赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

「勧進帳」の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史⇒「越中吉岡庄」から「五位庄」へ

🌸🐎「源平盛衰記」 の国人領主「池田次郎」 と「衆徳山総持寺」⇒「越中吉岡庄」と高岡市内の寺院 ! !

2018-08-27 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

■高岡市の「瑞龍寺」、「総持寺」、「天景寺」等が記された古地図(※「高岡史料」)


■あいの風鉄道高岡駅の南側、あの著名な千手観音座像を祀る真言宗「衆徳山総持寺」の隣地に、1645年から20年の歳月をかけて前田利長の菩提寺として建立された「高岡山瑞龍寺」は、元々その地に建っていた天景寺等幾つかの寺院等を移転させ、約36000坪の敷地に建立された。この辺りは赤丸村の国人領主の池田氏の所縁の土地らしく、隣接の総持寺の旧地は池田氏の所領であり、元々瑞龍寺の地に在った「天景寺」も赤丸村の総持寺の旧地から移転した寺である。総持寺の旧地の赤丸観音堂遺跡の山裾一帯は「池田島」という地名で今も残る。又、現在能越道高岡インターチェンジの周辺の池田地区もこの池田氏の開発によるもので、小矢部市の今石動も旧名は池田と呼び、氷見市の池田地区もこの池田氏の所領であったと推定されるという。総持寺の現在の敷地はこの池田氏の所領を寄進して建立されたと伝わる。この池田氏は源平盛衰記記載の木曽義仲を小矢部市の埴生護国八幡宮に案内した池田次郎の末裔と見られている。 (※「源平盛衰記」、※「治承・寿永の内乱論序説」浅香年木著 参照)




■高岡市関町の「総持寺敷地」を寄進したと伝わる「池田家」は現在も高岡市細池地区に残り、この池田家の開発した池田地区に在った持ち宮は「いばらの宮」と呼び、現在は区画整理により移転したが、この家には神社の石碑と宮跡の写真が遺されている。この旧地を探すと、高岡インター周辺の高岡市東石堤地区にその旧地と見られる森が遺されており、この場所は高岡インター周辺の池田地区の隣接地に在る。
この池田氏は現在の高岡インター周辺の「池田地区」を開発したと伝わり、「浅香年木氏」はこの池田氏が小矢部市今石動、高岡インター周辺、氷見市の池田地区等を広域に開発したと指摘されている。(※「赤丸浅井神社記録」、「石堤村史」、「寿永の内乱論序説」)

■「東大寺庄園杵名蛭庄図」を分析すると、この庄園の東に「荊原里 ウバラノサト」が在り、庄園図に記載される「速川」がその後「ソフ川」、現在は「祖父川」と変化しているが、この川の位置からこの「杵名蛭庄」は小矢部川が赤丸浅井神社前の山裾を流れていた頃の「高田島地区、立野地区」に比定される様だ。「杵名蛭庄図」には「石黒上里・石黒中里」等の記載が見られる。
(※この一部の高田島を所領としたのは石黒一族の高田孫兵衛であったと福光町の郷土史「吉江の昔と今」に記載されている。)
この「いばらの宮」は現在、高岡市和田地区に在る「延喜式内社荊波神社」と推定され、「延喜式神名帳」には「ウバラノヤブナミジンジャ」とフリカナが付けられている。



■この池田氏の所領で在ったと伝わる寺院等の施設を強制移転させて建てられたのが「瑞龍寺」である。この隣接地区は石黒一族の鴨島七郎の所領で現在も「高岡市鴨島町」として地名に残る。赤丸浅井神社の周辺に池田氏が居館を構えていたのは赤丸浅井城が石黒氏の居城であった事からこの池田氏も石黒氏の一族とも推定される。池田氏は蘇我氏、石黒氏と同じく武内宿弥を祖とする紀氏の末裔と言われている事から砺波郡には蘇我一族が広範囲に繁栄していた事が推定される。赤丸浅井神社の創建も「文武天皇」の妃の「石川刀自娘」(※イシカワノトジノイラツメ)を母とした「石川朝臣広成」(※イシカワアソンヒロナリ)であったと伝わる事から、この石川氏も蘇我氏であり、この池田氏は文武天皇の皇子で聖武天皇の弟の石川朝臣広成の家臣団であったとも考えられ、現在も赤丸浅井神社の神域には石川一族と赤丸浅井神社神官川人家の墓だけが遺されている。
(赤丸浅井城は古くはこの文武天皇の二位の宮石川朝臣広成が居城とされ、蘇我氏末裔の石黒氏が再建し居城としたと伝わる。→※「続日本紀」・「肯構泉達録」・「赤丸名勝誌」)

■「越中石黒系図」では「武内宿弥」を祖とする「蘇我氏同族」とする系図と、「藤原利仁将軍」を祖とする「藤原氏系図」が在り、元々、石黒庄の管理の為に下向した藤原氏が「利波臣」の後継と成り、「越中石黒氏」が「利波臣」の名跡を継いだともされる。






■高岡市の「瑞龍寺」の立地選定がどのようにこの地に決まったかは文書にも本当の所の記載は見られない。ただ、赤丸村の浅井城中山氏、五位庄領主で柴野城の寺嶋牛介、高岡守山城神保氏張は能登末森城の戦いで佐々成政に従って前田利家と戦った為、前田氏占領の時に「赤丸西円の百姓は高岡市和田の開発に強制移転させられ、寺院も分割移転させられた」とされる。(※「城端別院文書」富山県公立公文書館)
高岡市の瑞龍寺の敷地選定では、能登末森城の戦いで前田利家と戦った「赤丸浅井城城主中山直治」能登拠点の「浅井城」の周辺に居館を構えていた池田氏の所領や池田氏の関係寺院が狙い撃ちされたものと見られる。
(※この池田氏は藩政期に高岡市の四十九村に所払いになり、赤丸村の跡の財産は弟の五右衛門が全て引き継ぎ藩政期には赤丸地区の組合頭を勤めた。→「杉野家文書」高岡市福岡町民俗史料館蔵)
しかも、「元々赤丸村に在った総持寺」(※「総持寺観音像国宝概説」)の山号の「高岡山」は取り上げられて、瑞龍寺は「高岡山瑞龍寺」となり、総持寺は「衆徳山総持寺」と改名させられている。(※「富山県大百科辞典」富山新聞社)

その時、瑞龍寺の住職は倶利伽羅不動寺と兼務になり、加賀藩の思いのままに占領政策が行われた様だ。 倶利伽羅不動寺の住職は「能登末森城の戦い」で秘かに前田軍に佐々軍の動静を知らせて前田家に味方したと云う。しかし、この栄華を誇った瑞龍寺も幕末の動乱の中で、「明治3年加賀藩からの寺録を廃止され、同時に前田家からは一切従前の関係を絶ちしとの通告有り。」と史料「高岡山瑞龍寺」(大正二年刊)は伝える。その為「壁破れ、屋根漏るもこれを修繕する能ず、やむを得ず境内の樹木を悉く伐採し、材木を売りその土地も拓き(売却して)凌いだ。」更に「石燈籠、禅堂の石畳、大庫裏の向拜(入口門)迄売却した。」と云う。現在も多くの朽ちた多くの石塔が瑞龍寺境内に散乱している。この状態は明治42年に旧国宝に指定される迄約40年間も続いたと云う。


■「東大寺庄園杵名蛭村墾田図」に見られる「荊原里」


■「実際の河川等に拠って推定される杵名蛭庄の位置」










■赤丸浅井神社神域に遺る石川一族と赤丸浅井神社神官川人家だけの墓





🔴『越中吉岡庄』から『越中五位庄』へ!! ⇒「延喜式内社 郷社 赤丸浅井神社」に伝わる由緒と「越中吉岡庄」の範囲。

2018-08-19 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸





■『五位庄』


■『吉岡庄』
平成26年、国立歴史民俗博物館は「越中吉岡庄」を確定してデーターベースに記載した。


■『五十嵐篤好』の『郷庄考』⇒「吉岡庄」・「五位庄」等の記載









●「越中吉岡庄」と「越中五位庄」

「越中吉岡庄」は、東京大学資料編纂書のデーターベースにも「新川郡」と註釈が附けられ、学者の論文にも「富山市吉岡村」とされて、高岡市立野の著名な国文学者「五十嵐篤好」は「吉岡庄は何処か分からないが、五位庄馬場村に吉岡谷と言う場所が在る」としていた。「富山県史」等でも「吉岡庄は福岡町馬場村周辺が考えられる」とし、その所在地は誰もが明示してこなかった。
しかし、赤丸浅井神社に伝わった資料や吉岡庄の歴史的な経過、「馬場村に西砦、東砦の遺構が在る」とする高岡徹氏の論文等の様々な資料に拠ると、この「吉岡庄」は「郷社赤丸浅井神社」に伝わる「由緒」の記載から、「越中吉岡庄」は延喜式内社で在る「赤丸浅井神社」の神域とされた「国吉郷24ケ村、小矢部市宮島郷2ケ村を含む53ケ村」と云う記載や「浅井神社48坊、7の社」の中に「上加茂社、下加茂社」が在り、「三社権現赤丸浅井神社」の摂社の「舞谷八幡宮」に合祀されている「下加茂社」の跡地が現在も「加茂宮」と呼ばれ、「舞谷」と言う地名がこの「下加茂社に奉納された舞を踊った『舞屋』から来ている」とする伝承等から、国立歴史民俗博物館のデーターベースに記載の訂正を依頼した。博物館は「吉岡庄が京都上賀茂神社、下鴨神社の庄園になった事が在り、富山県史等の記載も検討した上で福岡町馬場村を含む地域を吉岡庄と確定し、庄園データーベースを訂正した」と平成26年に回答して来た。その上で、「五位庄」となった時期についても異論が在り、加賀藩資料の「宝永誌」には「後醍醐天皇皇子宗良親王が赤丸浅井城に在城の時に五位庄と改名された。」とする記載や、塙保己一編纂の「花栄三代記」の「桃井直常の五位庄の戦い」の記載、「東寺百合文書」に「おいの庄」や「五位庄」と在る事等を検討して、五位庄は南北朝時代の後期に五位庄になったと推定される事から、『「おいの庄」は「五位庄」の事』と確定して、国立歴史民俗博物館は『五位庄』のデーターベース記載内容を修正した。各地域の郷土史家の中には我田引水的に「富山市吉岡村」としている人もいるが、「吾妻鏡」の「吉岡成佐の不法の記事」や吉岡村には「吉岡谷」が無い事、室町時代には「富山市吉岡村」は足利義満の近習を勤めた「蜷川新右衛門」の蜷川氏が治めた「蜷川郷」で在った事から、「越中吉岡庄」は富山市では無かったと云う事が明確だ。

●「五位庄」の範囲

「五位庄」は、南北朝時代まで「越中吉岡庄」と呼ばれていた。「赤丸浅井神社」は「五位庄総社」とされ、その中核の神社で在った。五位庄は広大な範囲で有り、加賀藩士富田景周が書き記したと伝わる「加越能三州地理志稿」に拠れば、江戸時代の「五位庄」は「四日市、柴野、十日市、江道、境、山川、廣谷、勝木原、澤川、淵ケ谷、田名原、小野、六郎谷、花野(花尾)、栃谷、上栃谷、西明寺、上向田(鍛冶町・田ノ子・上野)、下向田、土屋、山岸、鳥倉、西、高畠、加茂、馬場、三日市(荒田町・大野島・大野)、赤丸(谷内・次兵衛島)、舞谷、石堤(谷内・六日市)、麻生谷、東石堤、渡、内島(池田・新屋敷)、蜂やケ島、大源寺、福田六家、六家、樋詰、柴野内島、立野町、中保、駒方、駒方新、小竹、下開発、上開発、今市、宮野腰、三ケ、後正寺、須田、壹歩貮歩(二歩)、下老子、笹川(荒又・出来野)、高田島(荒又・出来野)、福岡、四十萬、稗島、下蓑、荒屋敷、土田新、以上 五十七村属五位庄」が五位庄で在ったとされる。


