ロバ君Blog

フライフィッシングを中心に心やさしき仲間達との釣行記やクッキング、ネタなしの雑日記など・・・。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モノホンのブログにロバ感服(*^_^*)

2011-12-25 20:09:37 | 日記
みなさん、おばんでございます


今日は仕事の途中に、最近行きたくて行けなかったラーメン屋さん。

宇都宮市上籠谷町の『つるつる亭』さんに行ってきました


辛いもの苦手なロバが、唯一?好きで食する麺が坦々麺


この坦々麺という麺はどこにでもある麺ではなくて、あっても好みとは違ういろいろな形で出てきてしまう、

その店の坦々麺を知っていないとなかなか注文できない、敷居の高い麺なのですね



なんでも、かの本場中国の坦々麺とは、もともと人が担げる天秤に食材をぶら下げて売り歩いた、スープなしの麺

が原型だとか?



でもロバはいわゆる四川風の練りゴマ風味の坦々麺が大好きなので、坦々麺といえば四川風。

と理解しております。


そんな四川風の坦々麺をしっかりとメニューの中でもお客様にも支持されているお店は栃木県内では

以外に少ないんですね。ラーメン屋さんは沢山あるのにね



で、こんかいの『つるつる亭』さんはロバの辛さに対するハードルを小辛・中辛・大辛と

段階があるので、体調によって注文が可能なお店なのです。






上の写真は小辛。スープはきちんととってあります。辛さにごまかされることが多いこの分野。

それがよ~くわかるお味です。うまいです。



ただ、今回のは摺りゴマが少し荒く、のどに引っ掛かりました。ご愛敬でしょうか。


他にもつけ麺やチャーハンを注文するお客さんも多いです。









で、今回はもうひとつのご紹介


あるブログをキッカケに食べてみました





家から持っていくはずだったごはんを忘れたので、途中で購入したごはんも・・・・・。







不思議な味です。麺は最初は油揚げ麺かなと思いましたが、そうではないんですね。

麺を食べてからごはんを入れて食べると、なんかこちらの方がいいような気がします・・・


おいしかったです



その参考にさせていただいたブログがこちら!

http://kuimakuru.blog71.fc2.com/

その名も『カップ麺をひたすら食いまくるブログ』!!!


すごいですよ=!


ロバが今回食した坦々麺の類はもちろん、ありとあらゆるカップに入った食べ物?

を紹介されています。


もちろんラーメンが主体ですが、やきそば、うどん、そば、カップごはん・・・・・・。



お二人で運営なさっていますが、カップ麺系をほぼ毎日更新!!!

しかも、その独断と偏見とそして、緻密さに満ちたリポートの数々!!!!!!!!


そして、『うんうん』『知ってる』『自分も同じ点数』などと見まくってしまいます


このような本物の『まくる』というリポートを拝見すると、なんだか自分の時々の気ままな麺喰いリポートが

哀しくなります



特にロバのブログをご覧いただいている方々は大概はアウトドア派のハズ?

せっかくの外飯。こういった本格派のブログを参考に少しでも美味しいものをいただければ幸せと思い

運営者の方々のご了解を得てご紹介いたします




あ、時間がある時に見てくださいネ。・・・・・・。

なにせ一度見出したらアッというまに時間が過ぎますからね



ではまた


ロバでした


コメント (7)

むりやり午後つり・3

2011-12-14 20:30:55 | フィッシング関係
ココのところ急に寒くなってきて、Q字港ではアジちゃんが出なくなってきましたので、

今日も午前中の仕事を終えてから、むりやりにbig-wash港に出かけてきました。




鮎の遡上日本一の栃木県を縦断する大河をはさむと、お魚さんの様子がやはり少し違いますネ。



到着後、カップラーメンの凄麺シリーズ

ロバにとっては初めての『佐野ラーメン』を車中で食してから

いつものリグをセットします。


あ、そうそう。

凄麺シリーズも結構食べましたが、この『佐野ラーメン』は

ま、ふつうのカップ・・・・・でした。


いまのところ、


凄麺シリーズのロバ君ランキング第一位は・・・・・・じゃじゃ~ん

『かけラーメン』醤油味

http://sugomen.jp/product/d00172.html

でございます


文字通り、麺とスープだけの異色のカップラーメンです。


そのかわり、つまらない付属品にかけている原価をこの麺とスープに全て回しました!!!!!


と、メーカーの開発担当者の潔さが全面にでています。特にスープは絶品です。

町場のラーメン屋さんもこのスープにはうかうかしていられないと思います。

(誉めすぎかな?)



で、第二位は・・・・・・・・じゃじゃ~ん

『横浜サンマーメン』

でございます。


少しだけ、あんかけ風に仕上がるので、具と麺が良くマッチして甘めのスープとよく合います

ただ、不具合がひとつだけあります。

それは、よ~~~~~~~~~~く説明書通りに攪拌しながら作っても、

必ずと言っていいほど、あんかけスープにダマダマが出来てしまいます



おいしいのですが、このところだけはダメだしですね



ま、外でお湯を沸かして寒い時に食べることがほとんどなので

高級カップめんにありがちな、お湯を入れてから5分ですとスープが少し冷めますね。

メーカーさん。4分以内でお願いしますネ





長い前置きですみません。


期待をさせてしまうと申し訳ないので、結論を先に・・・・・・・



超小物メバルを1悲喜ゲット



セイゴの溜まり場を見つけて3匹かけましたが、全部バレました



てなわけで、写真なしのリポートですみません。





アジちゃ~んっ!もう今年はダメなの~っ!





年内にもう一回ぐらい行きたいロバでした



コメント (6)