ロバ君Blog

フライフィッシングを中心に心やさしき仲間達との釣行記やクッキング、ネタなしの雑日記など・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バンザ~イ!バンザーイ!

2012-03-31 07:14:37 | フィッシング関係
見ながら手がふるえました!





正式な解除オープンは

4月7日(土)午前6時 からです







あとはお山、中禅寺湖。その他の未解除区間・・・・・・・。




でも、延期要請の解除という前例ができました!


うれしい


ロバ
コメント (10)

釣り人包囲網

2012-03-27 09:11:17 | フィッシング関係
以前このブログで『いいぞ~!群馬県』とお送りしたエール

そのせっかくお送りしたエールに陰りが見えてきました

http://www.pref.gunma.jp/houdou/f2300132.html


かなりのエリアでセシウムの新基準に抵触し、採捕の自粛要請(釣りをしないようにしてください)がだされました。


検査は未実施である利根川(日本一の大河川)もとりあえず釣ってもいいからまた放してくださいという再放流のお達しが

でてしまったようです




で、いままで栃木が先にもんだいが大きく報道されてきたのと、渓魚河川のエリアの兼ね合いでクローズアップされなかった

茨城県でも・・・

http://www.h3.dion.ne.jp/~ib-naigr/


いくつかの河川で渓魚解禁の先送りが決定されました




ここのところ、栃木の河川の一部ではC&Rを前提としたオープンの試行(あくまでも試行)が相次いで発表されまして

少しは明るい希望が・・・・・と思い始めた矢先のこと。


栃木の署名活動でも沢山の方々にお世話になっている両隣の県での近況に、また暗くなってしまう僕です・・・


釣り人は一体、どこでなら正々堂々と釣りをしていいのか?情報が右往左往するなかで




今回の群馬県のリンクファイルはわかりやすく図解?されています。

http://www.pref.gunma.jp/contents/000182677.pdf




我が栃木県でのそれはまだ公開されていませんが、栃木県農政部生産振興課水産担当によりますと2~3にち中には下記

http://www.pref.tochigi.lg.jp

において一覧表形式ということですが、釣りが可能な河川エリアとダメなエリアを発表するとしています。



で、ロバの地元鹿沼市には通常解禁がゆるされている清流がながれていて、河川の年券を今年は奮発して購入しちゃおうか♪

とも思うのですが、


こちらはこちらで昔からの鮎様河川の決めごと


稚鮎放流後は鮎解禁まで毛ばり釣り禁止!(ロバも鮎の友釣りは好きなのですが・・・・・。)

この期間は結構長く、鬼怒川は数年前に解除になったのですけど、他河川では大体4月~6月、

毛ばり釣りには絶好の期間がほぼ禁漁対象期間になってしまうのですね。

黒川・西大芦川・小倉川。並んで同じです



いよいよ広がってしまった釣り人包囲網にたいしての対応策は再放流(C&R)を前提としている河川では特に

自分勝手な持ち帰りによってオープンの試行の停止なんて事態にならないように釣り人自身が決まりを守ると共に

完全延期になってしまっているエリアのオープンへの働きだと思います




もっとも、




おバカなロバは数年前に落ちてしまった試験に再挑戦を掲げているので、本当は釣りをまさに自粛しなければならない立場にあるんです。


アラフィフの脳みそにがんばってもらわないと・・・・・。



なあんていいながら、釣りは生活のビタミン!いいかえれば生きがいの一部!と思ってもいるので、

中禅寺湖のお山がオープンになればゆるい決意はあてにならないのですけど・・・・(;一_一)



そうそう、その後オープンに向けて前向きに考えます。となった中禅寺湖漁協さん。

本日27日が東電さんとの交渉のハズ。


オープン前提の規制に対してはクリアを目指しての強力な助っ人が参画された情報もあります。


明るい報告を待ちたいものです




ロバ








コメント (7)

フライキャスティング用100円ショップミノーとカップ麺と熊本♪

2012-03-16 20:20:47 | フィッシング関係
先日、100円ショップに入ったら、『ピン』ときたものがあって、

FBのお友達がアップしているようなカッコいいフライ達路線から外れて

こんなものを作ってしまいました







梱包スポンジと工作用両面テープと工作用ホログラムテープ、あとはぬいぐるみ用おめめと工作フェルト。

以上の材料です。


ミノーは8cm。お腹フックのところに割りビシを噛ませてスイムテスト。


セルフウォブリングこそしないものの、トゥイッチをいれるとちゃんとヒラを打ちます



奥に見えるやつは簡単にフェルトにホロテープを貼ったスプーン的なもの(恥)


両面テープは水にも強く、剥離はありません



『簡単に安くて大きくてアピール性抜群のフライを作ってみたい。ルアーみたいなやつ。』


がコンセプトでしたが・・・・・。



多分、釣れてくれるのはお腹を空かせたレイクと管釣りのお魚さんぐらい?でしょう


イメージの具現化による恥のかき捨てですごめんなさい<(_ _)>





そういったことを考えたり、釣りができない川を歩いたりしながら


食いしん坊ロバのお腹を満たしてくれたカップ麺たち・・・・











それぞれ、それなりのおいしさでした






でもたまにはキチンとしたお店の正統派のおいしい『熊本とんこつ』も・・・




これはうまいです!


