ロバ君Blog

フライフィッシングを中心に心やさしき仲間達との釣行記やクッキング、ネタなしの雑日記など・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

マルチパフォーマンスライン!

2012-05-26 20:31:10 | フィッシング関係
今回はひさびさの ま・じ・め なラインのノウハウです



数年前に山鬼として上尾の大会に協賛していたおり、当時ロバが使っていたシングルハンドスペイでのシューティングラインのレシピを

数人の方に公開したところ、今は結構な数の方がご使用いただいているらしいのですが、ベースになるラインが現在は

メーカーのラインナップから消えてしまい、「今使っているラインがなくなったら困る。」方がいらっしゃるのが現状。


くだんのラインはVISIONのcamointer short の8/9というラインで、ノーマルスペックで

全長7.9m、重量38g(だったと思う)というウルトラショートウルトラヘビーなラインだったのです。


このライン、先端から5.5mで切って切り口にループを作り、ポリ系リーダーをつなげば8~9ftの#8前後のシングルハンドロッドにぴったりの

お気楽遠投用シューティングスペイラインに最適だったのです



現在、同じスペックのラインを作るには


こうします・・・・・・・



同じくVISIONのcamointerの#12/13を太さを計り、両端をつめます。


するとほぼ同じラインを製作することが可能ですが、高価なラインをちょん切っての1本取りになるので、さらに高価に感じてしまうのが欠点です。






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








ではでは、ここからはチョー参考になるお得なラインのご提案


特に止水(湖)系、本流系の釣りをなさる方に


一本のラインをただ1本としてではなく、何通りもの使い方ができるラインにアレンジ可能なレシピ。

結構な時間を費やし、検討とテストを繰り返した実戦用ラインセッティングに有効な方法をご紹介いたします




そのラインはこちらです。






これは3M社のアトランティックサーモンシューティングライン #10/11 S1/S2
公称12.6m 42g

というラインのあわれな姿・・・・・・


ち・・ちがいます


すばらしい使い勝手のラインに姿を変えたものです




市販されているラインは、まず必ずと言っていいほど公称と長さおよび重さに誤差があります。


ロバが購入したこのラインは実測 12.9m 45g でした。


この素材を3分割しています。


仕上がり長さと重さを記しますと


先部(全オリーブ色)  3.44m  6.5g  (AFTMA#3相当、100グレイン)

中部(オリーブ→水色) 5.39m 18.1g (279グレイン)

後部(全水色)     3.92m 20.1g (310グレイン) 


になっています。



カット部は被覆除去して折り返し、スレッディングしています。

捨てた部分は1cmもありません。






で、これらの用途とつかいかたです。






先部単体     #3規定(9mで100グレイン)とおなじ重さの3.44mタイプ2ラインです


      #3~4ロッドで 渓流のダウンクロスウェットに

         〃     管釣りでシンキングラインショートヘッドとして


      先部+中部、先部+後部などのセットでシングル系シューティングスペイに








中部単体    ボディがタイプ1、先端部90cmほどがタイプ2なので
         シンクスピードが先端までナチュラルになります。




      中部+ポリ系7~10ftリーダー  
      
      9ft前後#7~8ロッドで シングルハンドシューティングスペイに

      また、5.39mのオーバーヘッド用ショートヘッドとして#8ほどのシングルハンドの
      バカ飛びシューティングラインとしても快適



      中部+先部(合計379グレイン) 

      10~12ft前後スイッチロッドでシングルおよびセミダブルハンドのシューティングスペイに

         






後部単体    まさにショートタイプのスカジットラインそのものです(310グレイン シンキングタイプ1)

        カット部が太いままの使用なので、オーバーターンを軽減するために接続するラインは重いあるいはそれなりに太いもの
      が適しています



      後部+ポリ系15ftリーダー   シングル系シューティングスペイに



      後部+3Mスペイティップ13ft110グレイン タイプ1   11~12ft前後のスイッチロッドに
      
         最初から1本物の製品であるかのような7.92mの合計410グレインのタイプ1
         かっ飛びスペイラインとして気持ちいいキャスティングができます
       






中部+後部(合計589グレイン) 13~14ftがっつりスカジット系ロッドに








素材ラインを1cmも無駄にすることなく、組み合わせで様々な利用に使えるご提案




もちろん、最初のラインとはウェイトポイントが違うので違ったアクションになりますが、素材がもともともっている

単位あたりの質量とテーパー形状と太さと柔軟性とループ展開性と伸びとetc.


