香[Kyo]のつれづれ

何気ない日常に埋もれかけた「小さな幸せ」。
探しながら、てくてくお散歩...(*^ ^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

悪いと知りつつも…

2014-06-30 | 考えごと
寝酒は良くないっていうけれど…。

夜中に書類を作成することが多くて、ついつい…

寝る直前まで、脳みそフル回転ってのは、たしかに良くないやんね。

スムーズに眠れるはずがない。

分かってるんやけど、ほかに取り組む時間はないし

真夜中すぎにアルコールを飲みながら、考え事をするのは、ずっとずっとず~っと若い頃からの習慣で。

さすがに昼間勤務の仕事に代わってからは、真夜中過ぎの飲酒は避けるようにしているけれど。

それでも、不眠が続けば、睡眠導入剤とアルコールは手放せず

あ、いえ…アルコールで薬を飲んではいけないんやろけど、胃の中で一緒になるんやな

一応、薬は水で飲んでるし。

ま、その前後に、お酒は飲んでるけど…。

これがまた、効かへんねん

薬を飲みながら、徹夜して翌日出勤したことが何度もあるわけで。

何のために薬を飲んだのか、よく分からん

単に睡眠をとることを目的にするなら、濃いめのホットコーヒーを淹れて飲んでから就寝する方が、よほど効くような気もするし。

てなわけで、今夜はついつい、「大峰山」を。

純米酒なんやけど、普段使いにいいねん。

お水がいいんやろな~。

あっという間に2合をゴクゴク

マグカップで飲んだのがいけなかったのかも。

お猪口でクピクピいった方が良かったかなぁ…。

ともかく、今夜仕上げなあかんもんは片付けたし

明日もがんばるぞ~。

コメント

法隆寺展@静岡市美術館

2014-06-29 | 展覧会
悪夢にうなされたこともあって、御挨拶に行ってまいりました

法隆寺から、ただ今この静岡の地まで、はるばるお出かけくださっている夢違観音さまに。

きっと、この会期中、斑鳩の法隆寺大宝蔵院には、お身代わり像がいらっしゃるのやろけど。

文字通り、「分身の術」とでもいうのか…。


読売新聞創刊140周年記念・静岡第一テレビ開局35周年記念
「法隆寺展:聖徳太子と平和への祈り」展


静岡第一テレビが何チャンネルかも知らん私

でも、ともかく、静岡第一テレビさんのおかげで、静岡市まで夢違観音さまがお出ましになったわけで。

ありがたい


夢違観音さま。

きっと大人気で、多くの人に囲まれてはるんやろうなぁ…と思いきや、ぽつねんとおひとりで涼しく佇んではる。

却って、展示ケース内の曼荼羅や巻物の方が、多くの注目を浴びているようで。

はてな…(?_?)

静岡の県民性なんやろか。

いずれにせよ、私としては大変ありがたく、独り占め状態で、夢違観音さまと御挨拶を。


さて、ミュージアムは喉が渇く…。

ということで、クレセントさんへ。

そこで出会ったかわゆい「沖縄セット」。



マスター曰く、「同じ日に別々の方から沖縄土産を1つずついただいた」のだとか。

なんだか素敵


今夜はいい夢、見られるかな~。
コメント

車は顔が大事...やと思う。

2014-06-29 | 考えごと
ここのところ、車のカタログをめくることが多く…。

性能がどうのとか、つくりがどうのとか…難しくて細かい話は分からへんけど

いいねん

日本のメーカーが生産してはる現代の車に、とんでもなくオカシイ車はないに違いないわけで。

普通に走らせる分には、特にどの車であっても、不便はないわけで。

そんなに細かいところは、気にせえへん。

ただし、目に見える部分には、ちょこっとばかり、言いたいことはあるけれど

たとえば、

・「顔」が不細工でないこと。
・「おしり」が不恰好でないこと。
・シートアレンジが多彩であること。
・長時間運転で疲れにくいシートであること。
・乗り降りしやすいこと。
・荷物を積み下ろししやすいこと。
・ステアリングは本革巻きであること。
・明るいヘッドライトであること。
・フォグランプがついていること。
・パドルシフトがついていること。
・スピーカーは4つ以上あること。
・手持ちの携帯電話とbluetooth接続できること。
・見やすいメーターであること。
・コンパクトサイズであること。

