爺のつぶやき

石狩平野の北端から田舎の爺が日常の話題や日本ハムのことなど綴っています




大阪から春が届いた

2010-02-15 10:22:00 | 日記
大阪八尾の妻の同級生ヤエちゃんから「若ごぼう」が届いた。

いつも「大阪はもう春だょ・・・」と送ってくれる。

あぁ! いいなぁ・・・箱を開けると早春の香りがする。

明日の朝は、若ごぼうの香りがいっぱいする「炊き込みご飯」を戴こう。

photo by      おじたりあん from OCNフォトフレンド


それにしてもこの雪の量、見てください。
わが家の前の道路はまだこんなに積もっています。

クルマを交わすことも出来ません。
市役所は財政破綻寸前というのに除雪車が走り回っているが、降る雪の量に追いつきません。

気象庁は「暖冬で降雪量も少ない」と長期予報を出していた。
1週間の天気予報もあてにならない。

クマなら山で寝ていることもできるが、人間さまはそうはいかない。

あぁ・・・春の来るのが待ちどうしい。

photo by      おじたりあん from OCNフォトフレンド
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 国母は「ドサンコ」の恥 | トップ | 「若ごぼう」の炊き込みご飯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事