●「浅井神社由緒」【富山県立公文書館「皆月家文書」】

富山県越中国礪波郡赤丸村字古屋五千三百二十四番       
延喜式内 浅 井 神 社 
一 祭神 高皇産靈命
  一 由緒 本社ハ元正帝ノ御宇養老元年皇子二ノ宮 元正帝ハ女帝ニシテ御子在サス 先帝ノ御子ナルカ又計 當國ヘ御下向淺井ニ御在城 城址ハ神社ノ巽位ニアリ古人古ヨリ北辺ノ山地ヲ總称シテ淺井谷ト云フ三州志古墟考ニ曰ク淺井トハ淺井神社アレハナリト 之砌郡村へ令シテ材石ヲ募リ宏壯ノ社殿ヲ創建シ玉ヒ越ノ大社トナシ又清水加茂山王等ノ數社ヲ欇祀シ此數社現今本村及隣村ニアリ 別當數十僧ヲ置キ祭祀ヲ司トラシメ玉フ 當時數十坊ヲ総偁シテ川人山鞍馬寺ト云フ内大坊ナリ 寺跡城址ノ梵字寺谷内ニ存ス 即チ延喜式神名牒等ニ越中国利波郡鎮座淺井神社トアルハ是ナリ而シテ上古世々ノ帝ヨリ神位ヲ授ケラレ時々奉幣使ヲ立玉ヘキ文徳實録等ニ見ユ 中古武門強盛神事随テ衰フト雖モ而モ國主地頭ノ尊崇厚ク許多ノ社領ヲモ寄附ナリタリ然ルニ天正中上杉謙信淺井城攻ノ時 淺井城ハ二宮ノ在セラレシ城址ニシテ當時中山治部佐衛門尉國松居城セシナリ 及豊臣秀吉佐々成政征討ノ際両度放火ヲ蒙リ社殿堂宇記録縁起等悉皆焼失社僧各処ニ散逸シ本社ノ衰頽實ニ此ニ至リテ極レリ 然ルニ數十坊ノ中唯一坊ノ存セルアリ 是即チ現今社家ノ先祖ナリ 再ヒ社殿ヲ造営シ僅カニ祭式ヲ執行シ來リシカ尚往昔ノ社格全廃ニ至ラス領主前田氏累世崇奉不残時々幣帛ヲ捧ケラレシ砺波北郡ノ総社ト尊崇アラセラル特ニ大納言利長卿ノ時神社維持ノ為メ近郷五十三箇村 旧五位庄廿五ケ村國吉郷廿六ケ村宮島郷二ケ村 各戸ヨリ毎年玄米壱升宛取立ヘリ㫖(※旨)裁許アリ社人永続仕來シモ明治元年之ヲ被廃候ニ付氏子并信徒等協議ノ末金七百余圓ヲ積シ以テ該社維持金ニ充テタリ然ル處尚々今明治二十年三月金四百圓余リ積シ益々神社維持ノ方法ヲ鞏固ニセリ
  明治六年全國神社改変ノ際旧新川県ヨリ村社格ヘ列ス
  明治十四年六月旧石川県ヨリ郷社ニ列セラル
  明治二十年七月縣社加列之義出願
一 本社間數 前口九尺   奥行七尺五寸
一 幣殿間數 前口四間中央ヨリ二間   奥行三間
一 拝殿間數 前口三間半   奥行三間
一 社務所  前口三間    奥行三間
一 境内坪數 九百七十五坪   地種官有地第壱種 
一 氏子戸數 弐百四十八戸
一 信徒人數 壱万五千八百廿八人  
一 富山懸廰迄 距離程八里       以上 
                            礪波郡赤丸村郷社浅井神社祠掌 訓導 川人久良麿
明治廿年七月  (祠掌 = 明治時代神祇省郷社三等)(訓導=教諭)

●『郷庄考』の著者「五十嵐篤好の墓」は高岡市立東五位小学校の入口に在る。



📚📜 「越中吉岡庄」に関わった二人の「藤原氏」⇒「藤原摂関家 藤原頼長」・「越中吉岡庄地頭 相良頼俊」の系譜!!

2018-08-19 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸







●「藤原氏」に就いては、文武天皇の時に勅令が出され「藤原不比等の子孫だけが藤原を名乗り、中臣鎌足の子孫の系統は元の中臣に戻り神事に奉仕せよ」と命じられた。従って、この後の「藤原氏」は全て「藤原不比等」の末裔になる。
「大鏡」によると、「藤原不比等」は実際は「天智天皇」の子供で在り、天智天皇が愛妾を中臣鎌足に与えた時に既に母の胎内に居たが、「男子なら鎌足の子供とせよ」との天智天皇の意思で、藤原を賜姓された中臣鎌足が子供として育てたのだと云う。





■「越中吉岡庄」は古くは「藤原道長」の子孫の「左大臣 藤原頼長」が庄園としていたが、「保元の乱」で敗れて「後白河上皇」の庄園と成り、「後白河上皇」は自らが創建した「蓮華王院」に「吉岡庄」を寄進された。

















■「越中吉岡庄」には当初、「成佐」と言う地頭が「源頼朝」によって配置されたが、「後白河上皇」から不法を告げられて解任されている。(※「吾妻鏡」)
この後に誰が地頭として配置されたかは不明だが、「後白河上皇」の「後院領」は「後院庁」の「後院司」が全ての政務を執るのが通常で在り、守護も立ち入れない庄園で在った事から、「源義経探索」を名目に強引に頼朝が地頭を配置した吉岡庄も、この後には地頭は配置されなかった可能性が在る。しかし、その後「後鳥羽上皇」が庄園領主と成ったものの、鎌倉幕府と対立して「承久の乱」を惹き起こし、敗れて隠岐島に流罪に成った。この後、庄園は一旦、幕府の治める所と成ったが、その後、返還されたものの、幕府の力が強く成り、鎌倉時代には藤原南家の系統の「相良頼俊」が地頭に任命されている。(※「東大寺文書」、「鎌倉遺文」)








■「越中吉岡庄地頭沙弥迎蓮(※「相良頼俊」)」の系譜
⇒藤原南家から出た「相良氏」は現在の静岡県に在った「相良郷」を発祥として、「源頼朝」の旗揚げに従い、北条時政の後妻「牧の方」が、頼朝の腹臣で在った「畠山重忠」を謀叛人と称して追討した時に、相良長頼は畠山重忠との戦いで戦功を上げ、更に後鳥羽上皇が起こされた「承久の乱」でも鎌倉幕府側で戦功を上げて、肥後人吉庄を初め、全国的に庄園を広げた。その後、「相良頼俊(迎蓮)」は「元寇」の時にも果敢に戦い戦功を挙げて各地に所領を得たと云う。「迎蓮」は「東大寺庄園美濃茜部庄」の地頭代や「越中吉岡庄」を初め、遠州他の全国の「蓮華王院領(三十三間堂)」の庄園を管理すると共に鎌倉周辺にも知行地を得ていた。
(※「相良家文書」慶応大学)
(※「相良家」は徳川時代迄続き「肥後人吉藩」として続いた。)
▼【相良氏】藤原不比等⇒工藤氏(※木工介)⇒遠藤氏、相良氏(※遠州の相良郷に住み遠藤、相良を名乗る)⇒相良氏



















▼静岡県(遠江国)榛原郡相良郷を発祥、領地とし 、熊本県(肥後国)球磨郡人吉庄(※蓮華王院領、八条院領、皇室領、得宗家領)を本貫地とした藤原南家の「相良(迎蓮)頼俊」は元寇の時に活躍し、承久の乱では幕府側に付いて戦った。相良氏4代目の相良頼俊は出家して「迎蓮」と号して東大寺領の「美濃国茜部庄」、蓮華王院領の「越中国吉岡庄」の地頭に成り、伊勢神宮の役夫工役米の免除を受けていた事が「鎌倉遺文23巻」の「東大寺文書」(正応3年、1290年) に遺されている。
(※相良氏は蓮華王院領34庄の中で各所の地頭に就任しており、歴代が出家している。相良氏の出身地の「遠江国相良庄」、相良氏が知行されて徳川時代迄相良領と成っていた「肥後国人吉庄」、後白河上皇以来蓮華王院に寄進されていた「越中吉岡庄」は相良氏が地頭を勤めていた。
▼「鎌倉遺文23巻」【東大寺文書】[東京大学資料編纂所発行]には美濃茜部庄地頭沙弥迎蓮について[伴頼廣]と註記しているがこれは[相良迎蓮]の誤りと見られ、又、[吉岡庄]部分に註記している[新川郡]は[利波郡]の誤り。(※「日本庄園データーベース」国立歴史民俗博物館)


🔴 「越中吉岡庄」→「越中五位庄」の古城『赤丸浅井城』!!

2018-08-19 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
◎「浅井城跡」; 赤丸村に在り。孝霊天皇の第三皇子彦刺方別命の五世孫某砺波臣の姓を賜り(古事記)その後裔累世此地方を領して此処に居舘せり⇒「利波臣」は奈良時代に郡司を務めた越中の豪族で有り、「石黒系図」ではその名跡を継いだのは「越中石黒氏」で在り、「花園天皇の頃から石黒光弘の後裔此地に住し延元中石黒次郎光景此地に城を築きて南朝の為に謀りし事あり興国三年宗良親王を奉迎せり。」とされる。(※「富山県西礪波郡紀要」砺波郡役所発行)










🔘「義経記」の「二位の渡し」と『越中吉岡庄』のルーツ? ⇒『吉岡庄地頭吉岡成佐』は【越中蜷川氏】なのか?

2018-08-19 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

後白河上皇の後院領「越中吉岡庄」と、越中の利波郡・新川郡を統治した射水郡太田保 蜷川郷の「蜷川氏」の居城「蜷川館」






「越中蜷川郷」






■赤丸村の「川人山鞍馬寺」、「浅井神社」で「藤原直家」が父の法要を営んだ時に、後の蜷川「最勝寺」の住職に成った臨済宗の『亀阜豊寿』が香語を読んだ事が越中神保氏一族の僧の「東海宗洋」の記録に遺されている。この僧は後に曹洞宗の能登総持寺の住職に成っている。⇒(※「富山県史 中世」)


■「越中蜷川氏」と古代豪族ー京都山科の「宮道氏」
【今昔物語集】巻22第7話 「高藤内大臣語」が載っている。
「今昔、………………『高藤』と申す人御けり。幼く御ける時より鷹をなむ好み給ける。父の内舎人も鷹を好み給ひければ、此の君も伝へて好み給なるべし。而る間、年十五六歳許の程に、九月の比、此の君鷹狩に出給ひにけり。南山階と云ふ所の諸の山の程を仕ひ行(アル)き給けるに、申時許に俄に掻暗がりて、しぐれ降り多きに風吹き雷電霹靂しければ、共の者共も各(オノオノ)の馳散て行き分れて雨宿をせむと皆向たる方に行ぬ。
……………………」


この「藤原高藤」と云う人物は、狩りに出て、突然の雨に雨宿りを請うた家の娘と一夜を共にする。この家は山科の大領「宮道氏」の家で在った。
この宮道氏は「越中蜷川氏」の先祖に当たり、この時に結ばれたのは山科大領「宮道弥益 ミヤジノイヤマス」の娘の「宮道列子 レッシ」で在り、この娘が藤原高藤に嫁いで生まれた子供は「胤子 インシ」と云い、やがて「宇多天皇」に嫁いで「醍醐天皇」を産む。昌泰3年(900年)に「藤原高藤」は内大臣と成り、この時の右大臣は「菅原道真」で在った。




■この「宮道氏」は、やがて越中に下り一時期は「太田」と名乗り、後に「蜷川氏」を名乗る。旧富山藩の範囲を占めたとされる「太田保」はこの「太田氏」から名付けられたと見られる。
この家系からは後に「足利義満の母の月海夫人」を輩出したと蜷川家には伝わっている。源氏の頭梁足利義満は天皇家の血筋を引くとして後には「日本国王」を名乗る。その母とされる「月海夫人」は「善法寺通清の娘」とされ、「紀良子」とされる。
「蜷川氏」は「蜷川郷」の「蜷川舘」(現在の最勝寺の地域)を居城としたが、この「蜷川郷」には「吉岡」と言う地名が在り、この「吉岡」からこの射水郡蜷川郷吉岡を近年迄「越中吉岡庄」として学会では指摘する方が多かった。「越中吉岡庄」は、白河天皇の時に「上賀茂神社の庄園」に成り、南北朝末期には「下鴨神社の庄園」になっている事から、平成26年に国立歴史民俗博物館では「富山市吉岡には上加茂・下加茂社の痕跡が無い事から、この越中吉岡庄は高岡市福岡町に在ったとされている吉岡地域が越中吉岡庄である。」と確定して、「庄園データーベース」を訂正して登録している。調べると「吉岡」と云う地名は全国に在り、その由来を確定するのは困難だが、この蜷川氏が室町時代に統治をしていたと言う砺波郡(福岡町赤丸)には「吉岡谷」と云う地名が在り、「吾妻鏡」には「吉岡庄の地頭成佐が集めた年貢を納めない」として庄園の領主の後白河上皇から源頼朝に苦情が在ったと記載されている。その為にこの「成佐」は頼朝によって吉岡庄の地頭を辞めさせられたとされる。この「成佐」がどう云う人物なのかははっきりしていない。