…ま、これくらいのもので。

要は、用途と自分の体のサイズに合えば、それでいいねん

で、この十数年間、ずっとホンダ車を選び続けているわけやけど。

車選びをするとき、やっぱり「顔」は大事。

好みに合わない顔やと、ほんまに気が晴れないんやな

メーカーでは、ものすごい力を入れてデザインしてはるんやろけど、個人的好みに合わないもんもしばしばあるわけで…。

せやし、ぴったりくると、ほんまに嬉しい

以前、ホンダのインスパイアという車があって…。

インスパくん。

セダン型は好んで乗らない私やけど、「アコード・インスパイア」の時代から、次の1995年くらいまでの「インスパイア」の顔が好きなんやな。

つまり、初代インスパイアくん。

なんとも言えず、丹精なお顔立ち

で、お尻は、トルネオくんのが好きやってん。

どちらも、既に今はない車種やけど。


時々、古くてカッコいい型の車体に、古いナンバーをつけて大事に乗ってはる人を見かけると、嬉しくなるねん。

つい先日も、ホンダではなくトヨタやけど、懐かしくてカッコいい車が走っているのを目撃

AE86トレノ しかも白黒

おぉぉぉぉぉ

2ケタナンバーで、ボディぴかぴか

大事にしてはるんやろなぁ

個人的には、トヨタ車は好かないんやけど、86トレノは運転するのが楽しい車やったなぁ。
コメント (2)

悪夢

2014-06-27 | 考えごと
「夢」はほとんど見ない。

「覚えていない」と言う方が、より正確なんやろけど。

せやし、目覚めたときに「覚えている」夢って、ものすごく気になるわけで。

さらには、「嫌な感じ」の夢のせいで目覚めると、もっと気になるわけで。


元々、夢の中で、現実世界の予行練習をしていることがほとんどで。

考えごとをしたり、企画を練ったり、プレゼンの練習をしたり。

まさに現実世界そのものの感覚があって。

匂いも色彩も、現実そのものであって。

何というか…「二重生活」?

ただ…そういえば、温度・湿度は感じていないかも。

いずれにせよ、半分くらい脳が覚めた状態で、体を動かさずにいろいろと考えを巡らせているんやろなぁ。

で、その結果として、夢と現実の区別がつかない、と。

これ、結構、困りもの。

いや、自分ひとりの中だけやったら困らへんのやけど。

夢の中で会議なんてしてしまうと、わりと困るねん。

会議の参加者の発言を、夢の世界と現実の世界との両方で、聴くことになるわけで。

現実の会議の席上、初めて発言された事柄について、ついうっかり、「以前もおっしゃっていましたが…」なんて言葉で応えると、「いえ、会議に出たのは初めてです」などと、とんちんかんなことになるし。


さて、昨夜の夢は、非常に印象的で恐ろしかってん

強烈な視覚的イメージが焼きついて離れへん。

ちっとも記憶が薄れていかないし、時が経つごとに、次第に瞼に貼りついていくというのか、染みついていくというのか…。

ともかく、ある意味しぶといイメージで。

「皮膚」の夢。

夢占いによれば、さほど悪い夢でもなさそうなんやけど…。

占いは占いでしかないわけで…。

う~~ん。

今夜はちゃんと寝られるかしらん。


夜になっても、心のざわつきが鎮まらなかったので、夜珈琲

こういう時には、アルコールは避けたほうがいいかと。

一晩経って、やっぱりあかんかったら、明日はお酒にしようかな~。
コメント (2)

