赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

「勧進帳」の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史⇒「越中吉岡庄」から「五位庄」へ

🌸📃 「越中宮極楽寺由緒」(原本)を見て「高岡市曳山祭り」の真実 を知ろう ⇒皇室庄園「越中吉岡庄」赤丸村と後醍醐天皇皇子「宗良親王」!

2018-07-31 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸


●木舟城・赤丸浅井城の城主石黒重之が南朝の興国三年に、後醍醐天皇の皇子の宗良親王を御迎えし、各所に南朝の支持者を求めて潜行された。牧野に御入りになった親王は、赤丸城ケ平の「親王屋敷」に入られ、近くの「極楽谷」に「極楽寺」を創建されたと伝わる。この時には、赤丸浅井城・赤丸浅井神社を中心とする「越中吉岡庄」は父君の「後醍醐天皇」の庄園で在った。「越中宮極楽寺由緒」には「この間、赤丸村に在った。」と記載される。「越中吉岡庄」は、元々、後白河上皇の「後院領」で在ったが、後醍醐天皇迄、皇室領として伝領された。


(※「明治時代の公図」高岡地方法務局所蔵)






■「越中吉岡庄」は「後白河上皇」・「後鳥羽上皇」から南北朝時代の「後醍醐天皇」の時代迄、皇室領として続いた。南北朝時代の興国三年には「後醍醐天皇」の第八皇子「宗良親王」が赤丸城ケ平山の「親王屋敷」に入られ、「極楽谷」に「極楽寺」を創建された。

■「歴代、吉岡庄領主」⇒「後白河上皇」・「後鳥羽上皇」~「後醍醐天皇」


■明治維新は「後醍醐天皇」の天皇親政を目指した。




■「宗良親王」は「赤丸浅井城」に入城され、南朝軍を鼓舞された。






■「宗良親王」は「熊野社」を信仰され、「赤丸浅井城」の背後には「熊野社」を祀られた。高岡法務局公図にはその「社地」の記載が在り、この「熊野社」は現在、「赤丸浅井神社」に合祀されている。




■「射水郡誌」には、宗良親王が牧野に入られた時に親王を護衛して常に奉仕したのは「牧野太郎二と云い、この人物は木舟城を築いた石黒太郎光弘の後裔の牧野氏なるべし」と記載している。従って、木舟城、赤丸浅井城には石黒重之の手の者が、牧野には「牧野氏」が入っていたものと見られる。赤丸村には赤丸浅井城、極楽寺跡に近く「親王屋敷跡」が在り、親王は将軍としてあちこちの軍営を鼓舞されて転戦、巡行された時に、ある時には「馬」で、ある時には「與車ヨシャ」と呼ばれる牛車に乗られたものと見られ、「越中宮極楽寺由緒」には「高岡市の御車祭り」で使用される二輪の車はこの時に宗良親王が使用された「御車」を使っていると云う。その為に、二番町の山車だけは、二輪車で在り、飾り付けは宗良親王が信仰された「熊野社の鳥居にヤタカラスが二羽留まっている」形のものだとしている。従って、この祭りが始まる前には役員が正装して極楽寺に拝礼してから出発するのだと云う。
しかし、高岡市では、いつの間にか『この祭りは豊臣秀吉が後陽成天皇を御迎えした時の「鳳輦 ホウレン」と言う人が担ぐ輿を前田利家が拝領し、利長がそれを市民に与えたもの』と家臣や有力町人により喧伝されて引き継がれ、現在の「高岡市」もこの説を採用して引かない。

■「高岡市史」には宗良親王は妙法院院主、比叡山座主を歴任されたので、越中に入られた時には先ず、妙法院院領の「福田庄」に入られたとする。しかし、興国三年には「妙法院院主」は北朝の親王に代わっており、これは疑わしい。しかし、それ以前に「福田庄」は極楽寺庄園になっていた時期が在る事から、親王がこの地域に入られたと言うのは、「極楽寺」に入られた事を指すのではないか?
(※「国立歴史民俗博物館庄園データーベース」参照)
(※「鎌倉遺文 巻4 1974号 P58 慈鎮和尚……… 」参照)









■「越中宮極楽寺」、『宗良親王像』(※福岡町木舟の石黒家所蔵)、高岡市二番町の二輪の山車(熊野社の鳥居とヤタガラス)

《写真は二番町の山車》
■『二番町の曳山』【鉾留: 桐本座は千枚分銅(唯一人形ではない)。唐垣地幕は緋羅紗地剣梅鉢紋。 本金糸刺繍囃子。 還城楽(囃し方・枇杷首)。高さ 約9m、重さ 約2.5t】
⇒本座人形は無し。屋台前部に守護神を「熊野権現」とする「熊野神社」の朱塗りの鳥居があり、二羽の烏が留まる。7基の山車の内、唯一車輪が二輪である(直径 2.05m)。
4月30日の宵祭りには二番町のみ、神を迎える神事として提灯を手に、長持ちを担ぎ神様を迎え入れる。(※Wikipedia)



■「越中宮極楽寺」の熊野権現の厨子


■「後陽成天皇聚楽第行幸絵図」⇒後陽成天皇が「聚楽第」行幸の時には「鳳輦 ホウレン」と呼ばれる「輿 コシ」に乗られている。



■【※鳳輦(ホウレン)は「屋根に鳳凰の飾りのある天子の輿」の事。人達が担ぐ乗物で、日本では「天皇」の正式な乗物を意味する。現代の神社の祭りに使用されている鳳凰の飾りがある「神輿」(ミコシ)は同じ形をしている。牛に引かせた「牛車 ギッシャ」は正式には「與車 ヨシャ」と呼び、車に乗る時には後ろから踏台を使用して乗り、降りる時には必ず牛を外して前から踏台を使用して降りる定めが在ったと言う。関白、親王、妃等の人達の乗物。(※「與車考」有職故實)】

■京都葵祭りの「曳山」⇒神々が降臨される木等の植物を中央に建てた四輪車。引き回す「御神輿」の形。神々は杉や笹等の植物、或いは岩等の「自然物」に降臨される所から、地鎮祭等の神事でも必ず使用される。


■高岡市博労町の極楽寺由緒(絶版)に「元赤丸村に在った事」「高岡市の曳山に宗良親王の御座車の部品が利用されている事」等、興味深い事実が記載される。この極楽寺は、元、赤丸村の城ケ平山の「極楽谷」に創建されたと伝わり、赤丸城の中腹には「宗良親王屋敷跡」も史跡として残されている。この由緒は「極楽寺由緒編纂委員会」が昭和11年に発行したが、この原版は残されていない。
東京大学 史料編纂所 図書室( 東京都文京区本郷7-3-1)に「越中宮安養山守山極樂寺略縁起」(安養山守山極樂寺編、越中宮極樂寺史編纂所、 1936.9)が残されるのみ。この書籍は、全国を探した結果、大阪に1冊発見された。郷土の真実の歴史研究の為に公開したい。

■「越中宮極楽寺」


■毎年5月1日に行われる高岡市の「曳き山祭り」では、「越中宮極楽寺」に役員が拝礼に立ち寄る。この「曳き山」の「大八車」には後醍醐天皇の「第八皇子宗良親王」の御座車が使用されている事から、先ず、宗良親王に拝礼するのだと「極楽寺由緒」に伝わる。









■富山県高岡市福岡町赤丸に残る「越中宮極楽寺」創建の遺跡位置。
この場所は「赤丸城ケ平」に在り、この山の命名については、「城ケ平山」(※「赤丸名勝誌」)として、 【傳説には建武二年後醍醐天皇第八皇子比地に御殿を築かせ給ひ御遷殿の御歌に「城かきをきつき八重かき平らかに このうへなきや乗り合ひの里」上句の城平二字を取り城ケ平と名け給ひしとぞ 】 と記載されている。



■下記に「極楽寺由緒」の全編を公開する。高岡市の真実の歴史がどうなのかは御自身で確認されたい。
「越中宮安養山守山極楽寺 由緒」(※高岡市博労町校下)
























































🔴 伝説の「藤原利仁将軍」の末裔の「越前斉藤氏」、「越中石黒氏」、「加賀林氏」と「加賀富樫氏」⇒一族での戦乱の歴史!!

2018-07-30 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
●「加賀富樫家」の記録「富樫記」!!
▼「富樫記」には、この一族の系譜から「加賀朝日城」での滅亡迄が記載されている。
(以下はその部分)


■加賀の「高尾城」を拠点とした「富樫氏」は、『藤原利仁将軍』の末裔の「越前斉藤氏」・「加賀林氏」・「越中石黒氏」の内の「林氏」から出た。
「藤原氏」は、養老年間に「藤原不比等の系統は【藤原】を名乗り、元々の「中臣鎌足の一族」は元の【中臣】に復して神道祭祀に奉仕する様に」との勅令が出されて、後々、「藤原」を名乗った者は【藤原不比等の子孫】に限定される。この「藤原」から伊勢神宮の「斎宮守」に成った一族は「斉藤」に成り、「加賀」では「加藤」に成ったと云う。

■「林氏」は、当初は「越中吉岡庄」を庄園にしていた「藤原摂関家藤原頼長」の支配を受けていたが、「頼長」が「保元の乱」で「後白河上皇」に敗れて失脚すると「源頼朝」の配下に入った。「源平の戦い」では頼朝の弟の「源義経」の支配下に入って戦功が在り、「越中」を知行されたとされる。(※「保元記」、「加賀林氏」北国新聞 刊)



■一方、「後白河上皇」は「藤原頼長」の旧領の「越中吉岡庄」を没官して、自らの「後院領」に編入した。この「吉岡庄」には、聖武天皇の弟の「石川朝臣広成」が中興されたと伝わる「郷社 延喜式内社赤丸浅井神社」が 在り、その隣接地に在った「赤丸浅井城」は「累代、東大寺大仏造営の時に米五千石を寄進したとされる利波臣の子孫の石黒氏が居城にした」とされ、石黒氏は古くから「吉岡庄」とも密接な一族で在った様だ。「源頼朝」が奥州へ逃れた「源義経」の探索の為に「越中吉岡庄」には「成佐」を地頭に配置したとされ、木曽義仲に味方した「越中石黒氏」は一時期、地頭職から外れた様だ。しかし、その後の「後鳥羽上皇」が起こされた「承久の乱」では「後鳥羽上皇」の側で戦っている事から、その時には復活していたものと見られる。(※「保元記」、「平範記」、「承久記」、「吾妻鏡」)
頼朝に追討され、「源義経」が失脚すると、分家筋の「富樫氏」の勢力が強くなり、「富樫氏」は頼朝から加賀を知行されたと云う。(※「富樫記」)



■「林氏」は石川県鶴来町を本貫地として石川県の南部一帯を押さえて、分家からは「富樫」、「石浦」等の現在金沢市の地名にもなっている多数の氏族を生んだ。同じく藤原利仁将軍の末裔とされる「越中石黒系図」には、先祖に「石浦」の名前が在り、林氏と縁組していた「越中石黒氏」は一族の「石浦氏」とも縁組していた様だ。「林氏」と「石黒氏」は「源平の戦い」 では、「越中吉岡庄」の領主の「後白河上皇」の皇子「以仁王」の「令旨」に従って源氏の「木曽義仲」に就いて「倶利伽羅峠の戦い」に参戦している。「頼朝」が「義経」を追放すると、「石黒氏」は「天皇家」、「富樫氏」は「頼朝」に就いて対立したが、「後鳥羽上皇」が「承久の乱」で鎌倉幕府と戦い、上皇が隠岐島に流罪になると、上皇側の「加賀林氏」や「越中石黒氏」は降伏してその勢力が失われた。一方、「加賀富樫氏」は「承久の乱」でも「幕府側」で戦い、戦後、勢力を得て加賀国を支配したとされる。

■【越中の「藤原一族」とされる「井口氏」は奥州藤原氏系列の「田原藤太」(※藤原秀郷)の末裔とされ、その子孫は越中吉岡庄に落ち延びて高岡市石堤村「西光寺」を興したと云う。(※「西光寺縁起」石堤村誌)「井口氏」は「富樫氏」と連携した様で、石黒氏と井口氏が熾烈な戦闘をした古記録が有る。「越中吉岡庄」の領主「後白河上皇」の皇子「以仁王」の子の「越中宮」を奉じた朝日町の「越中宮崎氏」は「藤原氏」を名乗るが、源平争乱の時に、「木曽義仲」に味方して義仲は朝日町に諏訪神社を創建している。源平争乱では「加賀林氏」は「源義経」に味方して戦っているが、義経と争った義仲には「越中石黒氏」等が味方しており、藤原氏が分裂して争った様だ。「加賀林一族」(※北国新聞刊)には「林一族は義経に従って戦効が在り、一時期、越中を知行された」と記されている。しかし、「後鳥羽上皇」が惹き起こした「承久の乱」では、「富樫氏」は足利方に就き、「越中石黒氏」と越中の諸将や「加賀林氏」は後鳥羽上皇側に就き、「富樫氏」は足利方に就いて藤原一族を分断した争いに成っている。】

■「加賀富樫氏」は室町時代に足利幕府に就いて戦い、北陸で大きな勢力を持っていたが、戦国時代に猛威を奮った「一向一揆」の勢力と戦って、石川県境則加賀朝日城に籠城したが、周囲を取り囲まれて、遂には女人の救済を条件に一族は自決した。
(※「加賀林氏」北国新聞 刊、「富樫記」)



🔴 「越中国 五位庄」の領主は加賀藩の高岡町奉行(高岡市)を務めた「寺島蔵人」の先祖「寺島牛之助」!! ⇒金沢市観光施設【寺嶋蔵人邸】。

2018-07-30 | 富山県高岡市福岡町赤丸村









■加賀藩で高岡町奉行や算用場奉行を務めた寺嶋蔵人(1777年・安永6年 - 1837年・天保8年)の家系は、守山城城主神保氏張の家臣であり、上杉謙信が一向宗と対立して越中に進攻した時、先祖の寺嶋牛之助は上杉謙信に敗れたが、謙信から「五位庄安堵状」を得て、五位庄の領主として高岡市国吉の「柴野城」を居城とした。その後、佐々成政に従い、赤丸城の中山氏と共に能登末森城の戦いで前田利家と戦ったが、佐々氏が敗れて九州に転封されると、加賀藩に召しかえられ、加賀藩の重臣となった。この子孫が高岡町奉行、算用場奉行、改作奉行を務めた「寺嶋蔵人」であり、加賀藩の騒動であった「十村断獄事件」で十村擁護の立場を取り、一旦は失脚した。「十村断獄事件」とは、「一部の十村が隠し田を持ち、正確な年貢を納めていない」という某十村の讒訴から、加賀・越中の十村の多くが能登島に流され、一部はそこで亡くなっている。特に、五位庄周辺の国吉の十村五十嵐孫作等、高岡周辺の十村が投獄されたことも有ってか、元高岡町奉行をした寺嶋蔵人は藩政に対して意見を述べ、藩主から左遷されている。寺嶋蔵人は第十三代前田斉泰に再び重用されたが、後に一大勢力となった寺嶋一派を警戒した前田斉泰に能登島に配流され、そこで亡くなった。現在、金沢には「寺嶋蔵人邸」が観光地として残されており、「寺島家文書」に謙信からの「五位庄安堵状」が残されている。現在、赤丸には「寺嶋」を名乗る家が3軒残り、武家の末裔と伝わる。因みに、高岡の守山城を拠点とした神保氏張の妻は織田信長の妹で有り、神保氏張は前田家に敗れた後に流浪し、徳川家に仕官して旗本になっている。東京神田の「神保町」はこの神保屋敷の跡の様だ。「越中志徴」には「赤丸の喜田氏が信長に通ず」と記載されており、この「喜田氏」は寺嶋氏の家臣と思われるが、浅井神社の古い記録には浅井神社に「気多神」を祀っていたと云う記載も有り、能登羽咋市の古豪の「喜多家」へは山道で赤丸から抜ける事が出来る為、この喜多一族とも考えられる。今迄、寺嶋蔵人は高岡町奉行としてしか高岡市では認識されていなかったが、金沢の寺島家文書に「上杉謙信からの五位庄安堵状」が残る事から、寺嶋氏の五位庄でのルーツがハッキリしてきた。
(※金沢市立玉川図書館「寺島家文書」)