■「蜷川の郷土史」と云う富山市蜷川村の古い郷土史には、驚く様な記事が在る。
この地域史に投稿されている京都在住の蜷川氏が全国の蜷川氏について調査している時に、北九州市八幡の東谷に「蜷川」と云う姓が七軒在り、その総本家は「吉岡」と名乗っていたと云う。この「吉岡家」は戦国時代に蜷川兵庫守と云う人物が戦いに破れてこの地にたどり着いたとされ、「その時に剣の手法が吉岡一味斉に類する」として「吉岡」と名乗ったと云い、「吉岡家は蜷川の本家也」と由緒に伝えていると云う。この伝承だけで無く、越中太田保にも「吉岡」と言う地名が在り、元々、この蜷川一族は「吉岡」と名乗った時期が在ったものと見られる。「蜷川の郷土史」には「蜷川の本家は吉岡」と記載される。京都に足利将軍家の剣術指南役「吉岡」と言う剣の道場が在り、「宮本武蔵」と戦ったのは有名だが、「蜷川一族」も京都の山科を発祥とする「宮道氏」の子孫に当たり、京都でこの吉岡氏とも様々な関係が在ったものと考えられる。
京都山科に在った「宮道氏」は、鎌倉時代に「宮道親直」が源頼朝に仕えて伊豆での挙兵の時に戦功が在り、越中国蜷川庄を拝領して越中にやって来て、始めに「太田」を名乗った事が「吾妻鏡」に見えると云う。又、「蜷川系図」に見られる「新川・利波二郡を領する」と言うのはこの初代「宮道親直」の時で在り、頼朝から与えられた所領が新川郡太田保と利波郡吉岡庄で在ったとすると、前後の話しがピッタリと合う。従って、「吾妻鏡」に見える「吉岡庄地頭の成佐」は、「宮道氏」の事で在り、「吉岡谷」に居館を構えた事から通称「吉岡谷の成佐」と呼ばれたのではないかと思われる。又、その一族が住んだ太田保の地域を「吉岡」と呼んだのかも知れない。何れにしろ、「吉岡」は京都に所縁のある名前であり、京都の山科を本拠にしていた「宮道氏」の一部が京都を懐かしんで所領を「吉岡庄」と名付けていた可能性は大きい。蜷川氏の一部が「吉岡」を名乗り、その住んだ地域を「吉岡」と名付けていたとすれば、先ず、「蜷川氏」=「吉岡氏」と考えて間違いでは無いだろう。





■「越中吉岡庄」について、「山野川湊の中世史」(※久保尚文著)には、寛治四年に「賀茂御祖皇太神宮」に「白河院政」が庄園を寄進した時に【富山市の「新保御厨」と「越中吉岡庄」が賀茂社の庄園になった】と記され、「庄園データーベース」にも「吉良庄」として記載されるが、これは学界では「吉岡庄」の事だとされている。この記録は、「賀茂御祖皇太神宮神戸記 巻7」に記載されている。







■一方、東京大学資料編纂所の大日本資料データーベースに掲載されている「吉岡」と言う地名を検索すると、全国の「吉岡」と言う地名は「賀茂神社」と「鞍馬寺」にも所縁が強い事が分かる。曾て、「越中吉岡庄」の「延喜式内社赤丸浅井神社」のすぐ前には京都の「鞍馬寺」を勘請したと伝わる「川人山鞍馬寺」が在り、又、「赤丸浅井神社」の摂社として福岡町加茂村の超願寺の位置に「上加茂社」が在り、現在は近くの鳥倉神社に合祀されている。更に、室町幕府の将軍家剣法指南役の吉岡一門はその祖を「源義経」に剣法を教えた「吉岡鬼一法眼」と言う人物で在り、「吉岡剣法」はその弟子の京八流の一つの「源義経」を祖としていると云う。「源義経」は幼少の時に「鞍馬寺」に預けられ、鬼一法眼に剣法を習ったと云う。賀茂神社は京都では鞍馬寺の近くに有り、「鞍馬寺」は「東寺の建設責任者」であった「藤原伊勢人」が賀茂御祖神社に近い貴船神社の神の御信託で建立したとされて、賀茂神社、鞍馬寺、貴船神社の一帯への朝廷、公卿の信仰は密接で在った。
ところが、「義経記」では、「五位庄」(当時は吉岡庄)の「川人山鞍馬寺」、「赤丸浅井神社前」の「二位の渡し」の舟に乗ろうとした時に「勧進帳」で有名な「弁慶」が「義経」を打擲する事件が起きている。
兄の「源頼朝」が義経探索を名目に配置した地頭の「吉岡成佐」は年貢を納めないとして「後白河上皇」から罷免する様に迫られ、遂には交替させられた。
(※「吾妻鏡」⇒東京大学データーベース一覧表の一番上)

「義経記」では、奇しくも、吉岡流剣法の伝承者の「源義経」が「吉岡成佐」が地頭をしていた「越中吉岡庄」を通過している。こう見て来ると、「義経記」に登場する関守は「富樫」では無く、この「吉岡庄地頭の成佐」だったのではないか? 南北朝時代末期には、「足利義満」の家臣の「越中蜷川氏」が「利波郡、新川郡」を所領とした(※「蜷川の郷土史」)とされるが、この蜷川氏が「吉岡」を名乗っていた事や、「足利義満」の母の「紀良子」の先祖が越中蜷川氏の末裔で在った事、吉岡一門が足利将軍家の剣法指南役に成っている事、越中蜷川氏は源頼朝に従って戦功を上げたと伝わる事等から、「吉岡成佐」は「蜷川成佐」では無かったかと思われる。「義経記」に「守護の舘が近ければそうやすやすとは通せない」と言っているが、この「義経記」が誕生したのは室町時代とされる事から、正に越中利波郡を室町時代に統治したのは「蜷川氏」で在った。室町幕府では桓武平家の伊勢氏が「政所」を勤め、その縁者でもあり、足利家の縁者でも在った「蜷川氏」はその伊勢氏の下で「政所代」を勤めて、越中統治の実務を担当していた。室町幕府第三代将軍足利義満が「五位庄」を室の追善料として「相国寺」に寄進したのも足利幕府と五位庄の関係の深さを感じさせる。
(※その後、足利義持は五位庄の半分を等持院に寄進しており、資料からはその後も長く足利家菩提寺の等持寺、等持院の庄園として続いている。→※「蔭凉軒日録」)
「蜷川家文書」に拠ると、蜷川氏は越中神保氏を代官として使ったが、言うことを聞かなかったとして解任した文書が遺されている。従って、「平権の守」は伊勢平家の伊勢氏配下の「蜷川氏」を指していると見られる。⇒(※「蜷川氏」は物部氏の末裔)

こうして推察すると、「蜷川(吉岡)氏」と「源義経」の関係は義経が吉岡剣法の師で在ったから、「平権の守」が義経と分かっていて見逃した事情も分かる。又、この「二位の渡し」の背後には「浅井城」(五位の城)と言う古城が在ったから、このセリフの意味も通じて来る。
当時は「越中吉岡庄」は「後白河上皇」の「後院領」と呼ばれた庄園で在り、義経は上皇の意を受けて動いた為に兄の頼朝から追討され、義経の弟子の吉岡一門がその関所を守っていたとすれば、全ての登場人物は繋がって来る。





■「赤丸浅井神社」の拝殿には、「源義経」と「弁慶」を描いた巨大な絵が二枚掛けられている。

・「延喜式内社赤丸浅井神社」は、皇室八神の主祭神「高皇産霊神タカミクブスナノカミ」を祭神としており、この神は皇室を守護した「大伴氏」の祖先神に当たる。この神社には「元正天皇二宮が中興された」と伝わり、「越州川人山三社記」には「元正天皇二宮の御創建」とされる。この「二宮」は文武天皇の第二皇子「石川朝臣広成」に該当する。(※万葉集に三首掲載)

浅井神社前には小矢部川と庄川が合流して広大な「阿光ケ淵」(「悪王ケ淵」・「阿古淵」・「吾子ケ淵」)となっており、この淵に在った「二位の渡し」から義経主従は「六渡寺舟下り」(如意の渡し)と言う川下りルートで小矢部川河口迄下って行った。
(※「二位の渡し」は浅井神社の創建が「元正天皇の二位の宮」とされる事に由来。「元正天皇」は親代わりに成った文武天皇の子供の「聖武天皇」について「吾子アコ→我が子」と宣命で延べている事から、聖武天皇の弟の「石川朝臣広成」の事も「吾子」と呼ばれた様だ。その名残が「吾子淵」になり、「阿光ケ淵」に転じたものと見られる。⇒【続日本紀】・【浅井神社三社記】)












■【越中蜷川氏資料】
「越中五位庄」を「相国寺」に寄進した「足利義満」は近臣の「蜷川氏」に利波郡の統治を任せていたと云う。(※「蜷川の郷土史」)⇒富山市蜷川村








■「蜷川家文書」







■「蔭凉軒日録」











🔴🔴『延喜式内社赤丸浅井神社』の由緒と歴史 ⇒朝廷と密接な『赤丸浅井神社』の歴史!!

2018-08-18 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
●「延喜式内社赤丸浅井神社」は何故【浅井】なのか?







■神道研究者の『度合延経』は【神名帳考証】で『浅井神社は浅井の神在ればなり』として、この神社は元々、滋賀県の琵琶湖に祀られた古代浅井郷の浅井一族の信仰で在った事を示唆している。『赤丸浅井神社由緒』では『第五代考昭天皇の時に創建され、後に元正天皇の二宮が浅井城に在城された時に再建された。』事を伝えている。
古老の説に拠れば、当初、創建時には『小矢部川と庄川の合流地点の阿光ケ淵』と言う広大な水郷地帯に面した『浅井谷』の出口に二本の柱を立て、原始的な女性のシンボルを想定して自然を神とする神社が創建され、その後に『浅井神社由緒』に登場する『近江浅井の神』で水神である『八河江比売 ヤガワエヒメ』が祀られ、更に、聖武天皇の母代わりをされた元正天皇の二宮『石川朝臣広成』が朝廷の最高神の『高皇産霊神 タカミウブスナノカミ』(※高木神)を祀られたとされる。
従って、この『赤丸浅井神社』の『浅井』とは、浅井神社の創建に携わったとされる『行基』が、琵琶湖に『八河江比売』を祀った浅井郷の『矢合神社』の祭神を勘請して、その後、『大伴家持』が越中国司として赴任してきた時代に、大伴氏の祖先神であり、朝廷の最高神とされた『高皇産霊神』が祀られたと見られる。『矢合神社』はその名の通り、戦闘開始の神でも在り、朝廷を守る武人の一族の大伴氏の信仰にも繋がっていたものだろうか? 『石川朝臣広成』も『大伴家持』も若い頃には「恭仁京」に赴任して『内舎人』と言う役職に在った事が「万葉集」の解説等から判る。「万葉集」には「石川朝臣広成」の歌が三首掲載されている。











■度会延経(ワタライノブツネ)[1657年~1714年] 江戸時代前期-中期の神職。
明暦3年10月17日生まれ。度会延佳(ワタライノブヨシ)の次男で、兄延昌の死で父の跡を継ぎ,寛文2年伊勢神宮外宮の権禰宜(ゴンノネギ)となる。精緻な考証で知られ,門人に松木智彦(マツキトモヒコ),吉見幸和(ヨシミユキカズ)。正徳4年8月21日死去。58歳。家名は出口。通称は権太夫,帯刀。号は講古堂。著作に「二所皇太神宮神名略記」など。[朝日デジタルより]


🔴🎌「延喜式内社赤丸浅井神社」の祭神⇒「八河江比賈神」・「高皇産霊神」・「天照皇大神」!!

