つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

長崎・福岡でGoogleマップのタイムラインを試した

2018年06月04日 | Weblog
長年使ってきたGoogleマップに「タイムライン」という機能があることを知ったのは僅か2ヶ月前のこと。
Windows10にも最近のアップデートで同名の機能が追加されたし、LINEなどにもタイムラインがある。
「タイムライン」はネット上のIT用語辞典などには載っているが、手許にある(古い)英和辞書には載っていないので、比較的新しい用語なのであろう。何かを時系列に並べたものを意味するのだと思う。
先週、長崎と福岡へ旅行してきたので、Googleマップのタイムラインを試してみた。
タイムラインを使うには、持ち歩くスマホと自宅のパソコンに数ヶ所の設定をする必要があるが、中々面白い機能だと思った。但し、後述するように個人情報保護の点からは注意が必要であろう。

下の図は、長崎から福岡へ移動した日のタイムラインである。
図の左側にはこの日の移動手段や距離・時間などが表示される。途中で撮った写真をGoogleフォトに保存していれば、撮った場所ごとに写真のサムネイル画像が示されるので、これをクリックすれば写真を見ることができる。


図の右側には移動した経路が地図上に表示される。上の図の地図は長崎から福岡までを示しているが、下の図はこの地図の長崎部分と福岡部分を拡大したものである。

この地図と左側に表示されるタイムラインを見れば、例えばこの日(5月29日)は、8:56にホテルからタクシーで鍋冠山へ向かい、写真を撮った後600m歩いてグラバー園に行ったこと、その後出島和蘭商館跡に立ち寄り、長崎駅から福岡まで移動し、15:37に福岡のホテルに着いたことが分かる。
更に福岡のホテルを16:33に出て那珂川沿いを歩き、櫛田神社に寄ってから繁華街を通って17:30にホテルへ戻ったことが読み取れる。
但し、最初の表示には間違いや表示が不十分な点もあり、編集機能を使ってそれらを修正・追記する必要があったので、まだ完璧なタイムラインとは言えないのは事実である。但し、施設名などの修正は候補名から選択するものが多いので容易であった。

タイムラインの地図のメニューから「元データを表示」という項を選択すると下図のような画面が開く。
   
この図に表示されている赤い丸印は、GPSの位置データがGoogleに送信された地点を表している。そしてこの点をマウスでポイントするとその地点を通過した時刻が表示される(図の左下部参照)。データが送信される地点(時刻)の間隔は一定ではなく、どのように決められるのかは分からない。2,3週間前に近所を散歩してテストした際の間隔は2~4分程度であったが、今回電車で移動中のデータを見ると10分を超える場合もあった。(なお、飛行機内ではGPSを切っているので、当然ながら飛行機で移動中のデータは無い)
赤い丸印の間は直線で結ばれているので、地図に示される移動線は実際に通った道路や線路などとは一致しない。従って移動距離も正確ではなく実際より短くなる筈である。

Googleの説明によれば、タイムラインが他人に公開されることはないということである。しかしながら、データがGoogleに送信され、それが蓄積されることは間違いない。自分のスマホやPCの記録は簡単に消去できるが、Googleに蓄積されたデータを個人が消去できるかどうかについてはまだ確認していない。
タイムランを残さないように設定する(タイムライン機能を解除する)ことは容易にできるので、もしデータが送信されることに不安を覚えるならばタイムラインは使用すべきではないし、不要であれば機能を解除しておくなどの注意は必要であろう。

=================================================
今回の旅行は天候に恵まれたとは言えず、長崎に着いたその日に例年より8日も早く九州北部の梅雨入りが発表されるという間の悪さであった。ただ、傘が必要になった時間は3日間合わせても1時間足らずであったのは幸いと言うべきか。青空の下で綺麗な写真が撮れなかったのは残念ではあるが。。。

眼鏡橋の近くには、カメレオンという名のピンクの大きな花のアジサイが咲いていた。私は初めて見たが長崎では多くの場所で眼にした。


稲佐山公園へ長崎の夜景を見に行ったときも、ケーブルカーを降りたときは雨や霧に見舞われて何も見えなかったのだが、10分後には雲の合間から月も見えてまずまずの写真が撮れた。


福岡では初めに大宰府天満宮へ行ったが、思ったよりこじんまりとした神社であった。ただ、ここも中国人観光客が多く、独特の甲高い大声には閉口した。


<付記>
たった今、これを書き終わったところにGoogleからメールが届いた。内容は、
「あなたの 5 月の思い出
Google マップのタイムラインでは、過去に訪れた場所をチェックできます。この 1 か月を振り返り、最近の旅行や訪問地での思い出をたどりましょう。」
という記載に続いて多くのURLが表示されている。
これをクリックするとそれぞれのタイムラインが立ち上がるらしい。
親切と言えなくもないが、自分の行動を全てGoogleに把握されていることをあらためて思い知らされた気分になった。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 八王子兵衛川沿いの桜 | トップ | 台風の爪痕 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (QQ)
2018-06-05 07:45:00
南のアジサイ、長崎の夜景、お月様と
素敵ですね。

タイムラインですか、
これってカーナビにもついていますね?
以前、何だろう何だろう?って軌跡を
みていて・・ アッ!走行したところだ!
でびっくりしたことがあります。

設定しない限りは余計なお世話をしないで
ほしいと思いますが・・・
犯罪が起こった時には使えるのかなぁ~
でした。
Unknown (サカイ)
2018-06-05 21:40:59
QQさん、
5年前に買った私の車のナビには付いてないです。
走った経路を記してくれたら良いな~と思ったことはあるのですが、実際にあるのですね。

GoogleやAmazonに自分の行動や購買動向などを把握されことについては、あまり良い気持ちはしませんが、タイムラインについて言えば、今は興味の方が先行しています。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事