◎又、最近の研究から寺嶋牛之助は兄の小島甚助(寺嶋・斉藤を名乗っている事もある)と共に当初は神保氏に仕えて戦ったが、後には神保氏の諸流と見られる高岡の森山城主神保氏張に従い、柴野城を拠点として五位庄を所領として戦っており、加賀藩に仕えて後は伏木の勝興寺の周辺に斉藤(小島)甚助、寺嶋牛之助館をそれぞれ構えて勝興寺の監視役をしていたらしい。
(※「前田土佐守家資料館」→所蔵絵図)
更には、最近の研究から、神保氏張の家系は平姓良文流で家紋は丸内二引両を使用し、先祖は武蔵国「頼尊」にはじまり、当初は「山邊六郎」と名乗っていたが、その後、中村・土屋・土肥・新開の祖となり、笠間城城主常遠は寛治三年源義家に従い軍功を挙げた。始めは二宮右京進と名乗っていた神保左衛門尉経忠の時、後醍醐天皇に従い、桃井直常に従って軍功を挙げ、越中国守山城城主となり、後に将軍 源(足利)義詮公に従ったと云う。神保氏純の時、畠山義則に仕えたが国が乱れて義則は出奔し、神保氏は上杉謙信に従った。その後、佐々成政が越中守護になると義則の娘は佐々成政の室となり、義則は能登畠山義隆の二男清十郎を養子とし、神保安芸守氏張となる。初め、上杉謙信に従ったが、後には織田信長の妹(※系図では「お市」の妹)を室として越中半国二十六万石を領し、成政が熊本に転封されてからは九州に移り、後、天正十七年徳川家康に浜松城で召し抱えられ、下総国香取郡の内二千石を賜り、旗本寄合となる。慶長五年の関ヶ原の戦いの後、江戸城留守役を命じられる。氏張の子氏則は佐々成政の娘を室とし、天正二年には伯父能登畠山義則に従う。神保氏張と織田信長の妹の間に生まれた神保氏長は二千石を継ぎ徳川秀忠(法名は台徳院殿興蓮社徳譽入西大居士・台徳公と云う。)に仕え、寄合衆となる。その後も代々、徳川家に仕えたと云う。
佐々成政・神保氏張・寺嶋牛之助に従った赤丸浅井城・赤丸城の中山氏は共に能登末森城に前田利家を攻めたが福岡町沢川村の田畑兵衛の裏切りの為に勝利できず、前田家の仕官を断り、越前敦賀に落ち延びて今井家の養子になったと云う。
神保氏については静岡県立図書館の徳川家臣団の系譜に詳しく記載され、寺嶋氏については金沢市立玉川図書館の「寺島家文書」に詳しい系図が残る。寺島牛介の兄の小島甚助は富山市蜷川郷の「常福寺」の住職に成った。又、この寺島一族(※支流か?) は加賀藩から知行された土地が水害に遭った為に「五位庄赤丸村」に代替地を与えられたと云う。現在も赤丸村にはその子孫とされる一族が残っている。(※「二上山研究」)
又、中山氏については敦賀市博物館の「中山家文書」に赤丸村での貸し付け証文等も含む詳細資料が残されている。
 




(※ 「寺嶋蔵人と加賀藩政」高岡市図書館蔵書 、「近世武士生活史入門事典」参照)


「天保十四年の金沢城下寺島邸」
(※1651年由比正雪の幕府に対する謀反計画に加わった丸橋忠弥は一時期加賀藩士に奉公していたと云う。加賀藩士にも由比の名前が有る。「寺島蔵人と加賀政」によると、寺島蔵人は由井正雪の情報にも関心を持っていたと云う。)







(註)山城国清水寺とは京都府京都市東山区清水1-294の通称 「京都の清水寺」 と呼ばれている古刹の事。この観音像が安置されている柴野城跡地の山並みには、赤丸村の「清水山」が有り、ここにも柴野城跡の千手観音像と同じ「山城国清水寺の観音像」を祀る「清水観音堂」が在る。ちなみに山城国清水寺の千手観音像は両手を頭上に挙げ、化仏を奉げる独特の形をしている。



🔘 東京国立博物館に保管される赤丸城ケ平古墳群出土の「頭椎カブツチの太刀」の「頭椎」!! ⇒神武天皇の軍隊?。

2018-07-30 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸






■群馬県の観音山古墳出土の「頭椎の太刀」には、全体が金装で更に頭椎には銀象嵌がしてあると云う。
⇒「金銀装頭椎太刀 柄頭に連弧状の銀象嵌を施し、柄部に銀線を巻いた太刀」

■赤丸城ケ平古墳群出土の「頭椎の太刀」も、同じく全体が金装で、頭椎には銀象嵌を施したものだったと見られる。


(※赤丸城ケ平古墳出土の「頭椎の太刀」と類似の復原をしているイノウエコーポレーションの了解を得て掲載しています。赤丸城ケ平古墳群出土のものは、更に頭の部分に 「銀象嵌 」 がしてあります。)



■長く地元では行方がはっきりしなかった赤丸城ケ平古墳群から出土した大和朝廷時代の「頭椎の太刀」の「頭部分」は、独立行政法人国立文化財機構に調査していただいた所、現在は戦前の帝室博物館から「東京国立博物館」に受け継がれて、国立博物館で常設展示されている事が明らかになった。「頭椎の太刀」は神武天皇の軍隊が使用したとも伝えられ、大和武尊像等に見られる『太刀の柄の頭が鎚の形になっているもの』で赤丸城ケ平古墳群出土のものは銀象嵌が施されている。全国的にも出土は少ない様で、赤丸村周辺から小矢部市の埴生八幡宮周辺の谷内古墳群迄、多くの横穴古墳群や前方後円墳が西山丘陵に続いており、富山県の古書には大和朝廷と出雲勢力との抗争を語り継ぐ物語が在る。小矢部市の博物館には古代の「鎧」の現物が展示されており、現在に古代の鎧が伝えられている事にも驚かされる。是非、一度はこの国の宝を拝見したいもの。
(※この「頭椎の太刀」の頭椎部分は東京国立博物館で2010年にも公開された様だが赤丸村では広報もされていない。地元への正確な広報を望みたいもの。東京国立博物館や奈良国立博物館で定期開催される展示に富山県に関係する文化財が出展されても、報道も行政の広報も行われず、地元民が知らない事が多い。ここが中央の都市と地方都市の情報量の差になっている。官庁でも文化財を所管する部署が適宜、連携して広報するべきだ。富山県に多くある東大寺荘園についても中央で特別展が行われていても、地元住民も知らない事がある。その文化財が地元関係のものだとさえ、官庁や教育機関が広報せずに済んでいる。これでは「歴史都市」「観光都市」と言う謳い文句は有名無実だ。国、県、市がバラバラに文化財を所有して、お互いの連携もできていない。こんな感度の悪い行政では、世界的に日本を広報する能力はない。文化財行政では広報する時に著作権を盾に報道に規制を加えるべきではない。国、県、市等の写真資料等をいちいち許可を取る必要があるのだろうか? これだけSNSが発達した時代でも公共財産である文化財の写真等の使用に許可が必要なのは何故か? 改変されたり、悪用されたりする事を恐れているのか? 報道機関にはもっと自由にこれ等の資料を活用して、活発な報道を行って欲しいもの。個人情報保護法や秘密情報保護法を拡大解釈して運用される社会は暗黒社会だ。官庁は特に、不必要に情報を秘匿する特性がある。金沢市ではテレコムタウン指定と共に「官庁情報の公開」を目指した都市づくりを行った。隠す必要のない情報を役人の権限と勘違いして、官僚の裁量権を振り回す都市に発展は望み得ない。その為には「先ず隗より始めよ(トップや幹部より始めよ!)」である。




(※「ふくおかの飛鳥時代を考える」福岡町教育委員会発行)


















(※赤丸村出土の「勾玉」は富山県と新潟県境の姫川渓谷から産出する翡翠と蛇紋岩で作られている。)

▼「独立行政法人国立文化財機構」の調査結果の連絡⇒発掘物の整理No.等、詳細の連絡をいただいた。地方展示は博物館からの直接申請が必要になる。











■小矢部市「谷内古墳群」出土の古代の鎧












《鎧(胴)の復原模型》

🔴🔹高岡市駅南の『衆徳山総持寺』の「国指定重要文化財 木造千手観音座像」の胎内に記載される2ヶ所の「奉納仏舎利」と、倒幕に情熱をかけた「異形の天皇 後醍醐天皇」⇒「越中吉岡庄」!!

2018-07-29 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸


■「越中吉岡庄」を庄園としていた「後醍醐天皇」は、赤丸の日輪が付いた冠を被り、空海が唐から持ち帰った「東寺の重宝の袈裟」を身に着けて両手には「割五鈷杵(ワリゴコショ)」を持ち、自らが東寺長者文観に師事して体得された真言宗立川流の秘術を以て幕府倒幕を祈願され、「天皇の親政」、「王政復古」を目指された。

《※「割五鈷杵(ワリゴコショ)」; 縦に二分割できる五鈷杵で、その中心に「仏舎利」を入れる事を目的とするもの。また、分割した際にそれぞれが人形(ヒトガタ)にも見えることから、真言立川流においては「人形杵」(ニンギョウショ)とも呼ばれた。現在は、一般に使用する事は無い。(Wikipedia)》







⇒後に、この信念は『明治維新』の理念ともなっていた。この軸の賛には「後醍醐天皇は左手には法華経の五巻を持ち、右手には「剣」を握りしめて崩御された」と記載されている。
(※明治維新の時の「後醍醐天皇」の掛軸参照)






■河内金剛寺から伝わったとされる「総持寺の千手観音像」の胎内の「奉納仏舎利」については、未だ解明が進んでいない。
「後醍醐天皇」が密かに倒幕を企んで表面化した正中元年の「正中の変」は公家衆のとりなしで天皇への直接の処分には至らなかったが、後醍醐天皇はこの年の正月に東寺保管の空海所縁の仏舎利を大量に37粒も奉請(受け取る事)されており、理由は「国家安泰を図る為」と記されている。(※東寺保管の国宝「後醍醐天皇仏舎利奉請状」の写し参照)しかし、この仏舎利は倒幕祈願の為に各所の仏閣や仏像に施入された様だ。




■【正中元年(1324年)9月、京都の六波羅探題が後醍醐天皇の討幕計画を察知して、関係者を処罰する「正中の変」が起こる。執権は北条高時。】
この時から後醍醐天皇の倒幕の信念は動かなかった。河内金剛寺に残る「後醍醐天皇仏舎利施入状」と「東寺長者文観仏舎利施入状」に拠ると、現在、総持寺に安置される「千手観音像」の胎内の「奉納仏舎利」の記載は、金剛寺研究者に確認した所、「仏舎利を五粒も施入した仏像は金剛寺には無い」とされる事から、総持寺に移されたこの千手観音像にこの施入状に基づき仏舎利が施入されたものと見られ、胎内には「金剛位理卿 本願聖人」と後鳥羽上皇の法名が記載される事から、後醍醐天皇にとっては「倒幕の為に承久の乱を起こして無念の内に隠岐島で生涯された後鳥羽上皇」に捧げるという意味も在ったものか? 兎に角、東寺の仏舎利が一体の仏像に「五粒」も施入される事は異常な事であり、この千手観音像が如何に重要な仏像で在ったかが窺われる。






■近年、総持寺では二基の仏舎利容器が発見されており、この千手観音像と仏舎利の来歴が立証されれば、この仏像は正に鎌倉から南北朝時代の歴史を証明するカギになる「国宝以上の重要な仏像」と言えるだろう。又、後白河、後鳥羽、後醍醐と伝領された「越中吉岡庄」の赤丸村に在った「総持寺」にこの仏像が移された背景も明らかになるだろう。河内金剛寺は倶利伽羅合戦で亡くなった「源貞弘」が用地を寄進した寺で在り、後鳥羽上皇が起こされた「承久の乱」の首領は元々能登守で在った「藤原秀康」で在った。この時には、宮崎、石黒、加賀の林等は上皇側に付き、越中の井口、加賀の富樫は幕府側に付いて北陸の豪族一族を分断する争いと成った。その結果、後鳥羽上皇は敗北し、北陸の政治バランスも大きく変化した。
今後の事実解明の為に何よりも役立つ決定的な事は、近年、国立歴史民俗博物館が「越中吉岡庄」の位置を特定して国の「庄園データーベース」に登録した事だ。この事により、古文書に記載される「吉岡庄」、「おいの庄」等が解明され、これからは様々な越中の歴史が明らかにされるだろう。


🔘「越中五位庄」の鎌倉・室町幕府の足跡  ⇒「小田氏」と「小山氏」(※大石氏) !!

2018-07-29 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸

■室町幕府第三代将軍「足利義満」は、南北朝を統一すると「後白河上皇」以来、皇室庄園として南北朝末期迄続いた「越中吉岡庄」を自らが創建した京都の「相国寺」(塔頭寺院鹿苑寺金閣)の庄園とした。この頃には、この庄園は「五位庄」と改名されていた。(※「東寺百合文書」・「万山編年精要」)
当時の「五位庄」は福野町野尻や般若野庄の一部から伏木港に至る広大な範囲に成っていた。
(※「畠山文書」羽曳野資料叢書)







■越中五位庄の富山県高岡市石堤地内に「長光寺」が有り、この寺は鎌倉公方足利満兼の関東八屋形(八家)の宇都宮・小田・小山・佐竹・千葉・長沼・那須・結城の一つの、小田氏(伝承では織田?)の小田氏知が創建したと伝わっている。元、小田氏知は越中吉岡庄の地頭で有ったとも伝わる。小田氏は藤原氏で、常陸発祥、武蔵や関東を拠点とした。足利氏全盛期に、能登畠山氏も畠山重忠の妻と婚姻した足利氏が名跡を継ぎ、高岡の守山城を拠点とした神保氏も関東の武蔵国発祥で源氏の源義朝に従った。高岡市石堤の西光寺を開いた井口氏も源義朝に従ったと云う。関東で勢力を持っていた源氏の勢力がこの時代に能登・越中に集結していた事が判る。
藤原氏長者藤原頼長領、後白河上皇,後鳥羽上皇~後醍醐天皇迄皇室領として伝領した元の「越中吉岡庄」,後の「五位庄」は、応永十二年(一四〇五年)足利義満が室の追善料として京都相国寺(金閣寺)に寄贈。応永十九年斯波家領となったが、応永二十三年には五位庄の半分を足利義持が京都等持院に寄進し畠山満家に預け置かれた。
この頃、武蔵国忍城城主で後に出家した成田顕泰が、砺波郡増山村で開基となり長禄寺を設立(一四五八年)し、その後、この寺は射水郡守山城外に移って光厳寺となる。成田氏は、熊谷市を拠点とし、十三代顕時は上杉憲実に従い戦功をたて下総守となり、更に戦功を立て、関東管領足利政知(堀越公方)より、越中富山城を賜ったといわれる。成田顕泰は、現在は富山市にある光厳寺(後に前田家の墓所となった)を開いている。



■越中や加賀には現在も小山、宇都宮、小田と名乗る一族が残る。
越中五位庄にはこの小山氏の末裔と名乗る「小山どん」と長く呼ばれてきた旧家が有り、近年は土屋村の戸長も務めた家系であった。天明三年の「土屋村小山家先祖由緒書上」では「私先祖下野国之住人小山小四良朝政与申候而」と記し、「越中に来て小矢部川の東の砺波郡土屋村八日市嶋(現在の福岡小学校付近)に住まいし、その後、小矢部川の西に住まいした」と記している。
下野の小山氏は藤原秀郷の末裔で、秀郷九世の孫太田行政の子政光が都賀郡小山庄に居住して小山四郎を称したのが始まりと云う。治承四年(1180年)の源頼朝の挙兵に際して小山政光の後妻で頼朝の乳母の寒河尼はいち早く実子七郎(朝光)を頼朝の下に馳せ参じさせた。次いで、政光の嫡男の朝政・二男宗政らも参陣し、寿永二年(1183年)の常陸の志田義広の乱を鎮圧し、平氏追討戦や文治五年(1189年)の奥州征伐にも参戦し活躍した。嫡男朝政が小山を継ぎ、弟の宗政が長沼氏、朝光が結城氏を名乗り、長沼氏から皆川氏が出た。小山氏は惣領として、分かれた長沼氏・結城氏と共に小山三家と呼ばれた。鎌倉幕府では幕府宿老となり、小山氏は代々下野国権大介職及び押領使を務め、朝政は下野国日向野郷の地頭職に補任され、鎌倉時代を通じて下野守護を務めている。その後、「小山義政の乱」を起こして鎌倉公方足利氏満に滅ぼされ、後に同族の結城氏が家名を継ぐ。
五位庄土屋村の「小山家由緒」に拠れば、「小山義政の乱」を起こして鎌倉公方に滅ぼされた一族は当時の吉岡庄の土屋村に逃れ、代々、地域の名門として存続していた事になる。歴史から消えた一族は吉岡庄で生き延びた事になる。土屋村の隣接地の赤丸村領三日市には著名な「宇多刀工」の集団が住まいしており、当時は相当の武士集団がこの地域に住まいしていたのかも知れない。
その後、小山氏は上杉謙信と後北条氏にその都度形勢に応じて就いていたが、秀吉との戦いで後北条氏に就いた為に滅ぼされる。一部は水戸家に仕官し、近江では再興して大石と名乗りその孫の内蔵助良雄は浅野内匠頭の家臣となる。大石内蔵助の妻の理玖(りく)は佐々成政の子孫に当たり、主君の仇討の後に内蔵助良雄が切腹した後は息子の大三郎が父の良雄と同じ1500石という破格の条件で赤穂浅野本家に召抱えられ、理玖と一緒に広島へ移った。
※赤穂の「大石神社」へは富山前田家の産土社である「日枝神社」から嫁いでおられるとか? 富山県と佐々氏、大石神社、日枝神社の御縁は奇縁とも云える。又、「大石神社」には浅野家の後に赤穂藩主となった森氏の祖先で、織田信長の家臣の森家七武将(森蘭丸ら)を合祀しており、森蘭丸の家系の「森家」資料が保存されていると云う。森氏の武将の森可成は織田家武将として越中でも戦っている。