しかも、お値段は一杯¥500-


替え玉が¥100-



下妻の『黒竜』というラーメン屋さんです♪




あ~。

明日もたべたいなぁ~・・・・・・(笑)



ロバ
コメント (6)

電子署名が始まりました♪

2012-03-14 08:24:49 | フィッシング関係
県外の方々に味方になっていただける武器。

電子署名が始まりました





釣り人の権利と栃木県の観光を守る

http://tpjk.net/tochigi_turikankou/


こちらは今回の署名活動のホームページになります。



この中の電子署名のところをくりっくすると・・・・。



こんな方法が有るんですね?!手がけていただいた星さん、ご苦労様です



上記のアドレスにアクセスすると、何やら一見怪しげ?なページが開きますが、大丈夫です(笑)

ログインまたは会員登録 とかいうものがありますが、そのままその下の お名前 のところをクリックしてください。

署名は実名です。

その後下の『今すぐ署名する』をクリックします。


すると個人情報の入力フォームに画面が切り替わります。

必要事項を入力します。

メールアドレスが必須になります。

スパム防止の番号入力まで済むと

ここまでは借り入力です。


先ほど入力したメールアドレスに確認ようのメールが送られてきますので、開きます。

ここをクリックしてくださいというアドレスをクリックすると

署名は終了しました。



となって終わります




そして、継続しての自書署名の用紙もダウンロードできるようになっています。


みなさま、ご協力をお願いたします





鬼怒川漁協では来月の鮎の定期放流は実施する予定を決めたそうです。


これから放流する鮎様は汚染されていないから?でしょうか。そして鮎様は1年で世代が終わるから安全なのでしょうか?


鬼怒川漁協の活動はこちらで報告されています。今回の鮎様放流はまだ更新されていないようですが。

http://bbs6.aimix-z.com/topic.cgi?room=kinugawa


鮎様、イワナちゃん、ヤマメ姫。そしてお山 中禅寺湖 のお魚ちゃん達が今後一刻も早く

3回連続の規制値未満

のモニタリングを受けて解禁しますように


ロバ
コメント (2)

沈殿しているセシウムを拡散していいのか!

2012-03-12 18:35:40 | フィッシング関係
兼ねてよりの署名活動、みなさまご苦労様です

で、ここのところ地元だけでなく、C&Rを容認されたお隣の群馬県にも数度訪ねてみた感想をひとつ。


昨年の大水で災害に合った各河川。

一年まえの震災で津波の威力に証明されているように、河川においても『水』の力はすごく、堤防の損壊や橋脚の損傷、

また河川公園の流出など各地での被害も相当なものです。


たしかに目の辺りにすると『ここは然るべき工事が必要なんですね。工事のみなさま、ご苦労さまです。』

というところがあります。


そんな必要性のある工事に関しても一言申し上げたい!

鬼怒川のいくつかの工区に関しては、その工法が下流域に濁りを出さないような配慮が見受けられます。

しかし・・・・・


先日伺った前橋管内の工事は朝、工事の始まりと同時に水に濁りが入り始め、午前中には釣りが難しくなるほどの

濁りが入ります。


我が地元の鹿沼市。


貝島橋の上流部で行われている工事なんぞ酷いものです。まるで


ほ~ら、川底ひっくりかえしてやるから、セシウムも一緒にながれてしまえ~!!


とでも言うべき、工事の濁りにカモフラージュさせたセシウムの拡散のようです。

しかも、何十年も氾濫したことが無い他の河川の区間にもその工事は及んでいます。


もとはといえば、いじらなくていいところ、ほ~ら。水に上がったテトラが干上がって『ワシはお役目御免か?』

といった過去のチンチクリンな河川工事が今回の大水被害を拡大させた感もあります!



災害復旧に名を借りた河川工事。そして各地の放射能汚染地域の除染において、かならず利用されてしまう河川。

だってそうでしょ?家屋の洗浄、道路の洗浄、洗った水はすべてその水利の河川に流れて行くんですよ?

そして汚染された物質が沈殿されている水路の水も河川に入り、それが工事で掘り返され、更に下流に拡散されていく・・・・


飲料水に河川の水をとりこんでいる都市はどうなんでしょう?


細菌の除菌につかう塩素で放射能も除染されるんでしょうか?


必要最低限の河川の復旧工事。そして拡散しないような工法の採用。


われわれ釣り人のC&Rで釣りをさせてください<(_ _)>・・・・といった問題とともに沢山の問題が起きています。



・・・・・・・・で、栃木県のお話。


C&Rの件は、栃木県が決める。・・・・・で、県が言うにはその上層機関、


水産庁の漁業調整課

がお達しを出すんです・・・・・・・。という。


お上お得意の縦割りによるたらい回し。



でもね、みなさんにも頑張っていただいているC&Rの署名活動。その地の漁業はその県の内水面漁協が決めるんです。

ただ、その長が問題で大概はお上が設けた天下り路線の下り組、または現役の政治家がなっているんですね。

その方達が『ワシんとこは開ける・・・・けど、こういう形にする』と判断を下せばある意味水産庁なんか関係ないんです。


下せないのは上記の人事の関係と配布される事業費と保障費の関係もあるから・・・・・・。


そんな方達も、濁りのままに行われている河川工事には何の興味も関心もない・・・・・。


ど~~~~~なっているのだ!



ぷんっ


ロバ







コメント (2)