mairiの旅行記

欧州旅行記、フィギュアスケート観戦記、オーケストラ&バレエ鑑賞記など

フィギュアスケート余談

2005年12月25日 | 氷花繚乱
初めての生観戦に感激して長文を書いている内に、全日本選手権も終了して、やっと五輪内定者が出揃いましたね。

女子は結局、村主章枝、荒川静香、安藤美姫のLOTTE3人娘。
静香さん&村主ちゃんは、mairi的には絶対出て欲しかったので、すごく嬉しいです。全日本の静香さんSP、村主ちゃんFPは本当に観てて格が違ったもの(^_^)この2人にはぜひ表彰台に乗っていただかなくては(但し、金メダルはスルツカヤ希望!)。

あんみきは、正直意外でした。mairiは中野ちゃん希望だったし、全日本の結果を重視するにしても、恩ちゃんでしょう。
ただ、今回のポイント制は先シーズンが強かった選手が有利になるんですよね(村主ちゃんなんかはそれで救われている部分もあります)。なので、そう考えれば妥当なんですが、やっぱり、マスコミのご機嫌取りという面も否定できないんじゃないかなーとか思ってしまいます。あんみきは、かなり前から五輪のマスコット的な存在として扱われてますから、出ないとなれば、正直困るところが色々出るんでしょう:P

男子の高橋君代表は妥当だと思いますが、それにしても織田君の全日本採点ミスは可哀相過ぎる…。いったん受け取った優勝メダル返せだなんて、織田君じゃなくても泣いちゃいますよ。事情を説明した連盟会長だか大会会長、全然反省の色ないし。

それにしても、今回の全日本放映を見ていてしみじみ思ったんですが、フジテレビって本当に最悪です。文句を挙げたらキリがないですが、とりあえず「テレビ局」として、せめてカメラワークにくらいプライド持ってください。本当、頼むよ(T_T)

まあでも、何はともあれ、五輪シーズンって楽しいですね。実は、前回のソルトレークシティの時、mairiは留学中でテレビもなかった(あったとしても、イギリスには有力フィギュア選手っていないので、放送してたかどうか…)ので、ネットで動向を見るくらいしかできなかったんですよ。なので、プルシェンコの大ポカもエルドリッジ&ストイコの三十路演技も、実際に映像(録画)を見れたのは、五輪から半年経った夏頃だったの(^ ^;
ということで、リアルタイムで話題を追いかけられるトリノ五輪は、めちゃくちゃ楽しみです♪さすがに薄給OLにトリノ生観戦は無理ですが、フィギュアの日には会社を休んででも、リアルタイムでテレビ観戦(五輪は殆どNHKだしね)するつもり。期待はもちろん、プルシェンコのSP1位/FP1位完全優勝かつ自己ベストスコア、そしてロシア勢のフィギュア全4種目制覇です☆ あ、もちろん、日本選手の応援もしますけどね。

*****
最後になりましたが、結果にはつながりませんでしたが、全日本が最後となった本田君、本当にお疲れ様でした。残念ながら昔も今もファンではないですが(笑)、日本男子フィギュアを牽引してきた同世代のエースの引退は本当に寂しいし、悲しいです。今後のご活躍をお祈り申し上げますm(_ _)m

(後日・記)
全日本が最後の競技会だと思い込んで、↑のコメントを書いてしまったのですが、実は四大陸選手権も出場するんですね。勝手に引退させちゃってごめんなさい:P
Comment

フィギュアスケート初観戦~GPファイナル②

2005年12月24日 | 氷花繚乱
④女子シングル
昨今話題の女子シングル。さすがに観客もいっぱいでした。

6位のシズニー(米)と5位のソコロワ(露)は、美人の18歳と童顔の25歳で対照的。特にシズニーは、手足が長くて顔立ちが端正で歯が白くて(笑)、バービー人形を人間にしたらこんな感じだろうな~と思いながら見ていました。

3位の中野ちゃんは可愛いですね(^_^)全身から「上り調子で楽しくて仕方がない」オーラが出ていて、観ているこちらまで笑顔になってしまいます。案外、勢いに乗って五輪に出たりしちゃうのかも。ただ、フリーの衣装の色に品がないのと、ジャンプの時の軸足でないほうの足(バレエで言うなら「パッセの足」)がだらしなくぶらぶらしてるのは、誰も指摘しないということは、あれでいいのかな?mairi的には結構気になるんですが…。

