まいぱん日記

身近なあれこれ、植物のこと、ちばわん卒業生ジュリア 元預かりっ子めぐのパパのお便りなど 

モンステラが泣いている

2018年09月10日 | 植物

 

この部屋の出窓に置いてあるモンステラです。葉の縁にしずくがたまっているのが、分かりますか。

モンステラが泣いている?

ロシアでエゾミソハギのことをプラクーン-トラヴァーっていうんですが、これは泣いている草という意味です。なぜエゾミソハギがそう呼ばれるのかというと、この草は水辺を好むらしいのですが、草の内部に水分が多すぎると葉先からしずくを滴らせるからなのです。

モンステラも昨日たっぷり水をやったからでしょう。

プラクーン(エゾミソハギ)は魔よけの草として呪い女に必要不可欠な草でした。

呪い女はプラクーンの根と草を採ったら、次のような呪文を唱えなければ草は魔よけの力を発揮することができないのでした。 

  プラクーンよ! プラクーンよ!

  お前は幾久しくとめどなく泣いてきたが、泣いて何を得たというのか

  清き原に涙を流すのをやめよ、青海原に号泣の叫びを響かせるな

  邪悪なる悪魔どもや悪魔まがいの輩(やから)を

  老いたるキエフの魔女どもをおののかすがよい

  奴らがお前に従わないなら、涙で溺れさせてしまえ

  お前の眼から逃れようとしたなら、地獄の奈落へ閉じ込めてしまえ

  わが言葉がお前のもとで強く確かであるように、永遠に!

さて、モンステラにこの呪文を唱えたら、魔よけの力を発揮してくれるでしょうか? なんせ、モンステラですもの。

コメント

ジャックビーン(ナタマメ)の若い莢を食べました

2018年09月10日 | 植物

夫が持ち帰ったたくさんの莢は、ゆでてそのままマヨネーズをつけて食べたことは書きました。

あと糠味噌に2本。これはちょっと食べてみたら固くて、まだ漬けたままです。

けっこう固いので、全部下ゆでしました。

他の野菜といためたり、煮物にインゲンのように使ったりしています。

少しねばりがあるような、ないような・・・・いためるのがおいしいです。

 

  昼食のとき作りました。いためて、味をつけました。

 ゴマかけすぎ。えっ、食べたくない? あははっ 

 

夫が採って来たのはなくなってしまったので、今日の午後、家でなっている莢を2本とって、即席漬けのようなものを作りました。(ナタマメだけ下ゆでしました。)

夕食に出しました。

真ん中で2個たてに並んでいるのが、ナタマメです。こりこりしておいしいです。

コメント

やってきた秋が分かるのか、ジャックビーン(ナタマメ)はつぎつぎ莢を実らせています

2018年09月09日 | 植物

日本はどうなってしまったのでしょう。こう災害がつづくと、なんかどこか気がかりで、落ち着きません。

前は災害の様子をテレビで見ても、お気の毒の気持ちだったのに、今はより自分に引き寄せて、切実感があります。お気の毒というより、やがては同じ苦難を受けるかもしれない同志というか、仲間に近い気持ちです。

札幌に住む友人からは

「我が家のあたりは地盤がよく震度は多分4くらいでした 。停電で通信手段使えず多少困りましたが(水道・ガス問題なし)二日目の夜解消いたしました」と昨日メールがきました。

 暑い暑いといっているうちに時間が進んで、「秋の日はつるべ落とし」で、夕方うかうかしているとすぐ暗くなります。

「つるべ」って「鶴瓶」と書くのですね。意味は「

井戸の水をくみ上げるために、縄またはさおを付けたおけ」だそうです。瓶はボトルかと思っていたら、桶の意味もあるのですね。
そういえば、
井戸のこの部分をロシアでも鶴(ジュラーヴリ)といいます。
 

ちなみにロシアで鳥のジュラーヴリといったら、日本のタンチョウではなく、灰色のクロヅルのことです。

昔、春は北に飛ぶ、秋には南に帰るために集結するツルの姿や鳴声を聞くと、ロシアの人々は胸をキューっと締めつけられる春には喜びを、秋には悲しさを感じたのでした。詩にも多くうたわれています。今は数が減ってしまって、なかなかツルは見られないのだそうです。

 

気づいたら、ジャックビーンにつぎつぎと莢ができてます。

分かるように橙色で印をつけました。

一番初めになったのは、一番上のさやです。

コメント

ダリアのドライフラワー

2018年09月08日 | 植物

この夏作ったダリアのドライフラワーです。

 夫が持ち帰るダリアは巨大輪でみごとなのですが、花瓶にさすと、美しい時期がみじかいのです。

そうなったら花を切って、輪ゴムで(笑)吊るしています。

湿度が高いとドライフラワーはうまくできないのでしょうが、今年の夏は一日中クーラーをつけていたので、よかったみたい。

 

2016年12月18日のブログにUPしてあるダリアは、この茶色っぽい花です。

右側は去年吊るさずにただ置いておいたら、できました。

これをためてどうする?

