まき子の酒

日本酒が好き。純米酒が好き。そんな飲兵衛が「母親」になってしまいました。今はムスコを飲兵衛へと英才教育中?!

グアム屈指の景勝地【恋人岬 Two Lovers Point】

2020-01-08 09:34:57 | 日本酒を飲む @ 西日本
いつも海外旅行ではレンタカーで移動するのだけど、今回は借りないことに。
というのも、こんなツアーを見つけてしまったから。

「ジムと行く!行き当たりばったりツアー」

Jungle Jim's Island Adventures(ジャングルジム・アイランドアドベンチャー)っていう、ジム(Jim)が経営してる会社のツアーで、ジムが自ら車でグアム中を連れ回してくれるという。(HP

「行き当たりばったり」っていうのは、ジムと会うまでは、どこに行くか決まってないから。
今回お願いしたのは、半日コースで8時にホテルにお迎え、12時に終了 “予定”。

シュノーケリング だけは道具の事前準備があるから前もって伝えておいたけど、朝、「Hello!Nice to meet you!」って初対面の挨拶して、車に乗って出発してから、「どこに行きたい?一箇所にじっくりがイイか、サクサク行くの、どっちがいい?」などなど、私たちのやりたい事を聞き出してくれる。

ジムがこれまた明るくて面白〜い!
ペコペコしてるようなガイドさんじゃなくて、ジムのマイペースっぽい性格が個人的にツボ!!
いろんな話もしてくれるし、ムスコにも 「そんなとこに足をあげたらだめ」 みたいにビシ!っと言ってくれるのも、ありがたい。

そんなジムに、すぐに懐いちゃったムスコ(笑)。

さてさて、行き先!
ムスコと相方は「シュノーケリング!」 と、他には特に主張せず。

じゃあ、私が行きたいところは、歴史を感じる場所ー!!!
ラッテストーン公園と、スペイン広場があるチャロモ広場とかー、アガットにある太平洋戦争で激戦地になったガアン・ポイントとかー…

と、いろいろ喋ってる間に、ジムがいつの間にか向かっていたのが、グアム屈指の景勝地という
恋人岬 Two Lovers Point


グアム観光のテッパンの場所、かつ代表的な景勝地でもあって、観光バスも多く来る…はずなのだけど、あれ〜〜?誰もいない。



そうか!まだ朝8時だからか!お土産屋もやってないし。
ジムも「このあと、いっぱいバスが来て混むからね、今の時間だから良いんだヨ」とな。



「恋人岬」って言う名前の由来は、ロミオとジュリエットみたいな世界中によくある非恋伝説。時代は18〜19世紀の スペイン統治時代 に遡る。



現地人チャモロの娘には、同じチャモロ人の恋人がいたけど、侵略者スペイン人の男と無理やり結婚させられることに。
婚礼の夜に2人は逃避行するも、追っ手に岬に追い詰められて、2人は離れないようにお互いの髪の毛を結び合って、崖から身を投じる…。



公園はそこそこ広いけど、やっぱり海抜122mの岬から グアム屈指の景勝地 たる良い景色を見たいなら、お金を払って展望台に登らないといけないとのこと。
せっかくだから、行こう行こう! 大人$3、ムスコ(6歳以下)は無料♪


ハートの椅子に…



絵馬みたいなハートを飾るところなどなど…んもー、ハートいっぱい(笑)


こ…こんなとこにもハート付けちゃいますか。


展望台からの景色はすごい! 絶景ー!!

高所恐怖症の相方、「ウヘェ…こ、こえぇ…」とな(笑)。


確かに、良い高さ。しかも、ちょー崖っぷち。


すごーい!宿泊してるホテルがあるタモン湾から、その向こうにあるイパオ岬まで一望できちゃう。


天気は晴れなんだけど、グアムは早朝はよく霧雨が降るみたいで、この日もなんだか湿っぽい。雨上がりの虹が出てるよ〜!


ここでもジムが、色々教えてくれる。
「あっちに、恋人の娘がミエルヨ。写真撮ってあげるから」 と私のスマホでカシャ。

なーんとなくわかりますかね、女性の上半身を横から見たような感じ…ちょっとカッパ口みたいな横顔だけど、白い岩=娘の肌、森=娘の髪の毛、かな。

そして、ジムは反対側にもカメラを向けてカシャ。「こっちには恋人の青年がいるよ」


もちょっと引いた写真の方がわかるかな。


おおお!!すごい!!こっちの方がゾワッと来た。
海と崖の境目が、ちょっと上を向いた男の人の横顔になってるの、わかりますでしょか?!
しかも、砂と波が、良い感じに髪の毛になってるー!


ジムは、サクッとこれだけ見て終わるんじゃなくて、一緒にウミガメ探しも。
「これ、日課だから」って(笑)。
私たちが探していても全然わからないのに、ジムはすぐに 「あ!あそこにいるヨ」 と。
えー?!どこどこー???

その時に、ちょっとだけ貸してもらった ジムのサングラス、すごーい!!
なんていうのかな、濃淡がはっきりする…っていうのかな、だから海の中の影ぽいところが良く見える!
それでも私には、このサングラスでもウミガメは見つけられなかったけど…😅 

結局、ジムは5匹くらい「あそこにいるよ!」って教えてくれて、1匹だけわかった!


私のスマホを渡すと、それをずっと持って色々写真も撮ってくれるし、自撮りに慣れてるし、ほんっとに、すっごい面白い人〜〜(笑)!

って、そうそう、私が行きたいところは、歴史的なポイント!
「はい、今からイクカラネ!」
…というわけで、この後の話もあるのだけど、ちょっと長くなるので、また別の機会に〜。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 美味しいおもてなし料理いっ... | トップ | 自宅で初の贅沢!生ズワイガ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (庄助)
2020-01-09 10:42:51
素敵なツアー見つけられましたね。^^
偏光サングラス、クジラウォッチングなんかにも便利です。
いるかold loversで行ってみたいです。(笑
■庄助さん (まき子)
2020-01-09 15:16:35
そうか!
偏光サングラスってスキーするときに使うゴーグルもそうですよね。
ジムには本当にお世話になりましたヨ。
この後も、しばらくジムツアーの話が続きます♪
一度に書ききれなくて。

コメントを投稿

日本酒を飲む @ 西日本」カテゴリの最新記事