「祭神」は「大石内蔵助良雄以下四十七義士命と中折の烈士萱野三平命」を主神とし、浅野長直・長友・長矩の三代の城主と、その後の藩主森家の先祖で本能寺の変に散った森蘭丸ら七代の武将を合祀してある。「大石神社」に祀られる「森氏」の武将「森可成」は織田信長の家臣として越中の戦いにも参戦している。


●【小山氏の乱と越中五位庄の小山氏】
室町時代に小山義政が鎌倉公方足利氏満に起こした反乱。名門の小山氏と宇都宮氏の勢力争い。小山氏は敗れたが、討伐軍に居た小田氏が恩賞への不満から小山氏の嫡男をかくまって居た為、氏満から追討された。小山氏は後に親族の結城氏が継いだ。




■「鎌倉公方」足利氏満は室町幕府将軍足利義満の従兄弟になるが、義満が関東管領上杉憲方と組んで氏満を圧迫したため、氏満は幕府側の新田、小山、小田等を滅ぼし、特に小山氏は徹底的に滅ぼし幕府側への抵抗を強めた。
(※「鎌倉公方」足利満兼は足利氏満の子。この頃、関東では「鎌倉公方足利氏満」、「堀越公方政知」の二つの政権が対立して、同時に存在した。)

■室町幕府将軍足利義満は、関東管領足利政知(堀越公方)が成田顕時に与えた越中の地の「越中吉岡庄」を室の追善料として京都相国寺に寄贈した事になり、この時代に関東で滅ぼされた小山氏の末裔が足利義満の影響力が強くなった越中吉岡庄の土屋に逃れていた事になる。 (参考)足利氏満、足利義満文書




※「体系古文書実習」参照

💠🔹「越中吉岡庄地頭成佐不法の事」とする「吾妻鏡」の後白河上皇の文書の背景 ⇒「源義経」の逃避行を助けた後白河上皇!!

2018-07-29 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸













■『吾妻鏡』文治3年(1187年)2月10日、「源義経」は兄頼朝の追捕を逃れて、伊勢・美濃を経て奥州へ向かい正妻と子らを伴って平泉に身を寄せたとされているが、この情報は伝聞によるもので確実ではなかった様だ。
文治3年(1187年)3月2日付で、「後白河上皇」から「越中吉岡庄」の地頭「成佐」が不法を働いたから交代させよとする文書が頼朝に発せられた事から「直ちに交代させます」とする返書を頼朝が返している。
これは、時期が一致する事と、後白河上皇の皇子「守覚法親王」が義経の縁者で在った事から、義経を支援していた後白河上皇が、義経の逃避行を助ける為にそのルートに当たる自らの庄園の「越中吉岡庄」の地頭成佐を排除しようとしたものと見られる。


■「保元の乱」、「平治の乱」に登場した「源義朝」は熱田神宮神官の藤原季範の娘(由良御前)を正室として、側室には常盤御前、三浦義明の娘、波多野義通の妹、遠江国池田宿の遊女が居た。正室「由良御前」の子供として頼朝、坊門姫が産まれた。常盤を母としては、今若、乙若、牛若(源義経)が産まれた。弟の「源範頼」は母を池田宿の遊女として産まれたが熱田神宮神官藤原季成に養育され、季成の娘の藤原成子は後白河上皇に嫁して守覺法親王・以仁王を生む。
【頼朝、木曽義仲はこの以仁王の平家追討の令旨を受けて平家との戦いに望んだ。以仁王の皇子「北陸宮」は越中(朝日町)で越中宮崎氏の保護を受け、義仲は朝日町に諏訪大社を勧請している。】

■「源義経」が奥州に落ち延びた時にこの後白河上皇皇子の「守覚法親王」が背後で支援したと云う。法親王は福井県の「久河北荘」(※旧吉田郡河合村・森田村→この庄園は九頭竜川以北の大荘園で古代の足羽郡川合郷の名を継いで「河合荘」とも言われた。)を所有していた為に、越前大野の平泉寺に参詣した義経主従にとっては安全な道筋であったのだろう。
[※この庄園は藤原氏長者藤原頼長の縁者の仁和寺相応院の僧「隆憲」が仁和寺御室の守覚法親王に寄進した所領がその前身となり建久元年に見作田(現在耕作される田。見=現)60町が二品守覚法親王の「親王家領」となった。
「越中吉岡庄」は元々、摂関家長者藤原頼長の庄園で在ったが「保元の乱」で没官されて後白河上皇の「後院領」になった経緯が在り、守覚法親王はこの二ヶ所の庄園を通じて支援していた可能性が高い。]


📚📙📃 「臨済宗別格本山妙興報恩禅寺」の教え⇒『莫妄想 マクモウソウ』(妄りに妄想して苦しむ事は無い)!!

2018-07-29 | 歴史
●臨済宗別格本山「妙興報恩禅寺」の教え!!
(愛知県一宮市)



■通称「妙興寺」は愛知県でも屈指の古刹で、室町時代の将軍足利義教は深く帰依して妙興寺に庄園も寄進した。寺宝として「足利義教肖像画」が在る。又、1億円をかけたと云われる本堂の襖絵は有名だ。「妙興寺」は剣聖「上泉伊勢守」が修行した寺としても有名で、人質を取って閉じ籠った強盗を素手で捕らえた時に編み出されたのが、「無刀取り」と言う秘技で、後に柳生に伝えられて「柳生真影流無刀取り」として柳生流の極意とされた。
又、この寺には「妙興寺蕎麦」が伝えられて、現在の細切りの蕎麦のルーツと云われる。昔は蕎麦は「蕎麦がき」と言う団子状に練って食べていたが、この寺の僧が接客の為に編み出したのが現在の「ソバ」のルーツと云われ、嘗ては妙興寺から特許を貰った者だけが、商売として許されたと云う。「妙興寺」は修行僧を抱える禅寺で、寺院は全て文化財と成っており、主に中部地方や長野の臨済宗寺院の後継者を育てる寺でもある。長野県には末寺が多く、信州ソバのルーツとも云われる。

■この寺の管長は稲垣老師と言う。最高位の高僧で在り、存在だけで周囲が畏怖する程の気迫が在る。嘗て、この寺を修復した時に老師は事在る度に心構えを説かれた。「莫妄想」は妄りに妄想して現実を忘れる事の戒めの言葉だが、人間の心配は「在りもしない事を妄想して本質を忘れる」為に起こる。人間は実際には起こり得ない事をアレコレ想像して悩んでいる。足元を見詰めて、真実を見極めれば、悩み事は消える。座禅をしなくても静かにこころを落ち着かせて考えれば、今迄の悩み事は吹き飛んでしまう。
又、ある時に老師の居室に招かれて御茶を一服頂く事が在った。私は浄土真宗門徒だが、臨済宗とは何処が違うのかと思っていたが、老師はそれを察したのか古い時代の茶碗を出して来られた。一服戴いてから、御茶碗を拝見した所、何とそこには「老僧が尻を出している絵」が書かれている。驚いて老師に訊ねると、老師はニコニコ笑いながら「これが仏教の真髄だ」と云われる。そこに描かれている老僧は臨済宗の戦国時代の高僧とかで、何とその絵は「老僧が仏像を火に投げ入れて民衆の前で尻をあぶっている絵」だと云う。民衆は驚いて老僧の行いを咎めたが、老僧は平然として民衆に説いたと云う。「仏像は木から彫り出されたもので、それに祈る事が信仰だと思うのは誤りだ。仏教の真髄は、それよりももっと深い信仰する心に在る。姿在るものを敬うのではなくて、仏教の教える所を悟る修行が信仰に繋がる。だから、私は形だけの仏像はおしりを温めるだけのものでしか無いから仏像を燃やしているのだ。」と説明したと云う。従って、信仰の形は異なっても「信仰する心」が有れば宗派にこだわる事は全く無いと言うのだ。元々の教義は「釈迦の教え」に在り、その真髄を知ればその信仰の形が様々に異なっても全く問題は無いのだと云われる。

その時に、仕事上で様々な宗派の施設を手掛けると、その宗派の事を余りに知らない為に何時も恐縮してしまっていたが、何も違いは無いのだと気づかされた。又、空海や最澄の昔から日本では、御寺の中に神社を祀って信仰する習慣が在り、其れが嘗ては「両部神道」や東大寺等の天皇家所縁の寺院の信仰の形で在った。
其れが、明治維新の吉田神道が暗躍した廃仏毀釈運動で徹底的に破壊され、寺院が壊され、売られ、仏像は野に打ち捨てられた。
この時に歪められた日本の信仰形態は、余りにその被害が大きかった為になかなか復活されず、その為に、日本の長い歴史の実態も闇に消されつつある。

💥皇室庄園「越中吉岡庄」の『赤丸浅井神社由緒』⇒「赤丸村」の消された歴史!!

2018-07-29 | 富山県高岡市福岡町赤丸村












■「越州川人山鞍馬寺三社記」
(※川人山鞍馬寺は延喜式内社赤丸浅井神社の別当で赤丸浅井神社、石堤浅井神社、舞谷八幡宮を合わせて三社権現形式の「川人山鞍馬寺」独学呼んだ。この神社は南北朝時代迄は皇室庄園の「越中吉岡庄」と呼ばれた庄園で在り、南北朝末期に京都下鴨神社の庄園に成った頃に「五位庄」と改名された。→※「東寺百合文書」・「宝永誌」)






■「聖武天皇」が東大寺の大仏を造営された時に東大寺には4000町の庄園開発が認められ、越中ではその30%以上が開発され、「越中国司大伴家持」は調査に来た東大寺の僧「平栄」を歓迎した宴を開いている。この時に富山県の「利波郡」(江戸時代に砺波郡に改名)の郡司で越中石黒氏の祖とされる「利波臣志留志」(※一般的には「トナミノオミシルシ」と呼ばれるが、東大寺の寄進者名簿の「修院過去帳」では「リハノシルノサクヮン」と呼ばれている。「大宝律令」では官吏の「四等官」として「衛府」では【督カミ,佐スケ,尉ジョウ,志サカン】の官位に成っていた為に東大寺では「利波臣志留」と言う「志サカン」として記録されている。)が庄園開発に携わり、東大寺に米五千石(※「東大寺要録」)を寄進して国司に任じられた。
(※「国宝 東大寺正倉院絵図」→「石粟庄」からは「赤丸浅井神社」に「一反」の庄園が寄進されている。)
この「利波臣」の末裔は【累代、赤丸浅井城を居城として(※「富山県西礪波郡紀要」)、南北朝の時に利波臣の末裔とされる「越中石黒氏」の「石黒光景」が浅井城を再興した】とされる。この「石黒光景」は「源平盛衰紀」に登場する福岡町木舟の木舟城主「石黒光弘」の父に当たる。(※「石黒氏の歴史の研究」)


「砺波正倉」参照 (※砺波市教育委員会)


井波町に伝わった古地図
⇒古代には赤丸浅井神社前で小矢部川と庄川が合流していたと伝わる !!
古代の北陸道の浅井神社前に在った「駅」は「川合駅」又は「川人の駅」と呼ばれた。赤丸浅井神社前の「二位の渡し」から河口の「六渡寺村」迄の舟下りルートを「如意の舟渡し」(六渡寺川舟渡し)と呼んだ !!(※この合流地点から下流の大河を射水川、六渡寺川と呼んだと云う。)




奈良正倉院の東大寺庄園図(石粟庄図)には「浅井神一段」との記載がある !!


後醍醐天皇の庄園「吉岡庄」(※五位庄赤丸村)極楽谷に創建されたと伝わる高岡市の名刹「越中宮極楽寺」



「越中吉岡庄(赤丸村)」に在った高岡市の「旧高岡山総持寺 コーコーサンソウジジ」には「国指定重要文化財木造千手観音座像」が安置されている !!




「越中吉岡庄」は「後白河上皇」の庄園となった時に「蓮華王院」(※三十三間堂)に寄進された。「越中吉岡庄」は「後白河上皇」から「後鳥羽上皇」に譲られ、後鳥羽上皇が起こした「承久の乱」の後に一旦、勝者の幕府に没収されたが、後に後堀河天皇に戻されて、以後、「大覚寺統」に伝領した。(「福岡町史」、「日本歴史 中世」岩波講座p185)
(・南北朝時代の「後醍醐天皇」迄引き継がれたと云う。⇒「日本庄園史大事典」)







■「赤丸浅井城」に「元正天皇二宮在城」と伝える富山県の古書『肯搆泉達録』!!


大和朝廷の軍隊の痕跡「赤丸城ケ平古墳」!!



■「赤丸浅井神社由緒」に拠ると、「養老年間(712~724年)、元正天皇の時代に一宮、二宮に全国を二分して統治させ、二宮は当地に駐屯され、社殿を立て、祀官を定めて祭祀を行わせられた」と云う。元正天皇は女帝で、子供が無かったが、文武天皇の子供が幼少の為、始め、文武天皇の妻が元明天皇となり、継いで後を受けて即位された文武天皇の妹、聖武天皇の叔母の元正天皇が即位して親代わりを務められ、聖武天皇の即位に際しては聖武を「吾子」*我が子 と呼んで宣命を読んでいる。文武天皇には藤原不比等の娘「宮子」が夫人(ブニン)となり、その他に古代氏族の紀氏から紀竃門郎女(キノカマドノイラツメ)と石川刀自郎女(イシカワノトジノイラツメ)が嬪(ビン)となっていてたが、藤原不比等は我が孫を天皇とする為に陰謀を巡らし、文武天皇が亡くなると二人の嬪(当初、二人は妃に任じられている。)に不義有りとして嬪の資格を剥奪した。石川刀自郎女には男子が居たが、同時に臣籍降下させられた。
(※「続日本紀」→この事件は「藤原不比等の貶黜 ヘンチュツ 事件」と歴史的に呼ばれる事件で「貶黜」とは「官位を下げる事、排斥する事」を意味する。)
その男子は石川朝臣広成と賜姓され、舎人という役職に就き、その歌は万葉集にも3首掲載されている。石川刀自郎女は蘇我氏の一族だが、蘇我蝦夷、入鹿が討たれた後は、北陸の地は蘇我氏の末裔の石川氏が勢力を持って居た様で、石川県には石川郡という地名が残り、富山県には石川氏の一族が大伴家持の前後に越中国司として赴任している。又、石川氏で左大臣迄務めた石川朝臣豊成は懇意にしていた橘氏が世話をして、高岡と大門の間に比定されている「東大寺鹿田荘」の隣地に庄園を持っていた事が「東大寺荘園図」に記載されている。高岡市伏木の越中国府と赤丸浅井神社は地理的にも近くに在り、浅井神社からは国府近くの二上山も眺望できる。赤丸には明治期迄「石川家」という七軒百姓と云われる大百姓があった。本家は北海道に移住したがその分家は今も浅井神社の神域に残り、浅井神社の奥の院の後ろには、赤丸浅井神社を統括した「別当西宝院」という聖護院派山伏の歴代の墓と明治に還俗した後の川人神官家、石川一族の墓だけが残されており、神域に残されたこの両家は赤丸浅井神社と特殊な関係の家系で有ったと推定される。元々、礪波地区に勢力を持っていた石黒氏の先祖の利波臣志留志の末裔は、藤原氏一族の林氏と婚姻して藤原氏を名乗ると、蘇我氏一族の石川氏は次第に石黒勢力に圧迫された可能性が有る。石黒氏の先祖の利波臣は天皇の末裔(臣)を名乗り、藤原氏は天智天皇系の氏族の(藤原)を名乗ったが元々は職能集団の(連)であった。赤丸を中心とした吉岡庄が藤原氏長者摂関家の直轄荘園となり、藤原氏一色なった時には石川氏は強大になった藤原氏の陰で耐え忍んだと思われる。後に、藤原氏長者「藤原頼長」は「保元の乱」で敗れて、「吉岡庄」は「後白河上皇」に 没官された。「吉岡庄」が「後院領」と呼ばれる上皇直轄領になった時に、「後白河上皇」の皇子が本山派山伏の聖護院門跡に就任されたことも有り、「赤丸浅井神社」は「泰澄」が開いた白山修験道から「本山派聖護院派山伏」に変異したものと思われる。赤丸浅井神社には聖護院への古い献上札が残されている。この「後院領」は後鳥羽上皇~後醍醐天皇迄続いたが、後醍醐天皇の開いた南朝勢力が衰退して、やがて足利幕府の配下の斯波氏が統治する。五位庄は足利義満が開いた「京都相国寺」にその半分が寄進された。赤丸浅井神社の伝承では、「承久の乱」で朝廷派の石黒氏が敗れて北条氏や、足利氏等が台頭した武士の世になると、朝廷に与した寺院は五位庄から追放、あるいは圧迫を受け郊外に退いたとされる。赤丸にあった「川人山鞍馬寺」は福岡の一歩二歩に、「高岡山総持寺」は現在の高岡の地に動いたとされる。南朝支援の石黒氏も排斥され、その後、能登畠山氏の同族、秩父平氏の一族の中山氏が浅井城主になり、追放された鞍馬寺(後に法筵寺)には再三に亘り中山氏が攻撃を仕掛け焼き討ちしたと伝わる。(※「中世城館調査報告書」福岡町教育委員会)(※能登末森の戦いの後、敦賀市に落ち延びた「中山宗家」は「姓は藤原氏」としており、赤丸村に残った中山氏は「秩父平氏」と伝えている。又、高岡市内在住の旧加賀藩士末裔の中山氏の系図では「源氏、家紋は下がり富士に丸」と伝えている。)