逆に、観ていて辛かったのが4位のあんみき。今シーズンはSPもFPもスローナンバーだけど、あれってあんまり彼女に合ってるとは思えないんだけどな。

2位のスルツカヤ(露)は、全てにおいて別格。まおちゃんがトリプルアクセル決めちゃったからしょうがないですが、それでも旧採点方式(順位点方式)だったら、彼女に1位をつけるジャッジも多かったんじゃないかな、と思います。なんというか、「女王」という言葉がぴったりでした。圧巻です。

1位は15歳の天才・まおちゃん!面白いくらいぽんぽん跳びます。まだ体型もコドモなので、本当に身軽。バンクーバーの4年後までこの軽やかさを保つのは無理だと思うので、そういう意味ではトリノの「年齢制限」はもったいないかな、とは思います。ただ、やっぱりジャンプ以外のところは「コドモのお遊戯」ですからねー。これでオリンピックチャンピオンとかになられるのは、個人的にはイヤです。長野で勝ったリピンスキー(米・当時15歳)の方がまだ大人っぽかったよ(^ ^;あと、山田コーチのところの衣装はどうにかなんないんでしょうか?冗談抜きで、あそこの門下生がまともな衣装を着ているのを見たことがありません…。

まおちゃんを見ていると、シニアデビュー直後のあんみきを思い出します。4回転を決めたり、国際大会でさくっと入賞したり、はたまた全日本では連覇中だった村主ちゃんをあっさり破ったりと、まおちゃん程ではないにしても、本当、新星登場!という感じでものすごく話題になったんですよね。mairiはそれ程あんみき派ではないのですが、すごい選手が出てきたなーと思って見ていました。でも、最近はスランプなのか、表情もどんどん曇ってきて、悲壮感さえ漂わせているような感じで。子供から大人に変わる時期に、誰もが通る道なのかも知れませんが、早く脱却できるといいな~と思います。

⑤その他
ペア競技の採点で揉めた前回の五輪から4年、試行錯誤の末ようやく完成を見た感じの新採点方式ですが、やっぱり一長一短、という感じです。得点理由の明快さを追求した点や自己ベストとの比較が出来る点は面白いし、良いと思うのですが、やっぱり「点取り競技」にされてしまった感は否めません。
6点満点かつ順位点方式は、確かに観客にはわかりにくいし、ジャッジによってひいきが丸わかりだったりするので、そういう意味では問題だったんですが、なんというか、「点数では割り切れない」部分を拾える方式だったと思うんです。

バレエなどの舞台モノを観る人にはわかると思いますが、「主役」っていうのは、技術的なことはもちろん前提としてあるんですが、最終的には「華(オーラ)」が存在する人のことなんですよね。
フィギュアはもちろんスポーツなんですが、舞台芸術に近い要素も持ち合わせているので、やっぱりこの点を無視できないと思うんです。でも、現在の採点方式だと、ここを上手くすくえる様には出来ていない。なので、今シーズンはmairi的には納得の行かない順位が結構あったんですよ。
スポーツとしてのフィギュアと考えれば、これでいいのかも知れませんが、やっぱり、そこの点もちゃんとフォローできるような採点方式が出てくると良いな、と思います。

ところで、今回のGPファイナルの放送はテレ朝でした。スケート放送はNHK!というのはスケート好きには譲れないところですが、どうしても民放で観なければいけないというならば、とりあえずはテレ朝に一票入れたいと思います。「イケメン魔術師」等のキャッチコピーはいい加減にやめていただきたいですが、TBSの某娘。やフジの某ジャニーズに比べれば、松岡修造の方がずっとマシです。まあ、録画した上で、競技以外のところを早送りすることを前提としての話ですが:P

それにしても、マスコミのまおちゃん&あんみき人気はすごいですね。ただ、恐いものなしのまおちゃんはともかく、あんみきはメディア露出の量と本人の不調度のバランスが悪すぎて、なんだか見ていて可哀相な気がします。トップアスリートとは言え、まだ10代の女の子なんだから、報道する大人の側がちゃんと気をつけて扱ってあげて欲しいな~と思います。
Comment

