つれづれなるままに

ひぐらしパソコンに向いて・・・・・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Appleを騙るフィッシングメール

2017年09月05日 | Weblog
今朝、Apple Storeから奇妙なメールが届いた。

心当たりは無かったが、iTunesは利用しているし、差出人はApple Storeのように見えるので、クリックしてみた。

ところが、本文が表示される領域には何も表示されない上に、何度クリックしても既読にならない。
変な予感がしたので、メールを削除したところ、数分後に同じメールがまた届いた。

私はメールソフト(Becky!)の設定をHTMLではなくテキストにしているのだが、これをHTMLに変えてみたら下のような表示が現れた。

記事の要旨は以下の通りである。
「あなたのAppleアカウントに重要な内部電子メールがあるので、できるだけ早くアカウントにログインしてメールを読んでください」
文中にはログイン画面にリンクしていると思われるURLが表示されている。下はそれを拡大したものである。
   
これを見ると頭は一応安全なサイトであることを示す「https」である上、それ以降の表示もいかにもそれらしい。
ただ、文末の表記がおかしい。
単に「よろしく」というのも些か変だし、最後は「林檎」!
林檎とはAppleこと?

Appleのメールとしては如何にもおかしいので、URLをクリックする気にはならなかったが、URLの上で右クリックし、プロパティを見たら、これはURLの表示を含む全体が画像であり、画像が全く別のアドレスにリンクしているらしいことが分かった。
   

ここまで来て、これはフィッシングメールであるという確信が得られたので、Appleのサイトで情報を探したところ、下のような警告画面を見つけた。


これの主要部分を拡大したものが次である。

これを見ると、メール差出人のアドレスやリンク画面のURLを注意深く見れば偽物と見破ることができることは分かったが、初めからそれを期待することは難しいと思う。

多少の危険を承知で、前述の画像をクリックしたら、Nortonが危険サイトを検知して下の画面が表示された。


Nortonを停止して接続してみることも考えたが、思い直して中止した。

今回のメールは偽のログイン画面に誘導し、AppleIDとパスワードを盗むことを目的としたものと思われる。
常に最新の情報に接し、細心の注意を払えば多くの危険を回避できることは確かだと思うが、同時にウイルスソフトの必要性・有効性もあらためて実感した。

先日のMicrosoftに続いて今回はApple。
ネットは危険に満ちていることを再認識させられた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« マイクロソフトを騙る偽警告 | トップ | 昭和記念公園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゆめ)
2017-09-05 23:38:16
十数年前、パソコン操作が楽しくて連れが呆れるくらいハマりました。仲間に、知った情報を伝える活動が大好きで、突っ走ってしたけれど、巧妙な詐欺の横行に気持ちがなえて来ちゃいました(^^;)
どうなるんだろ?私のPCライフ・・・
と、よゐこになりながら呟いていますです。
Unknown (サカイ)
2017-09-06 16:49:25
ゆめさん、
今や、中学生がウイルス作成キットを売りに出す時代ですから、恐ろしいですね~

その一方で、インターネットとは何と便利なものかと連日実感しています。
ただ、最近視力が低下しているような気がしてなりません。単なる歳のせいか、パソコン画面の見過ぎか。多分両方ですよね。

酔い子状態のときは、なるべく危険には近づかないようにお気を付けください。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事