爺のつぶやき

石狩平野の北端から田舎の爺が日常の話題や日本ハムのことなど綴っています




「若ごぼう」の炊き込みご飯

2010-02-16 13:49:00 | 日記
石狩平野の北はずれ、石狩川のほとりにある小さなマチは、150センチの積雪に埋もれてます。

いつもの通り朝食を終えて相棒と散歩に出ました。

気温ー16℃北風は顔に刺さリ、吐く息も白く氷つき、樹氷を眺める余裕すらない冷たさです。
今朝は、遠く暑寒別岳もかすんで見えます。

予報では、大雪・雪崩注意報がでていました。
オホーック海の紋別、網走は明日にかけて流氷が岸に近づくようです。


大阪八尾から昨日届いた春の使者「若ごぼう」を炊き込みご飯で今朝いただきました。


photo by おじたりあん        from OCNフォトフレンド

          大阪八尾「若ごぼう」 軸と根の炊き込みご飯です
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大阪から春が届いた | トップ | 今夜の散歩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事