2018-08-09 | 富山県高岡市福岡町赤丸村


■「延喜式内社赤丸浅井神社」には、現在は多くの祭神を祀っているが、富山県神社庁の「富山県神社誌」では「社伝では孝昭天皇の御宇、祖神「八河江比賣神」を水害の鎮防、用水の豊富を祈って祀ったとあるが、清水山の麓、飲用水と灌漑水の守護神として、山体そのものを浅井の神と崇め、祖神に出雲系の神である「八河江比賣神」を配したと思われる。養老元年二ノ宮(※元正天皇の二宮石川朝臣広成⇒実は文武天皇の二宮)が社殿を御造営、初穂の主史を置かれた。「行基」・「泰澄」が相前後して境内に草庵を結んで奉仕し、神仏混交、本地垂迹説も導入された。古事記によれば「八河江比賣神」の本名は「葦那陀迦神」であるということからサンスクリット語の意味から武神の「毘沙門天」が配され、その垂迹神として「高皇産霊神」が祭神に見えてくるようになった。」と記載されている。「葦那陀迦神」は近江では、近江浅井(東浅井郡虎姫町中野)の矢合神社にも祀られている。矢合神社の由緒書にも「水辺を司る」と出ている。
【「葦那陀迦神」(アシナダカノカミ)は、日本神話に登場する女神で、古事記では「大国主命」の孫の「国忍富神」の妻として登場する。亦の名を「八河江比売」という。「葦な高」は葦の丈が高い様を表し、「邪気払いの力を持つ葦が繁栄する事」を意味し、「国力の繁栄を象徴する」と云う。
近江国の「矢川神社」では『諸芸上達・諸願成就の神』とされ、「矢合神社」では『葦が生じ易い水辺を司る神』とされる。

■「延喜式内社赤丸浅井神社」の開基は「行基」とされ、その後「泰澄」が山岳修験道を導入し、一三〇〇年代に後醍醐天皇の二宮(八番目の皇子として八宮とも云う)「宗良親王」が仏閣の造営をされたと思われる。
(金沢・高岡の極楽寺、氷見市南大町の西念寺等も宗良親王の開基と伝える)
「泰澄」は越前の出身で、白山を開いたと云われ、白山から福光、小矢部、赤丸、石動山の西山一帯には泰澄伝説が残っている。「泰澄」は「元正天皇」の為に祈祷したとも伝わり、『延喜式神名帳』には「浅井神社 越中国砺波郡鎮座 【由緒】養老元年(七一七年)【社殿】本殿流造、幣殿・拝殿」と有る。江戸時代は五位庄五十三村総社「川人権現」・「三社権現」と称していた 。「富山県西砺波郡紀要」には「往昔、本堂、講堂、護摩堂、神輿堂、等所謂七堂伽藍の構造にて東坊、玉蔵坊、観念坊、寶仙坊、宥坎坊、玄皆坊、寶池坊、の七坊有り。総称して川人山鞍馬寺とせり。社頭に掲ぐる額面は旧加越能三州の太守前田齊恭(加賀藩十三代藩主)の染筆に係る。」と記載され、最盛期には浅井神社48坊として48の寺院が周辺に集積していたと伝わる。更に「富山県神社誌」では「当初は四十八坊有ったが、南朝の衰退により七坊になり、天正八年社殿寺坊烏有に帰し、七坊も亦四散し、東坊ひとり焼跡に草社を結び奉仕を続けた。明治維新後、知識引は停止、神仏分離で東坊は復飾、社格制定に際して村社に列せられたが明治十四年郷社に昇格。明治三十二年末社十三社を合祀した。」とも記載されている。赤丸の浅井神社周辺に在ったという寺院(花尾含む)としては、総持寺、極楽寺、西大寺、聖安寺、性宗寺(浄光寺)、長善寺、宗泉寺(明見寺)、長安寺、善宗寺、法筵寺、天景寺、長光寺、西宝院(東坊)、永賢寺、超願寺等が有り、又、加賀藩の富田景周は「三州誌故墟考」で「元正帝養老元年同帝ノ二宮御下向此ニ在城シ川人山鞍馬寺ヲ建立ス 加茂 山王 八幡ノ三社ヲ勸請シ別ニ又毘沙門天ノ一社ヲ安置アリ 今ノ赤丸ノ鞍馬寺即チ其旧地ト云フ」と記載しており、「川人山三社記」では「熊野社を十一面大士とし、八幡、清水、加茂、山王、天王の六社の御勸請」としている。更に加茂社は上加茂社と下加茂社の2社が勧請され、赤丸浅井神社では宗良親王が詠まれ、著作の「李花集」に掲載の「かぞふれば七とせもへぬ頼みこし ななの社のかけをはなれて」の歌は赤丸に親王が滞在された時の歌としている。赤丸浅井神社は当初は小矢部川が赤丸浅井神社の前で庄川と合流していた為、水神の「八河江比賣神」を祭神としたが、空海の思想を受けた「両部神道」が浸透するにつれ熊野信仰が浸透したものとみられる。
◆熊野御前三神殿の神仏は、
・天之御中主神 伊勢 (大日如来)
・高皇産靈神 住吉 (聖観音)
・神皇産靈神  出雲 (阿弥陀如来)
だが、本地垂迹説による熊野十二所権現の神名と仏・菩薩は
(三所権現)
イザナミ命(千手観音)
イザナギ命(薬師如来)
クニトコタチ命(阿弥陀如来)
(五所王子)
アマテラス大神(十一面観音)
アメノオシホミミ命(地蔵菩薩)
ニニギ命(竜樹菩薩)
ヒコホホデミ命(如意輪観音)
ウガヤフキアエズ命(聖観音)
(四所明神)
クニサツチ命(普賢菩薩)①トヨクムヌ命(文殊菩薩)②の何れかが選ばれる。
ウイジニ命(釈迦如来)
オオトノジ命(不動明王)
オモダル命(毘沙門天)
と多くなり、更に白山信仰では、白山三社権現として ・御前峰 本地仏 十一面観音・別山 聖観音・大汝峰 阿弥陀如来 と増える。又、高岡の二上山には瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を祀るが、瓊瓊杵は大山祇神(オオヤマツミノカミ)の娘の豊吾田津姫(木花咲耶姫)を娶った神で有り、大山祇も木花咲耶姫も浅井神社に祀られており、二上神は雄神で浅井神は女神という関係で同時期に行基により開基されたものか?
二上射水神社と赤丸浅井神社の双方に毘沙門天を祀る別当寺も在った。現在の赤丸浅井神社には赤丸村の神社が合祀されて以下の神々を祀っている。

●浅井神社管理の宮
・愛宕社 赤丸村古谷五四〇二(古村)
祭神 軻愚突智命
・清水社 赤丸村古谷五三六三(古村)
祭神 大巳貴命    清水山鎮座
●浅井神社に合祀されている神
(明治四十二年合祀)
・神明社 向野新村字石名田八一八番
     赤丸村焼田六七一四(鞍馬寺)
祭神 天照大御神
・八幡社 赤丸村砂田六二九〇(鞍馬寺)
祭神 誉田別尊
・熊野社 赤丸村古谷五〇三一(古村)
祭神 伊弉諾命
・天満社 赤丸村子吉三八七三(古村)
祭神 菅原道真
・諏訪社 赤丸村縄田二五一七(川原)
     赤丸村草安五七五三(鞍馬寺)
 祭神 健御名方命
・庚能社 赤丸村焼田六六一九(鞍馬寺)
祭神 金山彦命
・庚能社 赤丸村古谷五二七五(古村)
祭神 金山媛命
・日吉社 赤丸村勝負田一四五四(古村)
     赤丸村山王四三九八(古村)
祭神 大山咋命
・富士社 赤丸村山王四五〇六(古村)
 祭神 木花咲夜比売命
・白山社 赤丸村古谷四八三八(古村)
祭神 白山媛命

■『延喜式内社赤丸浅井神社』に祀られる「八河江比賈神」と共に祭神とする「高皇産霊神」は、皇室八神の中の主要な神であり、大伴氏の氏神でもある。熊野信仰と併せて越中には大伴家持等の大伴氏の所在が確認され、その一族の佐伯氏が立山を開き、今も富山県には大伴氏や佐伯氏が多く残る事から、赤丸浅井神社には国守の大伴氏の神を祀った可能性も有る。「高皇産霊神」は天界から地上に神を下す際に指令を出した神と「日本書紀」に記載されている。尚、赤丸浅井神社の御神体は謎に包まれているが、その昔、赤丸浅井神社の前で小矢部川と庄川が合流し「阿古ケ淵」という淵が有ったが、そこに流れ着いた岩が御神体と云われている。「高皇産霊神」が降神する「依代 ヨリシロ」は「岩」であるとされ、この岩こそが御神体を示すものと考えられていたものか?
伊勢神道の主神である「天照大御神」は皇室を象徴する神として後に赤丸浅井神社に祀られ、神明社は各地の開発地に祀られていたものだ。



🔴💥🔥 嘘の歴史・消される歴史💢ー合併した「高岡市教育委員会」の虚偽まみれの歴史 !!

2018-08-05 | 富山県高岡市福岡町赤丸村
💢「ん」💢【地図からも消された赤丸村】
⇒⇒⇒地域住民の信仰すら消そうとする「高岡市」











■高岡市の名刹「衆徳山総持寺」
(※あいのかぜ鐵道高岡駅南)






■高岡市と福岡町が2005年に合併してすでに10年以上も経過しているが、高岡市での扱いは今も差別的だ。高岡市生涯学習センターと言う市民学習のホームページには福岡町全体は表示もされず、奈良時代から続き、皇室庄園「後院領吉岡庄」から「五位庄」、西礪波郡と続いた輝かしい歴史を持つ五位庄の中心地「赤丸村」と、その中心に在った「五位庄53ケ村総社郷社赤丸浅井神社」はその地図からも抹殺されている。「赤丸浅井神社」の参道の杉並木は「高岡市指定文化財杉並木」で在りながら、このやる気のない扱いで有り、合併した時から申し入れている「学校の通学区域」の見直しや「交通網整備」等はその都度、歴代の市長が「前向きに善処します❗」と住民説明会で発言して懐柔して、今も何らの対策はされず放置されている。いや、その上に高岡市は「中心市街地活性化法」に基づいた街作りをするとして、最早、赤丸地区の窒息と自然死を待つ姿勢に変わって来ている。これは正に詐欺的手法で有り、高岡市の悪政を示している。黙らせて置けばその内に忘れて、住民も居なくなるだろうと言う意図的な悪意すら窺えるのだ。学校、役所、銀行、警察、幼稚園、保育所等の利便施設は全て無くなり、商業施設も潰れて、若者は耐えきれずに、その不便さに飽きて次々に村を去り、高齢化した村の回復の困難さに拍車をかけている。しかも、公共交通網のバスも隣地の石堤迄来ておりながら、旧高岡市の石堤で折り返し運転をして、非効率的な運営が行われている。正に「中心市街地活性化法」の意図する「街作り」が進んでいる。高岡市の施策は正に周辺町村の枯死政策だ。正に現在も加賀藩政を引き継ぐ高岡市の占領政策の延長線で、着々と周辺の自然死政策が進行していると云うべきか? 赤丸村は前田利家と能登末森城で戦った佐々成政とその家臣の柴野城寺島牛介、赤丸城中山氏、守山城神保氏張の牙城で在った事から、加賀藩時代には徹底的な増税と城下の寺社や住民の高岡市街地への移転が進められ、赤丸村の集落は徹底的に壊滅させられ、一面が農地として残った。「加賀藩農政史の研究」等に拠ると、一般的には「4公6民」の税制だったが、赤丸村は65%~75%の高率の課税がされたと云う。現在高岡市街地に在る「総持寺」「天景寺」「極楽寺」「鎚の宮」「西大寺」「光慶寺」等の殆どの名刹は赤丸村や国吉村から動いた寺社で有り、一旦は守山城城下等に移転させられた後に高岡の町建てと共に再度、市街地に移転させられた歴史を持つ。従って、高岡市街地の名刹は「元赤丸村に在った」と云う歴史を抹消して「守山から移った」とか「牧野から移った」として、「赤丸村から移った」と言う事を封印してきた。しかも、「高岡市」の「高岡」についても、富山新聞社発行の「富山県大百科事典」には【「高岡」は元赤丸村に在った「高岡山 コウコウサン 総持寺」から取り上げられたもの】と言う。後付けの「鳳凰鳴けり高き岡に」と言う詩経の一節について、「前田家は、いずれは天皇を高岡に迎える積りだったんだ」と見事な意見を高岡ケーブルテレビは主張している。(※「歴史都市 高岡ふしぎ帳 第4話」)
この一節は、「衆徳山総持寺」が赤丸村に在った時に小高い山の上に立地し、この寺の千手観音像の胎内には「後鳥羽上皇の法名」や「本願聖人」の文字が記載されている事を示しているとするのが正しいと思われる。何故なら、赤丸村に在った総持寺は赤丸浅井神社48坊の一つで在ったと伝わり、赤丸浅井神社は後白河、後鳥羽上皇以来の皇室庄園「越中吉岡庄」の鎮守社で在り、南朝の後醍醐天皇迄皇室庄園として続いたとされる。
【※後白河上皇の時には蓮華王院(三十三間堂には1001体の千手観音を祀る)に寄進されている。】
「鳳凰鳴けり」は、赤丸村の歴史的な背景から考えると、隠岐に流されて血涙を流されたと云う「後鳥羽上皇」を表していると考えるのが妥当だ。又、「後鳥羽上皇」は保元の乱で讃岐に流され怨霊と化した「崇徳上皇」やその時に殺された「藤原摂関家長者藤原頼長」の怨霊に恐れおののいたと言う。何と、赤丸村を中心とした「越中吉岡庄」は元、その「藤原頼長の庄園」だったのだが、「保元の乱」で敗れて後白河上皇の「後院領」と呼ばれた皇室庄園になったものだ。今、かつての「高岡山総持寺」は「衆徳山 ストクサン 総持寺」と名乗っている。
かくて、デマは真実と成り、事情も調べないマスコミ、歴史家?がデマを「歴史」として作り上げていると感じられるのだ。