(※「赤丸名勝誌」の中山氏については南朝の宗良親王の随臣としたり、源頼朝の家臣の畠山重忠と同じ秩父平氏の中山次郎重実の末裔としたり、その時代に迎合して時々に主張が変わっており、真の系統を伝える実在の古文書もなく、昭和に著された「赤丸名勝誌」に私家の系図として紹介されるものしか無い。南朝後醍醐天皇の時には赤丸浅井城に越中石黒氏が入っており、室町時代には富山市蜷川郷の蜷川氏が統治したと伝わり、一向一揆の時には本願寺坊官下間和泉が在城したとも伝わり、前田利家と能登末森城で戦う迄、中山氏が浅井城を居城としたかは分からない。敦賀市の「中山正弥家文書」では、「柴野城寺島牛介の甥の中山正治」と記されており、継続的に居城としたかは不明。「赤丸名勝誌」には「累代居城とした」とされるが、この伝承が喧伝されて諸誌に引用されたと見える。)
(※「中世城館調査報告書」福岡町教育委員会、「福岡町史」)


■現在、高岡市関町に在る「総持寺」は、古代氏族と見られる赤丸の在地国人領主「池田氏」の庇護を受け、池田氏所領の現在の高岡市に逃れたと云う。
(※「池田氏」は「治承・寿永の内乱序説」(※浅香年木著)に拠ると、石動、氷見、五位庄に所領を持っていた国人領主と推定されている。池田氏は藤原秀郷流に奥州藤原氏と一緒に記載され、「石黒氏」は藤原利仁流とされる。)
赤丸の中山氏が書いた「私家史」の「赤丸名勝誌」によると「石黒氏は北条氏を忌みて射水に逃れ、その後浅井城は中山氏の居城となった」と記載されている。しかし、公的な古文書に赤丸の中山氏が源頼朝家臣の北条氏の系統とするものは無い。頼朝の家臣の「越中吉岡庄の地頭」として記載されているのは「吉岡成佐」であり、或いは石堤長光寺の開基とされる「織田(小田)陸奥守氏知」である。後にも足利一族の「斯波氏」や足利義満近臣の「蜷川氏」の記載だけだ。赤丸地区はこの時代、徹底的に源氏の北条氏・足利一族の勢力に占められ、又、後に秩父平氏畠山氏の名跡を源氏の足利氏が継いで源氏系畠山氏となった為、能登・越中は完全に源氏系畠山氏の拠点になった。(※この時期に中山氏の公的な記載は何処にも出ておらず、中山氏に焼き討ちされたとする「法莚寺の伝承」と昭和に著された「石堤村誌」や「赤丸名勝誌」しか無い。しかも、この根拠はあくまでも「伝承」としての記載であり、古文書等の証拠資料は今迄確認していない。)
後白河上皇の時に源頼朝は吉岡庄に地頭を配置して、その地頭の「吉岡成佐」が不法にも天皇直轄領で年貢を徴収して未納し、後院庁から咎められた経過が「吾妻鑑」に記載されている。天皇直轄領後院領では守護の支配を排除して「後院庁」「後院司」が支配しており、その後も武士は直接支配する事は出来なかった。しかし、「赤丸名勝誌」に拠ると、南朝が敗れると、一挙に武家が支配し、中山氏が赤丸の統治に関わってきて、前田家の侵攻迄、累代赤丸浅井城を居城にしたとされる。しかし、上杉謙信の家臣名簿にも記載されず、途中がどうであったかは何も史料がなく、この根拠は不明だ。前田家が越中に侵攻する前の佐々成政の統治時代に中山氏が、天皇が認めた赤丸浅井神社の初穂米徴収権(五位庄、小矢部の宮島、国吉に亘る五位庄53ケ村から各戸一升を徴収する権利)に介入し、初穂米を自ら徴収してその配分に関与し、その米を領地以外にも広く貸し付けて収益を上げていた事は敦賀市博物館の古文書で明らかになっている。
(※福井県敦賀博物館に赤丸の中山氏が米を貸し付けていた証文が多数保管されている。中山氏の子孫と名乗る家系は幾つかあるが、この敦賀の家系が赤丸の中山氏の本家末裔とされている。⇒「中世城館調査報告書」福岡町教育委員会)

■敦賀市に落ち延びた赤丸浅井城「中山氏」の系図(※部分)


■高岡市羽広在住の赤丸城・旧加賀藩士「中山氏」の系図(※部分)


■後白河上皇から後醍醐天皇に至る時代の「後院領吉岡庄」はその繁栄の幕を下し、北朝、足利氏の圧迫の時代になる。室町時代に入ると、「足利義満」は「越中五位庄」を「相国寺」(※金閣寺)に寄進し、その後も足利家菩提寺の「等持寺」、「等持院」の庄園となった。浄土真宗が北陸で広がり、一向一揆が越前、加賀、越中で勢力を持ち始めると、「赤丸浅井城」には一向一揆の指導者の坊官「下間和泉」が入城したと伝わり、富山県立公文書館には一向一揆の中心人物の「下間頼龍」からの「赤丸信徒への志納銀受取状」が遺されている。「越中志徴」に拠ると、一時期には氷見市阿尾城主の肥後の菊池氏末裔の「菊池氏」が所領とした事が記載されている。又、戦国時代にこの地域は、能登攻めの通路となって、長澤氏や上杉氏、佐々氏が畠山氏、前田氏の能登攻めの時に、その都度石動山の僧兵を攻め、その都度石動山の寺社は全山焼き尽くされ、僧兵や女子供も全員が撫で切りの憂き目に逢っており、上杉謙信や前田利家が攻めた時には石動山と同じ山伏の赤丸浅井神社や浅井神社48坊の寺院は全て焼き付くされたと伝わる。その後、豊臣秀吉が築造した「方広寺の鐘」を巡って豊臣と徳川が対立し、徳川が勝利する。方広寺が本山派山伏聖護院の別寺で有った事から、徳川幕府は事有る度に聖護院派を圧迫したと聖護院では伝えられている。聖護院派山伏赤丸浅井神社は徳川幕府には圧迫をされていたが、幸いにも加賀藩前田家は徳川に抵抗する意味もあってか赤丸浅井神社には寛容な姿勢を示している。しかし、徳川政権と手を組んでいた吉田神道は浅井神社の持宮の石堤浅井神社や舞谷村の八幡社等に勢力を伸ばし、「唯一神道」を標榜して、両部神道の浅井神社勢力から神社の権益を各神社固有の権益にしようと画策していた様だ。「我社こそ延喜式内社の浅井神社」と主張していた石堤浅井神社の清水神主の初代神官は「石堤村誌」に拠れば、何と「吉田家」が入り込んできている。伝えに拠るとこの清水神主の持宮の国吉郷月野谷大元神社は代々国吉郷の村役を務めた中島庄官家の持ち宮だったとも伝える。吉田神道は藤原氏の氏神の鹿島神宮、春日大社の流れを汲む京都吉田神社の系統だが、伊勢神宮の神祇官に代わり神祇官代を名乗って、徳川幕府に「諸社禰宜神主法度」を制定させ、神官の任命権、位階による衣裳の色の指定の権利等を握り、全国の神官を「唯一神道」で統一しようと企てた為、従来の両部神道や神祇官家の伊勢神道とも対立した。石堤と赤丸は加賀藩時代に行政区分が度々変わり、赤丸を中心とした「赤丸組」であったり「石堤組」であったりした事も、浅井神社が赤丸か石堤かという論争の火種にもなっていた様だ。しかし、「延喜式内社」「五位庄総社」と名乗る「石堤浅井神社」の祭神は「罔象女神 ミツハノメノカミ」と言う農耕の水路の神であり、この神は赤丸浅井神社の前で合流していたとされる庄川支流の「木舟神社」の祭神と同じ神であり、これに対して「赤丸浅井神社」の祭神は神代の「大国主神」系の「水の江(大河)に祀る神である八河江比売神 ヤガワエヒメノカミ」と、皇室の重要な祖先神で大伴氏の氏神の「正一位 高皇産霊神」と言う神々の最高神を祭神としている。「延喜式内社」は朝廷の重要な神代の神々を祭神として「国家の神々」を指定したものであり、各地にも見られる「論社」と云われる神社も、この祭神を調べれば「延喜式内社」か否かは直ぐに判断できる。祭神も調べずに「論社」等と言う人々は、神々の威光を改変しようとするとんでもないバチ当たりだ !!

(※「元正天皇」は「藤原不比等の子孫」以外は「藤原」を名乗る事を禁じて、「中臣氏」は元の「中臣」に戻る様に勅令を出されている。鹿島神社を氏神としたのは「中臣氏」で在り、「大鏡」に拠ると「藤原不比等」は実際は「天智天皇の実の子供」だと云う。又、「大鏡」では吉田神道はこの中臣系の神社だと云う。)

■その後、赤丸村は福岡町に合併され、更に高岡市に合併されて小学校や役場組織が廃止され、地域の伝承を行う機能が著しく失われた。最近、高岡市は「西山歴史街道」としてこの一帯の観光振興を図ろうと云う動きが出ており、奈良時代から富山県西部の文化の中心地だったこの地域の歴史にスポットライトが当てられる事は素晴らしい事だ。奈良や京都の歴史にも匹敵するこの地域の歴史、特に平安、鎌倉、南北朝、室町時代の失われた中世の歴史を明らかにする事はむしろ全国的に見れば遅きに失している。

■赤丸村は蘇我氏の系統の所領、上賀茂社領、藤原氏領、上皇直轄領(後院領)、下鴨社領、足利幕府領と続き、戦国期には畠山氏、上杉氏、織田氏、佐々成政、前田家、明治政府と頻繁に政権が代わり、いつも主要な街道であった北陸道に沿っていた為、保元の乱、 源平の戦い、 承久の乱、南北朝の五位庄の戦い、応仁の乱による畠山氏の内戦、上杉謙信の越中侵攻、佐々成政と前田利家との戦い等が有り、豊臣秀吉、徳川家康と覇者が変わると従来の勢力図もガラリと変わった。その度に集落や寺社は焼かれ、戦勝者は敗者の歴史を消し、敗者は奴隷化した。勝った者が歴史を作り、負けた者は打ち捨てられた。五位庄も限りない戦乱で何度も焼かれた。

■佐々成政に従った守山城主神保氏張、柴野城主寺島牛介に従った赤丸村に対しては加賀藩は重税を課し、四公六民の税制にも関わらず、中山氏の居城の有った赤丸村舞谷集落に対して、寛文十年(1670年)には75%の高額な税率が課され、赤丸村61%、馬場村70%、西村70%、高畠村67%、鳥倉村75%と五位庄には重税で報復した。ちなみに、越中国の平均税率は41%、能登は25.1~60%という税率であり、赤丸村は国老の長九郎左衛門の知行地(279石)とし、寛政十二年には一族の人持組前田典膳(72石)にその一部を知行地として与えた。又、文化十二年には舞谷村を切り離してお馬廻役土方与八郎に知行地として与えている。
加賀藩の人間は越中人を「越中さ」として差別した。「加賀の一両めかけ」と言われる諺が金沢にある。加賀の者は一両が有れば「めかけ」を囲って遊び回るという。金沢の庶民は越中からの収奪で如何に潤っていたかが判る諺である。
前田家と戦った地域や佐々成政は悪人とされ、「小百合伝説」等を流布して浮気をした「小百合」を成政が「あんこう切り」で切り刻んで惨殺したと喧伝した。(※鮟鱇アンコウと云う魚を料理する時に、身が柔らかい為、縄で鮟鱇を木に吊して削ぎ切りして調理する。人間を木に吊し上げて体を薄く削いで惨殺した残忍さを強調した逸話である。)

■一方、福井市では、前田利家の非情さを示す話として、敗れた柴田勝家とお市の方の遺体が路上に打ち捨てられていたのを地元の名も無い者が福井市の西光寺(福井市の足羽山の麓)に持ち込み小さな祠を建てたと云う話がある。信長の妹のお市の方も隣りの小さな祠に祀られており、福井の地元の人すらどこに墓が有るのかも知らない位だ。前田氏は柴田勝家に同情的だったとする物語も在るが、事実は敵将柴田勝家と主家織田家の系統のお市の方の遺体は路上に打ち捨てられた。前田利家が武生領主の時に一揆の婦女子も含む農民千人余りを「磔、獄門、火炙り、釜茹で」等の刑で惨殺したとする記録(※「百万石の光と陰」浅香年木)もあり、この時に惨殺されたのは、捕虜と成った老若男女「一万二千二百人」で、全員が切り捨てられ、抵抗した者も含めると全体では三~四万人が殺害されたと伝える書物も在る。この時に地域は足の踏み場も無い位に遺体で埋め尽くされたと伝える。(※「福井県の歴史」山川出版)

■高岡市民が「鳳凰」にも比して崇敬する戦国武将前田利家の残忍さを示す事実がここにある。
占領地に対する虐殺や奴隷化は「戦国の習い」とされ、時には戦国武将の勇猛さを示す出来事とされるが、「歴史都市を目指す高岡市」が無条件に前田利家、利長を顕彰する「高岡市」の歴史認識の稚拙さを感ぜずにはいられない。大政奉還、明治維新後に発行された「高岡史料」にも「刑を受けて惨殺された者は数えきれない」と、加賀藩の悪政にも触れた記載をしている。ある時には、報奨欲しさの農民にお互いを密告させ、疑いがあるだけで能登島に多数の十村役を流刑にして殺した「十村断獄事件」は加賀藩が民衆を断圧して殺害した有名な事件だ。五位庄では十村役の五十嵐親子等が投獄、流刑になり、死人を出している。又、高岡市和田新村を開発した「和田佐吉」は磔の極刑で殺害され、能登でも十村役の父親が磔、その息子は連座して斬首されている。高岡町奉行、加賀藩算用場奉行等を歴任して加賀藩に貢献した寺嶋蔵人(五位庄柴野城城主寺嶋牛介の子孫)は第十三代前田斎泰の勘気に触れて能登島に流刑になり、終生投獄された。

■第二次大戦後にアメリカ占領で戦前や地域の歴史が抹殺された結果、封建領主の残忍さや戦乱で踏みにじられ、惨殺された数限りない民衆の記録も廃棄され、歴史の闇に葬られた。戦国武将や加賀藩の人物はあたかもアニメの主人公の様に扱われて、「利長くん」等のキャラクターや映画の題材として、或いは観光の為に「偉人」とされ、民衆は真実を知らされる事もなく、高岡市の愚民化政策に踊らされている。

