mairiの旅行記

欧州旅行記、フィギュアスケート観戦記、オーケストラ&バレエ鑑賞記など

<バレエ・スプリーム>Aプロ(7/26)~鑑賞メモ

2017年07月30日 | 鑑賞記
ロイヤルとパリオペの人気ダンサーを並べたガラ公演。楽しみにしていたのですが、ちょっと演出側もダンサー側も準備不足だったかな?

― 第1部 ―
「ラプソディ」
振付:フレデリック・アシュトン
音楽:セルゲイ・ラフマニノフ
ヤーナ・サレンコ、スティーヴン・マックレー

「アスフォデルの花畑」
振付:リアム・スカーレット
音楽:フランシス・プーランク
フランチェスカ・ヘイワード、マルセリーノ・サンベ

「ジゼル」 第2幕よりパ・ド・ドゥ
振付:ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー
音楽:アドルフ・アダン
高田 茜、ベンジャミン・エラ

「アイ・ガット・リズム」
振付:スティーヴン・マックレー
音楽:ジョージ・ガーシュウィン
スティーヴン・マックレー

「ロミオとジュリエット」 第1幕よりパ・ド・ドゥ
振付:ケネス・マクミラン
音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
フランチェスカ・ヘイワード、フェデリコ・ボネッリ


⇒マックレーとサレンコは上手いけど、ロイヤルならではの演目だけど、やっぱりオープニングにアシュトン作品は地味ではなかろーか。
そして盛り上がらないままに続くスカーレット作品。キライじゃないけど、フランチェスカとサンベのフレッシュペアで敢えて観たい演目でもない気が…。
お次は高田さんジゼル、ジャンプはきれいでしたが、ポワントの音がうるさすぎて全く集中できませんでした。ジゼルでプリンシパルに任命されたと聞いた気がしたので、得意演目なのかと期待していたのですが;彼氏のエラ君については可もなく不可もなく。
もやもやしたままマックレーお得意のタップダンスへ。これはこれで良いのですが、私はやっぱりマックレーには「バレエ」を踊ってほしいです(^ ^;まあでも客席は拍手喝采でした。
と、ここまで本当にテンションが上がらないまま進んできたのですが、そんな気持ちを吹き飛ばしてくれたのは、フランチェスカとボネッリでした。フランチェスカのジュリエットは若さにあふれていてチャーミング、ボネッリのロミオは包容力があって大人。マクミラン版と言うこともあり、ようやく「ロイヤルのバレエを観た」と言う満足感が湧いてきました。


― 第2部 ―
「白鳥の湖」 第2幕よりパ・ド・ドゥ
振付:ルドルフ・ヌレエフ(マリウス・プティパ、レフ・イワーノフに基づく)
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
ミリアム・ウルド=ブラーム、マチアス・エイマン

「白鳥の湖」 第3幕よりパ・ド・ドゥ
振付:ルドルフ・ヌレエフ(マリウス・プティパ、レフ・イワーノフに基づく)
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ

「エスメラルダ」 パ・ド・ドゥ
振付:マリウス・プティパ
音楽:チェーザレ・プーニ
オニール八菜、ユーゴ・マルシャン

「マンフレッド」
振付:ルドルフ・ヌレエフ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
マチアス・エイマン


⇒マチアスとミリアムはさすがの貫禄ですね。アダジオだけだったのがもったいない!
ボラックとルーヴェは…、ボラックは見かけは地味ですが、アダジオとヴァリエーションではきっちり仕事をしていました。が、コーダはフェッテを途中でやめてしまってぐだぐだ。(フェッテは2日間とも途中までだったようなので、よほど苦手なのでしょうか。そこまで苦手なら別の演目にすればいいのに。。。)一方のルーヴェは、雰囲気は華やかですが、技術には首をかしげてしまいました。サポートもぐらぐらだし、回転系のジャンプでは毎回着地がぐちゃぐちゃです。パリオペ組はNY公演から日本に直行だったので、疲れていたのだろうとは思いますが、ちょっとこれはエトワールとして恥ずかしい舞台だと思いました。
気を取り直して、オニールさんとマルシャン。2人とも長身の大型カップルで、華があります。オニールさんは初めて見ましたが、バランスの良い素敵なダンサーだなと思いました。オペラ座育ちではない彼女ですが、このまま経験を積んでいけば、エトワールも夢ではないかもしれませんね。
〆は、アリュの降板で追加になったマチアスのソロ。以前にも観たことのある演目ですが、エネルギッシュで美しくて、素晴らしかったです。この日一番の拍手をもらっていました。