■赤丸村の西部(浅井神社、赤丸城周辺の地域)から加賀藩は住民を「五位庄」の外れの「和田新村」に強制移動させて、赤丸村の壊滅を図った。









「和田新村」を開発した「和田佐助」は加賀藩によって「磔の極刑」となり、亡くなった ❗ ❗

■赤丸に在ったという「赤丸浅井神社48坊」と呼ばれた寺院は以下のお寺の名前が解っている。
総持寺、西大寺、聖安寺、性宗寺(浄光寺)、長善寺、宗泉寺(明見寺)、長安寺、善宗寺、法筵寺、天景寺、長光寺、西宝院(東坊)、永賢寺、超願寺、 *鞍馬寺の玉蔵坊、観念坊、寶仙坊、宥坎坊、玄皆坊、寶池坊が何れかは不明。明治に建立された霊寿寺は中山妙心尼が奉仕していた。(※「福岡町史」)

■後醍醐天皇の皇子「宗良親王」開基の「極楽寺」も元赤丸に在ったと伝わる。(※「越中宮極楽寺由緒」)
又、現在は高岡駅の総持寺前に在る「槌の宮」は神社庁の記録に拠れば「元赤丸に在った」と記録されており、この神社は南北朝時代に赤丸村領三日市に栄えた著名な「宇多刀工」の氏神であったと思われる。

■「越中宮極楽寺由緒」に記載される「五位庄赤丸村極楽谷創建の記録」



◎「高岡市の中心市街地活性化方針」



■高岡市は「歴史都市」をめざしていると云う。瑞龍寺や曳山、銅器文化だけで「世界に通用する歴史都市」になれると考えているのだろうか?

高岡市の政策は中心市街地しか眼中になく、周辺は限界集落化が着々と進んでいる。



■「加賀藩の悪政」

加賀藩は佐々成政に加勢した高岡市守山城神保氏張、國吉の柴野城寺島牛介、赤丸城中山直治のお膝元の旧領は70%以上の「酷税」で圧迫した。高岡市は「農地が肥えていたからだ」と云うが、赤丸村等を消滅させる為に人口、寺院等の施設を高岡市街地に移転させ、農地には酷税をかけて住民を苦しませた。(※「舞谷村のむかし昔」参照)
皇室庄園越中吉岡庄、五位庄五十三ケ村の中心地で在った「赤丸村」(舞谷村、高田島、三日市を含む)は長期間の加賀藩の悪政で人口は激減した。





■加賀藩、福岡町、高岡市に支配された「赤丸村」は、徃古、巨大な皇室庄園「越中吉岡庄」、「五位庄五十三ケ村」の中心地で在ったが、着々と壊滅に向かっており、既に「限界集落」として、この扱いだ。

───────────────────

◎「上部」だけの「歴史都市構想」❗ ❗

■高岡市による「国宝概説」の偽造と、それを告発した「ある贋作物語」❗ ❗

明治維新後も高岡市は加賀藩政を踏襲して政策を進めて、前田家の占領政策を延長している。正確に読むと「高岡市史」では明らかに意図的に「赤丸村」の歴史を否定して、歴史資料迄偽造して赤丸村に喧嘩を吹っ掛けている。「高岡市史」の根拠にしている図面には明らかに「追記」「偽造」の痕跡が有り、元赤丸住民の高岡市の歯科医師「桜木成一氏」は「ある贋作物語」と言う書を発行して「偽作の高岡市史」を批判された。この書籍や「偽造」の根拠となった「飛見丈繁氏」の著作集や資料集も「高岡市中央図書館」に残されている。これ等を検証すると「新生高岡市」が如何に「市史」を偽造してきたかが解る。「高岡市史」には「資料編」が無いとの指摘が有るが、「ある贋作物語」に拠ればこれは当然の事で有り、「偽造資料」を使って流石に「資料編」の発行迄する事は「厚顔無恥」だと思ったのだろう。



■「高岡山総持寺」の千手観音像が国宝に指定された時の文部省官報の「国宝概説」を郷土史家の飛見丈繁氏が改変した文書→「高岡市史」が根拠とした部分!!
「総持寺は元赤丸村に在った」とする部分を勝手に改変して「筆者云う。石堤村の誤り。」と改変している。(※「高岡市中央図書館」蔵書に記載されている。)




■後から偽造したと見られる「高岡市史」の根拠資料とされるもの。高岡市の名刹「石堤長光寺」が現在、高岡駅南に在る古刹「衆徳山総持寺」の跡地だと主張する。→明らかに偽造した位置の色が違っている。高岡市の編集者は桜木氏の追求にもガンとして現物を提示せず、幻の古文書とされる。(※石堤浅井神社の清水神官が作成したと記載されている。)



■「赤丸浅井神社古墟図」
(加賀藩 森田柿園文庫 ※石川県立図書館 蔵)
→赤丸浅井神社の古絵図を模して石堤浅井神社絵図として作製したものを「高岡市史」の資料とした様だ。


■平成21年発行の『高岡市開町400年記念誌』では、「総持寺は石堤に在った」として改めて高岡市教育委員会が「虚偽」の歴史を認定して広報誌を発行した ❗
⇒高岡市教育委員会は勝手に改変した歴史を認めずに、「誤りを学会が認めれば対処する」と回答して改めない。高岡市の総持寺の「国指定文化財千手観音座像」が昭和12年に国宝指定された時の「国宝概説」の記載を高岡市が勝手に改変して、歴史を偽造して、現在も広報し続けている ❗ 「国宝概説」は国が発行した官報にも当たるものではないのか?



──────────────────

■「越中宮極楽寺」についての偽造 ❗ ❗



■高岡市の「越中宮極楽寺由緒」には、「元赤丸村に在った」と記載されている。
「高岡市史」では牧野から移ったと記載される。






■高岡市二番町の「曳き山」は後醍醐天皇皇子の宗良親王の御座車を使用していたと伝える。
この「曳き山」だけが2輪車で、飾りも熊野神社の鳥居を飾っている。


高岡市二番町の「曳き山」の飾り部分


─────────────────

■地図からも消された「赤丸村」❗ ❗
「赤丸浅井神社」の勝手な移動 ❗ ❗ あの手、この手での「赤丸村」、「赤丸浅井神社」の抹殺 ❗ ❗
⇒本来なら、合併した新生「高岡市」では「赤丸村」は位置的には地図の中心近くに記載される筈だが、高岡市のホームページでは「赤丸村」は地図からも消されて、福岡町域内からも消されている。

何時の間にか知らない場所に移動した事になっていた「五位庄総社、郷社延喜式内社赤丸浅井神社」!!
⇒石堤浅井神社を「本社」とする為に、正統な本社である「式内社赤丸浅井神社」はとんでもない場所に動いた事になっていた。これを見れば、正に高岡市教育委員会が詐欺的確信犯だ と言うことが解る ❗❗

■「赤丸村が地図から消された高岡市の広報画面」








■《高岡市に拠れば「赤丸浅井神社」は何時の間にか福岡町の反対の外れに移転させられている!?》

⇒これ等の寺社には、「赤丸村」に信徒がおり、これ等の人々の信条を著しく傷付けている。宗教に対する攻撃は、憲法で認められた「信教の自由」をも著しく侵害している事を高岡市や学者は認識すべきだ。イタズラに宗教を否定して、しかも、明確な理由も無いと言う事は最悪だ ❗
宗教について、高岡市は広報してからの「ごめんなさい❗」は許されない事を肝に銘じるべきだ。宗教の対立を高岡市が煽ってどうする気だ。それぞれの地域にはそれぞれの歴史もある。
射水市の新湊を舞台にした「人生の約束」と言う映画がある。地元が如何に「曳山」に執着しているか、先祖から伝わる文化を如何に大切にしているか。男の友情を表に出した映画だが、背景には「地域で守ってきた宗教、伝統、文化」がテーマである。一度、映画館に足を運んで、「人間社会」について学ぶべきだ ❗❗


────────────────────

■「高岡市」の市名「高岡」命名のウソ ❗?
加賀藩記録「三壷記」には、高岡城の地鎮祭を行った時に福井県から呼んだ【「波着寺」の住職が「高岡」と申し上げた】と記載されている。加賀本藩の主君が伝えたこの由緒は、不届き?にも高岡の町民が勝手に改変して、【総持寺の住職が詩経の一節の「鳳凰鳴けり高き岡に」から提案して、利長が「関野(狭野)」から「高岡」と名付けた】として、【高岡市】は疑う事も無く、この説を広報している。





■「富山県大百科事典」(※富山新聞刊)には高岡市の「高岡」は「高岡山総持寺」の山号の「高岡」を取り上げたものだと云う。(※「高岡史料」参照)









────────────────────
■「義経記」の「五位庄二位の渡し」の偽造 ❗ ❗

「義経記」の「五位庄の二位の渡し」を、小矢部川河口の「守山の渡し」で在ったとして、高岡市は「看板 」を建てて、挙げ句の果てに巨大な「義経、弁慶の二位の渡しの彫像」を建設した。
どうして「五位庄」が小矢部川河口に動いたのか? 行政と云えどもデタラメ、やり過ぎだろう。
国土迄高岡市は変更できると考えているのか?
義経主従が奥州に落ち延びた時代は「後白河上皇」が所有する「越中吉岡庄」と呼ばれていたが、「赤丸浅井神社」の記録を見ても、「吉岡庄」はせいぜい「国吉名」迄と見られる。⇒「吉岡庄」は沢川村、小野村等の西山の山村を経て、小矢部市の宮島迄が、赤丸浅井神社の初穂米収納のエリアとして含まれる事からその範囲が「吉岡庄」と見られている。(※「延喜式内社赤丸浅井神社由緒」富山県立公文書館⇒「皆月家文書」)
(※疑問の方は「義経記」小学館版、岩波文庫版の解説を熟読して頂きたい ❗ )



■往古、「赤丸浅井神社前」で小矢部川と庄川が合流して「阿古ケ淵」(「吾子ケ淵」「悪王ケ淵」)を形成していたと伝える。この合流地点には「義経記」に記載される「二位の渡し」(後に五位の渡し)が在った。元正天皇は母親代わりになった聖武天皇を「吾子 アコ= 我が子」と宣命で述べている。聖武天皇の弟親王の石川朝臣広成が「赤丸浅井神社を創建した」とされる事から、「吾子ケ淵」が正しいと思われる。この淵には龍が住むとされていたものか「悪王ケ淵」とも呼ばれた様だ。赤丸浅井城城主中山氏が雄龍を射殺した為に雌龍に殺されたと云う伝承がある。



■高岡市は地域史を知らない加賀藩の「富田景周」が書いた「越登賀三州誌」のデタラメを信じて、伏木河口に「義経記」の「二位の渡し」が在ったとして、観光宣伝してきた。

(※後に高岡市教育委員会の識者が「これは「●●海陸と言う観光会社の専務が創作したもの」と公式に明らかにして成人式でも小冊子迄配布したが、それでも反動勢力が教育委員会に再びのさばり、現在も高岡市の観光地になっている。かくて、嘘が真実として信じられる。)