■「夏草や 強者どもが 夢の跡」
これは有名な、松尾芭蕉が奥の細道の旅の途中の平泉(今の岩手県平泉町)で、かつて繁栄した奥州藤原一門の事を偲んで詠んだ句だが、保元の乱、源平の戦い、承久の乱、桃井直常の五位庄の戦い(花営三代記)、上杉謙信の占領、佐々成政の占領、前田利家の占領と度重なる戦乱に巻き込まれ、戦場となった越中五位庄は、何の痕跡も残さない様に焼き尽くされ、奪われ、惨殺された。「赤丸浅井神社」もその都度、焼き尽くされ、古くから残る史跡は赤丸浅井神社の墓所くらいしか残されない。しかし、地元民にはよく知られていないが、「吾妻鏡」や「義経記」、「太平記」等の古書に記載されて、「地元に残る伝承」も千数百年を経ても古老により語り継がれている。だが、為政者が替わり、近代に入ってから合併が続く度に郷土の歴史や伝承は占領者、合併市町村の論理で次第に隠蔽され、或いは意図的に「多数意見の論理」で抹殺される。今、 五位庄には一面の稲穂が広がるが、ここが昔、阿鼻叫喚の地で幾多の人逹の血と涙が流された地であった事を知る人は少ない。

■五位庄赤丸村は繁栄と壊滅的な戦乱、そして報復により、ついには歴史からも消された。赤丸村に有った著名な寺院は殆どが前田家により高岡市街に移され、高岡城の周辺に配置され出城の役割を担わされた。これ等の寺は今も由緒を隠したり、紛失したとしており、著名な衆徳山総持寺の観音像は「伏木港から上がった」と流れ出た仏像の様な由緒を残しており、越中宮極楽寺も「元は牧野という海沿いの地域に有った」と表向きの由緒を作っている。占領された民衆は「頭振り」と呼ばれた「農民奴隷」として強制的に高岡市の和田新村へ移動させられ、残されるのは住民のいない寒村である。郷土史では為政者とその威光に怖れた者が全く異なった歴史を作り出している事にも注意すべきである。

■寛文十一年に郡名の改正有り。越中の利波郡を礪波郡、氷見荘を射水郡、加賀の鹿島郡を能登郡、河北郡を加賀郡とした。(【註】「加賀藩農政史考」国書刊行会発行 参照)





■【延喜式神名帳記載の赤丸浅井神社の創建年代の出来事】 
・和銅年間(708~715年)天皇は元明天皇(文武天皇の母)   
708年(和銅元年)「和同開珎」製造
・養老年間(717~724年)天皇は元正天皇
(文武天皇の妹、聖武天皇・石川朝臣広成の叔母--親代わり)
◍養老元年(717年)赤丸浅井神社を元正天皇二宮御創建(石川朝臣広成を指すと思われる) 
越中国砺波郡鎮座 【社殿】 本殿流造、 幣殿・拝殿

(※「赤丸浅井神社」に伝わる社伝に拠ると、創建はもっと古い時代とされている。)

■[参考]和銅年間に銅が発掘され「和同開珎」が国内で初めて鋳造された。


■[赤丸浅井神社の宝蔵に残る「聖護院宮」への寄進札]



■【赤丸浅井神社の別当西宝院と明治に入り還俗した川人神官の合わせて47代の墓が残されている。】







📕📃「衆徳山総持寺 国指定重要文化財 木造千手観音座像」(高岡市関町)とその【真言】!!

2018-07-29 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
■「衆徳山総持寺 国指定重要文化財 木造千手観音座像」(高岡市関町)




■胎内には「金剛位理乗 本願聖人」と記される。「金剛位理」は『後鳥羽上皇の法名』、『乗』は真言宗衆徒(※金剛乗教)、『本願聖人』は祈願者を示す。








■「国宝指定概説 昭和12年告示」には「元、赤丸村に在った」と記されている。


■「赤丸村」は富山県西部に在り、「白河上皇」の時に京都の上賀茂神社の庄園としてに寄進され、その後、藤原摂関家の庄園と成った「越中吉岡庄」の村で、南北朝時代末期からは「五位庄」に改名された。(※「宝永誌」)
『保元の乱』で「藤原頼長」の庄園が没収され、『後白河上皇』、『後鳥羽上皇』~『後醍醐天皇』迄「上皇の庄園」の[後院領]として皇室に伝来した。この「千手観音像」は南北朝の騒乱の時に、南朝の行宮て在った「河内金剛寺」から「後醍醐天皇」の庄園で在った「越中吉岡庄」の「総持寺」に伝来した。胎内には「奉納 仏舎利」と二ヵ所に記載され、空海ゆかりの東寺の「仏舎利」が施入されたと見られる。(※この観音像の細部調査は未了)




🔴🏯 『越中吉岡庄』の「石堤長光寺」の開基【(織田陸奥守氏知(小田氏朝?)】⇒本姓藤原氏の「小田氏」と同族の『田原(俵)藤太』(藤原秀郷)・「大石内蔵助」!!

2018-07-28 | 富山県高岡市福岡町赤丸村



■富山県高岡市福岡町土屋村には「小山氏由緒」が残される。「✳「土屋村史」」


■元藤原摂関家長者の藤原頼長領で保元の乱で後白河上皇に没官された「越中吉岡庄」(後の五位庄)と呼ばれた庄園は、「五位庄五十三ケ村総社・五位庄郷社赤丸浅井神社」に伝わる所に拠ると、近代とは相当範囲が異なる様だ。赤丸浅井神社は五十三ケ村から毎年、初穂米として各戸より米一升を徴収する権利を朝廷から与えられていたと伝わり、今も赤丸村ではこの習慣が残る。(現在は奉納金に代わっている。)浅井神社に伝わる五十三カ村は赤丸浅井神社由緒に拠ると「五十三箇村 旧五位庄廿五ケ村國吉郷廿六ケ村宮島郷二ケ村」と記載されており、これが古くの「吉岡庄」の範囲と推定される。
この「吉岡庄」は、「吾妻鏡」に記載の「源頼朝の書状」にも残るが、古文書に拠れば「吉岡谷の吉岡成佐」や石堤村の長光寺を開いた「織田氏知」等がこの庄園の地頭であったと伝わる。この「織田陸奥守氏知」については同時代に該当の武将は見当たらず、藤原秀郷の末裔の宇都宮氏、八田氏、小山氏等の一族に「小田氏知」が存在した。(小田氏知が「陸奥守」であった事は確認されない。)
⇒(※ 常陸小田氏は「知」、「朝」を通字とする。「小田氏知」の七代前の「小山朝光」は結城七郎朝光と言う「源頼朝」の子供で、小山家へ養子に入っている。)



【註】小田氏:鎌倉公方足利満兼の関東八屋形(八家)の一。常陸国小田( つくば市)の領主。常陸国筑波郡小田邑(現在の茨城県つくば市小田)を本拠とした。 関東八屋形(八家)とは宇都宮・小田・小山・佐竹・千葉・長沼・那須・結城の各氏。
小田氏の祖の「八田知家」は保元元年(1156年)の保元の乱では源義朝側について戦い、功績をあげる。治承4年(1180年)8月の源頼朝挙兵に早くから参じており、同年には下野国茂木郡地頭職を安堵された。寿永2年(1183年)野木宮合戦に参加。元暦元年(1184年)8月の源範頼率いる平氏追討軍に従軍。文治元年(1185年)4月、前年に源義経が無断任官で頼朝の怒りを買った際、知家も右衛門尉に任官しており、頼朝から「鎮西に下向する途中に京で任官するなど、怠け馬が道草を食うようなものだ」と小山朝政と共に罵倒されている。文治5年(1189年)7月の奥州合戦では千葉常胤と共に東海道大将軍に任ぜられ、福島の浜通りから奥州藤原氏を追い詰めた。源頼朝の御家人。(✳「Wikipedia」)

■「小田孝朝」(※「延元2年/建武4年(1337年)ー応永21年6月16日(1414年7月3日)」)は、南北朝時代から室町時代前期にかけての武将。小田氏の第9代当主。「小田氏の乱」を起し、追討されたが「足利義満」の指示で許された。「小田氏朝」はその子。
・「越中吉岡庄」は室町時代には「五位庄」に成っていた事が「東寺百合文書」に見られる。
又、南北朝合一を果たした「足利義満」は「五位庄」を室「業子」の追善料として「相国寺」に寄進しており、「足利義持」は「五位庄の半分」を足利家菩提寺の「等持院」に寄進し、その後は同じく菩提寺の「等持寺」にも寄進されている。「小田氏知」の六代前の「結城七郎朝光」は「源頼朝の子供」で在り、小田氏の養子に成っており、小田氏は正に「源氏の棟梁 源頼朝」の直系の一門に成っている。

■「陸奥国多賀城」は蝦夷統治の最前線で、蝦夷統治を担当した将軍を「征夷大将軍」と云う。この肩書きは武士の棟梁の位として、後には幕府を開く為に必要な位になる。「陸奥守」の記載は、小田氏の祖の藤原秀郷や越中石黒氏の祖の藤原利仁も「征夷大将軍」になっている事から「その末裔」と云う事を表したものか?
(藤原利仁の娘は秀郷の孫の文脩の室で有り、途中で混血がある事から、先祖由緒では往々にしてこの二つの系統の混乱が見られる。)

(※藤原秀郷は通称「俵藤太」と呼ばれるが、藤原秀郷は江州[近江]の栗田郡田原、大石を領有したので「田原の藤原秀郷」を「俵の藤太」と呼んだ。藤原秀郷は東北・北陸を主管して征夷大将軍となる。又、近江の大石に残る秀郷の子孫は「大石氏」を名乗って子孫は織田信長に対抗して足利将軍を守ったと云う。更にこの子孫は赤穂藩家老と成り、大石内蔵助は主君の敵の吉良上野介義央を討ち取り、忠義の士とされた。大石内蔵助を祀る大石神社は赤穂に在り、皮肉にも、後に赤穂藩の領主となった織田信長の小姓の森蘭丸の一族の森家資料もこの神社に在る。⇒※「大石内蔵助」福本日南著 国立国会図書館蔵)

(※藤原秀郷は大和国(奈良県)高市郡田原郷に生まれて田原藤太と呼ばれた。下野大掾藤原村雄の長男で田原に住んだ太郎の意。又、下野国(群馬県邑楽郡千代田町)も秀郷の誕生地と伝わる。)
(参考:小田氏系図小田氏知について www.myj7000.jp-biz.net/clan/02/020/02007d.htm 、「日本の名字700傑 小田氏」参照)

「赤穂大石神社」 兵庫県赤穂市上仮屋旧城内



■因みに、足利将軍家を廃した織田信長の祖の「織田氏」は福井県織田町の剣神社の神宮の末裔で足利一族の斯波氏に仕えて、後に尾張で勢力を拡大したと云われる。織田氏は平氏を名乗ったが実際上は書面に「藤原」とも記載している。織田氏は、小田・御田・雄田等で通用された当て字読の姓でもあったらしい。織田氏は越前国丹生(ニユウ)郡織田荘(現在の越前市織田町)発祥の古代氏族忌部(インベ)姓で織田町の「剣神社」に奉仕した神官の末裔とされる。『古語拾遺』では忌部氏の祖先神「天太玉命」は「高皇産霊神(タカミウブスナノカミ)」の子であるとする。一説には桓武平氏重盛流の伊勢平氏とされる系図も残るが、源氏の足利将軍に代わる平氏を祖と主張する為に作られた系図とも云われる。忌部氏も神事に奉仕したところから藤原氏同族の中臣氏と混同され、織田信長も藤原姓の署名を用いたと見られる。厳密には、「藤原氏」の呼称は藤原不比等の末裔以外は称してはいけないが、戦国武将の由緒を高める為の呼称と見られる。⇒赤丸浅井神社の祭神はこの「高皇産霊神(タカミウブスナノカミ)」であるが、おそらく、大伴氏の氏神として祭られたものと見られる。

■『[藤原不比等];文武天皇は天智天皇の子の不比等の末裔以外は「藤原」を名乗る事を禁じ、その他は旧の「中臣」を名乗り、神事に奉仕すべしと命じた。「藤原不比等」は天智天皇の側女の子で、妊娠していた時に中臣鎌足に与えられたと「大鏡」に記されている。』
【詔して曰はく、「藤原朝臣賜はりし姓は、その子不比等をして承けしむべし。但し意美麻呂らは、神事に供れるに縁りて、旧の姓に復すべし」とのたまふ。(文武二年八月丙午条)】

■この織田氏と南北朝期に活躍した小田氏は繁栄した時代が大きく異なる事から、長光寺開基の「織田氏」は「小田氏」の誤りと見られる。確かに、「織田氏」の主家であった足利一族の斯波高経(1361年、康安元年、正平16年)、斯波義将(1368年、応安元年、正平23年)は南北朝期に越中守護になっているが、織田氏は斯波氏の家臣であったもののその時に「織田氏」は越中に見られない。周辺の状況や小田氏が南朝の支援をしていた事から推察すると、「小田氏」の方がぴったりくる。ましてや、後醍醐天皇の庄園「吉岡庄の地頭」をしていたとすれば、南朝を支援した小田氏しかいない。
足利一族の桃井直常は一族に反して南朝の支援をし「五位庄の戦い」(1371年、応安4年)で敗れ、姿を消した(✳「花営三代記」)とされるが、この時にも「織田」の名前は出て来ない。「織田氏」が吉岡庄の地頭であれば、桃井勢の有力武将だっただろう。
「織田氏」は、織田信長の妹が高岡の守山城城主の神保氏張に嫁いでおり、加賀藩士森田柿園の著書「越中志徴」でも「赤丸の喜田氏信長に通ず」と記載されている事から、信長が越中に進攻してきた前後には織田氏の勢力は確かに赤丸にも及んでいる。しかし、「宗良親王随身の織田氏知」となると時代は南北朝になる。そこで、調べると「小田氏知」という武将は実在したのだ。明治三十二年十月和田文次郎著「砺波誌」には「氏知は後醍醐天皇第五皇子宗良親王の士にして応安中石堤の地方を領し同二年薙髪して僧と為り長光寺を建て寺主と為れりと云ふ」と記載され、又「富山県西砺波郡役所大正十二年発行 富山県西砺波郡要覧」には「石堤城(現在の赤丸村) 応安年代に織田陸奥守氏知」と有るが、これを立証する資料は見当たらない。又、加賀藩士冨田景周(2500石)が記載した「越登賀三州史」の「赤丸 浅井」の項に「浅井とは赤丸村に浅井神社あれば也。式内の神也。」とし、「本丸、二丸、堀切東方、堀切南北深沼田、又、同庄石堤村領山有堡迹、興赤丸相隣。今為陸田。不可混。」と記載して、赤丸浅井城と近くの石堤には砦が在ったと記載している。この「砦」について高岡徹氏が「富山市日本海文化研究所紀要 第6号 富山市教育委員会 ・富山市日本海文化研究所発行」の中で、この砦を「麻生谷砦」(✳仮称)として考察、紹介されている。その中で、この砦は麻生谷集落にある「新生園」の裏山に当たり、南北朝期にごく一時期的な拠点として使われた遺構かも知れないとされている。位置的には、戦国時代の柴野城と赤丸浅井城の間で有り、砦の下には「石堤 長光寺」と「織田氏知」の墓所がある所から、南北朝期に後醍醐天皇の第八皇子宗良親王に従った織田氏知の居城ではないかとされている。明治43年の西礪波郡役所が発行した「富山県西礪波郡紀要」には「開基は礪波郡吉岡庄の領主織田陸奥守氏知にして出家して超圓と号す。応安二年(1369年、正平24年)当寺を草創す」と長光寺の縁起が掲載されている。又、長光寺の裏、織田氏知の墓所の後ろから裏山に通じる道があり、現在は平地になっており、何かの施設跡かも知れない。

■【南北朝時代の小田氏】宗良親王は1369年(応安2年/正平24年)には信濃守護を兼ねる関東管領上杉朝房の攻撃を受け、1374年(文中3年/応安7年)、ついに頽勢を挽回できぬまま36年ぶりに吉野に戻り、この頃から南朝側歌人の和歌を集めた和歌集の編集を開始していたが、再び出家している。
「長光寺由緒」に拠れば、織田氏知(小田氏朝?)は応安2年に出家したとされる。応安2年には南朝の宗良親王が信濃で苦戦された時期に符合する。
長光寺は後に、織田信長に対抗した浄土真宗興正寺末であり一向一揆の拠点になった寺と云われ、織田氏知が創建したならこの時の長光寺の対応も違っていたのではないだろうか?

