赤丸米のふるさとから 越中のささやき ぬぬぬ!!!

「勧進帳」の真実、富山県高岡市福岡町赤丸村の消された歴史⇒「越中吉岡庄」から「五位庄」へ

🌸🏯『前田利家 聚楽第拝領の事』⇒「北陸七国史」に見えるその背景!!

2020-12-17 | å¯Œå±±çœŒé«˜å²¡å¸‚
●「北陸七国史」には前田利家が関白豊臣秀次が使用した「聚楽第」を拝領した背景が記載されている。





■「北陸七国史」に云う。
【豊臣秀吉は前田利家に感謝して美濃、尾張、三河、伊賀、伊勢の五ケ国を与えようとしたが、石田三成は利家に諸将が就く事を警戒して、代わりに豊臣秀次が自害させられた後の「聚楽第」を与える事を秀吉に進言した。利家は聚楽第に屋敷を移したが、家臣には「贅沢な屋敷に住まいすると、周辺の人間に利家が反逆心を持っている等と謀事にかけられる恐れがある。」と心を引き締める様に家臣に申された。家臣達は皆、この利家の先見性に感じ入った。】






■『この聚楽第の材木は、高岡市の前田家菩提寺の「繁久寺」や「高岡城」に使用されたと伝わる』と高岡市白山神社の故高尾神道学博士は論文で指摘されている。又、その論文では、『聚楽第図屏風』に「加賀少将」と記載された前田利家の屋敷が記載されている事を指摘されている。
しかし、実際には数度の火災により備蓄された木材は高岡で再利用される前に消滅した様だ。(※「三壷記」加賀藩記録)

この記事についてブログを書く
« ðŸ”´ã€Šå¯Œå±±çœŒé«˜å²¡å¸‚福岡町赤丸》... | ãƒˆãƒƒãƒ— | ðŸ”˜ðŸ“ƒ 室町幕府時代の「越中五... »
最新の画像[もっと見る]