■「富田景周」は「延喜式内社赤丸浅井神社由緒」に出てくる「元正天皇二宮」を否定し、「高岡市守山の古国府城の近くに守護町が有るから、如意の渡しは六渡寺村とその対岸の渡しの事がだろう」としている。しかし、この守護町は室町時代に斯波氏が短期間館を置いたとされるだけで、それ以前の守護館は放生津に在った事が明らかだ。これに対して、事実は「元正天皇の二宮が創建された赤丸浅井神社の前で往古、庄川と小矢部川が合流して阿光ケ淵と言う難所に成っていた為、その淵から下流は如意の渡しと呼ばれた舟下りルートを用いた。」と言う事で在り、「義経記」では「如意の城を後にして」と有るのは「五位の城=赤丸浅井城」を指していると説明されている。
(※赤丸浅井城を再興したとされる石黒光景は高岡市福岡町の木舟城城主石黒光弘の父に当たり、石黒光弘は源平盛衰紀に登場する人物で、後の承久の乱の後、敗れた石黒氏は名古屋へ落ち延びて長谷川大飯之と名乗り名古屋市西部に「如意郷」を開き「如意城」を築造している。従って、これ等の事から、「如意城」とは明らかに石黒氏の居城で在った「赤丸浅井城」を指している。又、源頼朝が義経探索の為に「後白河上皇」の庄園の「越中吉岡庄」に配置した地頭の「吉岡成佐」は、福岡町馬場村の「吉岡谷」に砦を設けていた事が明らかに成っており、この「吉岡館」を「守護の館の近ければ」と表現したと見られる。院政が行われた「後院領吉岡庄」の時代には「後院庁」の「後院司」が庄園の管理を担当しており、守護は配置されていない。頼朝の時代に義経探索の為として全国に地頭を配置した時に「後白河上皇の庄園の吉岡庄(吉岡谷)に地頭吉岡成佐を配置した」事が「吾妻鏡」に記載されている。


◎「義経記」記載の「五位庄二位の渡し」 ❗ ❗
(※小学館版、岩波書店版の解説欄を参照)⇒この解説者は「五位庄」の位置を知らない為に、小矢部市内での支流(宮島峡から流れ出る子撫川)の位置や高岡市の守護町の位置が「五位庄」から外れている事を知らなかったのだろう ❗

【※「後白河上皇」の時代に「五位庄」の赤丸村周辺は「越中吉岡庄」と呼ばれていた。「義経記」は室町時代に書かれたと云われ、「吉岡庄」は南北朝時代末期からは「五位庄」に改名されている。】

■【二上荘の記載】(角川日本地名大辞典)
鎌倉時代には伏木周辺から現在の高岡市街地迄は「二上荘」と呼ばれた。
『※「関東御教書」寛元二年十二月二十四日 ⇒ 当荘雑掌より申し出された問注について幕府は、当荘預所と石黒弥三郎との参決を命じている。(久能木文書/大日本史料)』

■近世の「五位庄」には小矢部市宮島は含まないし、高岡市の守護町は小矢部川の「守山の渡し」近くに在り、全く検討違いである。しかし、「義経記」が著されたとされる室町時代に於いては、「足利義満」が「相国寺」に「五位庄」に寄進した時にその範囲は拡大して福野町野尻や森山等も範囲に含まれていたと言う。この「義経記」は鎌倉時代初期の出来事で在り、高岡市教育委員会はこれ等の立地を熟知しながら故意に「二位の渡し」を小矢部川河口に位置付けたのは確信犯と云える ❗❗ それとも、高岡市の「学校教育の総本山の高岡市教育委員会」の先生方はこの子供でも読んでいる「義経記」すら読んだ事も無いのだろうか?
しかも、最近、伏木の小矢部川河口に在る偽物の「如意の渡しの義経・弁慶像」を公費で伏木駅前に動かしたと言うから、正に税金が使用されたのなら之は「背任」に当たるのではないか? 高岡市の税金を●●海陸と言う一企業の宣伝の為に拠出したのならばゆゆしい事だ。以前の東京都と同じく、高岡市は長年、同じ系統の勢力が牛耳ってきた為に政・官・業の癒着は甚だしい。高岡市に本当の規律を回復する為には、高岡市の市民オンブズマンの力量が問われている。









◎「赤丸浅井神社は元正天皇二宮により創建された」とする「赤丸浅井神社三社記」❗ ❗



◎「義経・弁慶の奥州下りの図」と「如意の渡し」
(※「六渡寺川舟下りルート」)を記載した古絵図(※「福岡町史」⇒庄川町図書館蔵)

■小矢部川と庄川支流が合流した赤丸浅井神社前の「阿古ケ淵」の下流の川幅の広がった伏木河口迄を古くは「射水川」,後に「六渡寺川」と呼び,赤丸浅井神社前の「二位の渡し」から河口の「六渡寺の渡し」迄の舟下りルートを「如意の渡し」「六渡寺川舟下り」と呼んだ。
又、庄川は「雄神川」、小矢部川は「女神川」とも呼んだと云う。庄川上流には延喜式内社「雄神神社」が在り、小矢部川上流の宮島には延喜式内社「比売神社」、中流の吉岡庄の延喜式内社「赤丸浅井神社」にはびわ湖にも祀られている"河の江の神"「八河江比売神」と言う女神を祀っている。










(※参考)「義経記」が記載されたのは「室町時代」に入ってからだとされる。「室町時代」に、「五位庄」は室町将軍家の庄園で在り、「足利義満」は「五位庄」を「相国寺」(※塔頭 鹿苑寺金閣)に寄進している。その時期には「五位庄」が福野町野尻から伏木港迄と拡がっていた。(※「東寺百合文書」、「畠山家文書」





─────────────────────

■高岡市の和田(五位庄)の「荊波神社 ウバラジンジャ」の歴史の偽造 ❗ ❗

高岡市は開町400年事業として「富山県 高岡市の文化財」を発行した。
その中で【高岡市和田の「荊波神社」の祭神は「利波臣」の祖の「日子刺肩別命」を祀り、式内社を誇称している】と記載している。しかし、富山県神社庁発行の「富山県神社誌」に拠ると、その祭神は「瓊々杵尊・大己貴命・天照皇大神」であると記載されている。
高岡市教育委員会は、和田の「荊波神社由緒」は誇大に称しているとして「呼称」ではなく【誇称】していると記載している。しかし、以下の記事をご覧戴くと、高岡市教育委員会は誇大どころか全く神社庁の知らない由緒を偽造している事が判る。

十禅師;日吉山王(ヒエサンノウ)七社権現の一。瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を「権現」とする本地垂迹説による思想。国常立尊(クニトコタチノミコト)から数えて第10の神に当たり、地蔵菩薩(ジゾウボサツ)の垂迹(スイジャク)とされる。

高岡市の「教育」の司令塔の「教育委員会」はかくもいい加減で、嘘っぱちの歴史を高岡市の税金を使って、恰も真実の様に吹聴し、返す刀で、地元の真摯な信仰を「誇称」と非難している。又、「高岡市史」では、「延喜式内社」自体が疑わしいとして、この神社は比叡山の「十禅師社」を祀ったものだと主張している。高岡市は「十禅師社」の意味も知らないのか?
正に「荊波神社由緒」は、「十禅師」の一つの「瓊瓊杵尊」を御神体としている事を説明しており、高岡市の云う【「利波臣」の祖の「日子刺肩別命」を祀っている。】等は「神社由緒」の何処にも記載してない。かくも、地域住民の信仰対象の神社の「祭神」迄、高岡市は偽造して「高岡市史」で堂々と地域の信仰を非難しているのだ。

■又、高岡市は、【この「福田庄」(五位庄の一部)は天台宗の「妙法院領」で、南北朝時代に後醍醐天皇の皇子宗良親王が妙法院の院主から還俗された事から、越中に入られた時に「まず福田庄を頼られた。」】としている。しかし、この時には既に「福田庄」は敵方の北朝の親王が院主になっており、古文書の記録でも宗良親王の記録は無いとされている。(※「角川地名大事典」)
この一節は高岡市が「赤丸浅井神社」に伝わる「宗良親王の七の社の勧請伝説」を否定する為に「高岡市史」で主張している一節である。「赤丸浅井神社」には「宗良親王が上賀茂社、下鴨社、熊野社、八幡社、愛宕社」等の「七の社」を勧請されて、「李花集」に掲載されている「七の社のかけを離れて」の歌を歌われたとしている。「高岡市史」はこれがお気に召さないらしく、これは「福田庄」で歌われたと主張したいらしい ❗ 「福田庄の七の社」とはどこを指すのかの解説は勿論できる筈も無い ❗ 何故なら、「赤丸浅井神社」は高岡市の福田地区も含む「五位庄五十三ケ村総社」で有り、親が子の神社を否定する筈も無いからだ ❗ 高岡市は「五位庄」が何処迄含んでいたかも知らず、「赤丸浅井神社の由緒」も知らずに、こんなムダな論争を赤丸村に仕掛けて来ている。

■【妙法院】;京都市東山区の天台宗寺院。新日吉(イマヒエ)門跡ともいい,天台三門跡の一つ。本尊は普賢菩薩。元々比叡山に在り、最澄の開創と伝える。1164年、後白河法皇が法住寺内に蓮華王院(三十三間堂)を建立し、後に新日吉社を現地に建立した時に比叡山から移して「法住寺」,「蓮華王院」を合わせて管掌させて「妙法院」と号した。赤丸村を含む「越中吉岡庄」は後白河上皇の庄園「後院領」の時に蓮華王院の維持の為に「蓮華王院」に寄進されている。

■「越中吉岡庄」は 後白河上皇により蓮華王院に寄進され、正応3年(1290年)には未だ蓮華王院領であった記載が「鎌倉遺文」に残されている。
【(正応3年※1290年)8月晦日、濫妨候了、又知行分蓮華王院領越中国吉岡庄役夫工米者、自蓮華王院…】東大寺文書四ノ十二(※鎌倉遺文23━32)
(http://wwwap.hi.u-tokyo.ac.jp/ships/shipscontroller)
※正応年間(1288年~1292年)→この時代の天皇は伏見天皇。鎌倉幕府将軍は惟康親王、久明親王、執権は北条貞時。⇒1318年に後醍醐天皇が即位され、吉岡庄はその時に南朝の庄園となり、次いで南北朝の争いとなって、1350年(正平8年)に後醍醐天皇の皇子宗良親王が吉岡庄に駐屯された時に、明確に蓮華王院領から後醍醐天皇家の所領として「後院領吉岡庄」から「後醍醐天皇家領五位庄」(天皇は後醍醐天皇皇子の後村上天皇)と改名されたと見られる。(※「宝永史」参照)⇒宗良親王が妙法院院主、比叡山貫主(天台座主)から還俗された後は北朝の親王が歴代妙法院院主となっている。
◇『時代年表』
1281年 元寇 - 弘安の役。再び、元・高麗軍(約14万人)が侵攻してきたが総攻撃の前に台風で壊滅する。
1282年 北条時宗が円覚寺舎利殿を建立。
1284年 北条貞時が執権となる。
1285年 霜月騒動、有力御内人(内管領:平頼綱)と有力御家人(安達泰盛)の争い。有力御家人の壊滅。
1286年 両統迭立の議が起こる(大覚寺統(南朝)、持明院統(北朝))
1293年 平禅門の乱、北条貞時が鎌倉大地震の混乱に乗じて平頼綱とその一族を討つ。
1297年 永仁の徳政令- 日本初の徳政令。
1305年 嘉元の乱- 北条宗方の乱。
1317年 文保の和談-皇位継承を巡る幕府からの和談。
1318年 後醍醐天皇が即位する。(初代南朝天皇)
1324年 正中の変 - 後醍醐天皇による討幕計画で失敗。
1326年 嘉暦の騒動- 北条氏の家督争い。
1330年頃 吉田兼好による随筆「徒然草」ができる。
1331年 元弘の乱、後醍醐天皇による討幕計画で失敗。護良親王や楠木正成等が挙兵した。
1339年9月19日(延元4年8月16日 )後醍醐天皇崩御。
(これ等の経過からすると、同じ妙法院管轄であっても「越中吉岡庄」は蓮華王院の独自の庄園として伝領し、「福田庄」はあくまでも「妙法院領」として伝領してきた事が解る。)

これ等の事から、高岡市の云う「福田庄の歴史」は「ウソ」と「虚構」ででっち上げられたものと解る。此処まで嘘が書き連ねられると「高岡市」が「異常」とさえ感じさせられてしまう。何故、福田地区の延喜式内社「荊波神社」の信仰を否定し、かくも誤った認識を持つに至ったかの理由は分からない。






