香[Kyo]のつれづれ

何気ない日常に埋もれかけた「小さな幸せ」。
探しながら、てくてくお散歩...(*^ ^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体力アップは「じねんじょ」で

2013-08-30 | 美味しいもの
お馴染み「じねんじょ」@葵区鷹匠

夏バテ気味という友人と一緒に

滋養強壮といえば、やっぱり、とろろでしょ~(^○^)

…と、お店の前に到着。

中に入ろうかなぁ、なんて思っていると、とお~~くの方から、手を振るお兄さんが近づいてきはって。

なんと、職場の先輩であったという。

曰く、「前に旨いって聞いたからさぁ。来てみたんだよ。」と。

おぉぉ 常日頃から、いい店はいい店やと、職場でふれまわっているからなぁ

よかった~。 少しは「いい店」の営業に役立ってるんや。


さて、まずはお酒。



選んだのは、弘前の豊杯(ほうはい)純米吟醸。

三浦酒造さんのお酒で、豊杯米を使っているのだとか。

実に旨い

華があって、しかも、しっかりと味わい深くて。

大好物の「むかごの天ぷら」をいただきながら。



豚しゅうまいも美味しいんやな~。

グリーンピースの代わりに、むかごを乗せるのも、いい感じ♪



たくさんいただいて、最後はとろろ汁でしょ~。



じねんじょさんの「とろろ汁」は、ほんまに美味しいもん。

しんどいときは特に、美味しいもんを食べなくちゃ

体は、食べたもんから出来てるねんもん。

コメント

少しだけ秋の気配

2013-08-28 | お気に入り
まだまだエアコンと除湿機は手放せず。

でも、風には少しだけ秋の匂いが。



ほんの少しやけど

でも、赤とんぼくんは、毎朝忙しそうに飛び回っているし。

蝉さんたちは、もう精一杯、やし。

ススキの穂は、涼しげに揺れているし。


少々ぼんやりしたいときは、珈琲@クレセントを。

ついでにいつもの「ちょこっとヨーグルト」をつけて。



フルーツたっぷり さわやかなヨーグルト。

さらにマロンショートもいただき。



既にスケジュール帳はいっぱいなんやけど、この秋冬、さらにやりたいことが山盛りで。

ついつい、考え事をしながら、ばくばく食べてしまうという…


数年前やったら、真夜中すぎまでサービス残業、休日も出勤が当たり前やったわけで、随分とライフスタイルが様変わり

寝ても覚めても、仕事のことを考えていたけれど、今はワークライフバランスが取れているような、いないような…。

同じ「多忙」でも、バランスのとれた忙しさなわけで、まぁ、いいかな、と。

やれるとこまで、やってみるさ~。
コメント

もちっとふわっと白はんぺん

2013-08-27 | 美味しいもの
JR静岡駅。

新幹線を降りると、その足ですぐに向かいたくなるのが、お馴染み「魚河岸大作」さん

ちょこっとだけ、クーリングダウンをば



野菜の天ぷら盛り合わせと♪



大好きな「自家製白はんぺん(桜エビ入り)」(トップの写真)

これがまた、旨いんやわ

もちっとして、ふわっとして。

桜エビの風味が、ふんわりと

魚河岸大作さんは、「自家製もの」も、み~んな美味。

ごちそうさまでした~。
コメント

工夫いっぱい「特別村民」制度@馬路村

2013-08-26 | お気に入り
届いた~

馬路村特別村民証

私のふるさと天川村とはまた違った特別村民制度で

なんとも馬路村らしくって、いい感じ~(^○^)