■この時期に鎌倉公方足利満兼の家臣には「小田氏朝」が見られ、「結城の乱」を起こした「結城氏朝」(※小田氏からの養子) が居る。小田氏は八田知家を祖とし、鎌倉時代には常陸国の守護・源頼朝の後家人を務めていたが北条氏により守護職や荘園を奪われた為、南朝方の後醍醐天皇に味方し北条氏の打倒に参加し、足利氏が後醍醐天皇と対立すると南朝方になって戦った。しかし、興国二年(1341年)に北朝方に降伏し、その後は足利尊氏に接近して旧領の一部も回復している。







■この時代に、関東管領から越中富山城を賜わった成田氏がいる。成田氏は、熊谷市を拠点とし、十三代顕時は上杉憲実に従い戦功をたて下総守となり、更に戦功を立て、関東管領足利政知(堀越公方)より、越中富山城を賜ったといわれる。成田顕泰は、現在は富山市にある光厳寺(後に前田家の墓所となった)を開いている。藤原鎌足の後裔といわれる武蔵国忍城城主で後に出家した成田顕泰が、当初、砺波郡増山村で開基となり長禄寺を設立(一四五八年)した。その後、射水郡守山城外に移って光厳寺となる。この時の守護代は神保惣次郎という。この「武蔵国忍城」は映画「のぼうの城」の舞台なった城である。


■【小田一族】関東管領は上杉氏。鎌倉から南北朝期に活躍した小田治久(一二八三~一三五三年・尾張権守・常陸国小田氏)は、当初は鎌倉幕府、後に後醍醐天皇に仕えたが足利尊氏に敗れ、その後北朝方として戦った。その後裔に「小田氏あさ」有り。兄の治朝(一三六二~一四〇三年)は小山義政の乱(一三八六年)に加担した為、父孝朝と共に室町幕府鎌倉公方足利氏満に追討され、敗れて那須氏に預けられ没する。茨城県土浦市に治朝開基の宝珠山海蔵寺有り。曹洞宗。本尊阿弥陀如来。孝朝は小山氏の乱の後一部所領没収されただけで許され、後には同族の中条流から派生した小田流剣法を創始し、和歌にも没頭して、勅撰和歌集である『新千載和歌集』には尊氏に召されて詠んだ歌が載せられ、『新拾遺和歌集』にも採録された。頼朝を支援した千葉一族で、畠山、和田、加藤、宇都宮、渋谷、千葉、加藤、葛西、熊谷等が同族。小田は藤原北家宇都宮氏の傍流で八田氏を祖とする。

■【小田氏の系統】小田氏には、1)古代の物部氏族小田連(摂津)、2)小田臣(備中)、 3)藤原北家八田氏流(常陸)、4)藤原北家塩谷氏流(下野)、 5)清和源氏小笠原氏流(甲斐、信濃)、 6)清和源氏満快流(信濃) 、7)秀郷流藤原姓結城氏族(陸奥)、8)藤原姓成田氏流(武蔵)、9)中臣氏流、10)清和源氏満政流、11)小野姓横山党(武蔵)、12)菊地氏流、13)豊後清原氏族、14)妹尾氏流(備中)、15)安藝山県氏流 の他、丹波、越前に小田氏有り。越中では室町幕府奉公人に(永享以来五番帳)「小田又次郎、「小田掃部助」有り。小田伊賀守、小田右馬助、又、足利義政祇候人小田又六の名有り。小田又次郎和憲は「カタバミ紋」であった。(見聞緒家紋)越中砺波郡五位庄(旧吉岡庄)には「カタバミ紋」「剣カタバミ紋」の家系が現在も多い。(✳「富山県姓氏家系大辞典」角川書店)

■石堤長光寺の開基は「小田(織田?)【陸奥守】氏知」と云われる。石堤長光寺開基の氏知が「陸奥守」を名乗っている所から、7)秀郷流藤原姓結城氏族(陸奥)がその開基なのか? 同じく石堤の西光寺の開基も藤原氏秀郷流井口氏を祖とすると「西光寺由緒」に記載される。(※「姓氏家系図」によると井口、齊藤、宮崎、石黒は「利仁流」とされる。西光寺由緒の誤りか? 藤原氏は天智天皇の子の[*大鏡]藤原不比等を祖とし、藤原頼長の摂関家直系、利仁流、秀郷流の系図は別々であり、秀郷流は奥州藤原氏が有名。摂関家、藤原氏長者の藤原頼長が越中吉岡庄(後の五位庄)の領主の時に奥州藤原氏の周辺にも庄園を所有して、奥州藤原氏に税の徴収を委託していた事から、同族の小田氏の一族が頼長の庄園の吉岡庄でも税の徴収をしていた可能性がある。奥州とは青森県、岩手県、宮城県、福島県、秋田県北東部を含み、奥州藤原氏は一時期、陸奥、常陸を支配した様だ。藤原氏の財力の一部は奥州の庄園から上がる金、馬、農産物であったと云う。(※「藤原頼長」)


■【小田氏と小山氏の吉岡庄に残る系統】
[小山氏の乱]室町時代に小山義政が鎌倉公方足利氏満に起こした反乱。名門の小山氏と宇都宮氏の勢力争い。小山氏は敗れたが、討伐軍に居た『小田氏が恩賞への不満から小山氏の嫡男をかくまって居た為、氏満から追討された。』小山氏は後に親族の結城氏が継いだ。この結城氏が起こした「結城の乱」の時に「小山氏」の末裔は「越中五位庄」の「土屋村」に逃れて、その末裔は今も土屋村に残り、地域では「親っ様」と呼ばれて加賀藩時代も村役を務めた。

■[越中吉岡庄に残る「小山氏」の系譜]
高岡市福岡町赤丸村や隣の三日市村には「小山」という一族が有る。この一族は「オヤマ」と呼ぶが、三日市の小山家は昔から「こやまどん」(小山殿)と呼ばれる名門である。この家の「由緒」には、「私先祖下野国之住人小山四郎朝政与申候而、奉仕頼朝公右衛門尉或兵衛尉ニ相成、----其後結城之乱之節、越中国江罷越---」と記載され、鎌倉幕府の小山氏の末裔が結城の乱の時、砺波郡土屋村にやって来た事が記載されている。
(※「小山家由緒」⇒高岡市福岡町の「土屋村誌」参照)

■【永亨の乱】永亨十年(1438年)、室町幕府第六代将軍足利義教に対して、鎌倉に陣した鎌倉公方足利持氏が反抗した為、持氏は諌める家臣の関東管領上杉憲実を逆に討とうとした。その為、上杉は将軍義教に支援を求め、結果、持氏は敗れて自害する。
【結城の乱】永亨十二年(1440年)、鎌倉公方足利持氏の遺児3名を奉じて鎌倉公方恩顧の武将の結城氏朝(下総結城氏の第11代当主。小山泰朝の次男。 )は新田、田中、佐野、今川、木戸、宇都宮、小山、桃井、里見、一宮、野田、矢部、下河辺の諸将等を味方として反乱を起こしたが、結城城で降伏。持氏の遺児春王丸・安王丸は将軍足利義教に殺害されたが、幼い永寿王は一命を許されて土岐持頼に預けられた。この永寿王は文安五年(一四四九)一月元服して足利成氏と名乗り鎌倉公方に復帰する。父を殺された成氏は諸国巡礼に出向いた上杉憲実の子の嫡男憲忠を享徳三年(一四五四)十二月に殺害し、古河へのがれて「古河公方」を名乗る。一方、幕府は足利政知を任命したが、乱を恐れて伊豆に留まり「堀越公方」となった。室町幕府は、不在になった鎌倉には関東管領山内上杉氏を据え、長尾氏を執事に任命した。※嘉吉元年(1441年)の幕府軍の総攻撃で結城城は炎上し、結城氏朝は嫡子の持朝とともに自害し結城氏は没落した。敗れた結城氏は白河結城氏後継に小峰氏から養子として直朝を迎えている。持氏の遺児の足利成氏が鎌倉公方に復帰した時、結城氏は氏朝の末子結城成朝が再興を許されたがその後は衰退の一途をたどる。成朝は成氏の命を受けて関東管領上杉憲忠を謀殺し「享徳の乱」が起こる。足利成氏は古河に逃れて古河公方と称した。

■石堤長光寺境内に「織田氏知」の墓が遺されており、小田氏系図には「小田氏知」の名がある。この結城(小田)氏朝と氏知は同じ人か? 果たして石堤長光寺創建の小田氏知は、土屋村に残る「結城の乱」の後に越中土屋に逃れた小山氏と関係があるのだろうか?


■【藤原秀郷伝説 ー藤原秀郷と龍神】
◎(wiki:【藤原秀郷=俵藤太の百足(ムカデ)退治伝説】
近江国瀬田の唐橋に大蛇が横たわり、人々は怖れて橋を渡れなくなったが、そこを通りかかった俵藤太は臆することなく大蛇を踏みつけて渡ってしまった。その夜、美しい娘が藤太を訪ねた。娘は琵琶湖に住む龍神一族の者で、昼間藤太が踏みつけた大蛇はこの娘が姿を変えたものであった。娘は龍神一族が三上山の百足に苦しめられていると訴え、藤太を見込んで百足退治を懇願した。藤太は快諾し、剣と弓矢を携えて三上山に臨むと、山を7巻き半する大百足が現れた。藤太は矢を射たが大百足には通じない。最後の1本の矢に唾をつけ、八幡神に祈念して射るとようやく大百足を退治することができた。藤太は龍神の娘からお礼として、米の尽きることのない俵などの宝物を贈られた。また、龍神の助けで平将門の弱点を見破り、討ち取ることができたという。(秀郷の本拠地は下野国―栃木県)
(伊勢神宮には「秀郷が百足退治に際して龍神から送られた」という伝来の太刀が奉納され、「蜈蚣切」(蜈蚣切丸、とも)の名で宝刀として所蔵されている。 )

◎赤丸浅井神社、石堤長光寺の山並に連なる高岡市の二上山にも「藤原秀郷」の伝説が有る。
民話【高岡市二上山の悪王子伝説】
昔々、越中の「二上山」に強い力を持つ神様が住んでおり、天候を操作して越中の人々に豊かな穀物を与えていました。が、その代わりとして月に5人、一年間にして60人もの若い娘を人身御供に要求していました。 地元の人々は嘆き悲しみその悲しみの声は帝(みかど)の耳にも達しました。帝は ついに俵藤太(藤原秀郷。田原に住む藤原氏の頭の意。)に勅命を下し、この邪悪な神の討伐を命じました。秀郷は琵琶湖の龍神を助けて三上山の大百足を退治し、平将門を鎮圧した猛将として有名でした。秀郷が越中の二上山の近く迄来ると一軒の家から泣き声が聞こえて来たので、その家を覗いた所、お爺さんとお婆さんが一人の娘と泣いています。事情を聞くと、夕べこの家の屋根に「二上の神」から「娘を差し出せ」という合図の白羽の矢が立ったと泣きながら話します。秀郷は事情を聞くとその娘の打掛けを頭から被り秀郷が身代わりになると云う。秀郷を乗せた輿は「荻布村」に着き、「俎板橋(まないたばし)」という橋に置かれました。輿を残して運ん村人達は一目散に逃げ去りました。二上山に夕陽が落ちて暗くなると突然、一陣の風が吹きつけて秀郷の乗る輿は空高く舞い上げられて「二上山」の山頂に運ばれて行きました。 真暗な闇の中で秀郷は刀や弓を持ち、じっと気配を伺っていると、少し風が吹いて、地面が揺れ初め、地鳴りと共に大きな光る輝く二つの目がゆっくりと近づいて来ます。秀郷は素早く自慢の弓を満月に引き絞ると次々に矢を放ちますがいくら射っても矢は化物に跳ね返されます。最後の一本になって願いを込めて渾身の力で矢を放つと、確かに手応えが有りました。次いで腰の刀を引き抜いて斬りかかり、渾身の力で斬って斬って斬り捲ります。どれ程の時間が過ぎたものか東の「立山」からの朝の光が殺された「二上の神」を照らし出します。するとその化物は二上山を「七巻き半」も巻き込む位の「大蛇」の姿でした。その後、「二上の神」は「悪王子社」として「前の御前」に祀られ、俵藤太は「奥の御前」に祀られました。しかし、この伝説は今も射水神社の「築山行事」に受け継がれ、「築山」を日暮れ前に壊さないと「悪王子」が取り憑き、大暴れしてその年は米が不作になるとされています。
【二上山の伝説より】


■「長光寺の寺紋」は中国皇帝にしか許されなかった「五爪の龍紋」


【「石堤長光寺」の寺紋「玉持ち五爪の龍紋」 と藤原秀郷】
⇒「龍の爪紋」は藤原秀郷流で用いられたと云う。当初は藤原秀郷=龍神の発想から神社の神紋にも使用された様だ。小田氏同族の宇都宮氏は"左三つ巴"、小山氏は"右二つ巴紋"で、一般的には藤原秀郷流では水の流れを模った二つ巴、三つ巴紋や「藤姓」の下り藤紋を使用しているケースが多い様だ。藤姓宇都宮氏流小田氏は洲浜紋という紋をしており、巴紋の変形ともみられる。これ等は龍が水神であると同時に、龍の爪紋が簡略された場合もあったとみられる。寺院では「珠」は「宝珠」ともされ、龍の彫刻も多く見られる。しかし、長光寺の「玉持ち龍の爪紋」は全国でも見受けられないが、氏族の系統からすると「天智天皇の子孫の藤原秀郷流」を意味しているとすると「五爪の龍」の意味も通じる。一般的には「三爪の龍」が使用されるが、皇帝しか使用できない「五爪の龍」に、この寺の歴史が通常ではない事が推察できる。日本の天皇でも孝明天皇迄使用された「袞衣(こんい)」と呼ばれる中国風の赤い衣装の龍の爪は四本であり、中国皇帝は五本の爪であった。とすると、この「五本の爪」が「石堤長光寺」の寺紋になっているのは、少なくても天皇家以上の家紋を用いていたと言うことになる。「龍の爪紋」は常陸の国信太郡竜崎村を起源とする龍崎氏等が使用し、常陸の藤原秀郷流「龍崎氏」は茨城、千葉、東京都、神奈川等の関東に多いとされる。
鎌倉時代に越中には「臨済宗」の寺院が多く建立されている。北条氏は建長寺他の臨済宗寺院を建立し、比護している。高岡市赤丸村の「赤丸浅井神社」は徳川と豊臣の戦乱のきっかけとされる臨済宗の「方広寺」と同じ「両部神道聖護院派山伏」だったが、鎌倉時代には赤丸から伏木・新湊にかけては鎌倉五山系列の臨済宗寺院が多く在ったと伝わる。後醍醐天皇の皇子の「尊珍」は聖護院門跡で有り、赤丸を中心とした「越中吉岡庄」は当時、後醍醐天皇の庄園だったと云う。(✳「宝永史」) 現在の高岡市に在る古刹で尺八・虚無僧の総本山「国泰寺」も臨済宗で有り、南北朝時代には後醍醐天皇が篤く信仰され比護されたと云う。室町時代に入ると足利義満は臨済宗相国寺・金閣寺を建立し、赤丸周辺の五位庄(元の後醍醐天皇庄園越中吉岡庄)をこれ等の寺院に糧所として寄進し、その後も足利家菩提寺の等持寺・等持院領として寄進している。臨済宗では「龍」は仏の教えを助ける八部衆の一つで「龍神」と呼ばれる。従って、臨済宗の寺院には天井絵や彫り物として「龍」が使用されている。加賀藩時代にも氷見阿尾城城主の子孫の菊地大学は赤丸村の山崎氏に国泰寺維持への協力依頼の文書を送っている。この様に「吉岡庄」「五位庄」は臨済宗の影響も長く受け続けた地域である。
★鎌倉の古刹の各寺院の龍の絵は、江戸時代迄に書かれたものは「三爪の龍図」で、近年に書かれた鎌倉建長寺の龍は「五爪の龍図」で有る。この「石堤長光寺」の「五爪の龍」が「宋の皇帝から贈られたものか、創建に関わった一族の五爪の龍」で無い限り、旧い時代には厳格に使用を禁じられたものであった。(※天皇でも「四爪の龍」しか使用されていない。)

■[藤原秀郷の後裔と家紋]
[下野国]佐野氏、足利氏 (藤原氏)、小山氏、長沼氏他 [武蔵国]比企氏他 [常陸国]佐藤氏、水谷氏、江戸氏他 [下総国]結城(小田)氏他は藤原秀郷の末裔とされる。
一方、足利氏、斯波氏は「丸に二両引き紋で円の中に二本の横棒」、織田氏は「神紋由来の織田木弧紋」を用いており、子孫が別々の紋を用いたとしても、藤原秀郷流の紋を使ったとは思えない。「龍」は滋賀県大津市の「勢田橋龍宮秀郷社」では【祭神:大神霊龍王 藤原秀郷公】として龍王の藤原秀郷を神としており、藤原秀郷を龍神として信仰する歴史があった様だ。
※藤原秀郷流系図
藤原秀郷→→→→頼行→行尊(太田)→有綱→正光(小山)→朝光(結城)