「富山県神社誌」







■嘘っぱちの開町400年記念誌「富山県 高岡市の文化財」











■「東大寺杵名蛭庄図」を調べると、この庄園図の左脇には「荊原里 ウバラノサト」と記載されており、庄園の中には「石黒上里」「石黒中里」と記載されている。「延喜式神名帳」には「ウバラノヤブナミ」と記載されているものも有り、この図面には「利波臣志留志」が立ち会った署名がある。 通称【福田(在和田)の「 荊波神社」】の祭神は延喜式内社射水神社の祭神と同じ「瓊々杵命」で有り、県内の他の「 荊波神社」は「利波臣志留志」の祖を祭神としている所から、式内社としては皇室の祖の「瓊々杵命」を祭神としているこの和田の「 荊波神社」が真正と考えられる。「越中石黒系図」に拠ると、藤原氏の石黒氏が途中で利波臣の名跡を継いでおり、古くは藤原氏と石黒氏の系統が別々で在った事から、この「杵名蛭庄」の領主は古くは藤原氏系統の石黒氏だった可能性が強い。現在は、「石黒氏」は福光町石黒庄発祥とされているが、この古い正倉院に在る庄園図に「石黒上里」「石黒中里」の名が見られる事から、真正の「石黒氏」の発祥はこの庄園と深い繋がりを持っていたのではないだろうか?
従って、高岡市の知識人? は高岡市街地以外の文化は全て否定したいらしいが、これ等の検証から、「高岡市」の主張よりも地元の伝承の方が寧ろ主張に根拠がある。
(※高岡市和田の隣地の高岡市池田地区には古来から「イバラ神社」が有り、祭神は「地蔵菩薩」で有り、総持寺の土地を寄進した高岡市細池の池田家の敷地内には、「持ち宮」で在った「イバラの宮」の遺構(石造の地蔵菩薩の板光背)が遺されている。その神社は区画整理に伴って撤去されて地蔵尊だけが何処かへ移され、池田邸の庭には地蔵菩薩の板光背だけが残されて、旧地の写真と共に大切に保管されている。⇒その旧地にはイバラ「※野バラの事」が繁茂する林地が残されている。)





■これ等のいい加減な行政の姿勢の原因は何処にあるのか?
⇒歴史に対する誇りの喪失と無責任さで日本の歴史は歪められ、国民の無関心さが行政の暴走を助長している。



◎【真実が偽造されて日本国から歴史が消える ❗】

■自前の「日本国憲法」と「民族の誇り」を持たない日本民族の未来は正確な歴史も持たない腑抜けの民となる ❗ ❗

[憲法14条1項]
14条1項は、「すべて国民は、法の下に平等」を前段、「人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。」を後段とし、後段に列挙されている「人種、信条、性別、社会的身分又は門地」という差別の具体例を後段列挙事由と言う。

日本国憲法は日本国民に法の下の平等を謳っている。この中の「性別、社会的身分又は門地」について、旧憲法の下では「華族制度」や「家門」という「門地」が有り、家族制度が国の基本になっていた。この弊害を除去した民主憲法として日本国憲法が制定された事になっている。しかし、この内容はアメリカ軍の占領下で強制的な意味も込めて成立した経過があり、従来の日本国家の家族制度の否定が根本にある。
この平等原則は法の執行の際に執行者の裁量でゆがめられ、現実にはさまざまな弊害も出てきている。


■日本の社会はこのままで良いのか ❗ ? 誰が日本社会を歪めたか?
国民、市民の誇りを奪う「国を愛せない議員や役人」の世界。様々な信仰を失った国民 と 国民の信仰も無視する行政 ❗

■家族制度の崩壊は地域集落の結合や家族間の結合を破壊して、国民を単なる「労働者」に貶め、国民の自尊心を失わせ、古い秩序の長幼の序や礼儀、国民の象徴の天皇の尊厳の低下をもたらしている。
気になるのは、新聞、テレビ等の皇室報道で「○○さまが来た」とか「○○さまが言った」とかいう変な敬語が使われている事だ。通常は「○○さまが来た」は「○○さまが来られました」で有り、学校で習う「敬語」がマスコミには通用しないという現実がある。しかも、皇室については特に呼称が定められているにも関わらず、公共放送や報道もこれを守らない ❗ ❗

◎皇室関係の正式な呼び方は厳密に「皇室典範」で定められている。
『皇室典範(昭和二十二年一月十六日法律第三号)』
第四章
第二十三条  天皇、皇后、太皇太后及び皇太后の敬称は、「陛下」とする。
○2  前項の皇族以外の皇族の敬称は、「殿下」とする。
皇室典範でこの様に明確に定められているにも関わらずNHK等の公共放送でも守られていない。これは象徴天皇の侮辱になると思われるが、識者や指導者からも異論が出ない社会はどこかオカシイ。

■「個人情報保護法」というのが有るが、これも恣意的な運用で現場は困惑している。「福祉」の分野でも行政から「民生委員」等の嘱託をしておきながら、実際の場面では保護対象の老人等の名簿を行政が「個人情報保護法」に基づいて公開・提供しないという事もある様で、今、まさに、東海・東南海地震の対策で、地元の協力体制が作られなければならない時にも、家族内容、連絡先等の集落の構成内容の詳細が把握・共用できない状況にある。行政は「防災組織」と「自治組織」が地震防災の為には重要と言いながら、集落や団地等の個人情報の収集・共用を認めないという現実がある。政治家・行政は防災対策では「自治組織」の重要性を説いているが、実際にはこの法律で逆に住民の手足を縛り、口をふさいでいる。政治や行政は国民の事を真剣に考えているのだろうか? 公務員は「国民への奉仕」では無く、「国民の支配」に重点を置き、「民事不介入」という言葉が治安や福祉、民生にも大きく影響している。警察は殺害されて事件になるまで動かず、各種詐欺も摘発よりも啓蒙に力点を置く。要は「被害に会ったら考える」であって、対策が事前に実行されない。国防でも「専守防衛」を標榜して、敵国のミサイルで国民が壊滅したらようやく報復すると云うのだから「国民がいなくなったら防衛する」という事に等しい。
「日本国の少子化」が言われ始めて久しいが、何らの対策も実効性が無い。大臣に高給を支払っても若者は結婚も出産もしない。戦前は「お国の為に産めよ増やせよ」だったが、これも戦後はタブーとされ、「個人情報保護法」や「ストーカー対策」により、うっかり相手の事を調べたり、声をかけたりする事もできず、職場でもウッカリ声をかけたりして、ハラスメントと云われて騒がれ、会社から制裁を受ける場合も出てくる。昔は近所や親戚の「おせっかい叔父さん、叔母さん」が必ず居て、年頃の娘の紹介などが日常で行われ、お見合いで結婚する率が高かった。しかし、今は、自分の記載された戸籍しか調べられず、宗教施設でも昔は「過去帳」で親戚関係や係累も調べられたが、現在は本部からの通達が出て「過去帳の公開禁止」を通達している。
「家族制度の破壊」を極端に進めた政策で、今、日本国は消滅に確実に向かっている。いくら政治スローガンで「少子化対策」を唱えても、この実態を知らぬ顔で過ごしている政治家や官僚では何の対策も打てないと言うのが現状だ。若年層は「雇用の自由化」という資本家の論理で、低賃金の派遣やアルバイトで生計を立て、周辺に声もかけられず、調べる事もできない。昔は「盆踊り」等の集落の集まりでロマンスが芽生えたが、社交ダンスも「風俗営業」だと言って取締り、性の描写も「教育上」の理由から極端に抑え込む。人間は確かに高度な発達をした「人間」だが、基本は「動物」で有り「本能」が行動の基本に有る。「他人に迷惑をかけない」というモラルが抜けていなければ、もっと若者に自由を与え、単純労働者として日々の生活にやっとの思いで取り組んでいる若者に早急に目を向けないでどうする? 「女子の生殖年齢を考えると、時間的な余裕は無い。」と云う少子化を懸念する声も自由な世界ではセクハラになるらしい。しかし、これは嫌がらせでもなく、女子を持つ親の心からの願いの声である。
各自治体は「街造り」と称して観光政策を進め、歴史調査や街並み保存に多大の費用をかけている。何にしても時間が掛かりすぎ、その内に日本から人影が消えてしまい、外国人の国になるだろう。防衛の話しをしている内に国内は外国人に占領されるだろう❗
これについても「個人情報保護法」や「核家族化」、「門地の否定」等で、古い古文書や「由緒」等が秘匿され、焼却・廃棄され、売却されている現状がある。明治初期の廃仏毀釈運動で寺院が破壊され、仏像が野原に捨てられ、焼かれ、石仏は破壊された。現在は、行き過ぎた民主化の影響で、歴史を調べる事は「個人情報」に直結し、「門地」を調べる事に他ならない。歴史はあくまでも戦前まで続いていた「家族制度重視」で作られてきた。「由緒」や「歴史」が封印され、単なる「古びた街造り」が本当の観光振興なのか疑問を感じる。
特に最近は歴史の基本の古文書が家屋の新築の際に焼却・廃棄されて無くなってきている。「門地」が否定されたらこんな「由緒」や「歴史」は無用の長物であり、何時迄も保存する理由が無い。歴史が否定され、家族制度、婚姻制度が破壊され、日本国民の愛国心、社会の規律が失われた国家に本当に明日は来るのだろうか?


■「南朝」の後醍醐天皇の庄園「越中吉岡庄」の史跡調査⇒『赤丸村』

『赤丸村』は、戦前には「南朝の歴史調査」の為に、多くの歴史学者や宮内省の調査団が訪れた。


■高岡市の「越中宮極楽寺」から南朝の後醍醐天皇皇子の宗良親王の「供養表石」が発見されたと伝える地元新聞記事。



🔯 加賀藩祖『前田利家』は物部一族だった⇒南朝支援・「仏教国」の越中国と仏敵「物部守屋」!!

2018-08-01 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
■【物部氏は仏法の布教に反対し、蘇我氏と対立して滅ぼされた。越中国は東大寺大仏の造営を中心的に支援する蘇我氏の国になった。越中の国には東大寺庄園が全体の三割以上も在った仏法の国だ。】

■浄土真宗の開祖の「親鸞」は聖徳太子を讃える和讃の中で「如来の教えを疑いそしり、方便を破壊する者は太子と対立した物部守屋と思うべし。親しみ近づいてはならない ❗」 と戒めている。近年、この直筆の書が発見されて本願寺維持財団から一般公開された。




■「東大寺大仏」


■「越中石黒氏」の祖の「利波臣」と所縁が深い「高岡市福岡町赤丸」には、数々の史跡が残る。信仰深い「利波臣」は東大寺大仏造営の為に「米五千石」を寄進して、国司待遇に処せられた。
(※利波臣志留志の時代には、赤丸浅井神社に対して越中利波郡の「東大寺庄園石粟庄」から神田一段が寄進されていた。)

■南北朝時代に石黒氏は後醍醐天皇の皇子宗良親王を赤丸浅井城に迎え、赤丸村は南朝の軍事拠点と成った。



■後醍醐天皇は空海が唐から持ち帰った法衣を着て、大日如来を示す太陽を冠に戴いた異形の天皇で在った。「延喜式内社五十三ケ村惣社赤丸浅井神社」を中心施設とした「越中吉岡庄」は後醍醐天皇の庄園であった。





( ※「一遍聖絵」ポニーテール姿の●●丸)

■後醍醐天皇は真言密教を教王護国寺(東寺)長者の文観に師事して、自ら空海が唐から持ち帰った法衣を着て、頭には真言密教の中心的佛の「大日如来」を表す「日の丸の冠」を冠り、小野流の秘事を以て北條氏への「調伏法」を行った「異形の王」であり、楠木正成等の国人で武力で地域を治めていた「悪人」と呼ばれる層や、僧や神官、金儲けで何でもやる「非人」と呼ばれて差別的に見られた層を味方にして戦った。当時の非人は、寺社の財政を担当する「●●丸」と呼ばれてポニーテール姿をした人物や皇室の管理する白拍子等も含み、金銭を稼ぐ「汚れた人達」を指して居たので、後醍醐天皇はこれ等の財政的に裕福だが、社会からは遠目で見られていた「民間の力」を利用し、神仏に祈って「建武の親政」を達成した。高野山・比叡山や熊野三山等の全国の山伏、僧兵と楠木正成等の全国の悪人と呼ばれた国人領主が主戦力であった。

