まいぱん日記

身近なあれこれ、植物のこと、ちばわん卒業生ジュリア 元預かりっ子めぐのパパのお便りなど 

ハワイのキノコ事情(なおみさん)

2018年08月04日 | ハワイの植物と生き物

最近ロシアのキノコについて調べる必要があって、以来キノコに興味をもっています。

なおみさんにハワイではどんなキノコが売られているか、きいてみました。

さっそくお返事がきたので、UPしますね。

     ******************************

お尋ねのきのこの件です🍄

私がハワイに暮らすようになった70年代はマッシュルームといえば西洋マッシュルームのことでした。

それがこの10数年前くらいより日本のホクト株式会社がカルフォルニア州でオーガニックきのこを栽培してそれがハワイのスーパーにも空輸されて購入可能になりました。

ブナピー 、ブナシメジ 、まいたけの三種類です。  時にはエリンギもあります。 

ハワイ産もあるようですが多分生産量が少ないのかスーパーで見かけません。

大分前にオープンマーケット(地元産の野菜を販売)で購入したことがありましたが、その後継続して売られているのか定かではありません。

韓国産のえのき茸 空輸で入って来ます。  わりと何処にもあるような感じです。

また ぽーとべら (portabella) と呼ばれるハンバーグのように大きな肉厚のきのこをコスコで購入することもあります。アメリカ本土から送られてきます。

以上が私の知っているきのこ事情です。

               *************************************************************

   アメリカのキノコの生産量はたしか世界第3位でしたっけ? ホクトのキノコ栽培以後のことでしょうね。

ハワイ産はきっとホクトの大規模生産に値段で太刀打ちできなくなってしまったのだと思う。

ポートベラって、マッシュルームの育ちすぎみたいのですね。ダイエーでも一時置いていたことがありましたけれど、最近みかけません。

私はキノコが好きでいつもたくさん買ってあります。

     今、冷蔵庫にあるキノコです。

    

   こうしたキノコは驚くほど安いですね。シイタケは干したものを水でもどしました。1週間に1袋はこうしてます。

   (まいぱんまま) 

 

補足 なおみさんがご主人から聞いたキクラゲの話をメールしてくれました。

「大分むかしになりますが、ハワイにも野生のきくらげがあるという話を聞いたことがあるそうです。

 

"  Pepeau" というそうです。」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 長さ三尺はないけれど、50... | トップ | ジャックビーン(ナタマメ)... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ハワイの植物と生き物」カテゴリの最新記事