本日のケーキ♪

2014-06-26 | 美味しいもの
「酒飲みは甘いものを食べない」って、どこから来た言い回しなんやろ。

たしかに、塩を舐めながら日本酒をちびちびっていうのは、よくやることなんやろけど…。

JR越後湯沢駅構内の「ぽんしゅ館」には、まさに全国各地の塩が置かれていたし。

いえ…なにも越後湯沢にまで行かなくても、熱燗に塩辛ってのは、黄金の相性やし


でも、ウイスキーとチョコレートってのも、よくやる話やろし…。

たしかに、甘すぎるチョコレートをお客さんに提供するバーは、ほとんどないんやろけど。

そういえば、静岡に来たばかりの頃、初めて訪れたショットバーで、なんと「お通し」が出たんやな。

たしか、「自家製チキンのトマト煮込み」やったっけな。

ほんまに旨かってん

ちょうど蒸し暑い時期で、テキーラをロックでオーダーしたら、げんこつがそのまま入るくらいの大きなグラスに、なみなみと注いでくれはったし。

ほんまにびっくりしたんやな~。

静岡って、ものすごく気前がいいというのか、何というのか…。

あんなに気前よくテキーラを注いでもらったのは、後にも先にもあの時だけかも。

初めての「お通し」も、かなりのボリューム。

お腹空いてたし、ありがたかったなぁ…


さて、今日のケーキは、チョコレート&ナッツ系。

チョコレートは苦手な部類の食べもんなんやけど、珈琲屋クレセントさんでいただくチョコレート系のケーキは美味

不思議やなぁ。

珈琲との相性も、とっても良いし

ま、それが一番やなぁ
コメント

ホットサンド@カフェ・ブラン

2014-06-25 | お気に入り
カフェが好き。

静岡ではまだまだ店舗の数が少ないけれど。

それでも、三島や沼津あたりには、ちらほらと素敵な店があったりして。

沼津でちょこっと時間を潰したいときには、カフェ・ブランさんへ。

以前、仲間に「いい店よ」と紹介してもらってから、沼津の街中でぼんやりしたいときには、カフェ・ブラン。

珈琲が美味しいし、大好物のホットサンドもあるし

ごくごくシンプルなホットサンドなんやけど。

いいねん。シンプルで

お店の構造のせいで、声がやたらと響くのがやや難点ではあるけれど。

基本的に、ぼんやり用途のカフェは、ひとりで行くもんやし

あちこちのテーブルの会話が筒抜けになるのは、傍ら痛さを感じないわけではないけれど…。

反対に、お客さんがほかにいないときには、大変居心地が良いわけで…

そう、タイミングをはかれば、何ら問題ないねん

先日訪れたときは、3つのテーブルにお客さんが居てはって。

あまりお行儀がいいことではないけれど、3組の会話ぐらいなら同時に聴き取れるし

ちょっとした精神集中とリスニングの訓練になったかも。

…ぼんやりしに行ったわりには、やたら集中してしまったんやな

音に敏感なのは、もうなんというか、職業病やなぁ…。
コメント (2)

何となく焼肉定食

2014-06-24 | 考えごと
通常、あまりお肉を食べない私。

好き嫌いではなく、からだが欲しないので、食べないだけなんやけど。

今夜はなんとな~く「焼肉定食」。

お米も、ちゃんと食べたし。

朝から「黒酢紺碧スリーベリー」を飲んで、快調やし

喜しろうさんの「にこにこ饅頭」と「ニューサマーオレンジ」のおやつを食べて、もりもり元気やし。



にこにこ饅頭は個包装で持ち歩きが出来るし、ニューサマーオレンジの皮の甘納豆は、そのままお茶うけにしたり紅茶に入れたりしても美味やけど、プレーンヨーグルトの中に1晩漬け込んで食べると、ヨーグルトに清々しい香りが移って、ほどよい甘さになって、美味しいんやな~。

うん からだは食べたもんから出来ている。

明日は中くらいの「山」を2つ越えねば

ぼちぼちがんばろ~っと。
コメント

小さな夏休み(その2)