馬路村に興味を持ったのは、平成20年。

日本で最も美しい村」連合に加盟したのがきっかけで。

足繁く通っていた長野県の開田村(現 木曽町開田高原)が、平成18年に「日本で最も美しい村」連合に加盟したため、ほかの村にも行ってみたくなり。

馬路村は、開田村の近くの南木曽町と同時に加盟しはってんな

せやし、南木曽や開田のお土産物やさんにも、馬路村の”ごっくん”製品が並んでいたりして。

えぇ。はい。もう、「ごっくん馬路村」、いつも飲んでてん

ということで、私の中では、高知=馬路村=ごっくんの図式が、きっちりと作られており

旨いんやなぁ 馬路村の柚子ってば。

ほんまに素敵。

…と、そこへ、馬路村特別村民の特典の一つとして、「来村時に、特別に村長と一緒に村長室でごっくん馬路村が飲めます」との知らせ

しかも、村長室では、ごっくん馬路村、冷えてると。

なんて素敵

これは、村長室で「ごっくん」しないわけには、いかないでしょー

馬路村特別村民広報誌「こうほう馬路」第7号(平成24年度)によると、馬路村の人口が1,000人を下回る一方、馬路村特別村民の人口はナント7,000人を突破

村長室で「ごっくん」した人も、817人……ということは、今ではもしかしたら1,000人を超えるかもしれへんやん

ほんなら本格的に、馬路村を再訪する計画を立てねばならん。……なんとしても、「ごっくん」せねば


馬路村特別村民証(トップの写真)と一緒に、広報誌類や馬路村応援団証も送付され。





裏面には、「応援団員の証」として宣誓文が。



  私は、柚子とやなせ杉の
  馬路村応援団員として、
  西に、宴会 鍋があれば
  行って、「ゆずの村」ぽん酢しょうゆの
  すばらしさを説き。
  東に、二日酔いの、友あれば
  行って「ごっくん」をすすめ。
  にっぽんの村を明るく語り、
  村長にも、ほがらかに、
  苦言を呈し、
  明るい団員活動に
  邁進することを誓います。  馬路村応援団員

ちなみに、この応援団員証1枚で1回、うまじ温泉でひとっぷろの特権が与えられるとのこと。


高知には、大好きな「土佐褐毛牛」さんたちも居てはることやし

土佐のあかうし」さんには、もう、一目ぼれ

きっと、世界一、美人さんの牛に違いない

美人さんなだけでなく、間違いなく、旨いっ!

牛肉を好んで食べない私にも、土佐のあかうしは、魅惑的にウマい

日程調整しなくっちゃ
コメント

ゆるりと夜は更けて

2013-08-25 | お散歩
神田駅で下車。

土曜日の夜は、さすがに定休の店も少なくなく。

それでも「営業中」であることを知らせる灯を頼りに、のんびりお散歩。

...と、小さな小さな看板を発見。

「純米酒バー すじかい」さん。

気になったので、訪ねてみると、「バー」というだけあって、カウンター10席程度の小さな空間が。

既にお客さんが、愉快な話で盛り上がってはる(^-^)

間に席を空けてもらって、まずはお試しで3種。

酒盗を肴に、くぴくぴ。

なんかいい感じ(^-^)

たまたま隣り合わせたお客さんたちと、穏やかな時間と和やかな空間を共有して。

「あの酒は、ウマいぞ~」なんていう、情報なぞも交換しあいながら。

聞けば、この「すじかい」さん、7月に開店したばかりで、まだ一ヶ月程度しか経っていないとのこと。

とはいえ、いろんなこだわりをもって、居心地の良い空間づくりをしてはるし、いい店であることは言うまでもなく。

また神田を訪れたとき、寄せてもらおうっと(^○^)



純米酒バー すじかい
東京都千代田区鍛冶町2-9-4
ラカンダビル2階
03-3525-4290
コメント

伝える使命

2013-08-24 | 考えごと
幕張メッセ。

全国から7500人を超える人たちが集まって。

日本母親大会 in 東京。

初めて参加する大会やけど、感動的で((T_T))

様々な現代社会の諸問題について、鋭い問題意識を持って、世の中に問いかけ続ける人たち。

その活動には、いつも困難が付きまとうけれど、中には周りの人々をも動かして、大きなうねりを生み出し。

彼女たちの言葉。

まさに、使命を帯びた言葉の響きの強いこと!

深く胸を打つことばに、涙ぽろぽろ。

私も、何かせずにはいられない、と。


さてと、自分をかえりみて、自分のことば、生きてるかな。

誰かの行動を喚起できるほどの威力を持っているかな。

もっと、磨かなくちゃ。
コメント

自由な時間

2013-08-23 | お気に入り
一日のうち、ほんの1時間だけでもいい。

鎧を脱いで、殻を破って、自由になる時間が欲しい

「役割」を捨てて、「私」も捨てて。

結構、しんどいねん

「私」っていうのを背負うのは。

せやし、ちょっとの時間だけ、「私」から自分を自由にしてやって

美味しい珈琲をいただきながら

ショーケースにあった、クリームチーズのタルトも一緒に。(トップの写真)