■【その後の結城氏の系譜】結城氏は1590年豊臣秀吉の小田原征伐に参陣して小山氏、小田氏の旧領の一部を与えられ、初め宇都宮氏から養子の朝時を迎えていたが、後にはこれを廃して徳川家康の次男で豊臣秀吉の養子になっていた羽柴秀康を後継者に迎え、結城秀康と名乗る。結城秀康は1604年越前に移封され、名字を「松平」と改姓した。又、白河結城氏の末裔は水戸藩家老(1000石)となり、小山氏、宇都宮氏と共に水戸藩御三家となった。※徳川家康の次男秀康(家康が正室・築山殿の侍女に産ませた)は秀吉の養子となるが、秀吉の子供である秀頼が生まれると結城晴朝の姪である鶴姫と 婚姻を結び結城氏となった


【北陸に残る藤原秀郷の末裔[八田氏]】小松市には小田合繊や、金沢には宇都宮書店等が有り、大和百貨店の社長の宮家の親族には金沢ニューグランドホテルの社長を務められた八田氏がある。

■【奥州と越中吉岡庄】
東大寺大仏造営の時、東北の陸奥国小田保( 宮城県涌谷町※石巻近く ) の金山から金が発掘され、聖武天皇は狂喜されたと云う。大伴家持(後には陸奥国多賀城に赴任した)が越中国司の時、聖武天皇に「金を産出した事を祝う歌」として「海行かば」の有名な歌を贈っている。
東大寺大仏造営の為に資金を提供した富山県と大伴家持、越中と陸奥国に勤務した大伴家持、金を産出した陸奥国「小田保」と「小田氏」、奥州を統治した藤原秀郷の子孫奥州藤原一族と奥州藤原氏に奥州の庄園を管理させていた越中吉岡庄の領主の藤原頼長、南北朝期に後醍醐天皇の皇子が統治された陸奥国と後醍醐天皇の庄園「越中吉岡庄」ーーこの様に見ると、赤丸村浅井神社を核とした「越中吉岡庄」と「奥州、陸奥守国」の関係の深さが解ってくる。

■茨城県筑波市小田には広大な小田城趾が残る。筑波山系の宝篋山南西麓にある中世の平城で、陸奥国小田郡小田保を発祥の地とする小田氏が常陸国筑波郡小田邑に入って城を築いた。
元弘三年五月の後醍醐天皇の建武の中興の時に小田氏は南朝派の東国武士団の先駆けとして新政権に参画した。建武の中興が挫折し、足利尊氏軍の高師冬軍に囲またがその時京都の公家北畠親房が入り小田城を守った。これは常陸合戦と呼ばれる。北畠親房は後醍醐天皇の薨去を知り、神代から後村上天皇の即位迄を記した南朝の正統性を示す歴史書「神皇正統記」をこの小田城で書いた。北朝軍の猛攻で小田城は降伏し、北畠親房は関城へ逃れた。
この時、南朝の武将で越中石黒太郎光弘の直系の福満城(福光)城主石黒重之も北畠親房に従ってこの常陸国小田城の合戦にも参戦していたと云う。(※「尾張石黒大介系図」富山県姓氏家系大辞典)

■【※常陸国中世武家の系譜と在地基盤に関する基礎的研究】[糸賀茂男(常磐大学人間科学部助教授]に、「小田氏関係史料の研究」として[小田氏故地陸奥国小田保、小田氏流高野氏故地陸奥国高野部の踏査を行った]とされている。】

■【室町時代の五位庄】
1336年(建武3年)に足利尊氏が室町幕府を創立すると、畠山家はこれまでの功績によって越中・河内・紀伊の守護に任じられた。足利義満の時に越中五位庄の半分は義満が建立した相国寺(金閣寺)に寄進され、室町幕府管領、河内・紀伊・越中・伊勢・山城守護畠山満家に預け置かれた。 名古屋市の大須観音の古文書には畠山満家の三回忌が「浜総持寺」で執り行われた記録がある。(※射水市松山学芸員調査によるとこの「浜総持寺」はその時の読経の文書から、現在高岡市内に在り黄金の千手観音像を祀っている「総持寺」が赤丸村から高岡市に移る間に一時期、射水の海岸寄りに在ったものと推定されると言う。)




🔘 富山県の「吉岡庄」(赤丸村)と「奥州平泉」との関係ー【藤原頼長と源義経】!!

2018-07-27 | 富山県高岡市福岡町赤丸村


■「延喜式」では、赤丸浅井神社の山裾にあったと云う川合駅(川人駅)には駅馬が五疋配置されていたと云う。


藤原基成の父の従兄弟は義経の母の常磐御前が再婚した一条長成で有り、基成の娘は藤原秀衡の正室であった。


■「越中吉岡庄」は元々、藤原摂関家長者・左大臣藤原頼長の庄園で在ったが、崇徳上皇・藤原頼長 対 後白河上皇・源義朝・平清盛の戦いに成った「保元の乱」で頼長が敗れて、後には後白河上皇の「後院領」と呼ばれた庄園と成り、以降、後鳥羽上皇~後醍醐天皇迄天皇家庄園として伝領した庄園である。
藤原頼長は藤原摂関家の長として全国に29庄の庄園を保有していたとされる。この中には、越中吉岡庄、能登一青庄の他、東北には配下の奥州藤原氏に管理させていた5ケ所の庄園が在った。現在の宮城県には高鞍庄(栗原郡)・本良庄(本吉郡)、山形県には大曽根庄(東村山郡)・屋代庄(東置賜郡)・遊佐郡(庄内地方)の庄園が藤原家の庄園として在り、これ等は父の関白忠実から久安四年(1148年)に頼長に譲られた庄園であると言う。藤原頼長の日記の「台記」には仁平三年(1153年)に奥州藤原氏の基衡との税率の変更についての記録が在り、奥州から金25本を金55本に、その他の馬、布、細布、漆、鷲羽根、水豹皮等を5割り増しにした事が記載されている。これを見れば藤原頼長の厳しい徴税の実態が分かるが、越中吉岡庄に於いても同様で在ったと見られる。奥州の五庄は寄進系の庄園と見られているが、越中吉岡庄についても藤原氏である越中石黒氏からの寄進系の庄園とも見られ、吉岡庄は白河上皇が上賀茂神社に寄進されて以来、藤原氏の越中石黒氏の庄園と成りその石黒氏が寄進したものと見られる。

◎「浅井城跡」; 赤丸村に在り。孝霊天皇の第三皇子彦刺方別命の五世孫某砺波臣の姓を賜り(古事記)その後裔累世此地方を領して此処に居舘せり⇒「利波臣」は奈良時代に郡司を務めた越中の豪族で有り、「石黒系図」ではその名跡を継いだのは「越中石黒氏」で在り、「花園天皇の頃から石黒光弘の後裔此地に住し延元中石黒次郎光景此地に城を築きて南朝の為に謀りし事あり興国三年宗良親王を奉迎せり。」とされる。(※「富山県西礪波郡紀要」砺波郡役所発行)


(※「武者の世に」集英社 参照)



■義経が福井の「平泉寺」、赤丸村の「二位の渡し」(五ゐの城)を経由した背景を考えてみる。
奥州平泉の藤原秀衡は福井県の平泉寺に鐘を寄進した記録があると伝えられ、奥州との関係が深かったようだ。又、勝山市の平泉寺は白山登山の福井側の登山口に当たり、昔は相当の数の比叡山の系統の僧兵がいたと伝わる。「義経記」を読んでみても弁慶は元々、熊野修験道の僧であり、修験道を中心とした両部神道の寺社の情報は熟知していたものと見え、義経が平泉寺参詣を希望してもアッサリと承諾している。修験道の勧進僧に姿を変えての潜航は、元より日本海側には白山、立山等の修験道のメッカが有り、熊野から白山、立山の麓には両部神道の寺社が展開していた事が背景に有ったようだ。義経の義理の父で常盤御前の再婚相手の「大蔵卿一条長成」が奥州藤原氏の親族で有り、後白河上皇の娘と称する者が平泉に居た事もあってか義経は逃亡先を奥州平泉に定めた。後白河上皇の親王で高野山とも密接な仁和寺宮守覺法親王(母は藤原季成の娘)や藤原範季が密かに義経の支援をし(吾妻鏡第三巻 文治二年十一月*1186年)、又、後白河上皇の親王の静恵法親王が修験道本山派の聖護院に入寺され聖護院が門跡寺院となって全国に二万余りの末寺を抱える大集団で有った事も有り、全国の高野山系、聖護院派系の寺社は義経主従にとっては比較的安全だと考えたものと思われる。

後白河上皇の皇子の仁和寺宮守覺法親王の母は「藤原季成の娘」である。
【 源範頼;源頼朝、源義経の異母弟、蒲冠者、参州、三河守】の背景を調べると、源範頼は
・1150年父を源義朝、母を池田宿の遊女として産まれる。
・熱田大宮司藤原氏[由良御前(源頼朝の母)]が密かに京都で養育。
・その後、藤原季範(初代藤姓熱田大宮司)の弟[勘解由丞季成(藤原季成)]が宮司を務める蒲神明宮(遠江国蒲村、蒲御厨)で養育されて「蒲冠者」と呼ばれる 。
・源頼朝は,1147年(久安3年)に源義朝の三男として現在の熱田区旗屋で生まれた。母 は,熱田大宮司の藤原季範(としのり)の娘「由良御前」である。
⇒源義経の義弟の源範頼は藤原季成に養育され、その娘は後白河上皇に嫁して守覺法親王を生む。この関係があったからか、守覺法親王は背後で源義経が奥州に落ち延びた時に支援したとされる。守覺法親王は福井県の「久河北荘」(旧吉田郡河合村・森田村)を所有したが、この庄園は九頭竜川以北の大荘園で古代の足羽郡川合郷の名を継いで「河合荘」とも言われた。藤原頼長の縁者の仁和寺相応院の僧「隆憲」が仁和寺御室の守覚法親王に寄進した所領がその前身となり建久元年に見作田(現在耕作される田。見=現)60町が二品守覚法親王「親王家領」となった。この庄園は義経が平泉寺に参詣する時の安全な経由地であったと思われる。

しかも、越中に入り、小矢部川の船下りルートの渡船場が在った「越中吉岡庄」(後の五位庄赤丸村)は「保元の乱」の後に後白河上皇の荘園となり、頼朝の配下の地頭「吉岡成佐」が配置される前は、保元の乱で敗れた藤原頼長の所領であった。奥州平泉に五か所の荘園を持ち奥州藤原氏に荘園を管理させていた藤原氏長者の藤原頼長は元々、越中吉岡庄、能登一青荘の領主でも有り、直前まで奥州と越中、能登には同じ領主の国が展開していた。源頼朝の家臣の畠山氏や義経の正妻の父の川越氏は同族の秩父平氏であり、義経の逃避行に同行していた川越氏の娘に対しても温情が在ったものか? 畠山重忠や義経の正妻の父の河越太郎重頼は元々、頼朝の旗揚げに参加した後家人で幕府の功労者であったが、頼朝と義経が不和になった一件で同じ様に清盛と戦った義経が敵に成り、しかも、河越太郎重頼の娘と義経の仲人は頼朝と云う複雑な事になった。畠山重忠は義経の愛妾の静御前が頼朝の面前での舞を強いられた時にも不憫に思い自ら鼓の打ち手を希望したとされる。頼朝が地頭吉岡成佐を配置する以前には、壇之浦の戦いに義経軍に従軍して戦功を挙げた「石黒氏の縁者の加賀の林氏」が一時期、越中を治めたと云う。(※「林一族」寺西艸骨著) 当時の越中の責任者が義経のお陰で配置された加賀の名族「林氏」であった事から、越中ではその同族の石黒氏、宮崎氏等が支援し、加賀では林本家と冨樫等の同族が背後で支援したものと見られる。又、石黒氏は福井県の敦賀を発祥として、福井県には三国等も同族を先祖とした地域だ。源頼朝の厳命にも関わらず、義経の行方が分からなかったのは、こうした背景があったからだ。強大な山伏集団を抱えた越前平泉寺には奥州の藤原氏が梵鐘を寄進する程親交があり、石川県では林氏の本拠地の鶴来に在る「白山比咩神社」は平泉寺白山山伏を大量に抱えていた。北陸路は熊野→白山→奥州羽黒山に通じる「修験の道」であり、山伏に扮した義経一行は、英雄としての義経への畏怖と幅広い人脈に大いに助けられていたと見える。「吾妻鏡」には「以前として義顕(義経の事)の消息が知れない」と再三にわたり、記述されている。
この様な背景から、「聖護院派山伏」の赤丸浅井神社の鎮座する「越中吉岡庄」に対する義経の警戒感も鎌倉幕府の領域を通過する関東近辺よりも比較的に少なかったと思われる。「義経記」に拠ると、数回の危険な関所対応を割と簡単に行っている。弁慶の機転とされているが、北陸道各地の義経主従に対する同情と前記の様な背景があって各地の関所を通過したものと考えられる。
(※義経の正妻の父の河越太郎重頼は、義経の探索が進まない事から頼朝に誅殺され、畠山重忠は力強い畠山氏を警戒した北条時政によって騙し討ちされる。秩父平氏畠山氏の後には北条義時の計らいで政子の娘(重忠の妻)が源氏の足利義純と再婚して、「畠山」の名跡を継ぎ、以降は源氏系畠山氏になった。室町時代に管令となり、河内、紀州、越中、能登を領した「畠山氏」は源氏の足利氏一門。)
(※源範頼:源頼朝、義経の腹違いの弟。遠江国蒲御厨(現静岡県浜松市)で生まれ育ったため蒲冠者(カバノカジャ)、蒲殿と呼ばれる。藤原範季に養育され、その一字を取り「範頼」と名乗る。治承・寿永の乱において、頼朝の代官として大軍を率いて源義仲・平氏追討に赴き、義経と共にこれらを討ち滅ぼして戦功を挙げ、源氏一門として鎌倉幕府に於いて重臣となったが、後には頼朝に謀反の疑いをかけられて誅殺された。)

■「蒲村」は現在の浜松市に合併している。旧区分(遠江国浜松郡)では地図上のNo50が該当する。浜松町はNo11。(Wikipedia参照)


🔴🔹本当の歴史🔹『吾妻鏡』に掲載される「後院領 越中吉岡庄」⇒「吉岡庄地頭成佐不法」の頼朝の書状が残る「越中吉岡庄」赤丸・加茂地区 !!

