まじくんママのぷち旅ぶろぐ

トミーズツアー旅の編集人がつづる「四季の京都」周辺とたまに帰る「ふるさと富山」のお出かけぶろぐです。

清水寺「漢字が表す20年の世相展」見てきました。

2014年12月02日 | 京都市東山区

今日は午後から清水寺へ行ってきました。紅葉の見頃も過ぎているので、人が少な目かなぁ~って思いましたが、修学旅行生、外国人観光客と、まだまだたくさんの人で賑っていました。

昨日から12月26日(金)まで、経堂(きょうどう)で「漢字が表す20年の世相展」が行われています。【詳細こちら】「今年の漢字」の20周年を記念して、歴代の今年の漢字(実物)が一堂に展示されています。(観覧無料・拝観無料区域にあります)残念ながら堂内は撮影できません。今月の12日に発表される「2014年の今年の漢字」も、13日よりこの場所に展示されます。*12月27日~31日正午まで本堂展示予定だそうです。

今年の漢字の募集発表が開始されたのは、1995年、阪神・淡路大震災、オウム真理教事件、金融機関の崩壊のあった年です。選ばれた漢字は「震」でした。阪神タイガースが優勝した2003年は「虎」、東日本大震災のあった2011年は「絆」・・・

今年は、どんな漢字でしょう?ちなみに、先日募集ポストに家族3人分、「危:危険ドラック」「泣:号泣会見いろいろ」「圭:錦織圭(^^)」の文字を応募してきました。選ばれそうもないけど・・・(^^;)(13月3日まで募集)

【追記】12月12日、2014年今年の漢字は「税」となりました。消費税が上がった事、税金の使い道などで問題があった事などの理由だそうです。我が家の投票した「泣」は6位でした~。世相展では今年の漢字「税」のパネルは、経堂の入り口付近に展示するためのスペースが設けられていました。

本堂周辺の紅葉は、見頃はすでに終了しています。

本堂からの眺めは、あちこち工事中・・・ちょっと痛々しい感じです。

子安塔周辺は、まだ紅葉が残っているようです。

境内もあちこち工事中・・・。今日は着物姿の修学旅行生をたくさん見かけました。

舞台周辺の紅葉は終わっていても、まだまだ紅葉を楽しめる場所が少しだけ残っています。でも、やはり、今年の紅葉は早めですね。

清水寺 http://www.kiyomizudera.or.jp/ 拝観料:大人300円 小中200円 拝観所要時間60分~ 12月7日まで夜間拝観が行われています。

漢字が表す20年の世相展 主催:公益財団法人日本漢字能力検定協会 【詳細こちら

今年の漢字、以前の清水寺での展示の様子は前ぶろぐにて。

2013】【2012】【2011】【2010】【2009】【2008】【2007】2006

 

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 12月になりました!京セラ本... | トップ | 京都二年坂「はろうきてぃ茶... »

コメントを投稿

京都市東山区」カテゴリの最新記事