          *************************

       

 

コメント

ジャックビーン(ナタマメ)の若いさや収穫

2018年09月04日 | 植物

家で種を播いて発芽させた苗は、ダーチャの畑にも植えました。

「たくさんなってるよ」と今日夫が若い莢を持ち帰りました。

   

2,3本ゆでて、そのままマヨネーズをつけて食べました。まずくはないけど、無味で、次はもっと違う食べ方にします。

房になっているのもあります。

 

もっともっと大きくなるのですから、刀豆(なたまめ)の名前があるのも分かりますね。

 

食べ方を検索していたら、ウィキペディアの「福神漬」にこんな文章を発見。(ナタマメの若い莢は福神漬けに入れられています。)

「白土三平の漫画『カムイ伝』では、登場する架空の商人・夢屋がお盆が済んだ後に捨てられた供え物のナスやキュウリを刻んで漬け、「やたら漬」の名で売り出し評判を呼んだものとあるが、あくまで創作と推測される。「やたら漬」自体は、「いろいろな野菜を刻み、取り混ぜて漬けたもの」として各地に存在している。」

「創作と推測される」とありますが、前にも書きましたが、私が子供のころ、父から「福神漬けはお盆にお供えしたナスやキュウリを拾ってきて作る」と聞かされていました。『カムイ伝』より前のことです。

きっと白土三平もどこかでこの話を聞いていたのだと思います。福神漬けについてのそんなうわさがあったのではないでしょうか。

 

コメント

ジャックビーン(ナタマメ)どこまで伸びた?(8月27日)

2018年08月28日 | 植物

今朝、莢の長さを測ったら、17センチでした。

1週間で4センチ。今は長さより巾とか厚みを充実させる時なのでしょうか? 

莢の中に豆はできていそうにありません。食べるなら今ごろの大きさですね。

 

↑この下にもう↓ひとつ莢がなりました。こちらはたちまち長くなった感じです。

 

上にはどれくらい伸びたでしょうか?

つるの先端は2階のベランダのアンテナの上の空中にあります。

莢もひとつ見つけました。

葉も大きいし、脇芽からつるが実によくのびるのでグリーンカーテンにするといいのでは?と考えてもふしぎはないですし、ネットの育て方にも書いてあります。でも、ジャックビーンはアリに好かれる植物らしく、アリがいつもいますから、グリーンカーテンには向いていません。

 

         ********************

       

コメント

ツノハシバミの実

2018年08月26日 | 植物

札幌の西の端に住む小学校時代のクラスメートが、ツノハシバミの実を送ってくれました。

実のつき方はびっくりです。 こちら

どうやって食べるのかきいたら、炒ってもいいんでしょうけれど、生で食べるって。

味は、ヘーゼルナッツの味だそうです。ハシバミなんですから、当たり前ですね。

まず、角のある苞を破くとドングリのような実が入っています。

その固い殻を私の丈夫な歯で割ってみたら、 

ヘーゼルナッツが出てきました。

そのまま食べてみたら、生の栗みたいな感じです。

くせがないけれど、やっぱり炒った方がおいしくなりそうです。

 

      **********************************

          

コメント (2)

ジャックビーン(ナタマメ)のさや成長中(8月20日)

2018年08月22日 | 植物

 

横幅と厚みもでてきました。

測ってみたら、長さ13センチありました。

一日たった、今測ったら、15センチでした。

もっと莢の数があってもいいと思うのですが、見当たりません。

花房はいーっぱい。

この莢を横に切って、福神漬けに使うそうです。

子どもの頃、福神漬けはお盆が終わって、川原に捨てられたキュウリの馬やナスの牛を使って作るのだと父が言っていて、私はずーっとそれを信じていました。

なぜ父はそんな作り話をしたのでしょうね。冗談のつもりだったのかしら?

コメント

ナタマメ(ジャックビーン)の莢その後

2018年08月16日 | 植物

つるは伸びて、脇芽もどんどん伸びてます。つるぼけかな? あんまり伸ばしすぎてはいけないのかな?

まあ、ひとつだけでもできてよかったです。

昨日(15日)の莢です。まっすぐ上を向いていたのが、ほんの少し傾きはじめました。

どれか分かりますか?