― 第3部 ―
「ドン・キホーテ」 ディヴェルティスマン 
振付:マリウス・プティパ 
音楽:レオン・ミンクス

キトリ、バジル: 高田 茜、フェデリコ・ボネッリ ほか
キトリのヴァリエーション: ミリアム・ウルド=ブラーム
キトリ、バジル: ヤーナ・サレンコ、スティーヴン・マックレー
パ・ド・トロワ: ミリアム・ウルド=ブラーム、レオノール・ボラック、ユーゴ・マルシャン
バジルのヴァリエーション: マルセリーノ・サンベ、ベンジャミン・エラ
キューピッド: フランチェスカ・ヘイワード
ドリアードの女王: オニール八菜
キトリ、バジル: レオノール・ボラック、ジェルマン・ルーヴェ
バジルのヴァリエーション: マチアス・エイマン
キトリのヴァリエーション: レオノール・ボラック
コーダ: 全員


⇒キトリとバジルがいっぱいのごちゃ混ぜドンキ。文句なしの楽しさでした。
1幕キトリを踊った高田さん、さっきと全然違うじゃないですか!伸びやかでジャンプも高くて、ぜひ彼女のドンキ全幕を観てみたいと思いました。パートナーがボネッリだったのも大きいのかな?
サンベ君もここではジャンプいっぱいで大活躍。そうそう、こういうのが見たかったんです。
フランチェスカのキューピッドはとてもキュートだったし、オニールさんの女王は気高くて美しかった(水色とピンクを重ねた衣装がキレイ^^)し、マックレーとサレンコの盤石なパートナーシップ、つま先が美しすぎるマチアスと、見どころたっぷりでした。(黒鳥が散々だったボラック&ルーヴェコンビも、こちらはちゃんとまとめていました。)

と言うわけで、ごちゃ混ぜドンキの効果もあって最終的には楽しい公演でしたが、わざわざパリオペとロイヤルを並べる意味があったのかな?と言うのが正直な印象です。特にロイヤル組は演目選び&並びがイマイチで、せっかくのダンサー達を生かし切れていなかったのが残念でした。
Comment

ボリショイバレエ『パリの炎』(6/14)~鑑賞メモ

2017年07月23日 | 鑑賞記
初めて生で観た『パリの炎』。演奏も踊りも、これぞ最強バレエ団ボリショイ!と言う素晴らしい舞台でした。

<主要キャスト>
ジャンヌ(ガスパールとリュシルの娘) … カテリーナ・クリサノワ
ジェローム(ジャンヌの兄) … デニス・サーヴィン
フィリップ(マルセイユ生まれの青年) … ウラディスラフ・ラントラートフ
コスタ・ド・ボールガール侯爵 … セミョーン・チュージン
アデリーヌ(侯爵の娘) … アナ・トゥラザシヴィリ

ミレイユ・ド・ポワチエ(女優) … マルガリータ・シュライネル
アントワーヌ・ミストラル(俳優) … ダヴィッド・モッタ・ソアレス
ジャルカッス(侯爵に仕える老女) … イリーナ・ズィヴロワ
ジルベール(マルセイユ義勇軍の隊長) … ヴィタリー・ビクティミロフ
フランス国王ルイ16世 … ゲオルギー・グーゼフ
フランス王妃マリー・アントワネット … マリーヤ・ジャルコワ
ガスパール(農民) … ユーリー・オストロフスキー
リュシル(ガスパールの妻) … アンナ・アントローポワ

バレエ《リナルドとアルミーダ》
愛の神アモール … オルガ・カリーニナ
花嫁の幻影 … ネッリ・コバヒーゼ
アルミーダの友人 … アリョーナ・コワリョーワ、オルガ・マルチェンコワ、マルファ・フョードロワ、ヴィクトリア・ヤクシェワ
女神たち … エルヴィナ・イブライモワ、ブルーナ・カンタニェデ・ガッリャノーニ、クセーニア・ジガンシナ、ヤニーナ・パリエンコ、ダリーヤ・ボチコーワ、アナスタシア・グバノワ

指揮 : パーヴェル・ソローキン
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団


主要キャストを抜き出しただけでも、ものすごい登場人物の数!ストーリーは若干強引(かつラストが衝撃的)ですが、ダンサーがたくさん出てきてドカドカ踊って、振付も音楽も(そしてオケの演奏も(笑))派手で、ものすごく楽しかったです!このエネルギッシュさこそがボリショイの魅力ですよね^^

