まいぱん日記

身近なあれこれ、植物のこと、ちばわん卒業生ジュリア 元預かりっ子めぐのパパのお便りなど 

上からよんでも下からよんでも同じ

2018年06月13日 | 「くるくるしんぶん」から

今から38年前、37歳のときに子どもと集めたものを書きました。

今日、見つけて、ひとりで笑っちゃいました。

そのごも私は「上からよんでも下からよんでも同じ」にすごーくこって、なんでもひっくりかえして

読まないと気が済まなくなった時期もありました。

いろいろ発見しましたが、この時期のほうがひねくりまわしてなくていいです。 

それにしても下手くそな字で、どれがこどもか私か分かりませんね

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今年も鈴虫が孵りました | トップ | ジャック・ビーンズその後 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
画像 (こまこ)
2018-06-14 19:43:22
その画像はどこから見られるのでしょう?
くるくるしんぶん (まいぱんまま)
2018-06-15 07:51:31
くるくるしんぶんの9号!でした。小林昇は義父です。子供のころの思い出を書いてくれました。義父の思い出は50号までに全部入っていました。それから亡くなってしまったので、私にもいい思い出となりました。
回文 (カプアンパパ)
2018-06-16 16:12:07
画像が添付されてないのは残念ですが

「上からよんでも下からよんでも同じ」文は
「回文」と言って、愛好者が多いですね。

ご存知かもしれませんが、
私が好きなコピーライター土屋耕一さんの作品をご紹介します。

「軽い機敏な仔猫 何匹いるか」
「かるいきびんな こ ねこなんびきいるか」
愛好者が多いのですか (まいぱんまま)
2018-06-16 23:52:38
そうそう回文でしたね。
愛好者が多いんですか?当時言葉あそびの本を読んで影響されたんでしょうか。
もうすっかり忘れてました。

「かるいきびんなこねこなんびきいるか」すごいっ!
そういえば、こどもと絵本をつくりました。どこかにあるかも。

コメントを投稿

「くるくるしんぶん」から」カテゴリの最新記事