2014-06-23 | お散歩
大好きな開田高原西野地区で1泊。

翌朝は雨

まさに畑にとっては、恵みの雨

「あいにくの雨ですが…」と、会う人ごとに言われたけれど、高原の雨は嫌いではなく。

それに、私はスーパー晴れ女やし

御嶽山には昨日の間に御挨拶できたし

三岳にある日野製薬株式会社さんの「日野百草本舗 里宮店」で、お買いものも出来たし。

せやねん。日野製薬さんの「百草物語ハーブクリーム」を切らしてしもて…

しばらく別の市販品を塗っていたんやけど、手荒れがひどくて肌がぼろぼろになってしまったんやな

やっぱり、百草物語ハーブクリームでないと、あかんねん。うん。


西野の畑も確認できたし。

観光案内所のお馴染みのお姉さんにもお会いできたし。

ギャラリーのおばちゃんともおしゃべりできたし。

山下家住宅に展示されている大好きな写真も見られたし。

あっ! 畑のおばちゃんにはお目にかかれなかったけれど…。

作物が実ったら、きっと、お店を開けはるやろし…。

次回に期待 おばちゃん、それまで元気でいてね


お昼前、開田を後にして、木曽福島は「菓子蔵 喜しろう」さんへ。

雨はほとんど気にならないほど小さくなって。

「朴葉巻き」の旗が、町中でひらひらと…

いいなぁ、季節やなぁ

この時期、木曽福島やったらどこでも入手できる朴葉巻き。

でも、やっぱり喜しろうさんの朴葉巻きが美味しいんやな~。(トップの写真)

ちなみに、私はつぶあん派

nanagonさんとおしゃべりしながら、お昼ごはんの前のおやつをばくばく。

お土産も仕入れて

喜しろうさん、素敵やねん。

ふらっと立ち寄って、気になる和菓子を1個買って。

喉が乾いたら、ドリンクも1杯オーダーして。

のんびりくつろいで、ひと休み

ついでに、nanagonさんの「気になるカフェ」を御紹介いただいて

「赤沢美林の方にある流れ星さん」。

よし、ランチはそのお店へ行ってみるべし、と


じゃじゃん

見つけた~ Cafe 流れ星さん。



雨も上がって、空は次第に明るくなり…。

この分やと、ごはんを食べ終える頃には、晴れそうな予感。


席はやっぱり、窓際のカウンターへ。

好きなんやな。カウンター

窓の外には、緑がいっぱい。





1プレートランチをオーダーして。



お野菜たくさん 彩りも素敵。

ごはんもスープも美味しくて。

nanagonさん、教えてくれてありがとう(*^^*)