まずは主役カップルのクリサノワとラントラートフ。息もぴったりで素晴らしかったです。
クリサノワは、前に観たのが姫役@ファラオの娘だったので、お転婆で勇ましい町娘はどうなんだろう?と思っていたのですが、ちゃんとハマっていました。私は観ていないのですが、ジゼルの日はたおやかだったそうなので、役者なんですね。技術的にも文句なしで、特に回転系はコンパクトで速くてとてもきれい。男性と並んでジャンプばかりの振付などもあるのですが、無理している感じが全くありませんでした。
対するウラドは、軍服似合いすぎカッコよすぎ(*^_^*)ちょっと義勇兵にしてはエレガント過ぎるかもしれませんが、ダイナミックで素晴らしかったです。
特に、有名なグランパドドゥは話の流れもあって&2人とも超絶技巧で、大盛り上がりでした。
(願わくば、この2人の『白鳥』を東京でもやってほしかったなあ。(なぜか仙台のみだったので、さすがに観に行けず;))

情けなさ満点のお兄ちゃんを熱演したサーヴィン。この役は演技力がないと無理でしょうね。かなりすごい勢いで殴られてるし、そういう意味でも大変な役だわ。。。(ところで、アデリーヌお嬢様はなんでこんな情けない人に惚れたんでしょうね?)
アデリーヌ役のトゥラザシヴィリ、白鳥の湖のソリストで出てきた時もキレイなダンサーだなあと思いましたが、改めてその美しさにほれぼれ。手が長くて踊りが端正。まだ若いようなので、今後注目ですね。クライマックスで、ジェロームに止められても父親に駆け寄る姿が泣けました。(そしてその後のラストが…、後味悪すぎる~(涙))

ストーリー的に間延びするかなあと思っていた劇中劇も、若手ダンサーが頑張っていて、なかなか見応えがありました。
アムールのカリーニナ、女優のシュライネル、俳優のソアレスとも、おばちゃんには「生き生きしてて可愛すぎる」以外の形容が思いつきません:P特にソアレス君(ボリショイでは珍しいラテン系?)は、サポートはまだまだ修行中と言う感じでしたが、今後期待できそうなオーラがバシバシ出ていました。

女優を囲む友人たちも、ギリシャ風衣装の女神たちも、変な帽子(白雪姫の小人の帽子のような感じ、色は赤)をかぶった女子群も、人数が多すぎてもはや役割も配役もよくわかりませんでしたが、ひたすら美しくてゴージャスで眼福でした。
以前にも書いたかもしれませんが、やっぱり、体形的にバレエ向きなロシア人(と、ごく少数のロシア人並み体形の外国人)をずらっと並べられると言うのは、やはりそれだけで壮観ですよね。(もちろん、EUやアメリカのバレエ団を中心に、グローバル化していて、アジア人も含めて様々な身体特徴のダンサーにチャンスがある、と言う現代の流れは良い傾向ではあるのですが。)

今回のボリショイ公演で自分が観られたのは2演目だけでしたが、他公演についても、友人達の感想を聞いたり、ネットで感想を読んだりしていたので、来日中の2週間は、本当に「ボリショイ祭」感覚で楽しかったです。次の来日では、もっとたくさんの公演が観られると良いな♪
Comment

イングリッシュ・ナショナル・バレエ『海賊』(7/14)~鑑賞メモ

2017年07月16日 | 鑑賞記
ENBの2演目目は『海賊』。看板演目だけあってダンサー達も気合が入っていたし、ゴージャスでとっても楽しい舞台でした♪

主要キャスト:

※NBSのサイト不具合によりコピペできず。。。

『海賊』はむかーしKバレエ版を1度観たっきり。当日はNBSのサイトが落ちていてあらすじが確認できず、しかも遅刻で1幕の前半が観られなかった為、途中まで「誰が誰?」状態(^ ^;やっぱり演目は余裕をもって予習しないとダメですね;

メドーラ役のロホは上半身にちょっと貫禄がついたかな?とは感じましたが、テクニックは健在。しっかりした意志を感じるメドーラでした。
ギュリナーラのサマースケルズは明るくて華やか。テクニックもしっかりしていて、安心して見てていられました。清楚で可愛らしい感じが、ロホのメドーラと姉妹のようなバランスで良かったです。
(それにしても、最後のギュリナーラ遭難場面って要るんでしょうか…。彼女にもハッピーになってもらってWハッピーエンドで良いじゃん、と思うのですが。)

