つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

リニア新幹線関連工事

2018年01月13日 | Weblog
(1年くらい前から?)私の散歩コースでも(リニア)中央新幹線に関連した二つの工事が始まっている。

一つは「神奈川県駅隣接工事のための準備工事」


この場所は国道16号に面しており、以前は「餃子の王将」があった場所である。

この工事は「隣接工事のための準備工事」で、外見的には大工事には見えないが、駅やその先のトンネル掘進工事のための立坑工事ということなので、まさに橋本地区の工事の「入口」ということなのであろう。但し、3月に終わるのは「土留め工事」というから、準備工事のそのまた準備ということか。

もう一つは「相原高校新築工事」

相原高校はJR橋本駅南口の真正面にあるため、この高校に無縁の地域住民にとっては駅南側のインフラ整備を願う上での障害になっていた。
新幹線駅がこの場所にできることになったため、2kmほど離れた旧・職業能力開発大学校跡地に移転することになり、半年ほど前から工事が始まっている。
相原高校は、畜産科学・食品科学・環境緑地・総合ビジネスの4学科からなり、歴史も特色もある高校だと聞く。完成予想図を見ると「牛舎」や「豚舎」などが見える。恐らくは何かと制約があった駅前を離れることによって、更なる発展が期待されるのではないだろうか。


まだ建物工事は始まったばかりのようにも見えるが、移転は来年春だそうである。

この写真には写っていないが、建物工事現場の前には広大な敷地が確保されており、そちらの整備も進んでいた。

------------------------------------------------------
旧・職業能力開発大学校跡地の残り半分には、現在橋本駅近くにある協同病院が移転するらしいのだが、こちらの工事はまだ始まっていない。
相原高校と協同病院が移転したら、駅からのアクセス道路の整備が重要なのだが、果たして間に合うのか心配している。
因みに、今予想されるアクセス道路は我が家のすぐ近くを通っている。便利になるか、環境悪化に悩まされるか、大きな関心事である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 年頭のご挨拶 | トップ | Excelのトラブルとマイクロソ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事