を最大限に生かし市販の専用ラインにはないショート系のグッドラインに大変身します。



(3Mスペイティップにはゲスト出演していただいていますが・・・・・)





『ちょっと振ってみ?』


パッとロッドごと渡されてフリフリすれば『お~。なかなかいいじゃん♪』



となりますよ




ロバ






※ 後部を少し無駄にすることも考えれば(ループでつなぐことはできますが)、カットポイントを少し後部にずらすことも可能です(30~50cmほど)。
この場合は基本的に2本取りになり、ウェイトポイントを後ろにずらすことで、よりシューティングスペイに寄った傾向のラインになります(全体重量に気をつけます)。少々ヘビーなセッティングのロッドにはお勧めです。



※2 今回の記事をもとにライン加工をされる方はあくまでも自己責任でお願いたします。
ラインフィッティングには好みがありますので、加工されたラインの使い勝手が想像と違っても、当方では責任は負いません。





コメント (2)

お山の天の邪鬼になった

2012-05-16 20:17:02 | フィッシング関係
今日はネタがあるんです。

お山(中禅寺湖)にのぼってきたんです。


今日のお山の風はすごかったですよ



びゅーびゅーじゃなくて、ゴーっつゴーっつ!です




釣りの最中に帽子は飛ばされて運よく岸側に流れたので回収できたり、


お姫様がかかってしまったので、写真をとろうとネットから手を離した瞬間に背後からの波をかぶって

ネットごと流され、回収したらお姫様が脱走していたり・・・・・・







予定では超腕T氏に張り付いて、国道側のわざを盗む予定だったのですが、T氏の友人が急きょ参戦したので

場所的にも入りようがなく、


また観音薙から丸山までの人気ポイントはお姫様とホンマスのお祭り参加の方々で満員御礼




なのでロバはかねてより思っていたポイントへお気楽ひとり旅に出たのです





頭50cm、45cm×2、35cm×2、30cmと(5cmきざみでスミマセン)

レイクトラウトだけで6匹



先日釣ったお姫様を見ていたら無性に食べてしまいたい衝動にかられたので


『いかん、いかん。どうせ持ち帰りできないなら、普段から持ち帰らないお魚を釣らないと・・・・』



の作戦を展開した結果です


・・・・・・うまくいっちゃった・・・・・・



写真ですが、波がもうハンパなく、まともに撮れないのでお見苦しいかも知れませんが以下ご参照











お昼を挟んで場所とタックルを変更
















大物は出ませんでしたが

狙いどうりの釣りの展開。



風と波とうねりはものすごく強かったけれど、今回だけはビシッと釣れてしまったロバでした



コメント (8)

え~とですね

2012-05-10 20:05:03 | フィッシング関係
釣りに行っていないわけじゃぁないんです。

釣れないんでネタが少ないだけなんです


鬼さんに行こうとすると大水。

お山にのぼるとゴロゴロ


先日のイブニングで痛めた腰(古傷の悪化)もあって、まったくさえないんです



でも何か更新しとかにゃぁ~ということで


心配していたお山の無法者たちの行いがこんな形で注意されています・・・

http://www.chuzenjiko.or.jp/index.html


試行解禁にあたって、脚立使用禁止を盛り込む話があったのを脚立同好会?さんの強力な要請で許可になった

にもかかわらず、輩(やから)のおかげでこんなことにもなっているのは遺憾です


先日、金谷のワンドでご一緒させていただいていたフライマン3人組(みなさんシングルハンドのオーバーヘッド)

の方達は休憩のたびにちゃ~んと脚立まで引き揚げて釣りをされていました


ダブルハンドでスペイをする人でもロッドが後ろの木にあたり、腰まで水に浸かる状況でしたが、ああいう脚立使用組

の方なら『脚立を使わんで釣りしたるぞ~組』のロバも承服します



場所取りに脚立を使う馬鹿ども!見習いなさい!


こういう奴らは水位が低くても場所取りのためやるから性質がわるいんです・・・・・・



で、お山の水位はここでわかります

http://www.dif.pref.tochigi.lg.jp/main.asp?area_no=&mno=1304&screen=dam&rain=time&list=&min_interval=60&river_no=


昔の満水状態です。


立ち込みは冷たいんです


でも、そのために技を磨いてきたつもりなので、水位のために『釣りができる場所がない』
なんて云いたくないんです。



で、釣れないのは僕がヘボなだけなんです。




ぽかぽか陽気にシュパーっとキャスティングを決めて、『ゴゴン!ギュパー!!』のお魚釣りができる日が・・・


来てほしいお気楽ロバでした・・・・・
コメント (6)