男性陣は、アリ役のコラレスがとにかく絶好調!先日のフランツ役も良かったけれど、この日はテクニックもオーラも更にパワーアップしていて、跳ぶは回るはの大活躍。…と感心していたら、終演後のカーテンコールでロホ(衣装から黒ドレスに早着替え)からプリンシパルに任命されていました(@_@)って言うか、まだプリンシパルじゃなかったのね(笑)

そんなこんなで、この日はとにかくコラレスの印象が強かったので、コンラッド役のエルナンデスはちょっと影が薄くなってしまっていたかな。エレガントできれいな踊りではありましたが。
ランケデムのマック、ビルバントのアコスタ(カルロス・アコスタの甥っ子らしい)も、力強い踊りでキャラを発揮して舞台を盛り上げていました。
そして忘れてはいけないのがパシャのコールマン。悪人役なのに茶目っ気があって、場面の良いアクセントになっていました。

…と言うことで、主要キャストには本日も大満足だったのですが、やっぱりコールドについては、正直物足りなさがあります。『コッペリア』より振付が派手な分、ゴージャス感はあるのですが、一方で雑な部分も目に付いてしまうんですよね。この辺は今後への課題なのかな。

衣装はとってもゴージャスで素敵^^かなりキンキラなのですが、エキゾチックな異国の物語なので、この位でちょうど良いと思います。舞台装置は、ぜひこの日本公演の収益でもう1段良いものを制作してください(笑)
Comment

イングリッシュ・ナショナル・バレエ『コッペリア』(7/8マチネ)~鑑賞メモ

2017年07月09日 | 鑑賞記
コッペリア全幕を観たのはかなり久しぶり。2年半前のバレエの発表会で全幕をやって曲やマイムに思い入れがあるので、観ていて本当に楽しかったです♪

主要キャスト:
スワニルダ … ユルギータ・ドロニナ
フランツ … セザール・コラレス
コッペリウス博士 … ジェームズ・ストリーター
スワニルダの友人 … 金原里奈、ジャネット・カカレカ、アンジュリー・ハドソン、康 千里、ティファニー・へドマン、ジア・チャン
宿屋の主人 … ダニエル・クラウス
宿屋の夫人 … タマリン・ストット
市長 … ファビアン・ライマー
コッペリア人形 … フランチェスカ・ヴェリク

兵士の人形 … ジョージオ・ガレット
長靴をはいた猫の人形 … ネイサン・ハント
中国の人形 … クレア・バレット

暁の踊り … 金原里奈
祈りの踊り … ジャネット・カカレカ
仕事の踊り … ユナ・チェ、フランチェスカ・ヴェリク、アンバー・ハント、エミリア・カドリン
花嫁の介添え人たち … アンジュリー・ハドソン、康 千里、ティファニー・へドマン、ジア・チャン、アイトール・アリエタ、ギレーム・メネゼス、猿橋 賢、ジンハオ・チャン

指揮 … ギャヴィン・サザーランド
演奏 … 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


演出は気をてらったところはあまりないオーソドックスなもの。舞台装置や衣装がとってもラブリーな点も含めて、本当に「素直に楽しめる」舞台になっていたと思います。(3幕のディベルティスマンが村人衣装のままなのはちょっと残念だったけど。)

コジョカルのおめでた降板で呼ばれたドロニナは、気が強そうな、でもとってもキュートなスワニルダ。なんとなくですが、強烈な個性があると言うよりは、芸達者なタイプかな?と言う感じがしました。テクニックも安定しているし、ぜひ他の役でも見てみたいです。

コラレスのフランツは、女好きで、あんまり物事深く考えてなくて、でも愛嬌があって憎めない感じがドロニナのスワニルダとぴったり合っていました。(因みにこの2人、コッペリアの主役は初役らしい。全然そうは思えませんでしたが。)ジャンプや回転でちょっとごまかす場面などもありはしましたが、踊りに華やかさと明るさがあって引き付けられました。

コッペリウスのストリーターも良かったです。やっぱり、この老人に哀愁が感じられないとつまらないですからね。(スワニルダとの和解のシーンがちょっとあっさり過ぎる気がしましたが、ここはどの版でもそうなので;)

