ロバ君Blog

フライフィッシングを中心に心やさしき仲間達との釣行記やクッキング、ネタなしの雑日記など・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

群馬県下の漁協バンザ~イ!栃木も見習え~!・・・追加記事あり

2012-02-28 09:23:27 | フィッシング関係
本日付の新聞で、栃木県下の那珂川4漁協も解禁を延期したと発表しました。

お隣の群馬県では


http://www.pref.gunma.jp/houdou/f2300118.html



の通り!



わが栃木県の鬼怒川漁協ではまだこんなこと言ってる・・・・・


http://www.kinugawa-gyokyou.com/


しかも、大丈夫ですよなんとかなりますよ~とか言っているのは『鮎』様に対して。


http://bbs6.aimix-z.com/topic.cgi?room=kinugawa




こら~!どういうことだ~!



鮎だけが漁業対象じゃないぞ~!





栃木県当局と県下の各漁協さん達は、群馬県のそれを見習っていただきたい!














・・・・・・で追加の記事です。




わが愛する栃木の愛する『幸の湖』・・・・・中禅寺湖



ここはどうか・・・・・




今はヒメマスとブラウントラウトの検体採捕から検査の段階にあるということ。



結果は来週中にはコチラ


http://www.pref.tochigi.lg.jp/kinkyu/g05/hoshano_gyorui.html


で公表とのこと。




3回連続で検査結果が基準値を上回る数値を示すと・・・その他大勢の漁協と同じく解禁延期の要請を出すと


栃木県農政部生産振興課水産担当の方

028-623-2351

こちらの方が言ってました。



ちなみに国が決めた法律に従い、4月以降に基準値を満たさない魚農産品を『出荷』

すると、法律違反で罰則適用ということ。



でも、3月いっぱいは現行基準値をしたまわっていれば、判断は各漁協に任せると。




ならば、漁業権を得たわれら釣り人が『釣りをする』


ということは『出荷』になるのでしょうか?





屁理屈こねまわしても何とかして釣りをしたいぞ~!








お願いします(T_T)    


ロバ
コメント (3)

2012年の鬼怒川漁協管内、渓魚解禁について

2012-02-25 11:51:17 | フィッシング関係
本日、2012年2月25日現在の表題に関しての速報です。

問い合わせ先 鬼怒川漁業協同組合

方法 電話


主題 3月1日解禁について

結論 鬼怒川漁協管内は解禁せず。


各新聞紙面上におきまして報道されております栃木県下の河川の渓魚解禁につきまして、本日鬼怒川漁協さんに問い合わせました。

乱分になりますが、話をされたことを箇条書きいたします。



大谷川は基準値を下回っている。

田川はまだ検体の結果が出てなく単独河川なので、単独解禁の可能性がないとはいえない。

解禁河川の検体が多すぎて、次回の採捕の予定がたたないので、見通しは立たない。

周年解禁のウグイやオイカワなどの他魚種もセシウムが原因で渓魚解禁が見送りならば当然のこと、全面禁漁の見方もあるが、

全魚種の採取・検査は当局(栃木県)の都合上、間に合わず当面は禁漁にはしない。

上流域で規制値超えの結果がでている下流域の流入河川は順次採捕・検査をしているので、鬼怒川漁協管内ではあるが

荒川が流入する河川(那珂川)も今後の状況を注視。

大谷川も田川も、鬼怒川漁協管内の河川は当面、一律解禁の見送りとする。


解禁しない以上、実釣された場合は『密漁』とみなす。

C&R区間の設置もふくめた対応は、2月27日に鬼怒川漁協の理事会が開かれるので、その結果をHP等で告知していく予定。


鬼怒川漁業協同組合HP http://www.kinugawa-gyokyou.com/





ガックシです


なんてことでしょう、このままではお山も・・・・・・。


あちこちで施工している河川工事も、沈殿した放射性物質を掘り起こして拡散する手助けをしているんじゃないか・・・。

と思ってしまいます。


いずれにしても、早く事態の見通しがつきますようにみなさんでお祈りいたしましょう


ロバ
コメント (9)

ようやく来週からシーズンイン♪

2012-02-22 15:35:59 | フィッシング関係
寒くてながい冬を耐え、ついでに世間の荒波にも耐え、

『あ~、早くあの季節にならないかなぁ~

と待ち望んでいた栃木県下の渓流魚河川解禁!

一部の河川では憎きセシウム問題で解禁の延期を余儀なくされるところもあると、本日の新聞にもありましたが・・・




本日は朝一番のお仕事が西鬼怒川のほとりであったので、訪問前にパチリ


・・・・・あくまでもお仕事の合間ですから・・・・・





西鬼怒川の放水口直下の流れ。この川は発電施設のメンテナンスをする時以外はいつも水量豊富。

なんせ発電・灌漑という天下の2大取水要因のお墨付きなんですね。鬼怒川本流もこの半分で良いから流量が欲しい







FBで上のお写真をご紹介したら、さすがにみなさんの反応が速いので、ひとまずお仕事を終えてから付近の様子を見にGO!





はい。まずここです。上流に向かってパチリ


で下流に向かってパチリ





まぁ、想定内の変化はあります





少し早めに家をでてきたので、『車内喫茶・エブリィ』オープン♪




流れを見ながら飲むコーヒーは格別。インスタントだけど・・・






とついでなので少し下流へ移動・・・・・・・!!!!!

お上の魔の手が~!




橋の下流ではあ~んなところまで・・・・・





『ワシらこの先、生きていけるんかい?』・・・・・・と看板の鮎も心配そうにみえます





お上は箱モノが作れなくなって、ついにあちこちの河川をいじり始めたように感じます。

結局水が出て流されてしまうものにまで血税を注ぎ込んで。

まるで水商売。「まあまあ、水に流しましょう。」と言われたって、流せないものもあります






気持ちを切り替え、また少し下流部へ。

平日ですが、鬼怒川の冬の風物詩ですね。釣り人がいると『川鵜』もおりてきにくいです








お昼少し前に、こんどは『車内食堂・エブリィ』がオープン





麺がイマイチだけど、ロケーションが補ってくれたのでおいしかったです




あ~、水が少し増えてくれたら・・・・・。



なんだかんだで楽しみにしているロバでした

コメント (6)