流れついたのは・・・ハノイだった

10年前初めての海外赴任帯同、その後・・・相変わらず日本の外にいます。駐在妻生活も楽じゃない・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

生卵なし【吉野家】@NY

2004-07-24 | Weblog
ご存知の通り、自宅での撮影会が上手くいかなかったので
写真屋さんへ行きました。
グランドセントラル駅42ndを西へ3分ほど歩くと、日本の「ドイ・カメラ」があります。(マンハッタン在住の日本人なら、殆どと言っていいほど、お世話になってる写真屋さん)
早速、撮影。ポラロイドとは言え、さすがプロ。仕上がりは自分達で撮ったのとは全く違いました(←当たり前だっ!ちゅうの、、、)

その後、用事を済ませて、お昼御飯を食べることに。
しかし、午後から「出張」の夫には、時間がなく近くの【吉野家】へ行く事に。

NYで初めての【吉野家】

日本ではまだ「解禁」になっていない牛丼。もちろんアメリカが安全だと言うわけじゃないけれど・・・(苦笑)

45thにある【吉野家】は、昼時を過ぎていたのにお客さんは多かったです。店内は明るく、パステルカラーの壁で、席はカウンター式の日本とは違い、BOX席でした。
ただ、日本のように「いらっしゃいませ~!」とか「ありがとうございましたぁ!」という威勢のいい掛け声(?)がないので、妙に静かなファーストフード店って感じでした。
ちなみに、バリューセット(牛丼レギュラーサイズ+みそスープ+サラダ+ドリンク)で、約$6.0でした。高い?安い?(苦笑)
牛丼はラージサイズもあるが、日本人にはレギュラーサイズで十分ですよ!

う~ん、味はちょっと薄めかなぁ(・・・と言っても【吉野家】へは2年以上行ってないので、味の記憶は定かではないが)でも、御飯も上手く炊けている♪日系のスーパーにある弁当の御飯より断然美味しい。取り放題の「紅しょうが」も「七味唐辛子」もあります。

しかし、NYの【吉野家】に「生卵」はありません。

アメリカは「卵を生で食す」という文化圏ではないので、オーガニックだから良いとか、新鮮だったら良いというわけではなく、卵を生で食べる日本とは、流通経路が違う為だそうです。
だから、一般的に「アメリカの卵は、(特に気温の高い夏の間は)生で食べない方がいい」と言われています。
(未確認ですが、涼しくなると「生卵」が登場するという噂も聞きました。)

まぁ、中には「毎朝納豆に混ぜてるけど、オレは大丈夫♪」という友達もいれば、「すき焼きの時の生卵にあたったー!」という人もいるので、我が家では、この時期は生で食べていません。

そういえば「汁(つゆ)だく」も無かったなぁ・・・これはとても残念でした(泣)
この記事についてブログを書く
« 写真撮影 | トップ | お留守番なり »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事