋車両の普通車座席は、特急車両では一般的な背面テーブル付きの回転式リクライニングシートで、向かい合わせにした際にもテーブルが使える様に、背面テーブルとは別に、窓側に折り畳みテーブルを設置している点は、小田急ロマンスカーならではと言えます。


しかしながら普通車座席はさほどシートピッチが広いとは言い難い上に、座席下の足元が詰まっており、ゆっくりと足を伸ばしてくつろぐ事が出来ないのは大きな欠点と感じてしまいます。

30分程度の乗車ならともかく、全区間乗り通すと約2時間を要する新宿~沼津間通し乗車では…と感じてしまうのは頂けないもので、この点は同じ「あさぎり」号に充当され、兄弟車両として対比される事が多いJRの371系に軍配が上がります。
(小田急ロマンスカー車両も、30000形「EXE」以降は座席下に足を伸ばせる構造となっており、3月のダイヤ改正以降に足元が狭く感じてしまう特急車は7000形「LSE」のみとなります)


RSEはJRとの相互直通協定に基づいて製造された車両だけあって、小田急では唯一の2階建て車両を2両組み込み、その2階部分はこれまた小田急で唯一の特別車両・グリーン車(スーパーシート)となっているのも大きな特徴で、グリーン車座席は大柄な2+1列配置の座席が並んでいますが、MAKIKYUが乗車した際には平屋普通車はそこそこの乗客を見かけたのに対し、こちらは料金差も影響してか、2両共に空気輸送状態で設備を持て余していたのは惜しい限りでした。


また2階建て車両の1階部分は、371系電車は2両共に2+1列配置の座席が並ぶ普通車になっているのですが、RSEでは1両がボックス席配置でガラス製仕切りによって仕切られたセミコンパートメントになっているのも特徴で、MAKIKYUが乗車した際にはこちらも乗客の姿を見かけなかったものでした。

とはいえ現在箱根特急の花形として活躍する50000形「VSE」にサルーン席と称するグループ客向け座席が設置されているのも、RSEにおけるセミコンパートメントの実績が…という事も考えると、先駆的設備として特筆点と言え、「あさぎり」号だけでなく、休日に箱根特急で用いられる事もある車両ならではの設備とも言えます。

このRSEは車齢約20年と、引退するにはやや早い印象があり、現在某地方私鉄が購入交渉を行っているという情報もありますが、特徴的な2階建て車両の運行などは厳しく短編成化されるにしても、出来ることなら第2の活躍舞台を見出し、新たな地での再活躍に期待したいものです。

そして今後「あさぎり」号は60000形「MSE」による小田急車両のJR御殿場線片乗り入れになり、運行区間も新宿~御殿場間に短縮されるなど、RSE導入以前の運行形態に逆戻りする格好となりますが、小田急車両で2階建て車両やグリーン車を組み込み、沼津まで営業運転で足を伸ばしたのはRSEが唯一無二の存在で、これらの功績を末永く記憶の片隅に留めておきたいものです。

『静岡県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 瀬戸内海交通の路線車(1)~中... | トップ | 瀬戸内海交通の路線車(2)~大... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
RSEの思い出 (A80&481)
2013-04-24 20:20:48
はじめまして。書き込みさせていただきます。
20000形ことRSEが引退して1年が経過しましたが、富士急行が譲渡したいという話も出ています。2編成のうち、1編成目の4両が解体、2編成目は喜多見検車区での留置が続いており、大きな変化は出ていません。

RSEがデビューした1991年といえば1000形ワイドドアも出て、幼稚園の年長だった僕は「小田急にユニークな電車が登場した!」と感じていたのがつい昨日のようです。あれから20余年が経過し、世の中の情勢も変わり、電車好きだった幼少期は遠くになりにけり・・・と最近思うようになりました。

新宿~御殿場間は箱根高速バスのほうが1時間2本確保されていて有利なところがありますが、あさぎり号は箱根高速バスと違い1日3往復(土休日は4往復)しか走っていません。とはいえ、電車のほうが運賃が高くても(小田急+JR東海の合算)時間が正確なのですから、小田急としても箱根ルートの足として安易に廃止せず残したかったというのが本年だと思います。

話を変えますが、僕はブログ「たきわ交通局」を運営しています。相互リンクも大歓迎です。内容を判断した上でご検討下さい。
リンク歓迎します (MAKIKYU)
2013-04-27 17:26:11
A80&481様はじめまして。

RSEは1編成目の一部が残存しており、それも現行フジサン特急と同じ大型3両編成という時点で、富士急入りの可能性は大いに…と感じますが、今後の展開が気になる所です。

またあさぎり号の存在は、新宿だけでなく小田急沿線途中駅(町田周辺など)~御殿場間の直通アクセス確保や、多様な交通選択嗣の確保(長時間バスに乗車するのが苦に感じる乗客の存在)などのメリットがあり、短編成化・輸送力縮小してでも残す価値はあると思います。

ただJRの料金体系故に割高感があり、JR線内の特定料金設定などによる値下げなどを行わなければ、現状維持が精一杯かと思いますし、個人的には御殿場線を時々利用する程度なら、松田でのワンマン普通列車乗り継ぎでも充分と感じています。

とはいえ御殿場線は普通列車も、神奈川県内では最も不便な鉄道と言って過言ではない状況になっており、沿線人口や近隣他線に比べると、サービス面で芳しくない印象がありますので、もう少しテコ入れして欲しいと感じています。
(車両面では神奈川県内JR各線の中で、平均レベルが最も高い路線と感じており、私鉄も含めた神奈川県内他路線でも、御殿場線並みの車両が出てくれば、と感じるのですが…)

あとそちらからのリンクの件は大歓迎です。

こちらからもリンク設定したいと思いますので、今後も宜しくお願い致します。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

小田急グループ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

小田急-RSE(20000形)に乗ったよ (八草きよぴ(kiyop)非公式モリゾー愛ブログ)
さて、3月16日で引退が決まっている小田急ロマンスカーの371系とRSE(20000系)とHiSE(10000系)の3形式。今回はその中でRSE(20000系)に乗った時の話です。 2月28日の火曜日、都心に出る用事が出来ました。 小田急サイトで確認してみたところ、なんと朝の新...