フィギュアスケート初観戦~GPファイナル①

2005年12月17日 | 氷花繚乱
mairiが観る唯一の(と言っていい)スポーツが、フィギュアスケート。とは言うものの、それ程熱心に追いかけているわけではなく、試合がやってるとテレビで観るくらいですが。
でもまあ、オリンピックも控えて最近話題のスポーツでもあるので、思い切って生観戦に挑戦してまいりました。12月17日(土)グランプリファイナル・フリースケーティング@代々木です。
13時のアイスダンスから始まって、男子シングル、ペア、女子シングルと6時間超の観戦でしたが、めちゃくちゃ面白かったです!あれで4,000円(←一番安いC席。でも、それなりに見える。)は安い(^o^)
やっぱり、テレビで観るのとはスピード感が違うんです。あと、音。ジャンプの時の踏切りとか着地の音がすごくて、びっくりしました。なので、転んだ時も、テレビで観るのより一段と痛そう・・・。ウォーミングアップの様子とか見るのも楽しいし。
ただ、当たり前ですが、実況解説がないので、イマイチ技の種類や難易度がわからないです。特にジャンプ。mairiはアクセル以外は見分けついてないので(^ ^;

**** というわけで、以下感想(というかメモ)*****

①アイスダンス
3位のカナダカップルが素敵でした。アイスダンスは、きちんと追いかけていないこともあり、どうも点数の出方がよくわからないんですよね。なので、mairiにとっては「とりあえず、素敵なお兄さんとお姉さんが美しく踊る競技」という感じ(笑)

②ペア
一番スピード感がすごいと思ったのがペア競技。特に、2位の中国・ザン&ザン組のツイスト・リフトとか、思わず声を上げてしまいました。でも、やっぱり優雅さとかにおいては1位のロシア・トットミアナ&マリニン組には適わなかったですけど。

面白かったのは、ウォーミングアップ。アイスダンスだと、2人で仲良く手をつないでリンク内をくるくる回っているのですが、ペアだとそれぞれ1人で出てきて好きなように滑ってるんですよ。全然、相方のことなんて考えてない雰囲気で。
なんか、競技の本質的な違いを見たような気がしました:P

③男子シングル
最近、タダでさえ麗しさが足りない男子シングル。今回はmairiの好きなプルシェンコ(露)もウェア(米)も来ないとのことで、テンションはあまり上がらず。まあ、2人とも五輪には出てくれる(っていうか、プルは今シーズンは五輪金メダルだけを目標にしてるんだろうな。GPファイナルのタイトルなんて、飽きる程取ってるし。)と思うので、そちらに期待ですな。
順位は①ランビエール(スイス)、②バトル(カナダ)、③高橋君、④織田君、⑤サンデュ(カナダ)と、前評判通り。
とりあえず、ランビエールとサンデュは好みではないので却下(←何が?)。この2人は衣装がトんでることが多いので、ぜひ一度そのあたりをインタビューして欲しいです。お姉さま殺しのバトル少年、この人は確かに可愛いんですが、どうも技術のツメが甘い印象があります。もうひと踏ん張りで、トップにいける選手だと思うんですが。
日本人選手2人については、最近やたらと織田君が話題ですが、総合力では高橋君の方が格上だと思いました。ジャンプ以外のところもきちんと観せてますしね。五輪には、高橋君に行って欲しいです。(本当は、本田君に復活して行って欲しかったけど、もう無理だろうなあ(T_T))

(長くなってきたので、↓はまた後で書きます)
④女子シングル
⑤その他(メディア・マスコミ、採点方式)

ところで、外人選手はそうでもないですが、日本人選手にはなんとなく「君」とか「ちゃん」「さん」とかつける人、多いですよね*。mairiは、男子は基本的に「君」で、女子は人によってなんとなく使い分けてます。
とりあえず、今の日本女子は、「すぐりちゃん」「静香さん」「ナカノちゃん」「恩ちゃん」「あんみき(彼女だけあだ名。『ミキティ』は断固として却下!)」「まおちゃん」という感じでしょうか。因みに、今一番好きなのは静香さん、次がすぐりちゃんかな。
*と思ったら、会場でスルツカヤを「スルちゃん」と呼んでる人がいた…。なんかイヤだ(+_+)

Comment

前回の投稿について、メッセージ等くださった方々へ

2005年12月11日 | ヒトリゴト
とりあえず、今のところ、特に悲観したり悩んだりしているわけではないので、その点は心配しないで下さいね。
ただ、仕事でも趣味でも、やるからには自分の中に何がしかのプライドは持っているわけで。時には、そのプライドを文章にしておくのもいいかな、と思ったのです。
ま、たまには「語り」もありでしょ。だって、ブログだもん(^_^)