2018-07-27 | 富山県高岡市福岡町赤丸村
■「勧進帳」のモデルと成った「義経記」のシーンは「延喜式内社赤丸浅井神社」前で起こった


■「越中吉岡庄」を巡る源頼朝と後白河上皇との争いの記録が「吾妻鑑」に残る。



■平成26年に「国立歴史民俗博物館」の「庄園データーベース」に「越中砺波郡吉岡庄」が正式に記載された ❗❗
(※従来は「新川郡」となっていたが、正式に訂正されている。)


■「後白河上皇」は「越中吉岡庄」を「蓮華王院(三十三間堂)」に寄進された。






■「兵範記」には「保元の乱」の後、敗れた藤原摂関家「藤原頼長」の庄園を「後白河上皇」の上皇領「後院領」とした記録が有る。北陸では「越中吉岡庄」「能登一青庄」が記載される。





■「吾妻鑑第六巻」
文治三年三月小二日甲辰。越中國吉岡庄地頭成佐不法等相累之間。早可令改替之由。經房卿奉書到來。仍則被献御請文。
 去月十九日御教書。今月二日到來。謹令拝見候畢。越中國吉岡庄地頭成佐事。任御定。早可令改定候。但彼庄未復本之間。御年貢不式數之由を。成佐申之候き。重相尋候而可令改他人候也。以此旨。可令洩達給候。頼朝恐々謹言。 三月二日
(現代文訳)
文治三年(一一八七年)三月小二日甲辰。越中国(富山県)吉岡庄(高岡市福岡町赤丸を中心とした後の五位庄の事。後白河法皇の荘園「後院領」であった。)の現地で年貢の取立人の地頭の吉岡成佐が、年貢の横取りなど不法な行為が度重なったので、早く罷免して入れ替えて欲しいと、吉田経房卿から(後白河法皇宛てに出された)奉書が届きました。そこで、(源頼朝が)直ぐにご返事を出されました。
 先月十九日のお手紙が、今月の二日に届きました。謹んで拝見いたしました。越中国吉岡庄の地頭の成佐につきましては、ご指示に従い、早々に入れ替える事にしましょう。但し、あの荘園は、未だに以前のようには田畑が回復していないので、例年通りに年貢が集らず納められないのだと、成佐が申しております。もう一度詳しく訪ねますが、地頭は他の人に変える事にしましょう。この内容で法皇にお伝え下さるように。頼朝が畏れながら申し上げます。 三月二日

(註)
※「後院領」とは天皇を退位した「上皇」の庄園の事で、政務は「院庁」の「後院司」が担当した。この庄園には守護の権限は及ばず、不輸不入の特権が有って、徴税実務を担当する地頭が置かれた。この庄園は「白河上皇」の時に確立したとも云われるが、古書に拠るともっと古くから実際には在った様で、「聖武天皇」の時にも「元正天皇」が上皇として君臨している。寄進系庄園として「越中吉岡庄」が登場するのは白河上皇が神田600余町を上賀茂、下鴨神社に寄進された時に「上賀茂神社」の庄園に成ったと云う。(※「百錬抄」)
※福岡町赤丸の城ケ平山の麓の福岡町加茂の吉岡谷には源頼朝配下の地頭「吉岡成佐」の居館や「吉岡東砦」・「西砦」があったと伝える。
※久安四年(一一四八年)、藤原摂関家長者と成った藤原頼長は父藤原忠実より庄十八か所を譲られる。この頃、越中吉岡庄(「赤丸浅井神社」を郷社とする高岡市福岡町・国吉・小矢部市の一部)も藤原頼長の荘園になったと思われる。
※久安六年(一一五〇年)藤原頼長は摂関家藤原氏の氏長者と成り、以後、氏寺法性寺での行事を執り行う。(赤丸の浅井城は藤原氏の石黒氏の居城)
※保元の乱に敗れた故左大臣藤原頼長領二十九か所は保元二年三月二十五日没官されて後白河上皇が上皇となった後の荘園「後院領」となる。(※「兵範記 保元二年三月二十九日」)
 この没官領には北陸では越中国吉岡庄と能登国一青庄(シトド・ヒトド)が有り、他には東北の陸奥国、出羽国に五か所有り、奥州の藤原基衡に管理させて金・馬・布等を徴収していた。越中吉岡庄と奥州藤原氏は藤原頼長の荘園という事からの繋がりも有り、後白河法皇が義経に頼朝追討の院宣を出した為に頼朝から追討されて奥州に逃れた時に赤丸を通過したのも、後白河院との関り、奥州藤原氏との関係があった為か?藤原頼長は源師俊の娘との間に兼長、源信雅の娘との間に師長を設けており源氏との繋がりも強い。
※「五位庄」は、「東寺百合文書」には南北朝末期に「御いしょう」、「おいのしょう」等の記載が在り、位田の「後院の庄」が転化したものと見られると云われる。室町時代にはこの庄園は「五位庄」と記載されている。加賀藩の記録「宝永誌」には後醍醐天皇の第八皇子「宗良親王」が「赤丸浅井城」に入られた時に「五位庄」に改名されたと記されている。



■「吾妻鏡」に拠れば、源頼朝は 文治元年(1185年)乙巳九月義経が奥州へ亡命した為、全国に地頭を配置して探索を強化した。(この時を以て鎌倉幕府が成立したとされる。)任命された各地の地頭は横暴を極め、伊勢神宮や皇室領、各地の寺社領等での横領が続く。驚いた源頼朝はその都度、乱暴、横領を禁止するが効果が無い。遂に頼朝は以下の告示を出すが、横領は続き、「平家よりも悪辣」との声も上がる。

「吾妻鑑」『文治二年(1186年)六月小廿一日丁卯。爲搜尋求行家義經隱居所々。於畿内近國。被補守護地頭之處。其輩寄事於兵粮。譴責累日。万民爲之含愁訴。諸國依此事令凋弊云々。仍雖可被待義經左右。有人愁歟。諸國守護武士并地頭等早可停止。但於近國没官跡者。不可然之由。二品被申京都。以師中納言。可奏聞之旨。被付御書於廷尉公朝歸洛便宜。又因幡前司廣元爲使節所上洛也。爲天下澄。被下 院宣。
 糺断非道。又可停止武士濫行國々事
山城國 大和国 和泉国 河内国 攝津国 伊賀国 伊勢国 尾張国 近江国 美濃国 飛騨国 丹波国 丹後国 但馬国 因幡国 伯耆国 出雲国 石見国 播磨国 美作国 備前国 備後国 備中国 安藝国 周防国 長門国 紀伊国 若狹国 越前国 加賀国 能登国 越中国 淡路国 伊豫国 讃岐国 阿波国 土佐国
 右件卅七ケ國々。被下 院宣。糺定武士濫行方々之僻事。可被直非道於正理也。但鎭西九ケ國者。師中納言殿〔經房〕御沙汰也。然者爲件御進止被鎭濫行。可被直僻事也。又於伊勢國者。住人挾梟悪之心。已發謀反了。而件餘黨。尚以逆心不直候也。仍爲警衛其輩。令補其替之地頭候也。 抑又國々守護武士。神社佛寺以下諸人領。不帶頼朝下文。無由緒任自由押領之由。尤所驚思給候也。於今者被下 院宣於彼國々。被停止武士濫行方々僻事。可被澄天下候也。凡不限伊勢國。謀叛人居住國々。凶徒之所帶跡ニハ。所令補地頭候也。然者庄園者本家領家所役。國衙者國役雜事。任先例可令勤仕之由。所令下知候也。各悉此状。公事爲先。令執行其職候ハンハ。何事如之候乎。若其中ニ。不用本家之事。不勤國衙役。偏以令致不當候ハン輩ヲハ。随被仰下候。可令加其誡候也。就中。武士等之中ニハ。頼朝モ不給候ヘハ。不知及候之所ヲ。或号人之寄附。或以無由緒之事。令押領所々。其數多候之由承候。尤被下 院宣。先可被直如此之僻事候也。又縱爲謀反人之所帶。令補地頭之條。雖有由緒。可停止之由。於被仰下候所々者。随仰可令停止候也。 院宣爭違背候哉。以此趣。可令奏達給之由。可令申師中納言殿也。
文治二年六月廿一日 御判』

⇒※諸国の守護・地頭の権限を停止せよ。対象は越中、加賀、能登等の37カ国である。但し、没官した土地は除く。後白河上皇は院近臣の吉田經房卿を通じて武士の乱行を停止せよと命じられた。くれぐれも院宣に背く事が無い様に!

しかし、この示達にも関わらず、文治三年(一一八七年)三月には遂に後白河上皇の庄園の「越中吉岡庄」でも「吉岡庄の地頭成佐」の不法(年貢の未納)が起こる。この不法、横領、乱暴は新しい地頭だけでは無く、頼朝の後家人と云われた畠山重忠等の重臣も不法を行い、逮捕されている。

「吾妻鑑」『文治三年(1187年)六月小廿九日己亥。雜色正光爲御使。帶御書。赴伊勢國。是當國沼田御厨者。畠山二郎重忠所領地頭職也。而重忠眼代内別當眞正令追捕員部大領家綱所從等宅。没収資財之間。家綱差進神人等令訴申。仍爲被糺行其科也。又正光寄事於御使。於現濫行者。加誡可言上子細之趣。被仰遣山城介久兼〔在彼國云々〕。』
⇒※畠山重忠の代官が伊勢国沼田御厨で横領している事が告発された。

「吾妻鑑」『文治三年(1187年)九月小廿七日乙丑。畠山二郎重忠爲囚人被召預千葉新介胤正。是依代官眞正之奸曲。太神宮神人長家強訴申故也。代官所行不知子細之由。雖謝申之。可被収公所領四箇所云々。 』
⇒※畠山重忠は伊勢神宮の神官の「長家」から訴えられて逮捕され、千葉新介胤正に預け置かれた。

■江戸時代の「義経記」の挿絵には「延喜式内社赤丸浅井神社」と見られる神社も記載されている。


「赤丸浅井神社」は庄園領主の「後白河上皇」の皇子が初代門跡となられた山伏の当山派「聖護院」の末寺の「川人山鞍馬寺」を別当とした。「弁慶」の衣裳は聖護院派山伏の衣裳で在り、白い房が付いている。


■高岡市福岡町赤丸の「赤丸浅井神社」を「郷社」とした古代庄園は、「白河上皇」の時に京都の「上賀茂神社」の庄園と成り、南北朝末期の「長慶天皇」の時代と室町幕府「足利義政」の時代の二度に亘り京都の「下鴨神社」(※「賀茂御祖神社」)の庄園と成った。





■現在も「延喜式内社赤丸浅井神社」の「秋季大祭」にはこの神社の御弊を戴いた獅子舞が各戸を廻る。




■高岡市では「義経記」の「五位(如意)の渡し」で起こった「勧進帳」のシーンは、「近くに守護の館の近ければ」と云う表現から、この場所は高岡市守護町の近くの伏木河口だとしているが、元々、法王の所領の「後院領吉岡庄」には守護は配置されず、「院庁」が担当しており、地頭についても上記の「吾妻鏡」の記載では停止されている。この事からしてもこの守護町が義経記の「守護の館」とは全く関係が無い事が分かる。「守護町」に守護館が設けられたのは室町時代に斯波氏が一時期、越中を統治した時代の事で在り、「森田柿園」は「越中志徴」の中で「鎌倉時代に守護館が在った」と記載した為に、当時の「佐藤高岡市長」や「高岡市教育委員会」は「義経記」の「守護の館が近ければ」と言う一節を引いて、【「義経記」の五位庄二位の渡しでの弁慶が義経を打擲した事件は「高岡市守護町(※二上庄)近くの守山の渡し」での出来事】と歪曲して小矢部川河口に「勧進帳」の原点として巨大な義経、弁慶の銅像を建て佐藤高岡市長が銘版を造って、「観光地」として渡し舟を運営する一海運会社専務の申し出に協力した。この銅像は2017年に再び公費を入れて伏木駅前に設置された。これは無知な高岡市教育委員会が行った「高岡市の歴史の偽造」で在り、公的機関が公費を用いて一私企業の為に行った愚行で在る。腐敗した高岡市議会はこの愚行に誰も異議を挟まず、正に「高岡市ぐるみで歴史を偽造」している。この事は単に歴史を歪曲しただけで無く、誰もが知る「義経記」を高岡市長や教育委員会、高岡市議会、有力企業幹部、地元民等が一切、読んでいないと云う事をさらけ出しており、高岡市の教育レベルの評価を落とす。又、この様に「まやかし」で「歴史都市」を唱える事は「高岡市の民度の低さ」と「倫理性」が無い事を自ら公表している事にもなり、更には詐欺的な商法に組みする事になる。

実際には、この事件は「吉岡庄」(※室町時代から五位庄)の「赤丸浅井神社」前に在った「二位の渡し」での事件で在り、「如意の城」とは「赤丸浅井城」の事で在り、「義経記」の小学館版、岩波文庫版等でも「如意の城とは五位の城」の事と解説している。「二位の渡し」とは「延喜式内社赤丸浅井神社由緒」に「元正天皇の二宮御創建」と記載されている為で在り、この人物は「万葉集」にも「石川朝臣広成」として登場する聖武天皇の義弟で文武天皇の二宮の事で在る。
(※「義経記」で「守護の館」と表現したのは地頭吉岡館か古城の「赤丸浅井城」を指したと見られる。)






■往古、小矢部川は西山の麓を流れて赤丸浅井神社前で庄川と合流して巨大な「阿古淵」を形成していたと云う。(※吾子ケ淵⇒元正天皇は親代わりをしてその親王達を「吾子 アコ」と呼んだ。)後の「五位の渡し」はその名残と云われる。(※赤丸向野新村)
























🔴🔨 【宇多刀匠 展】が開催された⇒高岡市福岡歴史民俗資料館(2017年9月23日~12月3日 ) →南北朝時代に吉岡庄に移り住んだ「宇多刀工」!!

2018-07-27 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸
●南北朝時代に大和国宇陀郡から越中吉岡庄(赤丸村領三日市)(※高岡市福岡町赤丸村領城ケ平山麓 鍛冶屋町島地内)に移住したとされる「宇多刀匠」の作品展が開かれた。
⇒多数の「宇多刀」や参考出品として「郷義弘」・「佐伯則重」も展示された。

■初めて、地域に残る南北朝~室町時代に作刀された「宇多刀」を集めた展示会が開かれた。
(※富山県内には多くの文化財の名刀がこの他にも遺されている。)






















■【出展】
・高岡市文化財「宇多 槍」(※福岡歴史民俗資料館所蔵)
・宇多刀匠初代「宇多国光 小太刀」(※個人所蔵)
・高岡市立博物館所蔵「宇多 刀剣」他
・小矢部市個人所蔵「宇多 鎧通し」(※佐々成政の子孫とされる家系に伝わり、嫁入りの際に持参したもの。)
・刀剣協会会員所蔵「重要刀剣 宇多」他 多数
・同 「宇多 槍」
・同 「金銘 郷 義弘 太刀」富山県魚津市
・同 「佐伯則重 太刀」富山県富山市五福
・同 「日本刀 押型」作品
・「越中吉岡庄鍛冶屋町絵図」高岡市福岡町赤丸舞谷に伝わる「鍛冶屋町絵図」(※舞谷村自治会)
・江戸初期の「刀剣鑑定書」、「日本刀 押型」

■「小山家由緒」⇒鎌倉時代に関東の「結城の乱」で越中吉岡庄土屋に落ち延びた「小山朝政」の子孫の由緒で富山県立公文書館所蔵の原本を展示。代々「医師」を勤めて「小山どん」、「おやっさま」と呼ばれた福岡町土屋村の郷士の系図等を記載している。
(※「小山家文書」)(※「土屋村史」所載原本)


■ 学芸員説明会 10月21日 14;00~、11月1 9日 14;00~
■刀剣講座 (※資料館2階)10月14日 13;30~ 学生対象(※申込 終了)



(※注 ; 鍛冶屋町現地等には案内看板が立てられていますが、現地の山林は全て個人所有の山林です。勝手に立ち入ると処罰される可能性が在りますから御注意下さい。)

🔴2017年「第30回特別展 越中福岡の刀匠 宇多派 」(9月23日~12月3日) 【高岡市福岡歴史民俗資料館】

2018-07-27 | 旧町名 富山県西礪波郡福岡町赤丸















▼南北朝時代に「越中吉岡庄(赤丸村領鍛冶屋町島)三日市 」に大和国宇陀郡から移り住んだと言う「大和伝 宇多派 宇多国光」!!
「宇多派」の刀は南北朝から室町時代に多くが作刀されており、黒い地金を特徴としていると云う。



■宇陀郡は「神武天皇」が大和国に入られた時に着かれた場所で、「ヤタガラス神社」が鎮座しており、「日本刀の祖」とされる「天国 アマノクニ」が工房を構えた。「天国」は平家の重宝「小烏丸 コカラスマル」(「アメノムラクモノツルギ」の写しの両刃の剣を作ったとされ、現在は天皇の護身刀として皇室の重宝)を作刀したとされる伝説上の刀工であった。この宇多刀工集団から出た「宇多国光」が初め加賀に移り、後に「越中吉岡庄三日市」に住したとされる














■大和国宇陀郡は南北朝時代に伊勢国司北畠親房の家臣が所領とした地域で、後醍醐天皇は「ヤタガラス神社」を崇敬されたと言う。「北畠親房」は後醍醐天皇の建武親政の時の重臣であり、後醍醐天皇の庄園の「越中吉岡庄」の「浅井城」に興国三年、後醍醐天皇の第八皇子宗良親王が入られた時にも奥州で南朝の為に戦っていた。



■「延喜式 伊勢大神宮」によると、元々は伊勢神宮の神領として「神田卅六町一段」が在り、この中に「大和国宇陀郡二町」が記載される。しかし、この神田は次第に伊勢国司北畠氏に押領されて南北朝時代には「北畠親房」の配下の所領に成っていたと云う。(※「古事類苑 神祇部Ⅲ 大神宮 神領」)

■南北朝の合一を果たした「室町幕府第三代将軍足利義満」は「五位庄」(「吉岡庄」は「五位庄」と宗良親王が改名された。)を自らが創建した「相国寺」の庄園として寄進した。越中五位庄の西山一帯は能登守護「畠山満家」の一族「畠山持国」の所領と成り、政所代の「越中蜷川氏 蜷川新右エ門親当」が実務を執った様だ。




■宇陀郡は織田信長の孫「織田高良」が所領としたが、出奔して一時期、加賀藩に仕官して3000石を知行されたが、父の信雄の死去に伴い加賀藩時代の家臣を連れて宇陀郡に帰り領主と成った。この家臣団は「加賀衆」と呼ばれた。