■建武の親政が失敗して、後醍醐天皇を支援して壮絶な戦いの後に亡くなった「楠木正成」は南朝後醍醐天皇の忠臣とされ、明治維新から戦前の「南朝顕彰運動」では中心的な英雄とされた。明治維新政府は「王政復古」の精神的なバックボーンとして、帝国議会では「神璽を携えていた後醍醐天皇の南朝を正統とする議決」を行い、江戸時代迄の北朝の朝廷では「皇統譜」からも消されていた「後醍醐天皇の孫の長慶天皇」も正式に「皇統譜」に掲載された。南朝の牙城で在った為に、長く圧迫されてきた後醍醐天皇の所縁の地の人達はこの時熱狂して、南朝所縁の史蹟調査や楠木正成や福井新田塚で亡くなった新田義貞等の南朝の忠臣を顕彰する運動が全国的に展開され、南朝の後醍醐天皇の庄園「越中吉岡庄」や、その皇子の宗良親王が在城されたと云われる高岡市福岡町の「木舟城」、赤丸村の「浅井城」、海沿いの「牧野」等に注目が集まり、北條氏一族の名越氏に暗殺された「後醍醐天皇皇子の恒性皇子」の高岡市の墓も正式に宮内庁の管理の墓になった。南朝顕彰運動の時に、南朝の牙城として「赤丸」と呼ばれる赤丸村に在った高岡市の「総持寺」に在る「千手観音座像」の胎内から、南朝の後醍醐天皇の子の後村上天皇を河内金剛寺に迎えた僧の「禅惠」の署名が発見され、昭和12年に国宝に指定された。
『※越中は、衆議院議長をされた富山県南砺市井波町井波八幡宮の第十五代宮司の綿貫民輔氏の出身地である。綿貫家は父の佐民(スケタミ)氏が淡路島を故郷とする南家から養子に入り二回の衆議院議員に当選して54才の若さでガンで亡くなり、その後、民輔氏が国会議員になり、遂には衆議院議長も務められた。この父の実家の淡路島の南家は南朝の忠臣楠木正成の末裔と云う。(※「八十一才は人生これから」綿貫民輔著)』

■信貴山は「信貴山縁起絵巻」で有名な古刹だ。これは『源氏物語絵巻』、『鳥獣人物戯画』、『伴大納言絵詞』と並ぶ四大絵巻物の1つと称される国宝として著名な絵巻である。
南朝の忠臣の楠木正成は中々、子供が出来なかった為に両親が大和国信貴山に詣でて毘沙門天に祈り、ようやく授かったと云う。又、醍醐天皇の病気平癒を祈り毘沙門天の力で快癒されたとも伝わっている。この寺は元々、仏敵の物部守屋に対抗した厩戸皇子(聖徳太子)が毘沙門天を祀る寺として創建されたと云われる。
物部一族は「丁未の乱」で蘇我馬子に滅ぼされた。
厩戸皇子は摂津国(大阪市天王寺区)に四天王寺を建立され、物部氏の領地と奴隷は両分され、馬子の妻が守屋の妹であった事から半分は馬子のものになり、半分は四天王寺へ寄進されたと云う。

■敏達天皇元年(572年)に敏達天皇の即位に伴って守屋は大連に任じられた。敏達天皇14年(585年)に病になった大臣の蘇我馬子は敏達天皇に奏上して仏法を信奉する許可を求めた。敏達天皇は仏法を許可されたが、軍事を司る物部守屋は神事を担当した中臣勝海と組んで「邪教」の仏教に反対して、天皇に奏上して弾圧し始めた。仏像を壊し、僧に弾圧を加えた。物部氏は先祖を古代の神とする古代氏族で、中臣氏は神事に専従した氏族である。保守派の物部氏と神事を担当した中臣氏は、蘇我氏が持ち込んだ「仏教」に反対し、朝廷を巻き込む争いになる。蘇我馬子は病を得て、国に疫病が流行る。敏達天皇が崩御されると蘇我馬子の妹の子の用明天皇(欽明天皇の子:欽明天皇は継体天皇の子、宣化天皇の次代)が即位した。これに対して物部守屋は敏達天皇の異母弟の穴穂部皇子と結んだ。やがて、用明天皇は疱瘡のため、在位2年足らずで(用明天皇2年4月9日、古事記では4月15日)崩御した。 用明天皇が崩御されると争いが激化して蘇我馬子は穴穂部皇子を滅ぼして、587年物部守屋を誅殺せんとして群臣に計り、泊瀬部皇子、竹田皇子、厩戸皇子等の皇子と共に諸豪族の軍兵を率いて河内国渋川郡(東大阪市衣摺)の守屋の館を攻めた。これが「丁未の乱」と呼ばれ、物部氏は四散して滅ぼされた。神事を護持する中臣勝海は、この状況で一旦は仏教を容認したが、遂には馬子派によって暗殺されたと云う。
(※「臣オミ」は蘇我氏、利波臣等の天皇系氏族、「連ムラジ」は神事担当の中臣氏、軍事の物部氏、大伴氏等の職能集団の氏族)

■ 越中、加賀、越前は古くから物部氏に対抗した「蘇我氏」の繁栄した地域である。「物部氏」所縁の神社が少ないのもこの為と思われる。越中国では、武内宿禰の子孫とされる蘇我氏と同族の「高志利波臣」の「利波臣志留志」は聖武天皇が東大寺の大仏をされた時に「米五千碩(石)」(※「東大寺要録」*碩(セキ)は現在の「石」の約1/3。現在の約3億円強に当たると云う)、「井山庄100町」を寄進して、更に越中国内の東大寺庄園の開発を進め、その30%以上が越中に在ったとされる位に仏法の布教に尽力している。この事は、「丁未の乱」以来の蘇我氏の国だった事を物語る。
(※「古事記」では利波臣は「高志利波臣」の子孫とされるが、「日本書紀」では「越国造」の子孫とされる。「越中石黒系図」では利波臣は蘇我氏同族の「武内宿弥」から出たとしている。)

■高岡市東海老坂字川田1068 には富山県では珍しい「物部神社;祭神 宇麻志麻遲命、応神天皇(八幡神)」が在る。由緒には「物部氏の一族は大彦命が北陸を巡撫された際に従って来たが、命が帰郷された後も留まって鎮護の任に当たった。天平年間に大伴家持卿が国司として赴任した時に随行してきた物部氏族達がこの地に我等の氏神が祀られてあるとして喜び崇敬した。天正十三年(西暦1585年)九月、前田利長が加州松任城から守山城に移り、この頃より当社が武神(八幡神を合祀)を祀ってあるとして崇敬し、武運長久等を祈願した。慶長四年(西暦1599年)利長が金沢城へ移るに際し、当社の御分霊を金沢城の鬼門である卯辰山に守護神として勘請した。」とされる。この由緒に拠ると、物部氏は大伴氏に従って越中に来たとされる。物部氏と久米氏は軍事を司り、大伴氏と同族の佐伯氏はこれ等を指揮して蝦夷討伐に動いたとされる。
この由緒に出てくる「大彦命」は系図(古事記)に拠ると、「高志利波臣」とは従兄弟にも当たる同族である。同族の「利波臣」「射水臣」は、「継体天皇」の時に高志国の礪波郡、射水郡を授けられたと云う。継体天皇は福井に育ったと云われ、「福井県史記載の系図」では「利波臣」は福井県の「角鹿臣ツヌガノオミ」と同族で、「蘇我石川宿禰」と共に「武内宿禰」を祖としている。この「武内宿禰」は継体天皇と共に北陸に巡行したと云う。蘇我馬子が継体天皇系の「用明天皇」を推し、高志国はこの時に「武内宿禰」の末裔が領有していた。越中の名族で利波臣志留志の末裔の石黒氏や、射水臣はその越中石黒系図で、先祖を武内宿禰を祖先としている。
東海地方と異なり、越中に「物部神社」が少ないのは、北陸全体が継体天皇以来、武内宿禰の末裔の蘇我氏が繁栄した事に起因すると考えられる。

■前田利家が「物部神社」を崇敬した理由は以下の出自にある。「前田利家の祖」とする「菅原道真」は、「天照大神」の子の「天穂日命」の子孫で、大相撲の祖として知られる「野見宿禰」を先祖とする「土師氏」の子孫で平安時代初期に大和国菅原邑に住んでいた事から、「菅原氏」を名乗る。「物部氏系図]に拠ると、「天穂日命アメノホヒノミコト」(天照大神の二子、出雲国造の祖)→ 「饒速日命ニギハヤヒノミコト」→「宇摩志麻遅命ウマシマジノミコト」=『物部氏の祖』 となり、「菅原氏」と「物部氏」は先祖を同じ「天穂日命」とするが、「菅原氏」は「野見宿禰」の系統の「土師氏」を祖とする系統であり、「物部氏」は「宇摩志麻遅命ウマシマジノミコト」を祖としており系統は相当離れているが、東海地方に物部氏の古代庄園が在った事から、前田家は、「物部=菅原」と認識していたものだろう。

●土師氏⇒菅原氏へ(※「日本後記 巻廿一 嵯峨天皇 弘仁二年二月 条」山城国人正六位上土師宿弥百枝菅原朝臣)

■高岡市には加賀藩前田家が信仰した「関野神社」があり、この神社は元々「熊野神社」を勧請したものと云う。高岡市博労町には、元、「越中吉岡庄」の赤丸村城ケ平山の一画に後醍醐天皇の皇子の宗良親王が創建されたと伝わる「越中宮極楽寺」が在り、この神社も熊野神社である。高岡市で毎年盛大に行われる5月1日の「曳山祭り」の「二番町の山車」は極楽寺由緒に拠ると、元は「宗良親王の御座車」で、その為にこの山車だけが二輪車で手摺が付いた大きな椅子の形をしており、唯一、人形等を飾らずに「朱塗りの鳥居」を飾り、その鳥居の上には熊野信仰のシンボルの「八咫烏」らしき「烏」が二羽止まっている。この熊野信仰の熊野の氏族は元々、「熊野国造」であり、この「熊野国造」は「物部氏族」である。従って、前田家が高岡市を開町して物部氏族の熊野信仰を導き入れたのは、この辺の事情からだろう。「越中宮 安養山極楽寺」の本堂には熊野権現の御厨子がまつられており、高岡市の曳山祭りの時には役員が挨拶に立ち寄る。

■「八咫烏」(ヤタガラス);日本神話の神武東征の時に、「高皇産霊尊」(タカミムスビノカミ)により「神武天皇」のもとに遣わされて、熊野国から大和国 への道案内をしたとされる三本足のカラス(烏)。 葛城氏や賀茂氏の信仰とも云われる。極楽寺が創建されたと伝わる「越中吉岡庄」の「赤丸浅井神社」はこの「高皇産霊尊」を祭神 としている。





■ 井波別院瑞泉寺は浄土真宗東本願寺派の古刹で、越中の一向一揆の中心的な役割をした寺院である。ここには、仏法を護持された聖徳太子信仰が古くから続き、本堂には聖徳太子の幼い頃の姿を写した太子像が祀られ、毎年、「太子伝会」が開かれる。ここには現在、赤丸村に在った浅井神社の別当寺の「川人山鞍馬寺」の本尊「釈迦如来像」(富山県指定文化財)が祭られている

【井波瑞泉寺は本堂に聖徳太子像を祀って信奉する浄土真宗寺院の名刹である。】


■『北陸』は「蘇我氏」が繁栄した地域であり、「蘇我石川宿弥」の末裔の『石川氏』は後の「石川郡」、「石川県」の名前にも残り、越中では「利波臣」の末裔が『越中石黒氏』等とされる。

🔴🔵「河内金剛寺」から伝来したとされる高岡市「衆徳山総持寺」の「国指定重要文化財木造千手観音座像」と「金剛寺由緒」!!

2018-08-01 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
■「総持寺」の慶派仏師「幸賀 作」の「千手観音像」




■「河内金剛寺」は後白河上皇と同じ鳥羽法王の娘の八條女院の祈願寺として「女人高野山」と呼ばれた。





■この寺は聖武天皇の勅願により僧行基が天平年間に草創しその後、空海が修行して霊跡と成り、後白河上皇は高野山から丹生高野の両明神を勘請して鎮守護法の神とされて伽藍の整備を進められ、東寺から本尊仏舎利を奉納され、寺号を「金剛寺」とされた。その後に河内の武将「源貞弘」は山野、田畑を寄進して寺の財政を安定させた。この「源貞弘」は源平の倶利伽羅合戦で死亡している。次いで、後白河上皇の皇子守覚法王親王の支配と成り、その時にこの寺は仁和寺末と成り、九条家の祈願寺と成った。
その後も「後鳥羽院」の中宮で九条家の「宣秋門院」の帰依を受けて、その後、大覚寺統の亀山法王、後二条、後宇多、昭慶門院、昭訓門院と伝えられ、後醍醐天皇迄伝来した。

(※「越中吉岡庄」も後白河上皇以来、金剛寺と同じ様に大覚寺統に伝来して後醍醐天皇迄伝来した。)

■後醍醐天皇の真言宗の師の「東寺長者文観」と後醍醐天皇は東寺の仏舎利五粒を金剛寺住職の持仏に施入して、その仏像をその時の金剛寺学頭「禅恵」は正平八年に越中吉岡庄赤丸村の総持寺に伝えたとされる。この翌年には、南朝の後村上天皇は北朝の天皇を拉致して金剛寺に入り、一時期には南北朝両朝の天皇が行在所に成った稀有な寺院で在る。金剛寺にはこの地域の武将で南朝の武将として戦った「楠正成」の武具等が奉納されている。