(とは言うものの、当初の目的であった筈の旅行記がなかなか進まないのは、いかがなものか…。)

Comment

Tomorrow is Another Day

2005年12月04日 | ヒトリゴト
銀座山野楽器に寄ったら、ウーヴェ・クルーガー(ドイツ出身のミュージカル俳優)のフェア中だったらしく、彼のCDがずらっと並べてありました。
特にウーヴェファンというわけではないんですが、つい宣伝に乗せられて、先月の『モーツァルト!(ウィーン・キャスト版)』に続き、映画『オペラ座の怪人』のドイツ語吹替え版サントラを購入。ま、これも語学の勉強だよね(?)
でも、もともとウィーン・ミュージカルの『エリザベート』『モーツァルト!』はともかく、『ファントム』をわざわざ独語で聴いてどうするつもりなんでしょ(^ ^;

*****
ちょっと書き留めておきたいことができたので、旅行記ブログではめったに触れない、mairiのお仕事の話を。
(このブログを見て下さっている方は、実際にmairiの勤め先を知っている方が殆どだと思いますが、公開ブログですので、念の為一部ぼかした表現にしています。)

今週、mairiの勤める会社では、ある発表がありました。それは、2~3年以内に会社に大きな改変がある、という発表でした。少なくとも、現在の形態で会社が存続することは難しく、また、最悪の場合には会社自体が無くなってしまうかも知れないとのこと。詳細が決まるのはまだ先ですが、この決定自体が変わることはないでしょう。
確かに、少し前からそういう話は出ていて、社員の間でも色々な憶測が飛び交っていました。マスコミに取り上げられたこともありました。それでも、やっぱり、正式な発表はショックでした。

以前、「自分のしている仕事の意味がわからない」ということをブログ内で書いたことがあります(*)。そして、今もまだ、その答えは見つかっていません。
ただ、それはこの業種自体の大きな意味(どちらかと言うと、哲学的な意味?)を考える上での話であって、実際に日々の業務を行う上で、自分の会社がなくても構わないと考えたことはありません。(まあ、「なくても構わない」と思うような会社に自ら勤める人もいないでしょうが。)
mairiの勤める会社は社会に必要とされていると感じていますし、だからこそ、mairiを含む社員達は日々頑張っているわけです。実際にお客様とやり取りをすることが多い現在の所属部署では、特にそうです。

でも、組織というものは、そう言う単純な理由だけでは存続できないんですね。時代の流れの前では、経営陣や社員1人1人がどんなに頑張っても、どうしようもないことだってあるんです。

mairiは、現在の会社に、小さな頃から憧れがあった、とかいうわけではありません。むしろ、就職活動を始めるまで、こんな業務をやる会社があるなんて、知らなかったくらい:P
でも、リクルートスーツで足が棒になる程企業巡りをして、悔しい思いもいっぱいして……、という日々の中で、やっと出会った自分の職場。採用説明会でピンときて、そのままするするっと選考を通り、あっさり内定が出た時は、「ご縁」って本当にあるんだな~とびっくりしたのを覚えています。

実際に入社して1年半、日々ストレスを感じることもあるけれど、それでも、社風も仕事内容も、自分にはすごく合っていると感じています。なので、いつかは転職ということもあり得るのかな、と考えたことはありますが(終身雇用が当たり前のご時勢ではないですからね)、少なくとも、しばらくはこの場所で落ち着いてキャリアを積みたいと思っていました。

今回の決定は本当に残念です。

まあ、少なくとも、あと2年強は今の形態でのお仕事を続けられるわけだし、改変後も案外上手くいくかも知れないので、そこまで悲観しているわけではないのですけれど。転職するにしても、20代の内ならなんとかなりますから。
ただ、これまで自分や自分の同僚が、目指してきたこととか頑張ってきたこととかが、世間一般からはちゃんと理解されてなかったのかな、と思うと、少し悲しいです。


何はともあれ、明日は、明日。

ひとまず今は、この組織でしか経験できないことや勉強できないことを、頑張って吸収してゆきたいと思っています。この経験を生かせる明日が、いつか来るように(^_^)
Comment