 

今日(16日)朝、最初ちょっとわからなかったのですが、真横を向いています。

大きくなっていて、計ったら長さ7センチでした。

分かりますか? 真ん中です。少し下を向いてます。

コメント

ナタマメ(ジャック・ビーン)に初めての小さな莢ができた

2018年08月14日 | 植物

初めての小さな莢がついているのを数日前に見つけた。

画像だと大きく見えますが、ほんの2センチくらい。

上を向いているのが不思議だ。

これは若い莢で食べてしまわずに、どれくらい大きくなるか見るつもりです。

 

コメント

ナタマメ(ジャックビーン)のこと

2018年08月09日 | 植物

肥料のことを調べて、今さらながらナタマメについて知りました。

 

・まず、種類があるんです。うちのは豆の色が白で、花も白いから、白ナタマメです。

赤い豆だと赤い花が咲き、赤ナタマメといい、弱い毒性があるのだそうです。

真っ白でなく、薄紫色の花が咲く種類もあり、これは毒性ありです。

真っ白な花が咲いてますから、毒性は心配なしですね。

 

・花のひとつひとつが莢になるんです。

その莢は10センチくらいのは食べられるそうです

福神漬けや味噌漬け、粕漬けにするとあるので、大味なのかもしれませんね。

それで、気づかずにいるとすぐに育ってばかでかくなる。さすがジャックビーンです。

 

・肥料はプランターですと、必要なようです。といってもハイポネックスのような液体肥料で、私は地植えしているのでどうなのでしょう?

窒素肥料を施しすぎると、「つるぼけ」といって、つるばかり伸びるのだそうです。

この窒素肥料というのが私にはわかりません。だから地植えだけれど、液体肥料をやることにします。

(酸性土壌が苦手だそうで、本当は植える前に土に石灰をまいて耕しておくとよかったようです。)

 

・花のひとつひとつが莢になるなんて、いったいどういう風景が見られるんでしょう? 楽しみ。

つるはどんどん伸びてます。お米のとぎ汁とかコーヒーをうすめてやっているから「つるぼけ」?

 

コメント

ジャックビーン(なたまめ)の花咲く

2018年08月07日 | 植物

8月6日 3つ目の花が咲いてます。

次々に咲いていくようですが、花のひとつひとつが莢になるのでしょうか?

 

下の方の花房も咲き出しました。

ジャックビーンは葉の形も花もすてきです。つぼみは無骨ですが・・・

 

8月7日、1日たったらさらに別の花房が咲き出しました。全部で3箇所です。

姪が豆類は肥料をやってはだめというのですが、肥料をやらなくても、

ジャックビーンの、あの巨大な莢の中で豆は育つのでしょうか?

調べてみる必要がありますね。

コメント

ジャックビーン(ナタマメ)の花咲きだす

2018年08月05日 | 植物

朝見るとジャックビーンに真っ白な花が咲いていました。

花房になって咲くのでしょうか。

 

つるの先はどこまで伸びたかしら?と2階のベランダに見にいきました。

裸足で踏み出したら火傷しそうに金属の床が熱しています。

この炎暑に負けることなく、ジャックビーンのつるは手すりを越え、アンテナにまきついています。

誘導してあげたら、ゆうゆう屋根に到達することでしょうが、ジャックビーンのために(あるいは私のために)屋根に登ってくれる人はいそうにありません。

どこに巻きついてゆくのかは、ジャックビーンにおまかせ~。

コメント

長さ三尺はないけれど、50センチはあります「華厳の滝」

2018年08月02日 | 植物

 

気づかないうちにこんなに長くなっていた三尺ササゲ。「華厳の滝」という品種です。

三尺にはなりませんが、充分に長くて、一番長いのは50センチあります。

夫やら姉やら来る人に自慢していたら、萎びてきてます。

コメント

三尺ささげには花が咲き実がなり、ジャックビーンにはつぼみ?がつき、檜扇咲く

2018年07月30日 | 植物

台風が過ぎるのをひたすら待っていました。

雨は大量に降りましたが、風はそれほどのこともなく、ジャックや華厳の滝(三尺ささげ)は無事でした。

今朝見上げると、三尺ささげに美しく薄紫色の大き目の花が咲いています。

おお、主人に注目されずとも、美しく花開き実をつける華厳の滝よ!

というわけで、数時間後にカメラを向けたら、花は閉じていました。

しかし、向かって右側の真ん中より下に小さな実の莢がふたつ。

さらにその下にはながーい実が2本なっているではありませんか。

なんでこれが今まで目に入らなかったんでしょう?

ひたすらジャックにだけ関心を寄せ、状況全体を見れないということ?

 

あれれ、見れば、ジャックもなんか莢みたいなものをつけてます。花なんか咲いたでしょうか?

関心を寄せても、肝心のことは見えてない(トホホ・・・・)

 

7月はいつの間には終わりつつありますが、7月といったら祇園祭ですね。

祇園祭の植物といったら、ヒオウギです。厄除けのためにお家でヒオウギを活けて、

飾るのでしたね。

昨日は咲いていたのですが、残念、今日は咲いていません。

そういえば、今年は猛暑のため祇園祭の「花傘巡行」は中止されたんでした。

思いがけないところに猛暑の影響があります。

 

コメント