ジュゴンとトドちゃんの家

IS ORDER J ダインコンクリートの家造りの覚え書き

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

IS ROY+E (イズ・ロイエ)

2011-09-09 00:08:01 | 家造り

今日は晴れ

なでしこJAPAN、ロンドンオリンピック出場を決めましたね!

 

積水ハウスのホームページを見ていたら新製品が!

その名も IS ROY+E (イズ・ロイエ)

(WEBページはこちら FLASH対応ならこちら )

か、かっこいぃ~!

なんですか、このカッコ良さは!!

「スクエアピラー」、我が家にも付けたい

我が家は IS ORDER J で、自分で言うのもなんですが、カッコ良いと思っていますが、
IS ROY+E は、もっとカッコいいです

(あれ、さっきまで見ることができたウォークスルーのCGムービーがCOMING SOONになってる

プレスリリースによると

 「IS ROY+E」とは、「Royal(高貴な)」と「Eco(エコ)」の造語だそうです。
 ” 高貴で堂々とした、環境と調和する邸宅にしたいという思い”が込められているようです。
 

で、気になったのが、

新・高耐久外壁「ダインコンクリート」の、”新”です。

ジュゴン(夫)はダインコンクリートがあったから、積水ハウスで建てたってくらいの
ダインコンクリート好きです。”新”は見逃せません! 

 

なんと、

メンテナンスサイクル30年を実現する「高耐候塗装」「高耐久シーリング」

すごい!

従来比2倍の約30年の外壁メンテナンスサイクルを実現し、
外壁において30年間で約120万円のメンテナンスコスト低減が可能になりました

な、なんですと

まぁ、その分イニシャルコストが上がっているかもしれませんが、
「メンテナンスコスト低減」は、魅力的です。

 

そして、現在建築中の方にはショッキングなお知らせかもしれませんが、
この高耐久塗装と高耐久シーリングは、

鉄骨住宅及び木造住宅「シャーウッド」など当社戸建主力商品にも
「イズ・ロイエ」の発売と同時に標準採用とします。

だそうです。 

 

さらには、

構造体は「ユニバーサルフレームシステム」を進化させ、
部位ごとに最適な厚みや太さの軸組を「適材適所」に配置することで、
今まで以上に強度と設計自由度を高め、
大開口や大空間などの広がりのある快適提案を可能にしました。

これは BeSai+e で新採用された技術を IS シリーズにも持ってきた感じです。

「スローリビング」というキーワードも使われています。

また、

制震システム「SHEQAS(シーカス)」や空気環境配慮仕様「Airkis(エアキス)」を標準採用

となっていますが、このあたりはコスト的にカットする仕様も可能になるのではと思います。

 

現在、計画中の方、是非、スクエアピラーを採用してみてください。

現在、ISシリーズで打ち合わせ中の方、乗り換えてみてはどうですか?

現在、積水ハウスで建築中の方、塗装とシーリングについて営業さんや監督さんに聞いてみてください。 

 

同時にシャーウッドにも洋風の中高級新商品
「Gravis Villa (グラヴィス・ヴィラ)」が発表されてます。

 

これから IS ROY+E で建築しようという方も、
現在 IS シリーズ、 Be シリーズなどで建築中の方も
すでに積水ハウスにお住まいの方も、
よろしければポチッとお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへにほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村

ハウスメーカーの住宅製品って、どんどん進化していくんですねぇ。。。

コメント (2)

工事連絡

2010-03-26 22:06:41 | 家造り
夕方、監督さんから電話
明日から地盤改良に入るという連絡。

地鎮祭から丸1ヶ月。待ちに待った工事開始(地盤改良だから着工ではないが


工事看板は以前から設置済み


よろしければポチッとお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへにほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村

コメント (4)

にほんブログ村

2010-03-02 22:21:06 | 家造り
トド2号の勧めで、にほんブログ村に参加してみる。
カテゴリは、一戸建積水ハウス と 二世帯住宅。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへにほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 二世帯住宅へにほんブログ村
コメント

地鎮祭 と 住宅エコポイント

2010-02-27 22:14:21 | 家造り
昨日の雨が嘘のような好天の中、地鎮祭が執り行われる。
(しかし、足元は解体後の地盤に降った雨のせいでグチャグチャ

営業さん(2名)、設計さん、監督さん、電気工事業者さん、ガス水道工事業者さん、大工さん
大勢の方に参加いただきました。
ありがとうございました。

建築地をぐるりと塩とお神酒で清める。


(ほかの人のブログにある「えいっ!えいっ!」はありませんでした。)


御札とお供えを受け取る。

御札は上棟のとき棟にあげるそうです。


お供え物は神様のお下がりなのでありがたくいただきます。(食します。)
(日本酒は飲めないのですが、、、)



その後、設計士さんから衝撃の事実が告げられる。


住宅エコポイントの対象住宅に該当していません。

聞きなおしましたが、
住宅エコポイントの対象住宅に該当していません。

なぜ?どうして?積水ハウスではダメなの?

理由としては、2階の床暖房がネックとのこと。
我が家は2世帯住宅で1階・2階それぞれのLDKにガス床暖房を予定。
給湯はエコウィル。

2階の床暖房はALCの上に配管するが、熱が下方向にも逃げるので熱効率という観点から認められない。
エコウィル採用住宅の詳細がはっきりしていない部分もあるが、期待しないで欲しい。
(30万ポイントがもらえないという衝撃ではっきり覚えていませんが、そんなような説明でした。

2階に床暖房を予定の人は注意が必要。


が、落ち着いて考えれば、熱効率の説明は1階でも同じように下に逃げる。
うーん、納得がいかない。


うがった見方をすれば、住宅エコポイントは景気対策。要はバラ撒き。
「エコ」って付ければ「カネ」が付いてくる仕組み。
エコウィル採用住宅に対する詳細がはっきりしていないのであれば、
ガス会社がもっと政治力を発揮してくれれば良いのでは無いかと思う。。。

(2階床暖房をやめて30万ポイントを得て、そのポイントで2階床暖房工事を行う案も頭をよぎる。
いやいや、本末転倒だと思い直す。



現在の我が家の仮の中心の榊


コメント (6)

こだわりのポイント

2009-09-21 23:10:07 | 家造り
今日は敬老の日。両親を誘って回転寿司へ。こんな日のお支払いはジュゴン夫婦です。
両親は自分たちが年をとったとは思っていない感じで、家造りもジュゴン夫婦だけには任せられないと考えているようです。
(ジュゴン夫も40歳を超えてるんですが、、、

でも、元気で長生きしてくれればそれで良いです。


さて、いろいろと考えていた家に対するこだわりポイントですが、我が家のプランにはジュゴン夫の書斎も無く、趣味の部屋も無く、天井に5.1チャンネルもありません。

しかし、実は外壁と外観にこだわっていたということに気がつきました。
未だ柄と色が決まらない外壁ですが、ダインコンクリートはこだわりです。
昨日は設計士さんに、外からの見た目を考えて窓の大きさと位置をうまく
あわせて欲しいとお願いしました(もちろん、家の四方全部についてです)。
設計士さん、無理を言ってごめんなさい。期待しています。
現在のプランでもビューウインドウやディープセットの窓も設定してあります。(あぁ、コストが、、、
これって人から見たらどうでもいいだけど、こだわりのポイントだと思っています。

コメント