と言うわけで、主役陣は文句なしだったのですが、ソリストやコールドについては、正直ちょっと薄味だなあと言う感じがしました。技術的に問題があるとかではないんですが、なんとなく淡々としているというか、個性がないと言うか…。振付なんかは、結構アクロバティックで(女性のリフトとか男性のジャンプとか)面白いんですけどね。
まあ、この日は自分の体調がイマイチで集中力を保つのが難しかったとか、いつもの5階席だと、踊りよりも芝居の比重が多いコッペリアは、ちょっと伝わりにくいとか言う事情もあるにはあったのですが。
ただ、やっぱり、この辺は「国の一番手」のバレエ団とそれ以外のバレエ団の差なのかな、と言う気がしました。(それにも拘らずENBを「話題のバレエ団」に引き上げたロホの手腕がすごい、と言うことでもあるのでしょうけど。)
ボリショイなんて、白鳥のコールドの端っこのダンサーですら気位高そうにドヤってますし、ロイヤルのロミジュリでは街の人々それぞれにストーリーが感じられますもん。

オケは、久々のコッペリアだったせいか(最近NBS系列では上演がなかったと思う)、危なっかしい個所がちょこちょこと。休み時間に必死で練習している音が聞こえたので、ソワレ以降では少し良くなったことでしょう(^ ^;
Comment

東京バレエ団『ラ・バヤデール』(6/30)~鑑賞メモ

2017年07月02日 | 鑑賞記
前回のシュツットガルト来日公演@2015年で準主役を務め、mairiの周辺でも「次回来日で主役を張るのが楽しみだね♪」と言われていたカマルゴ君。その後、オランダ国立バレエに移籍してしまって残念に思っていたのですが、(アンケートに熱心に書いた方がいたのか(笑))東バの客演に来てくれました♪
(それにしても、シュツットガルトはマッキー、ラドメイカー、カマルゴ、アレンとお気に入り男子が次々抜けてしまって、ちょっと心配;これじゃあ次回来日@2018年もフォーゲル頼みだなあ。。。)

主要キャスト:
ニキヤ(神殿の舞姫) … 上野水香
ソロル(戦士) … ダニエル・カマルゴ
ガムザッティ(ラジャの娘) … 奈良春夏

ハイ・ブラーミン(大僧正) … 森川茉央
ラジャ(国王) … 木村和夫
マグダヴェーヤ(苦行僧の長) … 入戸野伊織
アヤ(ガムザッティの召使) … 矢島まい
ソロルの友人 … 和田康佑
ブロンズ像 … 宮川新大

侍女たちの踊り(ジャンベの踊り) … 二瓶加奈子、三雲友里加
パ・ダクシオン … 沖香菜子、岸本夏未、髙浦由美子、中島理子、伝田陽美、三雲友里加、政本絵美、崔 美実、宮川新大、ブラウリオ・アルバレス

影の王国(ヴァリエーション1) … 中川美雪
影の王国(ヴァリエーション2) … 三雲友里加
影の王国(ヴァリエーション3) … 二瓶加奈子

指揮 … ワレリー・オブジャニコフ
演奏 … 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団


前回コジョカル&シクリャローフで観た東バのマカロワ版バヤデール。ちょっと頭でっかちな構成ではありますが、特に1幕の色彩が華やか(インドと言うよりはシンガポールっぽいけど(笑))で好きです。

お目当てのカマルゴ君は、初日と言うこともあってか、サポートでちょっと「大丈夫?」と心配になる場面もありましたが、安定の爽やかさ&イケメンっぷり。ガムザッティの登場シーンで「あ、この子はこの子で可愛いじゃん☆」みたいな表情をしていて、うわークズ男!と思いました:P

対する水香さんは相変わらずの大根っぷりで…。いつものように、きれいな長い腕をぶんぶん振り回して踊っていました;演技と言う意味では奈良さんの方がよほど頑張っていたし表現していましたが、2人で並んで踊ると、やっぱり「真ん中」オーラがあるのは水香さんの方なんですよね。才能を生かすって難しいんだなあ。

主要キャスト以外で印象に残ったのは沖さん。複数人で踊っていても、華やかで目立ちます。それこそガムザッティで観てみたい。
あと、ブロンズアイドルの宮川さんもバランスの良い踊りで目を引きました。(因みに彼はクランコスクールでカマルゴ君と同級生だったらしいです。)
Comment