店内には、かわいさと落ち着きがあって。








お菓子も珈琲もいただきたかったんやけど、何しろ、ランチだけで盛りだくさん

お腹がいっぱいやったので、次の機会にいただこうっと。

ごちそうさまでした~

素敵なお店やったわぁ。
コメント

小さな夏休み@開田高原

2014-06-22 | お散歩
梅雨の真っただ中

天気予報を何度見直しても、「週末は雨」と。

前日の予報でも、「明日、明後日は雨」と。

でも、きっと開田高原は「おいでおいで(^-^)/~~」と招いてくれているに違いない 

ということで、静岡発:朝3時すぎ

雨予報とはいえ、15年以上通っていても、御嶽山に御挨拶できなかったことは一度もない私。

今回も、きっと、ちょこっと雲の合間からお姿を見せてくれはるんと違うかな~、と。

だって、御嶽山は、私が一番好きな山やし。

…となると、午前中に昇る太陽さんに向かって車を走らせるのは、眩しいわけで…。

選んだルートは、ざっくりと:静岡→新東名→国道52号線→中部横断道路→中央道→国道19号線。

これなら、どこかのカフェで朝食をいただいて、ゆるゆる走りながら、ちょうどいい時間に開田入りできそうで。

1泊2日やし、急がない&欲張らない

あらかじめ決めたのは、朝ごはんの場所と宿泊先だけ。

あとはてきと~

これくらいが、ちょうどいいねん。



静岡市内、だいぶ路面が濡れていて、特に52号線は、かなりの雨量やった様子。

でも、県境を越えると、随分、空が明るくなって。

中央道に合流する頃には、薄日が差し。

朝ごはんの時間には、すっかりいいお天気に

ほら、やっぱり、歓迎モード

今回の朝ごはんは、おおまかに「伊那周辺」と決めて。

あの「三澤珈琲店」さんが営業されているし

行ってみたかったんやな。

Early Bird Cafe

あいにく、旧伊那店は独立してはって営業時間が合わなかったので、塩尻店へ。



朝7時にお店が開くと、次から次へ、地元のお客さんが来はって。

愛されてはるねんなぁ

とっても良いお店。



シンプルな1プレートに、美味しい珈琲。

おかわり1杯はサービスで。

窓辺のカウンターに席をとって、ゆるゆる休日モーニング

贅沢な時間やったわぁ。



さて、19号線はすっかりお日様に照らされて、いい感じ

ふと、道の駅賤母に併設された「東山魁夷 心の旅路館」へ行きたいなぁと思い浮かび。

開田の入り口を通過して、賤母へ。

敬愛してやまぬ画伯の作品。

しかも大好きな作品ばかりが展示されていて。

画伯の風景画に対面すると、心の奥深くにある泉に、1滴の雫が落ちて、静かに波紋が広がっていくさまを観るような、し~~んとした心持ちを取り戻せるんやな。

旧山口村が中津川市に越県合併される前から通っているミュージアムやけど、ほんまに素敵な館やねん。



ようやく開田高原へ。

アヤメや忘れな草が美しい水生植物園や西野の畑を確認。



そう、西野の畑が大好きな私。

開田高原で一番好きなのが、西野の畑なんやな。

ようやく咲き始めた蕎麦や、まだちびっ子のトウモロコシたちが、一面を埋め尽くして。

季節ごとに、違った美しさがあって。

収穫の時期が楽しみや~。


お昼ごはんは、お馴染み大目旅館さんのお蕎麦。(トップの写真)

開田の蕎麦は、ただそれだけで美味しいけれど、外食するなら大目旅館さん

小雨降る里山の風景を眺めながら、ズルズルっと、お蕎麦を。

御嶽山、顔を出してくれはるかな~、なんて思いつつ。



食後、ぶらぶらした後は、いつもの「てづくり工房 やまぼうし」さんへ。

オーナーさんのおもてなしを受けながら、今回選んだのはコレ



お猪口は3つしか残っていなかったので、3つすべて購入。

これまた和やかな時間を過ごして、九蔵峠へさしかかると、おぉなんと 御嶽山のお姿が



標高が高い分、雲は出来やすいし、開田高原上空は曇空でも、御嶽山との間には距離があるので、御挨拶するのは難しいかなぁなんて思いかけたところやったし、大変ありがたく

御嶽山、ありがとう。

ををっ! やっぱり、歓迎してくれてはってんなぁ
コメント

夏の桜

2014-06-20 | 美味しいもの
桜さくら♪

静岡で「さくら」といえば、「サクラエビ」

そろそろ漁も終わり頃。

ということで、「桜おろし」うどん@岩久豊田店

お蕎麦やさんやねんけど、なにせ饂飩派の私。

出来る限り、饂飩を食べたいねんな。

で、「桜おろしをお饂飩でお願いします」と。

揚げたてのサクラエビのいい香りがして

岩久さんの冷たいお饂飩は初めてやったけど、美味

小さな旅に出る前のお饂飩

なんだか定番になってきているような…。


〆はやっぱり、珈琲@クレセント。

今夜のカップは、とても可愛らしくて。



なんだかうちにはもったいないような気も…

妙に「女の子」らしいのが、なんだか気恥ずかしいお年頃なのであった…。
コメント