僕らはみんな生きている♪

生きているから顔がある。森の葉っぱ、なんちゃって小説みたいなもの…

鈴 虫 なう

2018年09月15日 | 何でも掲示板

 

 

 

 

朝夕めっきり涼しくなり

しっかり秋の気配が濃くなった今日この頃ですが

いかがお過ごしでしょうか…

 

 

キョロキョロっとコオロギの鳴き声もあちこちから聞こえてくるのですが

我が家のすずちゃんは、かなりくたびれてきた感じです

 

飼育箱を見回すと鳴いているのはこの一匹だけ

あとは蓋を開けても、じっとして動かないか、トボトボと当てもなく歩くオス君

まぁ虫に限らずオスなんてこんなもんですよ

 

元気に歌いまくってぶいぶい(ホントはりんりん)言ってるのは

ほんのわずかの間だけなのさ

 

 

それに引き替え、メスはと言うと

お腹をぱんぱんにふくらませてドヤ顔(かどうかは分からないけど)

 

この子達は何の為に羽根を付けてるのだろう?

交尾もそのままするんだから、生涯一度も飛ばないのに

かといって取り払ったりもしないねぇ

かっこつけてんのか…

 

がんばれ 雄  頑張れ 自分。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 彼岸までもう少し…② | トップ | 台風の爪痕(今頃かい) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (すい丸)
2018-09-15 20:11:46
最後まで当たり前に生きる虫の姿は 勇ましい。

この子達の子孫が また来年の夏 動き始めるんですね。

私も来年は 鈴虫 攻めようかな‥
すい丸さん (マイム)
2018-09-15 20:49:18
ぜひ攻めて欲しいです。

雄と雌の役割がこんなに分かりやすい教材も
あんまり無いんじゃないでしょうか。

そしてミジンコやアゲハでは見られない雌雄の違い、
特に雄の悲哀について研究していただきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。