底津石根

壺埜名可爾彌津

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

007:別(不孤不思議)

2013年02月10日 19時10分03秒 | 短歌

腐れ縁をもうこれまでと訣別の意志を固めて半世紀過ぐ

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 006:巻(不孤不思議) | トップ | 008:瞬(不孤不思議) »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらでははじめまして。 (砂乃)
2013-02-14 22:29:58
こんばんは。先日は拙宅にご訪問いただきましてありがとうございました。
また、コメントとご高評もありがとうございました。

こちらの歌が心に止まりコメントにお邪魔しました。


(もしも読みが全く頓珍漢で御不快でしたら削除してくださってもかまいません。)


>腐れ縁をもうこれまでと訣別の意志を固めて半世紀過ぐ

これは、作者様の相聞歌の一つではないかと推察しました。もしかしたらご結婚後25年を過ぎて、なんどももやもやとしたものを抱えてきたが、君と別れようという気持ちがあったのにまだともにいるよ。と言ったものではないかと思われました。

そうすると、言葉は「腐れ縁」「決別」「意志を固める」といった硬い印象の物を逆手にとって、愛情の裏返しではとも思えました。

インパクトの残る歌だと思います。


では、長々と失礼いたしました。

コメントを投稿

短歌」カテゴリの最新記事