脳がショートしているときは、食欲もわかないし。

でも、ちゃんと糖分は補給しておかないと

上質の糖分は、次第にやわやわと気持ちを溶かして。

バリスタと、少しだけ、憲法のお話を。

やわやわした脳みそで、日本の憲法について考えると、とっても素敵でおもしろいんやなぁ

憲法に限らず、大事な大事なことについて考えるときは、みんなリラックスして、へんてこな「役割」を捨てて、素の自分の心の奥底にある鏡に、その姿を映しだしてみればいいのに。

固定観念を捨てて、色眼鏡は取り外して、答えは急がずに。

もったいないぞ~。

せっかく考えるんやから。
コメント

絶品♪ 鰹のガーリックソテー

2013-08-22 | 美味しいもの
これ、も~のすごく、ウマいんやなぁ

駿河区宮竹にある「お好み料理 なかの」さんの「鰹のガーリックソテー」。

かなりのボリュームなので、「ご飯セット」を「ご飯少なめ」でオーダーして。

鰹って、こんなに美味しいお魚やったのね~ と、感激せずにはいられない。

いや、お魚というより、お肉に近いかも

夏やし、酷暑やし、毎日しんどいし、ニンニクたべた~いっていうときも、和食料理屋さんで美味しく食べようと思うなら、なかのさんが素敵

大将が、昔ながらの「職人さん」なんやなぁ。

素敵なんやなぁ。

カウンターの大皿に盛られたお料理を、少しずついただくのもいいし、定食も、とってもリーズナブルやし。

やっぱり、手を抜かずに、しっかり丁寧にお料理してくれはるのが一番やねん。

決して派手ではないけれど、いい店は、ずっと残ってほしいなぁ。
コメント

美味しい魚は、魚河岸大作で♪

2013-08-20 | 美味しいもの
「美味しい魚を食べたい」という友人のリクエストにより、アスティ東館1階にある「魚河岸大作」さんへ

いつものカウンターに座って、まずは「熱燗」

そう、夏でも、熱燗から始めないと

お通しをつまみながら、くぴくぴ

できれば、も少しどっしりとした「酒」をいただきたいんやけど、それでも、あっさりすっきり、夏はよし

大好きなイワシくんを食べながら。



ついでに、「しぞーかおでん」なるものを食べてみたくなり。



ちゃんとダシコもついてます。



シメは、自家製「塩らっきょう」で。



なかなかに複雑な話題ではあったけれど、おしゃべりも楽しく、瞬く間に時間は過ぎて。

ごちそうさまでした~。
コメント

クロンボへ

2013-08-19 | お散歩
約30年ぶりに、クロンボ古庄店

おぉぉ

ここにも、昔からずっと地元で頑張ってはる喫茶店があってんよなぁ。

曲金店さんは、比較的若い年齢のお客さんが、仲間たちと長い時間くつろいでおしゃべりする喫茶利用が多いかも。

一方、古庄店さんは、家族連れのお客さんも少なくなくて

せやなぁ、お食事利用の方が多いかな。

食事メニューも、この時期やと「うな重」・各種丼ぶりもののような和食もあれば、冷製担担麺やラーメンのような中華系麺ものもあり。

もちろん、王道ハンバーグや、パスタ・ピッツァ・ピラフ・サンド系等々、カフェレストランの定番メニューもあり。

せやせや、クロンボといえば、パフェ。

パフェ類も、たくさんあって

(パフェ系は苦手なので、注文はしないけど…


先日訪れたときは、童心にかえって(?)煮込みハンバーグ(トマト)を(トップの写真)。

懐かしいなぁ

ちゃ~んと、トマトが効いてる

ミニサラダもつけて。



ものすごくでっかい「ミニサラダ」。

当然のことながら、ご飯は食べきれないので、「ご飯なし」で

ホールさん。俄かに信じがたかったのか、「ご飯なし」を2回もオーダー時に言ったのに、ちゃんとご飯を運んで来てくれはって

ごめんよぉ。食べ残すくらいなら、最初から食べへんことを選ぶねん

ご飯がなくても、十二分に満腹

珈琲でくつろぎながら、読みかけの文庫本を読了。

…と、外は真っ暗に

席に余裕があるときには、自由に長居させてくれるのも、魅力なんやな~。

某チェーン展開している珈琲屋さんやと、席のあちこちに「ここで勉強しないでください」等、長居をしないように呼びかける表示があったりするもんねぇ。

回転を良くしないと困る店舗が増えているわけで、なかなか寂しいところではあるけれど。

その分、貴重やわぁ
コメント