爺のつぶやき

石狩平野の北端から田舎の爺が日常の話題や日本ハムのことなど綴っています




国母は「ドサンコ」の恥

2010-02-14 11:27:00 | 日記
冬季五輪がカナダのバンクーバーで13日開幕した。

史上最多といわれる82カ国、2600人の選手が参加し、日本選手は94人、北海道からは半数の47人が参加した。

11時から3時間開会式をテレビで見た。

オリンピックはその国の経済発展の象徴といわれている。
多民族国家のカナダで先住民族が主役となっ開会式は感動した。

日本選手の入場で旗手岡崎朋美さん笑顔がとっても輝いていた。
15歳の中学生、高木美帆さんが注目されてカメラが追っていたのが印象に残った。

残念ながら、「腰パン・品格騒動」で開会式に出られなかったドサンコ選手がいた。
http://www.sponichi.co.jp/sports/flash/KFullFlash20100213015.html
石狩市出身で東海大3年生のスノーボード国母和宏(21)選手、昨年11月智恵(24)夫人と学生結婚し、前回トリノ五輪では23位で予選落ちしている。

今回の騒動で東海大学にはメールが続々来ているという。スキー部の相原監督が15日バンクーバーに謝罪に行くことになった。
http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2010/02/14/02.html
橋本聖子団長の温情で大会には出場することになったようだが、「ドサンコ」として恥をさらしたことは残念でならない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 高速道路無料化 | トップ | 大阪から春が届いた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事